屁コキ映画

テーマ:

オイラの相棒が屁をこいた「ブビィィィッ~」…激臭だっ!

すると「オレの屁じゃない!この匂い、絶対違う!」と豪語する。

おまえの体から出たんだもん、おめぇーの屁だろぉ!(怒)

「オレの屁は、もっと温かみがある!体の調子が悪いんだ!」

温かみ…?!体内から放出されるもん、温かいだろっ…噛み合わない(苦)


 

前置きが長かったが、屁コキ映画のご紹介です。

「サンダーパンツ!」2002年 イギリス映画

 

屁を題材にしたコメディーです、監督がキアヌのバカ映画「ビルとテッドの地獄旅行」を撮ったヤツだったので気になっていたのだ、まぁ~ガキ映画だろうと期待せずに観たんだけど…ゲラゲラってわけではない、イギリス風のブラックなカンジで、そして心温まっちゃったりする(笑)屁映画なのに…。

 

主人公のボクちん(バナナマン似!)は胃袋が二つあるもんだから、屁が大量に出る しかも尋常じゃない臭さで、親父は家出、母はアル中、姉は弟を完全無視! 学校でもいじめられっこで、教師にも嫌われている。

そんな彼の前に発明オタクの同級生(いじめられっこ仲間)が、屁コキの彼のために「屁処理パンツ」を発明してくれる。 そこから、屁で空を飛ぶやら、屁で歌うやら、屁で世界を救うやら???バカバカしいが、まじめに屁について映画は続く…。

屁パワーで宇宙開発の貢献!

   

発明オタク君はあのハリポタの友人君です。

  

ちょっと注目したいのが、デコっぱち俳優・ポール・ジアマッティが、マトリックスのMr.スミス(ハゲ方は同じ)のようなスーツで登場するのに笑った、あんなキビッとした彼はあまり見られないからねっ。

好きだぜ、デコっぱち!

屁に悩む人におススメ映画。

 

そして「バス、ガス、爆発」×5 (言えない…)

AD

男…

テーマ:

我が国日本はヒットものにあやかりたい精神が旺盛だ!

日本オタク衆の大ヒット「電車男」からチョイト頂きましたの「バス男」だ…(撃沈)

もうレンタルなんかで見た?

もてないオタク高校生の学園コメディーだ、ヌルヌルダルダルのヤツの生活に入り込んでしまう。

おもしろいんだけどなぁー、パッケがイヤだね、(キター!!!)←これもキツイ…。   


邦題が減ってきている現在、邦題つける人のセンスも落ちたもんだ…。

(「列車男」はオマケです)


    

ヒドイ映画の題名で思い出したけど、

日本映画でピーター・フォンダが出てた「だいじょうぶマイ・フレンド」1983年ってあったよね。

当時、電信柱のポスター(当時はあったのよっ!)を見て、「ひでぇー題名だ!」とつぶやいたことがある(笑)

AD

カルトビデオ!?

テーマ:

先日、子供が生まれて父親になったイトコが「教育上に悪いから手放す…」と大量に置いて行った中古ビデオをチェックした。

んっなぁぁぁ~ホラー&カルトがゴロゴロ…笑った。

まぁーホラーが70%だったかな?

そんで、カルトな3つをご紹介。

けっしてオススメはしませんけど(笑)  

       

「スウィート・ムービー」 1972年

フランス・カナダ・西ドイツ製作

甘くありません、お下品映画です。

S○X、変○さん、スカ○ロ、不条理???

ワケワカランのですわっ、これ以上コメントはしません(笑)

気になる方は探して観てくだされ。

    

「ウィッカーマン」 1973年

イギリスのカルト映画、少女誘拐の捜査の為、ある島を訪れる警官の話。

その島は現地の黒魔術集団が、裸やヤギの頭みたいのかぶって儀式をしている。

結局、警官はいけにえにされてしまうのね。

誰か助けに来てやれヨォ~って感じで終わりました(笑)

一応、当時のスリラー映画です。

    

「スクワーム」 1976年

ゴカイってミミズみたいな生き物(魚釣りのエサに使われるヤツだよっ)

の大量発生で人々が襲われていきます。

体の中まで入り込んで、顔からニョロニョロ出てくる、これが本当のミミズ腫れか(笑)

シャワーの穴からもニョロニョロ、家の中が一面ミミズ地獄。

スパゲッティーナポリタンが食べられなくなる映画(笑)

    

    

しかし、イトコよっ、こんなカルト映画のビデオを隠し持っていたとは…   

うぅぅ~観るのいっぱいあるけど、こんなのばっか観てたらアホになるぅ~。

あっ、もう、手遅れか(苦笑)

   

   

AD

独占!女の60分

テーマ:

♪チュッ、チュ~ゥ パァ~♪

♪チュッ、チュ~ゥ パァ~♪

☆独占!女の60分☆

ドーモ、水の江ターキーです(笑)

  

なんで?映画と関係あるのけぇ~?

