ツリー・オブ・ライフ

テーマ:
のんびりと感想を書きたい。。けれど、まだ少し熟成時間を楽しみたい気分。

2001年宇宙の旅を越える映画だったな~~

すべてのワンカットの美しさにため息がこぼれる。

人の生きる時間と地球の息づかい

大きな視点と内なる視線


ブラッドピットのリバーランズスルーイットから本作へと巡り来る時間の流れさえも
ワタシの中で馥郁とした香りとして立ち上ってくる。


ショーンペンだけが時空を彷徨う私達と同じ空気の中にいた。


こんなに映画で癒された実感はこれまで体験したことがない!

それほどに深く満たされた映画です。


熟成の時間のなかでヨブ記でも読もうかな。。
AD

鎌仲ひとみ監督特集

テーマ:
鎌仲監督のメッセージもこちらから
http://www.uplink.co.jp/factory/log/003944.php
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が内部被曝について学んだのは劣化ウラン弾という爆弾からでした。

子供が触りたくなるようなカラフルな手頃なサイズで
触ると爆発して・・・。

チェルノブイリの後の日本でもその影響はありました。
ただし、公にはなっていないけれど、10年後に急激に乳ガンの発生率は高くなりました。

現場で起きていることをありのままに伝えることを実践されているジャーナリストを
私は愛しています。
AD

いのちの食べ方

テーマ:
OUR DAILY BREAD
いのちの食べ方


映画館は満員!

おしゃれな若い子たちと、団塊世代を中心とした2層かな?


ドキュメンタリーで、しかも

カメラがとらえた映像と音だけで構成されており、

インタビューも音楽も極端なクローズアップもなし!


ブタ、ひよこ、ニワトリ、ウシ、シャケ。

今まで動いていた動物たちが食べ物へと変わりゆく姿が

淡々とつづられています。


流れ作業の現場は野菜の畑でも同様です。

作業する人達は目の前のモノと取り組んでいます。




詳しく書くことはここでは必要がないような気がします。

すばらしく設備の整ったオーストリアの食の現場です。



大量の食料生産のおかげで支えられているヒトと
食料になっていく命の流れに、あなたは何を思うでしょう?



・・・・・・・・・・・


ワタシですか?

慎みつつ生きていきたいと思います。



今週の土曜日は有機農業映画祭。
気前のいい映画祭Yさん、リンクさせてねっ!
チケットは売り切れたそうです。。
早めに会場へいきませう。


ミシュランの☆は庶民には幻灯。
自給率39%の国なの・・砂上の食祭。
AD

マザー・テレサ

テーマ:
煩悩1000個くらいあります。私。

ありすぎる故にマザーテレサを見るとですね、

反動がおおきくてですね、

もう、明日にでも、尼さんになってしまおうかとか・・・

それくらいに、反動的にマザーテレサです。

世の中、ノーベル平和賞です。不都合なゴアさんが貰いました。

マザーテレサのノーベル平和賞をも一緒に思い出したいなと思って。

マザーが受賞した時、晩餐会のメニューを聞いて、その豪華な内容に

ちょっと呆れて?出席をやめたのです。



Wikipedia~マザー・テレサ~

ゴアさんも賞金を自らが設立した気候変動問題の解決に尽力する
超党派的な非営利組織団体に寄付するのだってねぇ~

気候変動問題とゴアと、ノーベル平和賞・・・・
本音をいうと私的にはちょっぴり複雑。。それはまあ、ここでは置いておいて、

マザーテレサの何が凄いかというと
宗教を超えた救済だったということ。
彼女自身にはなんの思惑も絡んでいなかったと言うこと。
彼女に寄進するひとには、色んな人がいたに違いないけど。

組織的にサポートする団体がいくつもあったのに、マザーは
それを全部やめてしまいました。

救済のための施設を今でも支えているのは、決して豊かではない人々からの
献金も含めての寄進によるのです。


神が存在してもしなくても、
マザーテレサは存在したこと。

集合的無意識という世界を信じてみてもいいかなと思うのです。

変わらない世界の中で自分に何ができるの???

そんな質問にもマザーは答えてくれるのでした。

マザー・テレサ デラックス版

¥3,471
Amazon.co.jp

マザー・テレサの遺言

¥3,675
Amazon.co.jp


このインタビューの中で避妊と中絶についてマザーに質問している。
インド政府が中絶を奨励した際にマザーはすべの病院に手紙を送り
マザーの施設へ託すように勧めた。
子供が愛されて過ごすことができること。
そうでなければ、すべての不幸のはじまりになると語っている。

ヒンドゥーではハンセン病患者を穢れものとして差別するため
患者は物乞いをして放浪するしかなかった上に、
そんな彼らからまでも奪うことを目的とする組織が
いくつもあったのだそうだ。

