曽根賢(Pissken)のBurst&Ballsコラム

元『BURST』、『BURST HIGH』編集長の曽根賢(Pissken)のコラム


テーマ:

[鬼子母神日記]

「3.11ブルーシート・バーキン」
※曽根が勝手に命名――本当の作品名を聞き忘れたため


佐藤勝彦●作品

3.11で使われた(?)ブルー・シートを使用し、エルメスの「バーキン」型のバッグを、某かばん会社に以来し制作した作品。
表のサインは、趣旨に賛同したジェーン・バーキンの直筆(!)。
むろん、世界にただ一つだけの「バーキン」である(非売品)。


5月22日(日)鬼子母神は快晴。

雑司が谷鬼子母神「みちくさ市」(古本市)に、初めて参加。
主催者の西早稲田「古書現世」店主・向井透史さんが誘ってくれたのだ。
もともと向井さんを紹介してくれたのは、石丸元章さん。
で、石丸元章責任編集『ブルーズ・マガジン』(フリー・マガジン)の配布ブースを間借りしてシングル小説を販売した。

他のたくさんのブースから「はっきりと」離された場所に、テーブルとパイプ椅子が2脚。
眼の前はコンビニだから、酒を買うのも便所も楽ちん。
午前11時より店を開く。
が、肝心の『ブルーズ・マガジン』石丸や、編集の雨森が顔を見せたのは、12時半過ぎだった。

それでも、天気が良く、最新号の『ブルーズ・マガジン』は面白く、ビルとビルのすきまのパイプ椅子に座って、焼酎のグレープフルーツ炭酸ジュース割を呑むのは、まったく気分がよかった。

ブースに立ち止まる人も多かったが、私はしかとう。
若いカップルの男が、シングル小説を開いて笑いながら、
「こういうコンセプトなら、B面の頭は反対から読めるようにしなきゃ。本来これは横組みにするべきなんだよ」
と解説し、彼女はうっとり。

しばらくすると、なんとシングルが売れた。
若い男性で、ごめん、酔っぱらっていて名前を失念。
実はまったく売れることを念頭に置いていなかったので慌てた。

次いで、向井さんが「姪の女子中学生かな?」と思われるちっちゃい娘を連れてきた。
実は、向井さん一押しの歌い手で、北村早樹子さんだという。

「かわいいねえ。お嬢ちゃん、いくつ?」
「もう31歳なんですよ」(本来大阪弁)
「げっ! マジで!?」


●出奔した父親を訪ねてきてくれた末っ子の娘


彼女のCDとシングル小説を交換し、サインをしあう。
※今ユーチューブで観聴きしたところ、「裏パミュパミュ」みたい(妄言多謝)。
「マイハッピーお葬式」と、なにより円広志の「夢想花」のカバーが良かった。

その後、石丸さんが来るが、1分もその場にいなく、どこかへ消える。
そして、ようやく編集のシングル・ファーザー雨森が息子のH君を連れて登場。
そのあたりで、私はべろべろ。

売れた1600円で、Hくんへお菓子とかケーキとか、サンドイッチやらを買う。
それを親子が食べる、ほほえましい姿を見ながら酒がすすむ。
その後、『ブルーズ・マガジン』の読者がついでにシングルも買ってくれる。
その1600円で、またお菓子と石丸さんたちの酒を買う。

(石丸さんとの2ショットが石丸さんのツイッターに載っているとのこと。キャプションは「ウイ・アー・ゲイ」らしい)

午後4時無事終了。
煙草を買ったら、手持ちの金が130円しかなかった。
H君から似顔絵を描いてもらったので部屋に飾った。
シギーのKちゃんに描いてもらった似顔絵の隣に。
食べるものがないので、早寝した。



5月27日(金)鬼子母神は曇り、ときどき雨。

ここ2週間ほど、友人Sから貰ったコピーライトの仕事を、ボスYの新事務所でやらせてもらっている。
ボスYは、そのデザインをしている。
(ボスYは今年の頭、池袋に新事務所を開いた。住居と仕事場を別にしたのだ)

