小出先生~なぜ警告を続けるのか~京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち~


小出先生のお話を見てください。

原子力の抱えるリスクを検証する学問が世にはあります。

人間の経験には間違いがあって当然であると私は思います。

100パーセントの安全が保証される技術であるなら・・・こんな事故は起こらないでしょう。

セキュリティーも情報公開のシステムもパニックを恐れて更なる不安を作りだす構造が見えてきました。

福井県の知事は現職が当選しました。原発銀座を温存を選択するということは
福島原発、日本の原発を見直す必要がないということでしょう。
リスクの責任を負う選択なのでしょうか?

柏崎刈谷原発の事故があっての福島原発です。

見直すきっかけがある・・・。

きっかけだったかもしれない・・・と後悔したくない。

東北の豊さを失わせたのは、地震よりも津波よりも放射能汚染です。
どこよりも豊かな地に原発を作り続けている日本。


なぜ、止めないのか不思議・・・。

地球のへそに位置する日本。
地球ができた衝突のエネルギーの記憶が残るポイント。

原子の核融合を取り扱うにはあまりにも不確実なポイント。


技術の未熟な部分を未来に託して先送りにしてきた
あいまいな体質・・・

地震の予知も確立できないまま・・・期待しすぎてた自分。


豊かさと物質主義を勘違いしたし。

GEの原発開発者がCNNで泣いてたよね。

福井はそれでも原発を止めない選択をしたのか・・・・。

古い原発は速やかに止ることを信じよう・・・。

ミニマムなエネルギー社会をイメージしよう・・・。

AD

エネルギー問題は生き方の問題で国の豊かさの象徴でしょう。
国際的な競争を勝ち抜いて日本の豊かさはあり、原子力推進は国策でもあります。
そうした豊かさを今日まで享受してこれたことを私は感謝しています。
原発よりも安全なエネルギーを求めていますが、原発にも感謝しています。
国にも感謝しています。

そして、これからは新たな可能性に目を向けて歩いていきたい。

核を制御する必要のない世界です。

核を必要としない世界です。


足温ネット
こちらのメールニュースをみたら以下のお知らせがありました。


浜岡原発すぐ止めて! 4・10東京集会&デモ
~福島原発震災を二度とくり返さないために~
---------------------------------------------------
●日時:4月10日(日)
    集合12:45/集会13:00/デモ14:00
●会場:芝公園23号地(都営地下鉄三田線芝公園下車)
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map001.html

●デモコース
経済産業省別館前・中部電力東京支社前・東電本社前・
銀座ソニービル前を通り、常磐橋公園で流れ解散

●主催:浜岡原発すぐ止めて!実行委員会
TEL 03-5225-7213 FAX 03-5225-7213 共同事務所AIR内

●呼びかけ団体(3/28現在)
浜岡原発を考える静岡ネットワーク/ふぇみん婦人民主
クラブ/日本消費者連盟/チェルノブイリ子ども基金/原
子力資料情報室/プルトニウムなんていらないよ!東京/
たんぽぽ舍/福島老朽原発を考える会/チェルノブイリと
日本の未来を考える会
AD
3・11以来、胸が痛い。
炎症反応が続いていて、私の身体は泣いてます。

被災地への痛みにむけて、良いエネルギーを送りたい。
お金や知恵や労働・・・。

責任を外に探そうとする・・・のは、もうやめよう。

・・と自分に言い聞かせている。

生き方を変えることを見つめているんだよ。


いろんな情報を海外からさがすしかない現状も
まだ、国内の体制が整っていないためだと、思い続けるしかないのだろうか?

風向きの詳細な予測があれば、屋外に出ないで済む子供たちも多いだろう。

もし、避難できる環境があるなら、春休みが終わったからという理由で帰宅しないで
安全確保を優先されてはどうでしょう?

何が正解なの?という問いかけには、誰も答えようが無いのが現状なのだから。

東北のみなさん、遠くへ離れることは不安かもしれないけれど

お子さんを守ってください。



「ドイツ気象庁(DWD)による粒子拡散シュミレーションの日本語訳」

イギリス・ウェザーオンライン社

CRIIRAD, 2011-3-30
AD