人は変わります。

テーマ:
とうとう地道な点検の成果を得て、
シロアリが人間の生活圏に入ってきた現場を見たのですが。。


もしも、シロアリについて全く関心も無い頃に、こんな状況になってたら

床下に全面散布しておけばよかったのに!!。。と後悔していたのかもしれません。

相手の素性を良く知らないために、過剰防衛に走っていたことでしょう。


一夜明けて、少し興奮も収まり、小さな侵入者達を眺めていると
興奮していたのは自分かも。。と笑えてしまいます。


なぜ、ここにシロアリがいるのか、
まず、その理由が説明できること。

次にリスクを導き出すこと。

リスクに対応するには何をするべきかを学ぶこと。

この3点について、納得できるからこそ、

過剰防衛に向かわなかったのだと思います。

いない状態の時に過剰な対応をしてしまうことは

いた場合の最小限の処置よりも金銭的にも大きく

余計な化学物質を使用することにもつながります。


今回は家全体の水回りなどのリフォームの必要もあり

予算配分を考える上で、シロアリ達の後押しをもらって

お風呂部分の充実を考えるきっかけとなりました。



本日の夕方の番組で化学物質過敏症の方達の日常が放送されていて

まるで、自分の日々を見るような気がしたのですが、

シックハウス社宅からの脱出以来、

自分の症状を探知機のように注意深く試行錯誤を重ねて行くと

結果的には必要最小限の暮らし方になっていて、

掃除の用途別に揃えた洗剤もいらなくなり、

旬のものを食べ

ガーデニングも土地に合わせた無理のないものになり


無理をしないで鷹揚に過ごす治まりのつけ方を学びました。
これは、まだまだ修行中だと思っています。

環境、共生、持続可能、そんな言葉にも
シロアリのおかげで学ぶことが出来た微生物との共生や
いきもののあり方は
人間の生み出しいろんな「過剰さ」に気付かせてくれました。



いにしえの知恵は自然との共生。

昔に戻すことは出来ないけど、

必要のないものを理解して、持続可能な世界へ
AD

定期点検!

テーマ:
ヤマトシロアリとご対面しました。

ルーペでみると、兵アリは頭も茶色で強面です。

その他大勢の皆さんは虎模様の柄もなかなか素敵。。

食べてる木材の色が体色に浮き出ているそうな。


2年に一度、定期的に床下に潜って頂いて、
シロアリチェックをしています。

潜って頂くのは、シロアリにも生き物としての役割と必要性があってこそ!と
愛情たっぷりのシロアリの先生です。

強面の兵アリですが、どうやら、冷や飯食いの傭兵みたいなもので、
その他大勢の職アリの皆さんから食べさせてもらっている用心棒だそう。

アリだなんていうけれど、イエヒメアリとは違って、身体はプロテクトされてない
外骨格だし、空気に触れたり、巣を壊されたりしただけで、大打撃。。



サンプルをバキッと取り出してもらったので、この子達は観察することにしませう~

うまくいけば、職蟻が女王に変態するかもしれないって。

シロアリを生かし続けるためには、外気を遮断して、狭い空間にいれる。
たまに、安全な名刺のようなセルロースに水を含ませて、置いておくといいそうです。

ティッシュペーパーはダメだって。防腐剤が添加されてるから。

こうして、忘れないように書き留めている間にも、職蟻の皆さんは大パニックですね。

竜巻に巻き込まれたくらいの衝撃を感じているに違いありません。

食害のあったのは、前から要注意ポイントだった、腐食しているお風呂の入り口の小さい木材で

おそらく、もともと、ここの真下に

住んでいた皆さんらしい。ほんの少しです。

それで。。。結局、薬剤処理はしないで、そのまま終了にしてもらいました。

このあと、ワタシの快適半身浴ライフのために、お風呂もリフォームするので

そのまま撤去してもらえば、あっけなく皆さんはお亡くなりになるご予定です。

床下の土を少しホジホジしてかきまぜて、塩水か石鹸水でも撒きますので

土中の皆様も同じ運命かと思われます。それまで、生きているかな?



リフォームといっても、在来工法のタイル張りの上からユニットを入れてしまうと

万が一の食害の際。コンクリ部分に貼られたタイルが浮いたりしていた場合、

タイルとコンクリの隙間を上へあがって、木材部分に到達すると困るかな?

処置ができないので、ユニットをいれるなら、既存部分は撤去する。

そうでない場合は、在来工法で行うといたしましょう。

それで、よろしでしょうか?先生!



画像はご希望がございましたら、アップしますね。。

キュートな柄ですよ。ウチの子らは~~
いわゆる一般職ですけどね。。いつか女王にもなれるのね。ヤマトシロアリは下等だから。
な~~んて、フレキシブルな生き物!

シロアリ発見してワクワクして楽しい本日でした!
AD

床下の基礎が土だからダメなのでしょうか?

どうやらそうでもないようです。

もともと、土の中にはシロアリはいるものだという前提で考えると、

ベタ基礎だったとしても断熱材を齧りながら被害が広がる場合も多いようです。

それよりは、点検のしやすさが一つの防御になると考えられると思います。

また、シロアリは目はないけれど、暖かいところは好きらしいということがわかります。

お風呂が狙われる理由の一つには冬場も暖かいということだと思います。

湿気がシロアリを呼ぶという先入観が強いのはお風呂に被害が多いため?とも感じます。

実際、床暖房の施工が増えた現在では、冬場の暖かさゆえ、被害も増えているようです。


床暖房には憧れましたが、リスクも高い我が家の場合はちょっと無理かな。。と

涙をのんでいます。




また、近年は物理バリアという薬剤に頼らずに侵入を遅らせる、もしくは防ぐ資材も

出来て来たようです。


シロアリ関係を調べていると、業者さんによる叩き合いを見つけたりしました。

本質的な部分を公開されれば、飛び込み営業が出来なくなるからでしょう。

増築で被害のきっかけを作ってしまったDさんのお宅の工事業者も

悪質でした。もし、飛び込み営業を受けても、それなりに充分調べてからでも

遅くありません。


シロアリ駆除を薬剤の大量散布によって処理する業者さんが営業にやってきた際の

営業トークには

「ご近所でシロアリの被害がありましたので、念のために点検させて下さい」

「体に悪いカビやダニの処理もできます」


。。。技術のないバイトさんの営業です。


クロルピリホスなどは禁止され、安全になったと安心するよりは

必要なところにだけ、最小の処理をすることを念頭に

まずは、リスクの把握と点検のしやすさ。

シロアリ好みの暖かさと人間の心地よさは同じというあたりで

生活を考えてみたり、家を考える作業をしてみることは有意義だと思えます。


関東地方ではおもにヤマトシロアリなのですが、
アメリカカンザイシロアリ。。なる大変恐い奴もやって来てしまっています。

関東以南ではイエシロアリもいます。


温暖化の日本のこれからを考えると、

いないはずの種類が北上する日も間近かもしれません。



庭の朽ち木の下にいたヤマトシロアリはイエヒメアリに捕まっていました。
不快害虫だと、普通のアリまで全滅させているこの頃では
天敵を失うことは、結果的にリスクを抱えることにもなりかねません。

生き物は多様性のバランスの中で増えたり減ったりの多少の動きを
持ちながらも、突出した生存にならないようになっているからです。

また、人間の生活環境そのものが、
北上を助けるというリスクも考えておくべきかもしれません。



*おことわり*
シロアリを撲滅しようと薬剤を大量散布することはしたくありません。
でも、被害も受けたくありません。
いろいろなご意見や方法もあるかと思いますが、
我が家の場合のシロアリに対する考え方としてまとめてみました。
お含め置き下さい。
AD
3軒の家はどこも床下にもぐることが出来ました。


それで、侵入していないかどうかの痕跡をプロの目でチェックしてもらい、

今後の心構えを学びました。


結果的に被害は見当たらなかったので、ホッと一安心しました。


それでも、玄関のタタキと玄関ドアを支える木材が直接、地中にあるということは

どうやら大きなリスクのようです。しかも、かなり手前で先に進めないために

近くで確認できません。

侵入されてもおかしくない作りの家。。。ドアの横の木材を時々、叩いてみること。

意識することで過剰な不安を持つこと無く、変化に対して主体的に取り組むことが出来ます。



その2年後、再び、3軒の希望者を募り、合同で定期検査をお願いしました。


今度は、新たにDさんが加わりました。

我が家は床のたわみが気になっており、前回同様の説明を受けます。

まず、床については合板の経年劣化によるものでした。

このままでも、特に問題はないようです。

さて、Dさんのお宅について。。。

ヤマトシロアリの侵入があり、食害もあります。

まだ、活性は弱い(3月実施のためコロニーが動いていない)ので

少し間を置いて活性を見て、動いているようなら駆除が必要だという結論でした。

Dさんのお宅の侵入部分は元々は庭だったところを増築で広げたところです。

増築部分の工事の仕様が雑なものであったがために、そこから侵入しています。

素人仕事??とも思えるずさんなもののようです。


侵入を許してしまう作りとはなんでしょう?

少しでも侵入を防ぐ考え方とはなんでしょう?



シロアリ点検と勉強会をセッティングして、興味を持ってくれた皆さんと

実地で見学を試みました。

公開見学の一件目のAさんは、一度シロアリの駆除を経験しています。

その時には、安全と言われているアルピニによる駆除をしました。

それでも、臭いは強烈で、その体験を繰り返したくないという動機で

参加してくれました。


どこから侵入されたかというと、玄関のタタキからだったようです。

土中からタタキの裏面をつたい玄関付近の木材を食害したようです。


宿題にだされたチェックは玄関タタキにつながる木材を時々コンコンと
叩いてみることでした。


2軒目はB さんのお宅。。
築6年目ほどで、台所の床下収納庫から床下に潜ります。

道路から6段ほど高いところに家は立っていて

点検も10分ほどで終了です。

こちらは、3年に1回くらいの点検。。もう少し間があいても平気かな?

。。という感じです。シロアリ好みではないようです。



3軒目は我が家です。。
無理矢理作られた点検口は人が入るには狭すぎたかな?

これで、自分でも床下点検を試みられそうです。

先生は登山用の目出し帽を被り、ゴーグルにヘッドライト。
ほふく前進で闇に消えていきます。

恐くないですか?

思わず、聞いてしまいます。

Bさん宅よりも、時間が長いような。。。


TVにデジカメ画像を映してもらって、説明を聞きます。

以前、羽虫が飛び出した辺りについては、特に問題はありませんでした。

床下って、家を立てた人の名残を感じさせます。

布基礎なので我が家も土が見えています。

さて、一番のグレーゾーンは、玄関でした。

タタキの部分はその手前に木材があって、それ以上、前に進めないというものでした。

できるだけ、侵入地点に近いところで処理することが目標です。

1年~2年ごとには点検したほうがいい。。というランクでした。


床下の風景は家を支えるとても大切な部分だということを感じました。

お風呂のドアを支える木材は若干の腐食があって、ここも重要な宿題ポイントです。

お風呂じたいは在来工法でユニットバスではありません。


昔の日本の家屋はお風呂は別棟だったということも、
シロアリの被害を想定して連続性を持たせなかったのだと思われます。

ユニットバスは床下から独立しているので、そういう意味では別棟に近いものかもしれません。


この勉強会で学んだことは、シロアリは目がないということです。

地面の中に住んでいて、何かに添って移動しているうちに家に辿り着いてしまうのです。

辿り着いた先がたとえコンクリートでも彼等にとっては問題ありません。

コンクリートすら齧ることが使命なのです。

齧るシロアリも兵隊シロアリも外骨格といわれるもので

他の節足動物のように体を守る機能は省略されています。

そのために蟻道という泥だんごみたいなトンネルを作りながら進むのです。


シロアリの強さは弱いということなんだと思います。

弱いから、数で勝負しています。

一匹の命ではなくて一つのコロニーで一つの生命体のような考え方だと思います。

一匹だけのシロアリにはなんの力もありません。






つづく。。










見積もりをみて、35万なんて、ウッソォ~と心から思ったので

勉強することにしました。


まずは、世の中の業者さんとは??からリサーチしてみました。

床下から虫が沢山。。というフレーズだけで

念のために薬剤を撒いといた方が良い。。。。。という台詞です。


現地調査をお願いするにしても、二の足を踏みます。

だって、この頃から自分では化学物質に弱い人間だと薄々気がついていたから。


それで、ネットでさらに検索してみて、駆除業者ではない
虫オタク?とも思えるほどの習性を熟知したサイトをみつけたのです。

このサイト。。当時は唯一のもので、情報量は半端ではありませんでした。

しかも、カマドウマがトップページで遊んでいるというのもツボでした。

我が家でもカマドウマの飼育中で

あまり見向きもされない床下の昆虫の世界といいうのも新鮮だったのです。


サイトの運営者である、シロアリ研究者に連絡してみたところ
関東まで出張してくださるということになり
せっかくの機会なので
公開床下調査という形にして、参加者を他3名募集しました。

当時、私が関わっていた某生協系の建築担当にも
来てもらって、勉強会としました。

これで、調査費は実費のみで出張してもらっても
今後の対策も含めてのレクチャーを考えれば、料金はたいした負担になりません。

3軒の床下をそれぞれのぞきながら、床下の環境は家それぞれだということを実感。

立地条件そのものにも、シロアリのお好みがありそうだということも

なんとなくわかりました。ここらあたりは、現場での経験の蓄積のようです。


「いない」と判断するよりも、「シロアリがいる」と判断するほうが
業者は多分楽に違いない。。と改めて認識しました。

さて、3軒をA,B,C,としましょう。

 Aさんのお宅は?
築25年の木造住宅にはすでに過去に食害されたことが
あり、その際に一度駆除しています。その後の活性を見て欲しいということでしたので
和室の畳を上げて床下を見ました。

畳が上がると簡単に床下に潜ることが出来、もしも、被害が出ても、対応も説明も
具体的だということがわかりました。

侵入のきっかけになった箇所とそれに続く床にたいして、木材の取り替えと
対応を指示してもらいました。同席した建築部門の担当者が直接指示を受けてくれて
話は早く進みます。

2年に一度くらいの割合で検査したほうがいいかな?という家の構造です。

時々、侵入経路にあたる厄介な作りに近い木材を叩いてみるという宿題が出されました。

続く~~

一時期、シロアリなるものに相当傾倒したので

いわゆる害虫というものの対応を学ぼうと動きました。

最初は、中古の住宅を購入するにあたって、床下が布基礎だったため

この床下のあり方がシロアリにとってどうなの?という不安から調べ始めました。

友人などは建て売りを購入して、布基礎にコンクリートを流してベタ基礎に替えた人まで
いたのです。地震対策やシロアリ対策と言われれば、300万かかっても追加工事を
したくなってしまいます。

いろんな周りの人の話を聞いて見ている間に床下換気口に黒っぽい羽虫が飛んでいるのを
見つけました。ちょうどゴールデンウィークの頃でした。

もしかしたら、シロアリの飛翔??
そう思ったものの、なんと、床下に潜る場所がありません。

一階には和室もなく床下点検口もない場合、どうやって、現状を確認しましょう?

それで、適当な場所に点検口をとりつけ、工務店にシロアリはどう?と見てもらいました。

で、ここからが肝心です。

工務店はシロアリの食害については現場でいやというほど見ていて
現状復帰が仕事です。シロアリがいたかどうかについての報告は次のようなものでした。

「ちょっとはいるね」


ちょっといる。。どこにどんなふうに?

詳しい説明がないまま、見積もりがきました。
専門業者の薬剤散布が掲載されていて、35万くらいでした。
床下全面散布。。とあります。



ちょっと。。。なのに、床下全面??


はい、、これが、シロアリに没頭するきっかけの小さな始まりでした。
                                つづく~~