ボスYと一緒の部屋で仕事をするのは久しぶり。
数日前には、野菜ジュースを箱で貰ったりもした。
(兵庫くんと分ける)
コーヒー飲み放題なり。

さっき最後のコピーを友人Sへ送って、ひとまず私の仕事は終わり。
酒で2日ほど倒れたが(昨日はかるい膵炎を発症し寝込んでいた)、おおむね仕事は順調だった。
が、これでまた無職に。

その後帰らず、ユーチューブでハッピーエンドを聴きながら、これを書かかせてもらっている。
一昨日古本屋で、『レコード・コレクターズ』の「追悼特集・大滝詠一 1969‐1979」を買ったため(500円)。
やはり『風街ろまん』のA面1、2曲目はかっこいい。

さて、これをアップしたらスーパーで夕食を買って部屋に帰ろう。
酒はどうしようか?
う~む。


おやすみなさい。
読んでくれてありがとう。
よい夢を。



P.S.
以下の作品を買ってくれる方、また、仕事をくれる方、メール下さい。
●「詩作品」(手書きした原稿用紙を額装したもの――10,000円)
※宅配便着払い

●原稿と編集&コピーライトの仕事。
(個人誌やグループの冊子も受けつけます。アドバイス程度なら、酒と5,000円ほどで)

●pissken420@gmail.com


[シングル小説「The SHELVIS」発売中]


◎7インチ・レコードと同じ体裁の小説集(A面「八重桜」/B面「熱海にて」)定価1,600円


●本作の購入は、これからしばらく、曽根のメール(pissken420@gmail.com)へ直にお申込みください。
(ただし、毎日メールチェックが出来ないため、お返事が数日遅れることをご了承ください)


●以下の「ディスクユニオン」の店舗で発売中。
御茶ノ水駅前店/新宿パンクマーケット/渋谷パンク・ヘヴィメタル館/下北沢店/通販センター
●中野ブロードウェイ「タコシェ」にても発売中です。
●西早稲田「古書現世」にても発売中。

[ユーチューブにてシングル小説A面「八重桜」のPV公開中]
曽根自身が声と手足で出演しています。
※ガレージパンク・バンド「テキサコ・レザーマン」が全面協力!

[ユーチューブにてPISS&KEROのファースト・ライブ放映中]
中野「タコシェ」にてのポエトリー&サウンド5回。

[シングル小説第2弾は、7月発売予定!]
乞うご期待!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

[鬼子母神日記]




佐藤(ブライアン)勝彦
(3.11直後の絵である)


5月11日(水)鬼子母神は曇り。

起床午前6時。
前日ギャラが入ったので、久しぶりに朝酒を呑むことにした。
いや、嘘か。
前夜から決めていたのだ。

起きがけの酒は(あらゆるドラッグ同様)効きがいちばんいい。
死んだアル中の親父も、50になると、休日の午前5時ともなれば、自ら肴をつくり呑んでいたっけ。
(その姿を見て、高校生の私は、はなはだしく嫌悪したもんだ)

59歳で脳出血で即死した親父の肴は、甘辛い卵焼き(に醤油をだぶだぶかけたもの)や、塩の結晶がびっしりと浮いた鮭の塩引きや、白菜漬けや、自家製の烏賊の塩辛や、前日の鰹(かつお)の刺身だった。

親父は獣肉を食べず(いや、鯨だけは好物だったが)、魚肉しか食べなかった。
その魚肉も「焼き魚」ばかりで、刺身が嫌いだった。
唯一口にした生魚はカツオだけ。

当時(70年代)の東北の一般家庭で食するカツオは、買った時点で身が「でろんでろんで」と柔らかく、当然生臭く、翌日ともなれば、それはひどいもんだった。
それをオカズにご飯をたらふく食べた小学生は、20年後、ラズウェル鈴木の『酒の細道』のある回を読み、「うん、うん、そうなんだよなあ」と、コアマガジン「仮眠室」にてうなづいて眠った。

