鳥取県の平井伸治知事は2日の定例記者会見で、高校の授業料実質無償化法の成立を受け、子どもを私立中学校に通わせる世帯に、同法で定めた私立高校への就学支援金と同額を県独自で助成する考えを明らかにした。早ければ6月定例県議会で予算を計上する考え。同県によると、私立中学生世帯への助成は全国初、という。
 対象は、県内の私立中学校2校の生徒約210人。世帯の所得に応じて月額9900円~1万9000円を助成する考え。予算規模は約3000万円となる見込み。
 平井知事は「義務教育なので平等に教育を受ける権利がある。今の法律では制度的な穴があり、整合性を図りたい」としている。 

【関連ニュース】
6月に若者支援ビジョン=政府
高校無償化法が成立=民主の重要施策、1日から施行
高校無償化法案を可決=4月から施行
大学生への「給付奨学金」創設を=経済力による格差是正
朝鮮学校、結論は夏以降に=高校無償化で

<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
足利事件 検証結果、最高検も公表 「本部係検事」を全国配置(産経新聞)
ビルの看板外れかけ、はしご車出動 大阪・四つ橋筋で一部通行止めに(産経新聞)
岡田外相、ゲーツ米国防長官の会談要旨(産経新聞)
総務省、「SIMロック」解除へ=携帯4社と合意(時事通信)
AD