イヤイヤ、ただ女モノを書きたかっただけさっ。

今時こんなネタ知らんってか?

  

小学生の頃TVでやってた「女だらけの番組」で、女性レポーターがいろんなことに挑戦する。

今でも覚えているのが「ヌードカメラマンに挑戦!」

小学生の私が土曜の昼間っからこんなの見てたら、母親が何も言わずに「ブチッ」とTVを消すさっ(悲)

籐のイスに座ったヌードモデルの顔が忘れられない・・・。

 

籐のイス!と言えば

↓コレコレ、これしかない。

「エマニエル夫人」 1974年

主演・シルビア・クリスティル

  

昔、夜中のTVで観たねっ。

裸にパールネックレス、白いテニスウェアー、

そして、甘くせつないメロディーが流れる。

内容…覚えてないが、映像ははっきり覚えてる映画(笑)



馬と私…

テーマ:

墓参りやキャンプなんかで、やっとこ帰ってきた。

そして、帰りに寄った牧場で馬に乗ってきた(綱引いてもらって歩くだけの…)

ボケラーっと乗ってるときに思い出したバカ映画。

「マネーゲームで大逆転」 1988年

1988年ラジー賞受賞作品(笑)

  

10年ぐらい前にレンタル落ちの中古を300円で買った。

「ゴミ捨て映画」だと思って観たら、以外にオモロかったのね。

ショボイが馬がしゃべります。

バカ男と組んでレースに出て賞金を稼ぎます。

もう、それだけ くだらない馬のダベリを楽しんでください(笑)

   

    

↓牧場にいた 相手にされない爺さんヤギを発見!

昔のCM「♪スピーク・ラーク♪」の爺さん似で気に入った。 

「モンローほくろ」がニクイ!

首チョンパ!

テーマ:

映画のイイところ、ありえない不自然な死に方をするところ!

私の見た、空飛ぶ「首チョンパ」映画ベスト3!をご紹介。(アホっす) 

  

第三位 「ワイルド・アット・ハート」

ウィレム・デフォーさん

もち悪役で、オーバーアクトのN・ケイジにやられてしまいます。

扉(だったか?)に挟まって「スポ~ン」の首チョンパ!

2メートルは飛んだかな♪

  

第二位 「軽井沢夫人」

日活映画!高校生の時見た(バカです)

軽井沢を舞台に上流界に野望を抱く青年と夫人のカラミです(笑)

ラストシーンで青年が汽車に轢かれて死んでしまうのですが、

何故?ってなぐらいに首が空高くスポ~ンと飛びます。

その高さ3メートル以上はあったか?高さではNO.1です。

   

輝く 第一位 「オーメン」

スパーン!と、有名なガラス板のスライド首チョンパシーン!

高さはナイが、衝撃的で忘れられない映像なので一位です。

  

  

あなたが心に残る「首チョンパ」映画はありますか?

(木曜ロードショーのナレーター風に)




グニャグニャ

テーマ:

小学校の頃、土曜日の2時のロードショーか?で見てしまった。

「人食いアメーバーの恐怖」 

   

ガキんちょの私は、恐くて恐くて あの赤いアメーバーがゆっくり襲ってくるのがキモチ悪くて…

今、見りゃーストロベリースライム(当時あったの!)がグニャグニャ動いて、B級感たっぷりで笑って見れるだろーに(笑)

 

内容は覚えてないけど、とにかくアメーバーが襲ってきて人食います。

最後には「火に弱い!」(古典的…)と判明して、燃やして丸く収まる(笑)

    

   

当時、大好きだった「ツクダオリジナルのスライム」

小学生の姉とスライムをぶつけ合って遊んでいたら、姉の投げたスライムが私の口に入ったのを覚えている(笑)

