勤務シフトが頻繁に変更されたのに、労働基準法が例外的に定めた「変形労働時間制」を適用するのは違法だとして、元飲食店アルバイトの男性(28)が店側に時間外手当などの支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は7日、適用を認めず、店を経営する日本レストランシステム(東京都渋谷区)に約12万円の支払いを命じた。
 変形労働時間制は、繁忙期が予想できる職場などで使われる制度。一定期間中の1日ごとの勤務時間を事前に決めておけば、一時的に法定労働時間を超えて働かせる日や週があっても、時間外手当を出さずに済む。
 訴えていたのは、2009年3月まで都内の飲食店「洋麺(めん)屋五右衛門」で勤務した男性。訴状などによると、半月単位のシフトが急に変更されたり、就業中に突然休憩に出されて勤務時間を削られたりしたという。 

【関連ニュース】
阿久根市長への告発状受理=給与不払い問題
阿久根市長を告発=職員給与未払いで
給与支払いで強制執行求める=市長告発も
スーパー玉出を書類送検=超勤100時間以上、手当払わず
時間外労働の協定、締結7割=医師含まないケースも

民主、競輪トップ選手の長塚氏を参院選候補に擁立へ(スポーツ報知)
密約関連文書紛失で調査委員会(産経新聞)
幹事長に舛添氏を…自民熊本県連(読売新聞)
桜開花予想 寒暖差大きく、担当者泣かせ…参入民間3機関(毎日新聞)
<囲碁>早慶、15回の授業で単位取得(毎日新聞)
AD