ご訪問いただき、有難うございます。このブログでは、世界の野鳥や動植物を1種づつ紹介していきます。


出来る限り頻繁に更新するつもりですが、海外遠征等で留守にすることもあります。


ホームページはこちらになります。
http://feathercollection.net/



世界を駆け回って撮影した鳥の画像を順次アップしています。
読者登録歓迎です。ゆっくりご覧下さいませ♪


(2010.12.20追記)画像販売はじめました。
http://pixta.jp/@feathercollection/buy/



(2010.8.2追記)


番外編として、両生・爬虫類、昆虫をアップすることがあります。タイトルに種を明記していますので、苦手な方は読み飛ばして下さい。





$feathercollector's diary-アオヒゲショウビン $feathercollector's diary-バンジロウインコ
カワセミの仲間はこちら                オウム・インコの仲間はこちら


$feathercollector's diary-フクロウ$feathercollector's diary-イワワラビー
フクロウの仲間はこちら                哺乳類はこちら


*全ての画像には著作権があります。無断使用はご遠慮下さいますよう、お願いいたします。






1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Sun, March 26, 2017

熱帯雨林での撮影

テーマ:ブログ
2012年5月7日の記事の再アップです。

熱帯での探鳥での実態を、今回ちょっとだけ書きたいと思います。

$feathercollector's diary
2012年に訪問した、マレーシアのタマンネガラ国立公園の森。東南アジアの低地熱帯雨林の典型ですね。

暑くて湿度が高く、レンズはすぐ曇ってしまいます。

この時期、基本的には晴天が続くと聞いていたのですが、私が滞在した4日間は、夜間ほとんど雨でした。

雨の翌日は鳥の活性が上がるのですが、その分、ヒルの動きも活発になります。。。。


$feathercollector's diary
靴下を二重に履いて、間にズボンを入れているため、ほとんどのヒルは撃退できるのですが、今回はそれでもダメでした。

ヒル自体は毒を持っていないので、さほど気にはしていないのですが、やはり真っ赤に染まった衣類を見ると、かなりブルーな気分になります。


$feathercollector's diary
今回、最大のターゲットであるGarnet Pitta(ムラサキヤイロチョウ)を撮影している私。ガイドのAndrewが知らない間に撮影してくれてました。

本来、熱帯の森で素肌をさらすのはNGなのですが、暑がりの私にはそれがどうしてもできず・・・

いつもこんな格好で森を闊歩しています。

Andrewからは、「あなたはヤイロチョウが好き。ヤイロチョウはヒルが好き(好物だそうです)。ヒルはあなたが好き。No Problemだ。」と言われました。
深く考えると、???な発言ですが、まあ、生態系?は循環しているのだな、と笑ってしまったのでした。

A Field Guide to the Birds of South-East Asia. .../Craig Robson

¥3,398
Amazon.co.jp

2012/5/7更新
AD
いいね!した人  |  コメント(42)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。