口から「でろれぇ~ん」と緑のスライムを吐き出した私のほうが映画よりキモチ悪い…(アホである)



B級映画の帝王、ロジャー・コーマンが作ったバカ・ロック映画

「ロックンロール・ハイスクール」  1979年 主演・ラモーンズ

  

ノーテンキ・ロックコメディーですね。

ラモーンズファンには必見映画ですけど…。

  

熱烈ラモーンファンの女子高生と、「ロックは悪魔よ!」と言い、レコードを燃やす女校長とのバトル。

最後には学校にラモーンズがやって来てライブし、学生達は学校を爆破する… どーでもいい内容。

でも、以外に楽しいよっ。ちゅーか好きです、コノ映画(笑)

ライブ楽屋でのラモーンズの演技がオモロイ。

  

  

  

   

オマケ

「大将のオススメ品?」

愛すべき不細工!クリント・ハワード

ロン・ハワードの弟です。

コノ映画にも出てきます。

   

「誰コレ?」と思った方へ

「オースティンパワーズ ゴールドメンバー」 2002年

右のハゲが彼です。

役名はジョンソンです(笑)

  

今度、彼の特集やろーっと(誰も興味ないよなぁ~)



今だ、タイトルのわからない映画が一本だけあります。

しかも、見てから20年以上もたってしまった為、記憶も定かではない。

  

80年代初頭にテレビの水・木・金曜ロードショー(どれか)でやってたと思う。

   

このフランス映画が作られたのは1975~1982だと思うのだが…   

サスペンス・犯罪ものだったはず。

   

母子家庭か?母親が主役で、兄と妹の子供が二人いる。

ある日、幼い妹が誘拐される 母と兄は必死で探すが結局 遺体で発見される。

だが、実は犯人は兄だった。

それに気づいた母は、警察に届けず 兄を車に乗せて車ごと

(ビルか家か林か?)突っ込み、自殺する。

「バァーン」とぶつかったと思ったら、いきなり「FIN」って終わってしまった…。

    

後味わるぅ~い。  

中学生の私には「なんじゃコリャ~」な映画なんですが、もう一度見たい!

誰か知らないでしょうかねぇ~

 

  

   

フランス映画はあんまり見ないのですが・・・

「ザ・カンニング IQ=0」 1982年

  

フランスのコメディー映画、小6の頃 TV土曜洋画劇場で見た。

  

大学受験でカンニングをするんだけど、メカみたいに いろんなカンニング道具が出てくる。

バカ笑というより、クスリっ系 フランスだけにオシャレな笑なのかっ!

ハナタレの私でも見れた映画だった。

  

当時、グリコから出ていた「ギャグメイト」って青りんご味のフーセンガムがあった。

オマケについてる「ギャグ文具」が私の心を鷲づかみに(笑) 

この映画を見たあと、このオマケをカンニングに使えないかと、

カニみそ程度の脳みそで考えていた(アホである)

  

  

  

当時、ロッテ「ハリハリ仮面」ってチョコ菓子があった。

こんな、バカシールを集めていた私…(アホです)

イタリア残酷祭り!

テーマ:

「あなたは喰うか、喰われるか!」

  

このキャッチコピー好きだった(笑)  

「食人族」 1981年

    

イタリアンレポーターの一団が、アマゾンのどっか?に行って、食人族のエサになってしまうドキュメンタリータッチの映画、ヤラセ度、満載です!

有名な串刺しシーンは、木に自転車のサドルを付けて座らせ、口に木をくわえさせて で・き・あ・が・り♪

  

   

80年初頭、イタリアン残酷映画ブームでしたねぇー。

ガキの頃、通学路の電信柱にポスターが貼ってあって、(いいのかっ、学校!)

立ち止まって「しょくじんぞくぅ~」って読みながら帰ってました(笑) 


「グレートハンティング/地上最後の残酷」 1975年

 

衝撃のドキュメント!って言ってましたが… 

人前でライオンに食い殺されてしまいます。

ヤラセっぽいのですがねぇ~

「グレートハンティング84」 1984年

    

私の通学路映画(笑)

今じゃーマズイねぇ~

     

おっと、イタリア残酷映画の巨匠

グァルティエロ・ヤコペッティ監督は、

また今度、じっくりと…。

 

あっ、悪趣味系に走りだしたかな?

気をつけよー(笑)