(昭和生まれのサラリーマン主人公が、居酒屋で出た新鮮なカツオに物足りなさを覚え、残りの刺身をタッパーに入れて持ち帰り、冷蔵庫に入れて、翌日の肴にし、そのでろんでろん具合に満足する――と云った話)


閑話休題(それはさておき)。

布団を上げ、歯を磨き、洗顔し、けれどヒゲは当たらず、豆腐を買いに外へ出た。
すぐそばに豆腐屋があるのだが、水が悪いのか腕が悪いのか、それとも夫婦仲が悪いのか、どうにも私の舌には塩梅が悪いので、往復30分歩いて某豆腐屋へ行く。
この鬼子母神に長く住んでいた、石丸元章さんから教わった店だ。

初めてその店へ、夕方買いに行ったとき、60がらみの店主は、
「もう無くてね、昨日のでいい?」
と、こともなげに言ったものだ。
その億面のなさにビックリし、私は断れなかった。

けれど悔しいことに、その冷奴はじゅうぶん旨かった。
むろん出来たての朝は、まさに「舌うち」したくなるほどだ。
今朝は、絹ごし豆腐(子どものころからだから木綿に変えようがない)の他に、がんもどきを買う。

部屋にもどるとすぐ、酒と砂糖と醤油でさっと、がんもどきを煮た。
他に自家製の、蕪の糠漬けを器に盛り、一味と醤油を振る。
(まだ糠みそは若すぎて、肝心の臭みが淡い)
豆腐半丁に、葱と一味と中華ドレッシングをかけて冷奴とする。

スナック代わりに煮干しをひとつかみ。
酒は昨夜の残り、一の蔵を冷やを茶碗酒で。
ゆるゆる呑みながら、昨夜の残りの「納豆の味噌汁」に、賽の目に切った豆腐半丁を足して温める。

味噌汁の納豆は「大粒」2パックを、包丁でかるく叩いたもの。
味噌&納豆&豆腐とは「畑の肉」のそろい踏みだ。
これぞ「三位一体」の、ゴージャスな味噌汁だ。

椀に「三つ葉」をひと束(スポンジに根づいた分すべてを)刻み入れる。
三つ葉は椀から、あふれんばかりになる。
そこへ熱い納豆汁をたっぷりとそそぐ。
たちまち三つ葉は椀の中で鎮(しず)まる。

三つ葉の香りは淡い――日本の〈香菜〉は皆そうだが。
これだけの量を入れて、ようやくその香りがはっきりと鼻にぬける。
こってりとした納豆汁には、これくらいの三つ葉が適量だと思う。

なんにしろ、納豆汁は旨い。
ものの本によれば、江戸時代の庶民はたいがい、納豆を味噌汁の実として啜ったそうだ。
なぜなら、ご飯にかけようにも、白米を食べられることはそうないことだったから。

納豆汁と茶碗酒を、交互にすすれば、ゆらりと酔いが浮き上がる。
何度もここに書いたが、熱いスープは最上の肴だ。
ラジオから、オバマが広島を訪問すると、盛んに伝えられる。

「読み肴」は、小川国夫「随筆集 夕波帖(ゆうなみちょう)」(幻戯書房)。
小川国夫のエッセイは面白くない。
彼の世界に入るための「スイッチ」の位置がわからない。
でも、探す。
でも、なかなか――。

[明日22日、雑司が谷鬼子母神「みちくさ市」にてシングルを手売り]

5月22日(日)雑司が谷鬼子母神参道にある、コンビニ「ポプラ」前にて、石丸元章氏監督、フリーマガジン『ブルーズ・マガジン』配布ブースにて、曽根がシングル小説を手売りします。
この季節の鬼子母神の緑は美しく、古本&雑貨市である「みちくさ市」は楽しいので、ぜひ遊びに来てほしい。


