夏・海鮮盛り!

テーマ:

夏が近づくと、「海鮮もの」が観たくなる?!しかも、バカーなヤツを…

 

「イャァァァ~ 毛深いのキライィィィィ~」


「モンスター・パニック」 製作総指揮ロジャー・コーマン

これねぇー中学生ぐらいの時にちょっとだけTVで見た記憶がある、女の人の体をモンスター(ワカメ半漁人?)が裂くシーンが怖くて見るのをやめた…だから今観たい、絶対しょぼくて笑ってしまうだろーなっ。


  「ハァ~イ、ロジャ公です。ちょっぴ若い頃の写真でゴメンよぉぉ」

B級映画の帝王様・ロジャー・コーマン監督、略して「ロジャ公」。 50年代からモンスター等の低予算映画を作り続ける、Bムービーの老舗です(笑) ロジャ公の弟子ジェームス・キャメロンは、師匠から伝授された「Bな味」を受け継いだ作品「殺人魚フライングキラー」を作り上げました(笑)  私の去年の「海鮮三点盛り」を参考に(ココ


 

ロジャ公指揮、ジョー・ダンテが作った映画「ピラニア」1978年 

これも、薄っすらとしか覚えてないから この夏観たい海鮮モノです。


そして、大人になった今、見たいのは ロジャ公が総指揮にてできた、お色気バカコメ映画。低予算のエロもロジャ公のお得意所! そして、DVD化希望(BOXで)

「あぶない看護婦」1972年

「もっともあぶない看護婦」1972年 (ロジャ公ぬき)

「もっとあぶない看護婦」1973年

「帰ってきたあぶない看護婦」1974年 

柴田恭平、舘ひろしかっ!

AD

ヤコペッティー

テーマ:

先日「首チョンパ」ネタを書いた時に一番最初に思い出したのが、

イタリア、残酷の巨匠グァルティエロ・ヤコーペッティー監督

「世界残酷物語」 1962年

 

牛の頭を、スパ~ンと切り落として、血がブシュ~ってな映像。 

ヤコペッティーは60年代から70年中期まで世界の残酷映像をドキュメンタリー(ヤラセもアリ)で撮り続けた。

すっかり引退してしまったヤコペッティーは 現在、イタリアで隠居生活をしている。


70年代って残酷映像がTVでも見ることができた、幼かった私はションベンちびりながらも見ていた。

80年代に入って自宅にビデオデッキがやってきた!

ビデオレンタル屋(海賊版)もできて 父親と借りに行った、

  

私はスティーブ・マーチンの「二つの脳を持つ男」を借りたが、

父は「ショック」や「ジャンク」(B級)のショック・ドキュメンタリー?を借りていた(アホな親だ!)

   

    

そして姉は、ヤラセ・ドキュメント?+エロ映像の

「カランバ」 1983年 の前売り券を買って、

大事に勉強机のディスクマットにはさんでいた(バカ)

↑当時のCM覚えてる?腕モゲシーン(笑)が絵になっていく。

学校で同級生に両腕を引っ張ってもらい、

「腕モゲるぅ~カ・ラ・ン・バァ~」って遊んでた。

バカなガキでした…。


AD

70’s デ・パルマ

テーマ:

いゃ~いい時代だっ、950円でDVD売ってたのよっ!

即、買いだね。

「ファントム・オブ・パラダイス」 1974年

監督・ブライアン・デ・パルマ

  

高校時代にバンド仲間のYちゃんの部屋にポスターが貼ってあって、

「うっ、ほしいなぁ~」と行くたび思ってた…。

  

「オペラ座の怪人」のロック・オペラ版。

才能ある作曲家が悪徳プロデューサーに騙され、悲惨なハメになる。

歯は抜かれるは、レコードプレス機に顔を挟まれるは、(普通死ぬだろーさっ?)

かぶり者になってプロデューサーに復讐します。

 

しかも時代が70年代初頭なもんで、出てくるヤツらがグラムロック風で笑っちゃう。

コノ映画、カルト・ホラーって くくられてるみたいだけど、

私的には「バカロック・コメディー」NO.1と言いたい映画です。   

  

   

    

んでもって、私の思い出のデ・パルマ作品

「キャリー」 1976年 主演・シシー・スペイセク

              監督・ブライアン・デ・パルマ 

  

中学の頃にたしか「日曜洋画劇場」で見て、コワかったんだぁー(笑)

  

いじめられっ子のキャリーは超能力を持っていて、

怒ると、そのパワーを発揮します…。

   

何がコワかったって、キャリーがプロムパーティーで、

ブタの血を全身に浴びせられるシーンでの、シシー・スペイセクの顔がコワイ! 

「シャイニング」でのジャッキーの顔よりも、奥さん役の顔がコワイ!と同じ(笑)

     

でも彼女、17歳のキャリー役を26歳ぐらいで演じてたはず。

    

    

小柄でカワイイおばちゃん役の

「タイムトラベラー/きのうから来た恋人」 1999年
主演・ブレンダン・フレイザー
  
発明家の父(クリストファー・ウォーケン)が作った、
地下核シェルターに35年間暮らした息子の地上デビュー!?戦を描く (笑)
  
母親役のシシーがカワイイのね、
もちろんウォーケンがピカイチ光るコメディー映画でしたけど。
AD