第13話

ドンキホーテで買った安っちいDC-ACインバーターを使っているのだが、ノートPC対応となっていたにもかかわらず、ノートパソコンをLL350にしたころから使えなくなっていた(別に壊れたわけではないと思うのだが・・・)。

今のノートパソコンも中古なので、バッテリーがそんなに強いというわけではない。なので、使用時間に関しては不満がある。19V出力のできるモバイルバッテリーを購入しようかとも考えていたが、ユニディの相模大野店で出会いがあった。
アストロプロダクツ350W DC-ACインバーターここは、商品の品揃えが豊富でよく利用するのだが、アストロプロダクツのコーナーまでがある。何か掘り出し物はないかと、近くに行ったときには立ち寄りチェックしているのだ。そんな時に発見したのが、商品入れ替えの為に在庫処分で30%オフになっているインバーター。アストロのインバーターは、ノートパソコン対応とはっきりうたっているわけではなく、多少の心配はあるけれど、ディスカウント金額にほだされて購入してしまった。
3600円が30%オフで、約2500円350Wタイプだから、まぁ損はないでしょう。


SAM・PJのブログ=クルマ別館にたったゾ(ポチっと応援!)


AD
第12話


5ナンバーの乗用ワゴンを税金対策で、4ナンバー貨物バン登録をする。そのための構造変更予備検をよく行うのだが、この時の書類がややこしい。
OCRシートは、2枚。通常の予備検で使う1号と記載事項を変更するための2号。
まずは、1号シート。
OCR1号様式
所有者使用者情報など、変更がなくても記入しなければならない。
そして、次に2号シート。
OCR2号様式
変更がない部分については、記入してはいけない。
あべこべにしたら、怒られちゃいました。メンドクサイのう。記入するのかしないのか、どっちかに統一してほしいものだ。

ちなみに検査表の裏面もすべて記入なんだが、タイヤサイズは荷重指数・速度記号まで書かなくてはならない。こっちは書いてなくとも検査官が記入してくれるんだけどね。
検査表の裏面

SAM・PJのブログ=クルマ別館にたったゾ(ポチっと応援!)

AD
第11話


小型貨物仕様セレナに履いているタイヤは、小型貨物への構造変更用のままになっていて、他のクルマで使うために履き替える。
在庫の中から、テキトーなものを物色。
ちょっと大きめだけど、これでいいかとカルーイ気持ちでチョイスする。

重たいから、メンドクサイなぁと思いつつも交換完了。

タイヤがでかくなった


後日、お出かけしようと走り出してみると、フロントから何だか変な回転音がする。
なんだかなぁ。
点検してみると、タイヤがビミョーに当たっているようだ。
組み付けの時にもタイヤを回して確認しているので、ほんとにビミョーなカンジだ。
ビミョーに干渉している角のところに削れた跡が・・・

在庫部品をガサゴソして、スペーサを探し出す。3ミリくらいでイイかな?
3ミリのスチール安物スペーサ
僅かに隙間ができた

とゆーのも、フロントには215サイズのタイヤを入れている。
少々はみ出し気味だったのだ。
あんまり厚いスペーサを入れてハミださせるのも、何だかカッコ悪い。

それでも、組み付けてみるとかなりはみ出している。

けっこうワガママにハミ出してるな

オーバーフェンダーが必要だな。

SAM・PJのブログ=クルマ別館にたったゾ(ポチっと応援!)


AD