誰からも見放され絶望のうちに死んでいく人々をマザーは救済した。
安らかな気持ちで終末を迎える施設。
宗教をとわない「死を待つ人々の家」

無関心ほど悲しいものはないのです。

ヒロシマナガサキ

テーマ:
ヒロシマナガサキ



http://www.zaziefilms.com/hiroshimanagasaki/index.html
ヒロシマナガサキ


スティーヴン・オカザキ監督の作った原爆の映画を観て欲しくて
ブログを更新です。

1995年。被曝から50年めの原爆展をアメリカで開く予定でしたよね。
アメリカ国内の猛反対で中止になったニュースを聞いて
複雑な気持ちになったことを思い出します。

アメリカの人々の知る原爆は戦争を終わらせたポジティブな選択。
そして、焼け野原の荒涼とした写真だけ。
黒こげの折り重なる人々の地獄絵図に光はあてられずに過ぎてきました。

アカデミー賞ドキュメンタリー映画賞
に輝いた本作は広島に原爆が落とされた日でもある8月6日に
全米(HBO)でテレビ放送されるそうです。

広島、長崎の方達には特別な日。

まだ過去の遠い記憶ではありません。

自らの体験を語ることすら堪え難い苦しみを伴うこと。

今伝えなければ・・・
今語らなければ・・・

一人でも多くの世界中の人に観てもらえることを願います。

*****************************

証言者として登場される14人のうちのお一人、深堀さんから
原爆体験を聞かせて頂いたのは5年前。
我が家のリビングで子ども達とお話を聞きました。
翌年、長崎の原爆記念館と平和記念公園へ。

核実験をおこなう国の映像がエンドレスで映し出されて
世界中のどこよりもアメリカがダントツで実験に励んでいることを知り
スミソニアンが没になる訳も解ったような気になったのでした。




14歳の少年だった深堀さんは
8月6日に家族を失い、その後、親族も亡くなり天涯孤独となりました。
生き残ったことは地獄。。。
それほどに過酷な状況です。

死ぬ事を考えたけれど、ローマカソリックだから自殺もできなかったと。
**********************************

映画館には年配の方が多かった。

この映画はドキュメンタリーとしてはかなり抑制されていると思う。

地獄の苦しみを味わった証言者の語りが抑制されているから、そんなふうにかんじたのかもしれない。

こんな苦しみは自分が最後になればいいという願いが込められている。



アメリカ軍の撮影したフィルムはカラーである。
原爆症の人々を治療することなく、ひたすら記録したのだ。

なぜ、軍都である広島には普通の空襲がなかったのだろう?

最初から、原爆実験を想定していたのではと思わせる。

実験とは14万人を殺傷して、その後、原爆症でさらに14万人以上を死に至らしめるという人体実験のことだ。

冒頭にパンクな女の子バンド”あふりらんぼ”の路上ライブ。
広島での黒田征太郎さんのペインティング・パフォーマンス。
このどちらにも朱色が使われていたのが印象に残る。

朱色は焼けただれて皮膚を失った肉の色なのだと思う。
爆発による火柱の色なのだと思う。
原爆症が伝染するという間違った思い込みによる差別の色なのだと思う。

そして、多分・・・日の丸の色なんだと思う。


ヒバクシャを置き去りにしたまま世界は動き続けていたのだ。

天然コケッコー

テーマ:
これは必ず見たい映画なのよ~

ええねぇ。。キラキラしとる。
音楽がくるり。。
そして、レイ・ハラカミさん。

主人公の女の子も空気も光も山も田んぼも海もキラキラしとるんよぉ。

夏休みの映画壊滅期間が今年はないのだ!

見る前から勝手に喜んでおるのも、おめでたいワタシ。

映画みてハッピーになりたいんだもん。

天然コケッコー公式サイト


wikipediaには原作について詳しいよん


くらもちふさこマンガのこの頃を知らんかったんよぉ。
原作も読みたい。
持ってるのは誰かなぁ・・・メールしてみるべし。

そそ、もやしもん、秋にTVでアニメ化されるんだって。
新刊本でついに、海洋堂オリゼーを手に入れましたわ。

さて、我が家の乳酸菌をかきまぜてくるとしませう。。

糠床といえない少量のタネを作っておりますです。

夏はいいねぇ・・楽しいねぇ・・・




くらもち ふさこ
天然コケッコーの散歩路 増補版
REI HARAKAMI
「天然コケッコー」オリジナル・サウンドトラック BY REI HARAKAMI
くるり
言葉はさんかく こころは四角/タイトル未定(初回限定盤)(DVD付)

