ご訪問いただき、有難うございます。このブログでは、世界の野鳥や動植物を1種づつ紹介していきます。


出来る限り頻繁に更新するつもりですが、海外遠征等で留守にすることもあります。


ホームページはこちらになります。
http://feathercollection.net/



世界を駆け回って撮影した鳥の画像を順次アップしています。
読者登録歓迎です。ゆっくりご覧下さいませ♪


(2010.12.20追記)画像販売はじめました。
http://pixta.jp/@feathercollection/buy/



(2010.8.2追記)


番外編として、両生・爬虫類、昆虫をアップすることがあります。タイトルに種を明記していますので、苦手な方は読み飛ばして下さい。





$feathercollector's diary-アオヒゲショウビン $feathercollector's diary-バンジロウインコ
カワセミの仲間はこちら                オウム・インコの仲間はこちら


$feathercollector's diary-フクロウ$feathercollector's diary-イワワラビー
フクロウの仲間はこちら                哺乳類はこちら


*全ての画像には著作権があります。無断使用はご遠慮下さいますよう、お願いいたします。






1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Tue, June 28, 2016

その948:マミジロチビオムシクイ(White-browed crombec )

テーマ:東アフリカの鳥
昨日のブログにて、アフリカには「crombec」と呼ばれる鳥がいると書きました。

「crombec」は「クロンベック」と発音します。

和名はチビオムシクイ。全部で9種いるのですが、かつてこのブログでも1種紹介しました。

記憶にない!という方、「西アフリカの鳥」カテゴリーから探してみてくださいね。


マミジロチビオムシクイ

これはマミジロチビオムシクイWhite-browed Crombec。

名前の通り、尾が短いのが本グループの特徴。全長9cmほどしかなく、動きも素早いため、撮影の難しい鳥です。

この日は幸いにも羽繕いしている個体を見つけることができたため、割合ゆっくりと撮影することができました。

マミジロチビオムシクイは分布が狭く、ルワンダ、コンゴ、ウガンダの一部の地域でしか見ることができません。

いずれも、日本人にはあまり馴染みのない国ですが、中でもコンゴ民主共和国(旧ザイール)は、治安の悪さから訪問するのが極めて困難な国でした。

ところが、ここ数年で改善の兆しが見えてきているとのこと。
昨年は遂に欧米のバードウォッチングツアー会社による探鳥ツアーが催行されました。

そう、あのコンゴに探鳥に行けるようになってきたのです。

という訳で、コンゴクジャク探検隊に参加したい人、是非手を挙げて下さい!笑
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。