(発売:リットーミュージック/詳細はネットで検索してください)


王様こと村藤治(デザイナー&テキサコレザーマンのG)より、その話を相談されたのが4月の前半の某日電話にて。

「アンノちゃんの本のさ、表紙の撮影場所を、ピスケンの部屋でやれないかなあ」
アンノちゃんとは、あのギターウルフのセイジさんのことだ。
セイジさんのブログを本にすることが、数年前から企画されていたそうだ。
(企画はリットー・ミュージックより)

私に是非があろうはずがない。
もし、それが実現すれば、光栄だ。
王様はひとまず、この部屋へ「ロケハン」に来た。
そこで、もしその企画で撮影するなら(企画者はセイジ&王様)、こういう小道具が必要なんじゃないかと、私もアドバイスをした。
(例えば原稿用紙は、ベタに神楽坂「相馬製」とか、文鎮が必要だとか。葉巻も?とか)


で、なんと、あっさり撮影が実現することになったのだ。
撮影日は4月25日(月)の午後3時より。
事前(20分前)に84歳の大家さんには許可を得た。
つい先日、小林秀雄の『ゴッホの手紙』を読んだという彼女は快諾してくれた。
(タイトルは知っているが、もちろん私は『ゴッホ~』を読んだことがないけれど)

当日午後3時、この「七曲がり荘」の6畳間にでかい男たち6人もが集結した。
むろんセイジさん。
カメラマンの三島タカユキ(三島っち)。デザイナーの王様。書籍担当編集者。ギターウルフのスタッフ。そして私。

セイジさんは、坂口安吾の有名な写真(林忠彦が「これだ! これだ!」と叫んで撮ったという、ゴミに埋もれた、けれど強烈に清冽な文士の現場)のイメージを持っていた。
だから自分の部屋から、レコードや雑誌や本やギターや、グローブや工事現場道具や竹刀やらをいっぱい持ってきた。

三島っちは、ストロボをセッティングしたが、最初は窓からの自然光で撮影を始めた。
そして結局、ストロボは1発も鳴らさず、最後まで自然光で撮った。
最初は、セイジさんが持ってきたものは散らさず、テーブルに原稿用紙を開いただけの写真から。
あとから、ブツをばらまいて撮影。

なんと撮影は、ものの1時間ほどで終了。
つまり、いい現場だった。
現場でぐずぐず時間がかかるときは、ダメな撮影だから。
(スタッフと主演の考えがまとまっていないとき、最悪な撮影になる)
ワン・カット目を、皆で「いい」と云い、実際それが使われた。


撮影後、王様だけが部屋に残って呑み、それから兵庫くんも誘って中目黒の呑み屋「銀紋」へ。
たしか、数回前のブログにそのことを書いたはず。
スタジオ代として頂いた15,000円は翌日には木端微塵、胡散霧消したはず。
(銀紋も、その後の店の呑み代もぜんぶ王様に払ってもらったのに)

ちなみに撮影中、三島っちは共同(和式)便所へ行った。
帰ってきて「いや~大変でしたよ」と笑う。
「あっ、大きいほうだったのかあ」
そりゃ無理だ。
私(174センチ)でも、しゃがんで用を足すのは苦しいのに、三島っちは190センチもある。
(身長185センチの死体カメラマン釣崎清隆は、この部屋に同居した3日間、近くのコンビニへ毎回出た)


ちなみは続く。

写真の、赤茶のテーブルはボスYから貰ったもの(部屋での乱闘で片足が折れている)。
セイジさんの手にしている万年筆は、私のモンブラン。

(女から貰ったもので、PISSKENと金文字がほどこされている。が、使ったのは1年ほどで、あとはずっとボールペン。ただし、そのインクにこだわりが出来、芯だけダースで買って貰っていた。むろん別の女に。まだ残っている。がもう販売中止らしい――実は、表紙のセイジさんの文字のインクはそれ)



●セイジさんはそもそも身長が180センチあるのだが、現役の剣道五段の「正座」は、こうやって見ると「うわっ」と思うほど違う。


で、上の写真の手前に赤っぽいものがあるが、それは映画の台本である。
この世に1冊しかなく、テレビで映す場合、セイジさんに借りにくるそうだ。
私は手にした。
開いた。

映画『狂い咲きサンダーロード』
監督:石井聰亙
主演:山田辰夫

その山田辰夫のサイン入り台本を。
少しだけ書き込みがあった。



翌日三島っちからのメールによると、セイジさんは、
「ピスケンって、相変わらずおもしろいなあ」と、言ってくれた由(よし)。
セイジさんと会うのは10年以上ぶりだった。




冷奴と蕪の糠漬け(茄子を漬けたいがまだ高い)、納豆汁を肴に茶碗酒を呑みながら、昨日買ったカツオを引く。
それと一緒に「行者ニンニク」の醤油漬け(頂きもの)で喰う。

カツオと行者ニンニク。
初めての体験だ。
今日の朝酒は良かった。



おやすみなさい。
よんでくれてありがとう。
「ニンニクは食べると臭いから」とか、医者の斎藤茂吉みたいなこと言いなさんな。
その口で噛みつこうぜ。

読んでくれてありがとう。
よい夢を。



P.S.
以下の作品を買ってくれる方、また、仕事をくれる方、メール下さい。
●「詩作品」(手書きした原稿用紙を額装したもの――10,000円)
※宅配便着払い

●原稿と編集&コピーライトの仕事。
(個人誌やグループの冊子も受けつけます。アドバイス程度なら、酒と5,000円ほどで)

●pissken420@gmail.com


[シングル小説「The SHELVIS」発売中]


     
7インチ・レコードと同じ体裁の小説集(A面「八重桜」/B面「熱海にて」)定価1,600円


●本作の購入は、これからしばらく、曽根のメール(pissken420@gmail.com)へ直にお申込みください。
(ただし、毎日メールチェックが出来ないため、お返事が数日遅れることをご了承ください)


●以下の「ディスクユニオン」の店舗で発売中。
御茶ノ水駅前店/新宿パンクマーケット/渋谷パンク・ヘヴィメタル館/下北沢店/通販センター
●中野ブロードウェイ「タコシェ」にても発売中です。
●西早稲田「古書現世」にても発売中。

[ユーチューブにてシングル小説A面「八重桜」のPV公開中]
曽根自身が声と手足で出演しています。
※ガレージパンク・バンド「テキサコ・レザーマン」が全面協力!

[ユーチューブにてPISS&KEROのファースト・ライブ放映中]
中野「タコシェ」にてのポエトリー&サウンド5回。

[シングル小説第2弾は、7月発売予定!]
乞うご期待!



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

[訂正]


前回のブログの「みちくさ市」でのシングル小説販売の告知で、ブース位置が間違っていました。
以下に正しい情報を。


5月22日(日)雑司が谷鬼子母神「みちくさ市」。
午前11時より夕方4時まで。
私(曽根)がシングル小説を手売りします。

ブースは、鬼子母神参道にあるコンビニ「ポプラ」前のブースにて。
石丸元章主幹『ブルーズ・マガジン』配布ブースに同居です。
「みちくさ市」自体が楽しいので、買わなくても遊びに来てください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
[鬼子母神日記]



※「ウィトゲンシュタインの結界」の後半と、「黄金週間たちんぼう日記」は次回以降にて。


「The SHELVIS(ザ・シェルビス)」ファースト・シングル作製途中の、神保町でのつかみ合い以来、また編集・横戸茂と喧嘩になった――今回は電話で。
(神保町の喧嘩の模様は前年初春のブログにて)
いや、喧嘩というか、前回同様、横戸が勝手に切れたのだ。