バベル

テーマ:
片頭痛なのに必死で出かけるなり。


ここのところ、心理学系の本を片っ端から読んで
いろいろ思うところは多いのだけど、

この世の恒常性という視点から考えると

バランスの取り方も急激な変化に対応していないということに尽きるかと思った。

選択肢が多ければ多いほどいいと考えがちだけど、
選択肢が多いほど、欠落や喪失や何らかのマイナス要因を生む。

現代とは果てしないマイナス要因の宝庫なのだ。


そんなこんなワタシの日常を引きずってバベルを見たんだよね。

見て良かった。

無理しちゃったけども。


監督が描いた世界はメキシコの人達が見れば
多分、日本の人達の感想とはまた別の視点として語られるだろう。

モロッコのようにムスリムが見たらその視点が中心になるだろう。

日本の人達がこの映画を万が一にでも評価することがなかったなら
それは、今の日本の視点が世界標準から乖離している証かもしれない。

日本の高校生チエコの闇は心の危機を全身で表現しているのだから。

チエコは特別な存在じゃない。

形を変えて依存しようとする現代日本の象徴だ。

信田さよ子さん風にいえば、支配と被支配の構造の象徴なんじゃないかな。


バベル、見るなら、一番後ろの席がいいですよ。

なぜ、あんなにも視覚に刺激が必要だったか??
・・・・ワタシの推測だけども、聾唖のチエコにとっては
爆音のディスコは脳内刺激とはならず、浮遊感に刺激を求めたんだと思うな。

一番欲しかったのは、抱擁感だったんだけど。

真宮警部いいじゃないっすか!

アイツは逃げなかったんだよ~~

恋愛睡眠のすすめ

テーマ:
恋愛睡眠のすすめ公式サイト


アップルのtrailerは画像が綺麗ですね。要Quicktime

The science of sleep英語だけど、トレイラーはこっちの方が好きだ!長いし・・

ワタシはガエルガルシア・ベルナルの大ファンす。

この人はダークな役も爽やかで複雑な役もイカレタ役でもキュートに演じる凄ーい人。

ミシェルゴンドリー監督が脚本も手がけたというこの作品。

公開はGW・・・・・。

ぐは~~~トレイラーを眺めて、白日夢に陥ってます。

ゴンドリー監督の頭の中を見てみたいでしょ~~?

手作り感炸裂の妄想とコラージュが楽しみです。

しばらくは、映画館はカップルで溢れるに違いないから

ほとぼりの冷めた頃合いを見計らって、妄想炸裂鑑賞を敢行したく思うなり。



もう一本、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、ガルシア君の“バベル”がありますね。



このGWにむけての映画ったら、見たいものが山のように封切りになって
どこから齧ったらいいのだ??と途方にくれる。

バベルは見るべき映画という位置づけ。
監督のインタビューを聞いたら、余計に見たくなった。

言葉や国境を超えて影響しあう、まったく知らない人達。

見えていない世界のつながりを意識することを

監督は要求しているんだと思う。


で、もう一本はヒュー様のラブコメが今週末からスタート!
こっちはDVD待ちでもいいかな・・・と、思いきや、音楽がよさそうなので
劇場鑑賞が望ましいかとも悩みます。
ワムだとかの80年代パロディーの部分も面白そう。

実のところ、映画館へ行ける可能性は低いのだけど
行けたらいいな~~な妄想状態です。

他にも見たいのはいっぱいある。

善き人のためのソナタ・・・明日までかぁぁ・・・

ポリスインサイド・アウトこれは吉祥寺バウシシアターね






アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の「アモーレス・ペロス」のガルシア君は見るべし!



パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
アモーレス・ペロス スペシャル・コレクターズ・エディション

ダンシング・ハバナ

テーマ:


エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
ダンシング・ハバナ
男の子のディエゴ・ルナが胸の谷間からウナジへとダンス中にアクセントをいれるんだ。
ココがポイントでした。この映画のおかげで元気ふっか~~ツ!!

熱中するなりよ。何事にも!



キングレコード
ダーティ・ダンシング

もともとは、こちらをリメイクしたんだってね。ダンスの先生役でハバナにも登場してた。


アミューズソフトエンタテインメント
ダンシング・ヒーロー

ハバナはダンシングヒーローのリメイク?って、思ったんですよね。
などと、ぶつぶつ。。。

熱いねぇ~~ラテンは!

南米いきたいっす。

クゥーバに行きたい。。


戯言は言い放題だもんね。これ、現実逃避なり。
現実逃避は蜜の味。

シェフと素顔とおいしい時間

テーマ:



松竹
シェフと素顔と、おいしい時間

※2007年3月31日までの期間限定出荷なんだって。

どうりで、メイキングはついてないけど、半分くらいのお値段なわけですね。

CSで放送してるのをみました。

ジュリエット・ビノシュがみるみる変貌していくのを
どきどきしながら追いました。。

この映画は点数高くつけちゃおう~

ラストシーンもなんてお洒落なんでせう!

携帯電話を小道具として使いこなした脚本には脱帽なり。