東京都は6日、築地市場(中央区)のマグロの競り売り場について、今月8日からの約1か月間、観光客の見学受け入れを中止すると発表した。

 都によると、通常の見学客は1日平均で約200人だが、5日には500人以上が殺到。2年前に場内の通路を仕切って仮設した見学スペースは、一度に80人程度しか入れないため、安全確保が難しくなったほか、売り場の外にまで列ができ、業者から苦情も寄せられたという。

 見学者のほとんどは外国人。来場者急増の背景について「桜の季節で来日が多くなっているのに加え、大西洋クロマグロの禁輸問題が注目された影響もある」と都の担当者は分析する。

 都は、大型連休に向けて日本人観光客も増えるとみて受け入れ中止を決めた。再開予定は来月10日。競りの見学を巡っては、年末年始をはさんだ繁忙期の受け入れをすでに中止している。

福岡競艇場に両腕漂着!諸賀さんの遺体の一部と確認(スポーツ報知)
制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)
小5重体、中学生ら6人重軽傷 青森で衝突事故(産経新聞)
近畿地方、夏日 大阪市などで今年最高気温(産経新聞)
AD