茶道と日本のたしなみ@東京・銀座

初心者向けに立礼(椅子席)で茶の湯クラスを銀座や東京駅周辺にて開催。
講座のこと、茶道のこと、季節のこと、知っておきたい日本文化のたしなみ、
美術館鑑賞の感想など。


テーマ:
遅くなりました・・・1回書いたら、更新直前で飛んでしまってやり直しです。
一部訂正・追記しております。(の赤字部分です)

{772373B8-11FF-4C92-9F1E-03A9D231D999:01}

14日(土)に開催した「初めてさんのための歌舞伎入門」おかげさまで大盛況にて
無事終了いたしました。

専門家ではないので、「あくまで私の個人的感想ですが」と前置きしながら
沢山のエピソードと、初心者のために質問に答えてくださった、講師の杵屋巳菜織さん。

5歳のころからお母様に連れられて行くうちに、忘れもしない中2のこと。
とある演目を見て、ぐっと心をつかまれて歌舞伎が大好きになったそうです。

今は長唄の演奏家で、もちろん教えてもいらっしゃり、あくまで私の個人的感想ですが」と
面白いと思ったこと、感動した時のことなどなど、めいっぱいお話し下さいました。

{204242ED-5748-4CF6-88A6-9D9F524060BA:01}

もともと歌舞伎は庶民の娯楽。ですので、唯一座席で飲食が許されています。
昔はお酒を飲んでいた人もいたそう。
そのくらい、気楽にみんな楽しんでいたのですね。

9代目團十郎丈が、もっと歌舞伎を高尚なものに・・・と試み、私たちが今ちょっと
感じている敷居は、それがきっかけになっているのかもしれません。
格調高い演目も、増えていったのだそうです。

それを何とか、昔の気軽な風情で楽しんでほしい・・・と試みたうちのお一人のが
私たちおなじみの故・中村勘三郎丈。
「小屋」というほどの小さな劇場をたてて、数年後にはスカイツリーをバックに
あっと驚く仕掛けを作って、お客様は大喜び。

そっとお孫さんも初お目見えして、それは楽しい、素敵な舞台だったとか。

そんなエピソードを、時間の限り沢山私たちに教えてくださいました。

行ってみたいけど、でも、どうやって?という初めてさんのために、敷居を乗り越える
質問にもお答えくださいました。

少しご紹介しますと

 チケットはネットで取る方が座席もわかっておすすめ

 イヤホンガイドはぜひ借りましょう。パネルは字幕が出て便利ですが
舞台を見逃す可能性もあるので、イヤホンガイドの方がおすすめ。

生放送でもないのに、仕掛けのタイミングや時代背景を教えてくれるのは
本当に面白いです。(宗葉・経験談)


 中で売られている、パンフレットは、詳しく演目の解説があったり
役者さんのインタビューも掲載されていて盛りだくさんでおすすめ

 演目には、時代物、世話物、踊りがある。

 歌舞伎には日本舞踊の要素が所作に盛り込まれている。芝居があるので
日本舞踊と歌舞伎と違う。が、踊りと歌舞伎が切っても切れない関係であり
役者さんが日本舞踊の流派を持っている。

なので、日本舞踊歴が浅いと思われる・・・香川照之さん=市川中車さんは大変だし、
今のお役なのはそれが理由なのでしょう。

 足の悪い方は、通路に近い席を。車いすも借りられ、車いす用専用の
席も2つあるので、チケット購入時に確認すると良い

 お席でお弁当を食べていいし、中は混雑するので、お食事はお弁当を
持ち込んで食べるのがおすすめ。

 意外に休憩時間になってすぐは、お手洗いが空いている。終了に近づくほど
混雑するので注意。

 観劇前は時間がないので、早めに歌舞伎座に行き、お土産などは買っておくと良い。
昼の部は、場外であればまだ空いているので、お帰りでも大丈夫

踊りが上手な人は、肩も所作もきれいなので見ていて気持ちがいい

 時代物、世話物、踊りの構成になっていますが、時には一つの演目を
通しで行うことも。これは初心者にはつらいので、避けた方がいい


などなど、他にも盛りだくさん。あっという間にお時間となってしまいました。

しっとりとした外見とは裏腹に、会場は爆笑の渦で、前のめったり、驚いて
のけぞったりの連続。

後ろから拝見しても皆さんがとっても楽しそうで、本当に良かったと思いました。

来年は歌舞伎を見に行きたい!!と、皆さん口々におっしゃってましたね。ふふふっ。
ぜひぜひお出かけくださいませ♪

また、再度開催のリクエストもたくさんいただいており、嬉しい限りです。
巳菜織さんのスケジュールも伺い調整し、今度はもう少しゆっくり時間もとって
開催したいと思います。

お越しいただきまして、ありがとうございました!

講座の後は、希望者で歌舞伎座へ。ギャラリーに入り、雪の音を太鼓で表現するのを
巳菜織さんに実演していただきました。

本来は、音がしない雪
。音で表現するというのは、日本的なんですね!

巳菜織さん、楽しいお話をありがとうございました。

またよろしくお願いいたします^^

*** おまけ ***

今回私は、お菓子担当。こちらは、「江戸」なお干菓子。
江戸東京博物館で見つけました。日本橋や、千万両小判、まといにはっぴ。


{BA20BC19-8A93-40E4-9B40-94A80AEA6959:01}

そして、お持ち帰りくださってもいいように、こんな和菓子もご用意しました。
椿の花で、色が鮮やかできれい。
中身は、冬至を前に柚子を甘く煮たものが入っています。
好評でよかったです^^

{E3252E91-13E0-4EE7-8C10-27424C5D3C25:01}





初めてさんのための茶道レッスン茶の湯クラス1DAY。
1月は宮中来の花びら餅とお濃茶で新春の和のお茶時間を優雅に。
1月5日(日)、9日(木)開催です → ***


私を知って上手くいく おなまえ開運☆陰陽五行
リーディングも好評受付中です→こちら

↓よろしければ、クリックを・・・

にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

宗葉(ゆうこ・茶道講師)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります