父が手術をした。
退院して一週間。。実家へお見舞いにいった。

タイミングとしては再稼働の大飯へも流れていける道筋で。



日本海の文化って、東京人にはわかるまい!!

忍耐強い。

忍耐するしかない文化だと子供の頃から思っていた。

山一つ向こうは雅な関西かもしれないけれど、たったそれだけなのに

気候も風土も違う。



「反対」という言葉が向かう方策と「推進」という強い力の間に

ワタシは海を見ていた。大飯原発の真下の海で。


海がおだやかで、魚は沢山いるのだろう。
釣り船、民宿の看板が並ぶ。



山と海しかない田舎。

原発立地にはぴったりの場所。

日本はそんな地方だらけなのだ。



戦後、第一次産業に見切りをつけて都会へ子どもを送り出すために
学費を稼ぐために親は出稼ぎしたり、田んぼを売って学費を調達した。

その子供たちは都会の人となり、田舎から担い手は消えて行った。


その答えが原発の交付金で地方経済を回すことに活路を見いだすしか
頭のまわらない状態に追い込まれてしまった。


そうして、土建と原発で便利になっていく故郷が日本のスタイルだ。


核の取り扱いのめんどうくささや、細胞への影響など評価の定らないものを
国策にして、地方を温存した時代。。。


未来につけを回して今を生きている。

原発を作れば、みんなにお金が回る。

そうやって、回したお金は未来から奪ったものだ。


「反対」するワタシは何を反対したいのだろう。

原発をかかえる街の人も心配なく安らかに暮らせることを一番に望み、
押し付けられること無く自分たちのニーズで満たされますように。

優良企業で安定した暮らしをしたい人も
国家官僚として安定した暮らしを望んでお勉強した人も
そして、私達も、安らかな暮らしを望んでいる。

誰もが。

安らかに暮らしたい。

私の反対することは、安らかに暮らすことを妨げることに反対なのだ。


お金があれば、安らかに暮らせると思い込まされていること。

お金が沢山ないと安らかに暮らせない。。。

仕事がなければ食べていけない。。。

仕事を安定的に作り出すために装置が必要なら、

荒れた杉山の整備とか、農業にと願う。。

諫早湾を元に戻すためとか、土建力を使って欲しい。


田舎のめんどうくささは田舎に帰るとよくわかる。
義理としがらみ、封建的な価値観。。そして、それが愛情表現のひとつ。

帰りたいのに帰れない。。ワタシのジレンマを抱えて、

私は大飯の海をみていた。

AD

2012が始まりましたね。

2月に地元でミツバチの羽音と地球の回転を自主上映します!

第四の革命の上映もいよいよ始まってます!!

ドイツができたんだから、できるはずさ!!



やっぱりですね、生がいいんですよ~~

聞きたいことを見に行こうってば!

ということで、みつけた告知を貼っておくよ~~

◆◆エコメッセ環境講演会
◆◆「3・11後の地球の回転~知ろう、語ろう、つながろう」
------------------------------------------------------------

3・11 以降、海や魚介類の放射能汚染の実態を調査してきたグリ
ーンピースからの海洋調査、マーケット調査の報告、そして、福島
原発事故以前から、原発、放射能、内部被曝の問題と向き合ってき
た鎌仲監督のお話を伺い、お二人のトークセッションをします。今
そして未来に向けてできることを、一緒に考えませんか?

●日 時:2012年1月21日(土)13時25分~16時40分
●会 場:武蔵野商工会館 4階 市民会議室
●講 師:鎌仲ひとみさん(映画監督)
     佐藤 潤一さん(グリーンピース事務局長)
●プログラム
 第1部 注目の2人によるトークセッション
 第2部 ワールドカフェ
●参加費:¥500(エコメッセ会員は無料)
●申込み、問合せ先
 特定非営利活動法人エコメッセ
 〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2-31-5
 TEL 03-5799-4808 FAX 03-5799-4809
 URL:http://ecomesse.jp/
 E-mail:ecomesse@npo-ecomesse.org
AD



昨日のニュースをみていて、算数の出来ない私は頭を抱えてしまった!!!!!

OH! かもなべ~~~びい

原発の発電コストにはこれまで

廃炉にするコストや被害を賠償するためのコストが加算されてこなかった。


それで、火力よりも水力よりも安価だというのが原発は低コストだという説明だったんだよね。


ほんとかいな?という突っ込みをいれるのは、各自にまかせるとして


今回の事故をきっかけにして事故が起きた場合のリスクも発電コストとしてとらえて

電気料金に上乗せするための会議がおこなわれておったわけです。。。。

あくまでも、暫定的な数値を専門家が集まって合意したという。。。。



原子力資料室の導き出した数値は参考として流れてましたが~~

では、ワタシのひっかかったお勉強のできない子のジレンマを公表します。


事故はない。事故はないから安上がり!!♪というテーマソングだった原発です。

それが、1500年分ののべ時間のうち3基がイカレタとして500年に一回の事故としての
見積もりです。

そもそも、この見積もりは正しいの?????


ねええええ、だれか教えてください。


のべ時間はその中にもこれまで事故があったことはないということになっているし、

500年に1度という捉え方はありえないんだもん。

そもそも、40年の廃炉の時期を迎えている原発が目白押しで
すくなくとも、40年に3基(4番5番も怪しいという話まであるよ)だと思うんだ。

レトリックだらけの数字が跋扈する原発関連。

算数が嫌いな子でも違和感もやもや。。

ブラックボックスの係数はどこからでてくるんでござんしょうか?

暫定的に原発コストは1円高くなるということで専門家さん達の合意を得たと

ニュースは謳った。



電気を使わないで生きてみるか・・・

ターシャチューダーが大人気なのはねぇ、
100年前の生活でも美しく生きてる人だったからよ。

何でもかんでも金の額で謀ってる・・・清志郎の謳う『彼女の笑顔』が沁みるのさ。
9月19日 の 昼下がり 熱い太陽が雲にすこしづつ覆われ、吹く風が優しい。

人びとが集まる明治公園にはすでに入りきらず、沿道の道も人で埋まっていた。

こんなに多くの人が粛々と静かに待っている。




デモで一緒に歩いていた方は福島からの自主避難の親子で

自主避難にも補償を!と訴えられていた。

福島から参加されている皆さんののぼり旗には「怒 福島隊」と書かれている。

福島の皆さんの声はテレビで知る限りでは美談が中心となっていて

本質的な課題に向き合うことを避けているような風潮を関東では感じていただけに

「怒」の文字に寄り添う形で歩かせて頂いただけでもありがたかった。





私の好きな内橋克人さんの話は帰宅後動画サイトで確認。そして、武藤類子さんのお話を聞いた。


以下はこどもの未来
まとめ:こどもの健やかな成長のために

のHPからです。是非、ご覧になってください。
9月19日に行われた「さようなら原発1000万人アクション」。
大江健三郎さんほか著名人の発言の最後を締めくくった
武藤類子さん(ハイロアクション福島原発40年)の発言を書き起こしました。
動画もぜひご覧ください。
http://www.ustream.tv/recorded/17370482
 やっぱり私はリトマス紙~~でした! ありがとうございましたっ!!
集まれ5万人! 9・19は「さようなら原発集会」へ


敬老の日 の 明日

私は明治公園にいくよ。


ワタシのテーマは自分の中から沸き起こる自分の声に従うこと。

10年後の日本の子供たちに笑顔を!

一人スローガンを手にして歩きます。


原発の是非も停止も廃炉も核にまつわる問題は日本の独立に関わる根源的な問題です。

これは一人一人が向き合うことです。そして、今、もっとも急がなければならないのは

子供たちの免疫の回復のための疎開や内部被曝を防ぐための情報公開です。

癌になった時子供の癌の進行が早いのと同じだからです。

成長のための細胞分裂と損傷した細胞の分裂を区別出来ないことが被曝の感受性を高めているのです。



デモは平和を象徴するもの。

挑発にのることはなく、感情的になることはなく、自分の存在をもって参加の意義があります。

デモという言葉にアレルギーを感じる人達が増えるようにマスコミは報道しているようにも見え、
こんなパターンに掻き消されていく程リテラシーのない私達だと思われているのかなと思う。




人間削減のために地球人が自らの首をしめるようなことをしていることが不思議。。。。。

・・・・フランスでは先日の核廃棄物施設の事故により原発依存を半減するとの報道がありました。
さて、渦中の日本だけはまだ利権にしがみつくのでしょうか?

そして、国民が政府を信用しなくなるという構図をもっとも必要としているさらにおおきな構図が
みえてくることはないでしょうか??

不思議なのです。いろんなことが。
国民を守っているのか見捨てているのか?
良心というものがあるのかと。


NHK100年インタビューむのたけじさんのジャーナリスト魂に触れました。

自らをもやしながら世を照らす松明たいまつ。
たくましく、明るいお人柄に勇気と元気を頂きました。

96歳のむのさん。
むのさんの真っすぐな生き方はすごいです。
こんなにカッコいい日本人ジャーナリストが
今なお、現役で66年前の戦争のありようから、平和への道筋を照らしています。

戦争をふりかえり、戦争状態になったときの人間の残酷さ。
一般の人びとの他力依存、自主規制についての話は興味深かったです。


100年後へのメッセージというコーナーでむのさんは語りかけます。

「2111年のみなさん、おめでとうございます。100年後にこうしてあなた方が生きているということは、
第3次戦争をしないで平和な世界を作り上げたということでしょう。」

「人類はこれから40億年は生きる可能性もありますが、
世界中が核爆弾を使用するような戦争がおきていたら、あと人類は40年でしょう。」

「こうして100年後のみなさまに会えるということは、
戦争のない平和な世界を作ることが出来たということです。
いったい、どうやってそのような平和な社会を作ることが出来たのか、
どうぞ、これから先の人びとのためにも、残していってください。」

~~こんな感じのメッセージをおっしゃっていたと思います。


核の問題はストレートに原発問題でもありますね。

核の平和利用という形での転用をワタシ達は他力依存で容認し、
いままた、自主規制という形で自らの運命を委ねてしまってはいないか?

むのさんのメッセージはそんなふうにワタシの胸に響き続けています。




戦争のない時代に生まれて豊かな日本に暮らせていること。
すべてに感謝します。
むのさんの叫びは東北をないがしろにしてきた日本の歴史にも触れていました。

是非、再々放送をお願いします。



東北の子供たち。
お母さん、お父さん。
おじいちゃん、おばあちゃん。
豊かな大地。
を思って私は祈ります。

『変えられないものを受け入れる穏やかさと
 
 変えられるものを変えていく勇気を

そして、その2つ見分ける知恵を与えてください。』

(謙譲の祈り)

見えない世界

ワタクシの脳内を少し記録ね。


ここんところ、みえない世界について考えてる。

放射能も見えないよね、
黒澤明監督の映画には放射能が見えてしまう世界が描かれてるのがあったな。
オムニバスのひとつでね、見えちゃうから
逃げ惑いながら海に飛び込んで皆死んでいくんだよ。。

微生物もまだまだ人間には見えない世界だな。
放射能を微生物によってなんとかしてもらいたいという願望が
期待されまくっている。
もやしもんな私は、醸したい人だから微生物に土下座してでもなんとかしてもらいたいよ。。
一部ネットでは微生物による放射能関連のサイトがガンガン閉鎖されているんだな。
まったくもう・・・。

微生物が放射性物質を移動するとして、そのために線量が下がるとして、
その他の面では、人間の微生物との共生関係において免疫力をあげるなら
何ら問題はないではないの?

微生物との共生関係なんて気にもしてこなかったから、
抗菌や抗生剤をつかいまくって免疫力を下げることが当たり前になってたんだもんな。

私達は見えない世界にかんしてはほんとうに無防備で
本当に良いお客さんになってきたんだと思う。

だからね、権威をもつ人々から???ダメダメって突っ込まれるとビビるんだよ。


見えない世界のもう一つは幸せという概念かと・・・。

原発が再稼働したら幸せかい?
北海道の泊原発のみなさん!知事さん!経済のリーダーのひとたち!

お金がないと幸せじゃない・・・・→産業欲しい→原発でもしょうがない。。→安全だと言われるし

この流れだと土も水も安全を保証されない見えない世界を背負うということなんだよ。


福島の皆さんがもし、全県避難でもしていて、リスクをチェルノブイリに照らして公開していたら
原発の再可動なんてありえないことだから!!

お金と引き換えに後始末もろくにできないお化けを温存する理由がないよ。


見えないお化けが暴れないように命がけで働く人達がいる。
人が人を使い捨てにしないと使えないエネルギーシステムは人間にとって幸福をもたらすことが出来ルトは思えない。

とんでもなくコストのかかる面倒くさい仕組みはプルトニウムを合法的に維持したいだけのこと。


原爆の日に長崎でインタビューを受けたおばあちゃまが

福島について聞かれて泣いていた。

「私達がちゃんと原発に反対してもっとがんばっていれば・・」

そういって、被曝しているおばあちゃんが泣いていたんだ。


見えないからヒバクシャ認定もなかなか進まなかったり、広島や長崎の人達の
うけた差別や偏見やいい知れない苦しみを背負ってきたおばあちゃんが
福島を思って泣いていた。

幸福とか豊とか戦後に栄えた日本のいったい何が豊だったんだろう?

嘘つきを正当化して豊かさに加担する、そのどこが豊なんだろう?


国破れて山河もなし。。そのために妙なコントロールが蔓延している。

それは見えないことが多い。

でも、感じるでしょう?

この嫌な感じ?

自分達の手で未来の命を殺すなんてナンセンス!


見えない相手を知ろうよ。。。


日本の本当の豊かさに気づこうよ。

怖いことなんてないんだ。

自分のからだ

記録の為に書いておきます。


15日の昼に外出して、夜には雨が降りました。

その雨に少しだけ濡れました。

17日ごろから体調が悪くなって、膀胱炎の症状となりました。


リトマス紙的な自分ですが、

この夏のいまいちな感覚は

非日常を生き続けているだれにもある不調かもしれません。


それでも、自分レベルでは十分元気に生活できていると思います。




現実と自分の内側の折り合いのバランスに注目しています。

児玉先生のおかげで、自分の中で抑圧していた怒りを表出することが出来ました。
怒りを内側に抑圧しないで表現しましょう。
恐れないで声にだしてみましょう。

喉や膀胱や耳に私は違和感を感じているのです。

何を恐れて怒りを感じているのか、からだの声を聞きましょう。

ゆっくりと深い呼吸を
すべてを忘れて瞑想にゆだねます。