靴における抵抗形態とは?

テーマ:

靴(インソール)における抵抗形態と摩擦抵抗とは?

 

以前、私がさとう先生のブログ記事をリブログして書いた記事があるのですが、鷲見先生が昨日ブログで類似する記事

補講「摩擦抵抗と形態抵抗」 https://yurufuwa.org/archives/4549

を書かれていたので、この機会にもう一度私の過去記事の内容も掲載したいと思います。

 

以下は私の以前のブログ記事内容です。

 

 

以前もブログで書いたことがあるのですが、歩く動作の足の役目

どの様に歩く動作が行われているのか・・・
言葉で書くより図の方がわかりやすいです。

まずは理想的な足の運び方は拇趾の向きが進行方向に対して7~10度程度外を向きます (がに股も内股もよくありません)

 

 

この時、荷重の移動は踵のやや外側から短拇趾屈筋に沿って拇趾球へまっすぐに移動します。決して外側を経由せず短拇趾屈筋に沿ってまっすぐ荷重移動することが重要です。

 


ここで足裏縦アーチの短拇趾屈筋が働くため、足から脚(長拇趾屈筋)への屈筋の連動が使えるようになるのです。そして荷重は拇趾球からさらに5指全部を接地して抜けていきます。

 

 

 

 

 

脚全体の動きを表すと下の図のようになります。 身体が前へ移動するためには地面を蹴ることで発生する反発力(抗力)=抵抗形態が重要です。この反発力を無駄なく前方移動の力に変換するためには反発力(抗力)=抵抗形態が必要です。 それを5指全体でしっかりと行います。

 


抵抗形態とは元々は歯科用語であり、修復操作中や修復後に加わるような外力により、歯質や修復物が破壊、変形することを防止する形態のことを意味します。

 

一般の方には耳慣れないためわかり難いですが、靴(インソール)では下図の反発力(抗力)=抵抗形態を意味しています。

 


 

 

 

以下のさとう先生のブログ記事や、上方の鷲見先生のブログと合わせてご覧頂けば、より分かり易いかと思います。

 

 


 

 

 

さとう式リンパケアサロン クリニカルラボ御影

【施術の定休日】月曜日・水曜日・金曜日(土日は営業しています)

【店舗住所】神戸市東灘区御影本町2丁目12-20

【電話番号】078-856-4023/ 090-1645-5102電話予約OK)



【さとう式の公式セミナー開催予定】

☆さとう式リンパケアインストラクター/MRTマスター
講師;臨床経験15年の吉野一彦が丁寧にご指導致します。

 

■日程確定しているセミナー 一覧

 

上記以外でも、ご都合に合わせて開催することも可能ですので、遠慮無くご希望日時でお問い合わせ下さい。
当院で行う場合はMAX2名様まで、ただしそれ以上の人数の場合でも事前に余裕をもってお問い合わせ頂ければ、レンタルセミナールームを使用しての開催または、ご希望の場所での開催も可能です。人数がまとまれば地方出張も致します。

お問い合わせ電話番号;090-1645-5102(吉野)
メールでのお問い合わせは⇒お問い合わせメールフォームページ よりお気軽に!

■さとう式セミナースクール ホームページ
 

 

 

 

 

 

AD