2009-04-29 22:38:16

iPodと不毛な一日

テーマ:日記

先週末からのどが痛くなり、熱、鼻、せき、とお決まりのコースで風邪が悪化。

仕事に行って「メキシコ帰り?」と冗談言われても笑顔で返せないぐらいしんどかったので病院へ行ったら「軽い副鼻腔炎と中耳炎ですね」とのこと。


そんなわけで、今日は一日中ふとんとパソコンの前を行ったりきたりしながら「iPodは何を買うべきか」だけを考えて過ごしました。ときどきグーグルアースでナスカの地上絵見たりガンジス河の上流に行ったりして。


昨日ぐらいからふと欲しくなったiPod。

選択肢は5つです。


①iPod Touchを買う

②iPhoneを買って、ドコモは解約

③iPhoneを買うが、ドコモもそのまま使う

④iPod nanoを買う

⑤故障しているiPodを修理に出す


120GBなんて一生かかってもいっぱいにできない気がするからclassicは除外。



Touchはなんだかとっても楽しそうだけど、駅やカフェで無線LANが使える首都圏ならともかく、こんな田舎じゃTouchの目玉Wi-Fiも使えないし、持て余してしまう気がする。



では自前でネットができるiPhoneか。


今日一日ネットで調べまくったところ、iPhoneは「Phone」とは名ばかりで電話機能はおまけみたいなものらしい。しかも、携帯のメールは使えないからインターネットメールを使う。メールやネットからのコピペもできない。驚いたのが、メールが15分遅れぐらいで届くということ。


プライベートだけならそれでもいいけど(時と場合によってはダメなこともあると思うよ)、仕事で携帯メールを使っているのでそれはちょっと困る。というわけでドコモ温存案。しかしこれでは月額使用料がちょっと気になりますし、必要もないのに電話機能を持った物体を2台持つのはどう考えても「スマート」ではないので製品のコンセプトに反する気がする。


日本の「ガラパゴス携帯(と呼ばれているらしい)」500万画素のカメラとかデコメールとか着うたとか七色に光るイルミネーションとか、いらない機能が付きまくって、もはや電話なんだかわからない物体になっている悲しい現実。


それも確かにどうかと思うけど、いつの間にか置かれているあたたかいおしぼりのように無意識に、でも確実に便利なものとして使っている名もない機能たちの存在も気にかかる。スペックだけ見れば変わらないんだけど、外国の携帯って「なんか不便」。日本人の心にそっと寄り添う機微が、外国製の携帯にはないんですねぇ。電気ポットなんかとは違って、家族や恋人よりも一緒にいるわけで、あうんの呼吸は大事ですねえ。


じゃあ、すっきりボディになったnanoか!と思ったけど、TouchやiPhoneと比べるとわくわく感がかなり削がれる。そもそもiPodを買うモチベーションが下がってくる。


電池が3分しか持たなくなった第5世代を修理に出すことも検討したけど、これまた近くにApple Storeがないので面倒くさい。


なんて考えてたらいてもたってもいられなくなって、ゴホゴホいいながら電器屋にかけこみました。


iPhoneのあまりの美しさについ契約しそうになったけど、「iPhoneを携帯だと思って買ったらあかん」だの「あと3か月頭を冷やしたほうがいい」だののネットの書き込みやレビューを読んだあとだけに決めきれず。


パンフレットを握りしめて店を出て、車に向かうと心なしかヘッドライトが付いている。


15秒ぐらい立ち尽くしたあとに手際よくJAFを呼んで(三度目にもなると慣れたものです)、30分ぼーっとエンジンかけっぱなしにして、家に帰ると10時。そしてこのブログを書いている。


まったく不毛な一日でした。





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-04-21 22:04:56

おめでとうございます

テーマ:日記

噂に聞いてた結婚ラッシュがついに始まりました。


高校時代の友人。付き合って10年目にしてゴールイン(ちょっともじもじしちゃうけどいい言葉だ)という、今どき珍しいお2人もいます。


久し振りに電話して「えー絶対ないよ!ないよね?旅行とか行きたいし、30才になっても独身だったら一緒に住もうよ!」なんてこづきあってた2週間後にめでたい報告をしてくれた人もいます。

おめでとう。


会社の同期でも何人かいるみたいです。おめでとうございます。



半ば脅迫のように恋人に結婚をせまっている人もいます。これはめでたいんだかめでたくないんだかわかりませんが、でも、うまくいくといいですね。がんばって。



どういうわけかぱったりいないのが大学時代の友人。私が知る限り一人もいません。余計なお世話だと言われるのはわかっていますが、西東京、ファイト。


「教えてないけど、とっくにしたよー」という方がいらっしゃれば教えてください。


私はといえば、お取り置き状態ではありますが、内金なしですし、キャンセル等あれば売り場に戻ります。ご安心を。



そして今週末、弟が結婚するらしい。姉弟なのに「らしい」とはなんだと思われるかもしれませんが、広い世の中こういうこともあるのです。


これに関しては涙あり、罵声あり、すったもんだの乱闘寸前までもつれこんだので多くは語れませんが、とりあえず、きっと会ったら言えないので、ネット上で祝福したいと思います。

直接言えたらいいですが。弟よおめでとう。







AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009-04-19 21:04:18

アンチカズヨ宣言

テーマ:日記

本屋に行くと平積みされたカズヨ本。


テレビをつけると高そうな自転車にさっそうとまたがって通勤するカズヨ。


雑誌を開くと聞いてもないのにカズヨのアドバイス。



私が気にしすぎなのでしょうか。目について仕方ありません。


半年ぐらい前に「そのテ」のものが、無性に読みたくなり、隣のローソンで見つけた御本を手にしたのが、彼女との出会いでした。



やる気になるどころか、どんどん気分が沈んでいきます。

自分がどうしようもなくくだらない、ダメ人間のように思えてくるのです(事実ですが)


最後まで読み切ることができずに4分の1ほどを残し、ぱたりと閉じました。





いろいろ引用しようと思ったけど残念ながら、手元にはもうありませんでした。(たぶんブックオフ送りになったんだと思う)


内容としてはたしか、かなりざっくりこんなことだったような。



「お金にかしこく!キャリア!でもやっぱり恋もしなきゃね!」(泣きたいぐらいざっくり)


あのぉ・・・肉食系なんちゃら?


どうしてこんなに彼女の本が売れるのか、こんなに支持されているのか、本気で誰か教えてほしい。

なぜなら一冊も完読してないから。

教えてくれたら、もう一度まっさらな気持ちで彼女の本を読んでみたいと思う。


自分が「そのテ」の本に胡散臭さを感じているのは昔からのことですが、カズヨ本についてはそれを考慮してもあまりある読後感の悪さ。理屈を超えた生理的嫌悪感。



「お金に疎く、窓際で、恋もいまいち」な女の単なるひがみ?



たぶん、そうだと思います。






ブツブツ・・・だって、彼女とあたしたち(少なくともあたし)もうステージが違うじゃん。って言ったらミもフタもないけどさ、なんの参考にもならないでしょ。爪のアカでも煎じて飲めってか・・・ていうか、ステージもなにも、ああいうの目指してないし・・・ブツブツ・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。