大麻検査で陽性反応が出て日本相撲協会を解雇されたロシア出身の元露鵬(30)、元白露山(28)の兄弟が、協会に解雇無効の確認などを求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。渡辺弘裁判長は2人の大麻使用を認め、「解雇は当然」として、請求を棄却した。
 判決で渡辺裁判長は「精密検査によって、2人が大麻を使用したことは明らか」と認定。処分は重過ぎるとの原告側主張も、「薬物乱用は深刻な社会問題になりつつある」として退けた。
 原告側代理人は控訴する方針を示した。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
筑波大元教授の請求棄却=「論文データ改ざん」解雇訴訟
刑事司法で連携強化=国境越える犯罪急増
地下鉄駅前で覚せい剤密売=容疑で自称イラン人3人逮捕
日本人3人に死刑執行=覚せい剤密輸、厳罰示す

大和ハウス奈良工場で火災=けが人なし(時事通信)
<北海道4歳児虐待死>否認の男に懲役8年 旭川地裁判決(毎日新聞)
<殺人・死体遺棄>貸倉庫遺体の身元を確認 長野県警(毎日新聞)
体にあざの女児が意識不明、通報の母ら虐待か(読売新聞)
月山スキー場、これからが本番…積雪8m超(読売新聞)
AD