ピェロットのこの映画こんな風に楽しみました(^o^)

.    自分が観た映画の面白さ、楽しさ(悲しさ?)なんかをみんなに伝えていきたいと思います。
    この映画はどう?みたいなリクエスト的なものを頂けると、メチャクチャうれしいです!!


テーマ:
"純愛"――この言葉が素直に使える感動作ですにひひ


※この写真はイメージです。プロ志望のフォトグラファーのTAKUさんに撮影して頂きましたカメラ

TAKUさんのブログ「Pure Photography」はこちら



【観賞スタイル目
○DVD(購入)


【観賞した場所映画
○自宅


【オススメな所カチンコ
○素直に観れて素直に感動できるストーリー


○全てがきれいに描かれているところ


○1回目と2回目で大きく変わる印象



【オススメな人グッド!

○感動したい人


○"セカチュー"を知らない人


○内に秘めた"濁り"を洗い流したい人(?)



【紹介サイト音譜

http://aiosakebu-dvd.jp/sakuhin/index.html
アップあらすじなどはこちらから

※"セカチュー"を知らない方はまだリンク先へ行かないことをオススメします音譜

=================


本作は、

高校生の"朔太郎"(さくたろう)と"亜紀"(あき)の儚(はかな)くも切ない純愛を描いた作品ですキラキラ
(あまり説明もいらないかもしれませんが音譜)


"セカチュー"ブームを巻き起こした、行定勲さん監督の感動作ですキラキラ


原作「世界の中心で、愛をさけぶ」(片山恭一さん)も200万部を超えた、間違いない作品ですチョキ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
素直に観れて素直に感動できる――


伏線や観ている人への裏切りもありません。


本当に自分の思い出を振り返るかのように観れて、素直に感動できますニコニコ


ストーリーも、大人になった"朔太郎"が、"亜紀"との思い出を思い出す形で進んでいきます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
全てがきれいに描かれている――


純愛ということで、"朔太郎"と"亜紀"の思いはきれいに描かれていますキラキラ


その他の登場人物も含めて、悪意なんてものは一切出てきませんニコニコ


・誰かを陥れてやろう
・出し抜いてやろう


なんて思いはありません。


そして、情景もとてもきれいな作品ですキラキラ

特に夕日のシーンなどが・・・晴れ
(これも"ユキサダ・オレンジ"の1つなのでしょうかはてなマーク)


これらも感動できる大きな要因かもしれませんねニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1回目と2回目で大きく変わる印象――


本作は多くの方が既に大まかな内容はご存じかと思います。


内容をある程度知っている方が観ても、感動するとは思いますが、今回オススメしたいのは、内容を一切知らない方ですビックリマーク


そして、内容を知らない方に2回観ることをオススメします!!


1回目は、たぶん"朔太郎"の目線で観ることになると思います目

本作の主人公は"朔太郎"ですので。


そして、2回目観ると・・・
"亜紀"の目線でも観れるようになります目


"亜紀"の言動に隠された思いが分かるようになりますので得意げ
そして、"律子"の行動の思いも・・・目


1回目では、後半に進むにつれて盛り上がっていく感じですが、
2回目では、序盤から心打たれっ放しな感じになりますキラキラ
(個人的には、レンタルで観て買っちゃったパターンです音譜)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
純愛ですが重すぎず、何度でも観れる作品です。
まだ観てない方にも、久しく観てないという方にもオススメです
!!


ゼヒ観てみてくださいにひひ







※ここから先はネタバレの可能性があります<(_ _)>※







ここからは、少し内容に触れて書いていきますメモ




○カセットウォークマンの存在


大人になった"朔太郎"が、カセットテープに録音された"亜紀"の声を聞くことで忘れていた思い出を思い出す、これがとても良かったです音譜
右矢印"亜紀"の声のかすれ具合(はてなマーク)がツボのようです。

(これ、個人的な感想でした<(_ _)>)

このカセットを交換日記のようにやり取りするのも良かったですね~ニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○"律子"の存在


大人になった"朔太郎"の婚約者"律子"の存在も、とても良かったですキラキラ


・"律子"が"亜紀"の最期のカセットテープを持っていた


・"律子"が"朔太郎"と"亜紀"の知り合い


ということから、わざと"朔太郎"にカセットを渡さなかったんじゃないかと思ってしまいました・・・ショック!
右矢印ヘンに裏読みしてしまうあたり、濁ってますね~ガーン

"律子"の行動によって、"朔太郎"と"亜紀"の純愛がより深くなったように思いますキラキラ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
本作の公開は2004年でしたが、出演されている俳優さんたちは、今も活躍されている方がたくさんいらっしゃいますチョキ


・長澤まさみさん:亜紀

・森山未来さん:朔太郎(高校生)

・大沢たかおさん:朔太郎(大人)

・柴咲コウさん:律子(大人)

・山崎努さん:しげじい


その他にも・・・
・尾野真千子さん
・堀北真希さん
・大森南朋さん


あまり目立たない役も含めてたくさん出られてますね~ニコニコ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
あと、"セカチュー"ブームにより、ロケ地が観光名所にもなったことを思い出しましたひらめき電球


特に有名になったのが、


王ノ下沖防波堤


香川県高松市にある防波堤ですビックリマーク


今はかなり落ち着いてると思いますが、この機会にみなさん、行ってみてはいかがでしょうか!?


地元の方に、ピェロットのブログ読んで来ました~って言うと・・・
"はぁ!?"って言われると思いますニコニコ

・・・<(_ _)>


このブログがきっかけで、ブームが再燃したりしたら、メチャクチャうれしいですけど音譜


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
個人的な願望が入ってしまいましたが、
"セカチュー"ブームを巻き起こした何度も感動できる作品です
にひひ


ゼヒ観てみてください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【コラボ御礼】
今回も映画をイメージした写真を撮影し、提供してくださったTAKUさんには厚く御礼申し上げます<(_ _)>

TAKUさんのブログも紹介させて頂きますので、写真に興味ある方はゼヒゼヒ遊びに行ってみてください!!


プロ志望のフォトグラファーTAKUさんのブログ

「Pure Photography」 http://nameko1001.blog.fc2.com/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画「世界の中心で、愛をさけぶ」

右上矢印いますぐ観たい方はこちらをどうぞ!


世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]

新品価格
¥600から
(2014/6/20 09:29時点)


お家でレンタルという方にオススメ

パソコン動画配信もあります!



最後までお読み頂き、ありがとうございます<(_ _)>

気が向いたら押してみちゃってください!!


映画(全般) ブログランキングへ



どうも!ピェロットでしたェ(+o+)/

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ピェロット@映画楽観人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。