「だったらもう、俺は降りる!」
「お前は子どもか!」
ぷつん。携帯電話が切れる。
私からかけなおす。
それを2度。

むろん、火だねは原稿についてのことだ。
それも最初は1センテンスについて。
それから怒鳴りあい。

たいがい私も短気だが、横戸はひどい。
(ちなみに身長190センチ。なぜか20代のころから背広姿のまま)
飛鳥新社『団塊パンチ』編集者時代、編集長の赤田祐一さんに向かってキレまくり(編集スタッフは赤田さんと横戸だけ)、そのたび赤田さんに相手にされなかったらしいが、当たり前だ。
むちゃくちゃだもの。

(ここに何度も書いたが、横戸は変な人で、20代後半につくったミニコミに、「裸のラリーズ」の現在最後のオフィシャル・7インチをつけた男だ)

だいたい、編集者が著者に向かって「3稿目のほうが良かった」とは何事だ!
(今回5稿目)

「とぎすまされちゃったんだよね」
「うるせい! お前の指示に反応してるだけだろ」
「曽根さんのブログの読者は、またおもしろくないって思うんじゃないかな」
「またって言うな!」
(50数行削除)

「ところでさ、横戸っちゃん、この2つ、おまえ面白いって思ってんの?」
「面白くなかったら、なんで俺こんなことしてるの!」
「まじで?」
「当たり前だろ!」
「それを僕は聞きたかったんだよ」
(80数行削除)


で、シェルビスのセカンド・シングルの原稿は脱稿した。
A面「親不知(おやしらず)のしゃれこうべ」
B面「ものもらいの数珠」

6月発売は7月にズレこんだ。
ジャケットがかっこいい。
ファーストの原節子と、今回セカンドの「男の顔」を、この「七曲がり荘」の6畳の壁に並べよう。
その男の顔は、17歳の私を震撼させた顔だ。

[5月22日雑司が谷「みちくさ市」にて、またたちんぼう]

雑司が谷鬼子母神参道にあるコンビニ「ポプラ」前にて(石丸元章主幹『ブルーズ・マガジン』配布ブースに同居)、午前11時から午後4時まで、シングル小説を手売りします。


ところで、この「七曲がり荘」の我が6畳間で撮影があった。
なんと、ギターウルフのセイジさんの著書ジャケットの撮影であった。






撮影●三島孝之  デザイン●村藤治(王様)

くわしいことはネットにて検索してほしい。
(発売はリットー・ミュージック)
当日の撮影秘話は次回にて。
もう、めちゃくちゃ酔っぱらっている。

で、それでも、もうひとつアテンション。



問題はこのメンツの佐藤(ブライアン)勝彦のことである。
私は彼の絵に、36歳で一目ぼれした。










こいつは、この佐藤勝彦(あれ? かつひこの漢字を間違っているかな?)は、世界の絵描きだ。
自分じゃわかっちゃいないが。
おれ(とあなた)だけが知っている。
この七曲がり荘の6畳間には、こっそりかっちゃんの絵(雑誌から切り取ったもの)を飾っている。

くどいが、とにかくめちゃくちゃ酔っぱらっているので、詳しいことはネットで調べてほしい。
当日、「六本木ヒルズ」に私は彼に会いにいく。
ちなみに、ヒルズの地下5階の「貯水槽」の、かたわくをはがしたのは26歳の私だ。


明日に、セカンド・シングル2作品(A面B面)を王様(デザイナー&テキサコ・レザーマンのギタリスト)に送ろう。
もちろん、PVを作ってもらうために。
もちろん、主演女優はマユボンだ。
もちろん、しつこいか。
乞うご期待。


P.S.
以下の作品を買ってくれる方、また、仕事をくれる方、メール下さい。
●「詩作品」(手書きした原稿用紙を額装したもの――10,000円)
※宅配便着払い

●原稿と編集&コピーライトの仕事。
(個人誌やグループの冊子も受けつけます。アドバイス程度なら、酒と5,000円ほどで)

●pissken420@gmail.com


[シングル小説「The SHELVIS」発売中]

7インチ・レコードと同じ体裁の小説集(A面「八重桜」/B面「熱海にて」)定価1,600円


●本作の購入は、これからしばらく、曽根のメール(pissken420@gmail.com)へ直にお申込みください。
(ただし、毎日メールチェックが出来ないため、お返事が数日遅れることをご了承ください)


●以下の「ディスクユニオン」の店舗で発売中。
御茶ノ水駅前店/新宿パンクマーケット/渋谷パンク・ヘヴィメタル館/下北沢店/通販センター
●中野ブロードウェイ「タコシェ」にても発売中です。
●西早稲田「古書現世」にても発売中。

[ユーチューブにてシングル小説A面「八重桜」のPV公開中]
曽根自身が声と手足で出演しています。
※ガレージパンク・バンド「テキサコ・レザーマン」が全面協力!

[ユーチューブにてPISS&KEROのファースト・ライブ放映中]
中野「タコシェ」にてのポエトリー&サウンド5回。

[シングル小説第2弾は、6月発売予定!]
乞うご期待!



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
[黄金週間たちんぼう日記]


[黄金週間:鬼子母神たちんぼう中]
4月29日(金)から5月8日(日)までの午後1時から2時までのあいだ、
雑司が谷「鬼子母神」境内にて〈シングル小説〉を手売りします。
希望者にはその後、雑司が谷墓地に眠る文豪たちの墓を、曽根がガイドいたします。
手売り場所は、鬼子母神本堂向かって左の小堂で、前回同様「原節子のジャケット」を足もとの石台に置き(30メートル先からも見えるはず)、文庫本を読みながら待っています。
※たいがい、小堂左側の奥の柵に座っています。



5月6日(金)鬼子母神は曇天。

坂口安吾は云う。
「僕らは人生をエンジョイすることを命題にして生きてるのだ」
と。

あなたはエンジョイしているかい?
この黄金週間。
私は?
その命題に生きている。
日々。

私はここ5年、本当に笑ったことなどない。

夕べ「死にたい」と言う男たちが私の前に、なんと3人も現われた。
他に、才能のないカメラマン(才能がないと決め付けたのは私だ。朝まで「ものを作るのはやめろ」とさとした)や漫画家や原稿書きや編集者たちが――6畳の「七曲がり荘」に8人も。男だけさ。

死にたい3人は人生をエンジョイできないのだと云う。
いや、どうしてもできないのだと。
「今日死ぬか、明日死ぬかを考えてるんです」

みな向精神薬を飲んでいる。
眠れないから眠剤も多量に。
そしてみなアル中だ。
無職。
ひとりは認知症の母親を自宅介護している。
私は3人に、身を振り絞って言う。


俺は、首を釣るなら太陽に首を吊りたい。


私は人生をエンジョイするという命題に生きている。
あなたはまさか、人生をエンジョイしているのか。
命題以前に?
それはクソだぜ。



今日は誰も来なかった。
ウソだよ。
乞食のおばあさんが私のそばに座った。
臭いおばあさんだ。
1時間いっしょに。

彼女は無言だったけど、私も無言だったけど、お酒を呑んだよ。
彼女はことわったけど。
5月の、雑司が谷鬼子母神の緑と、光と翳は美しい。
黄金週間だ。
そして私は彼女になにもできない。

クソだ。
けど、エンジョイを考えたいんだ。
乞食のおまえと。
乞食の女であるおまえと。
乞食の俺の脇に座るおまえと。

無言で。
いや、なにか言えよ。
大きな声で。

いや、小さな声でいい。
俺は聞きたいんだ。
あなたの小さな声を。


淋しいのは俺だけだ。







おやすみなさい。
読んでくれてありがとう。
よい夢を。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。