息子よ…

テーマ:


おバカ映画村-DVD

アメリカ版DVDだ…ジャケが気に入らん!!

トレホよりデニーロが目立ちすぎだ!

ギャラが一番高いかもしれないが、トレホにとっちゃ~

唯一の初主演なんだぞっ。

せっかくだから息子も載せてやればいいのにぃぃ~。

おバカ映画村-親子です
「マチェーテ」で、どのシーンで出てくるか楽しみだったトレホJr。

お父ちゃん(D・トレホ)を車解体工場へお誘いする役目?!である。


約10年前の映画「バブルボーイ」(2001)での現地プレミア会場での

トレホ一家のほのぼの写真を見たことがあるが、Jrのギルバートは中学男子だった。


それが今では、22歳

おバカ映画村-ジャンコ

ジプシースウィング ギタリスト

「ジャンゴ・ラインハルト」!?

ソックリじゃないかっ! 


トレホ家格言「男はヒゲで決る」


ガンバレJr!!日本から応援してるぜっ!

AD
   村長!復活ぅぅぅぅぅぅぅ~

     トレホも驚いちゃって、目玉飛び出そぅー
$おバカ映画村-ムキィィィ~

2年半年ぶりに「おバカ映画村」に舞い戻ってきました 村長です。

廃村していた村は、エロのお誘いコメントで腐敗しきってました(笑)

何故?ほわぁ~い?に戻ってきたかと???

それは、オラの住む村にも「ダニー・トレホ主演!!」の映画がやってきたからなのである!

このバカ映画ブログで、何度も取り上げてきたトレホがっ!!!

映画が出来たのは知っていたが、映画を見てしまったらウズウズしちゃってぇ~

$おバカ映画村-マチェーテ
こんな日が来るなんて…1985年の「ヒドゥン」(カイル・マックマクマクマクラン?!主演)に出演してから何年だ?一生こんなことはないと思っていたがね。

世も末です(笑)


トレホのことを書いたら長いのでぇ~
映画の感想も書かずに、本日は復帰したばかりなので軽~くしておきます。
(アメブロリハビリ入ります!?)



そして、ヤツのナイス地元CMを置いておきます


映画「マチェーテ」でトレホが芝刈り機で威嚇するシーンがあります!
このCMへのオマージュかっ?
日本もヤンマーあたりが起用してくれっ(哀願)
AD

私は70~80年代のスティーブ・マーチンの作品が大好きだ。

やはりバカやってる彼がサイコーなのだ、数年前に映画祭で来日したときに、握手とサイン(ビデオパッケにしてもらった)をいただいたことがあった、彼は「穏やかな紳士」という感じでやさしかった。しかし、手のカサつきと顔のカサつきが気になった(笑) 髪と顔の白すぎに自分のアジア人を再確認してきた。

そんな晩年?!の彼が書いた作品「ショップガール」が映画化された。まだ原作も読んでないが。

デパート店員の28才の女が、50代の金持ち男と元彼の間で揺れる恋の物語だ。

うっ、う~ん…あんまし興味をそそる話ではないが…彼が書いたので観てみたいが。

 

私が思う、晩年に純愛に行きたがるオヤジ達(監督)の?作品のひとつになりそうでコワイ…たとえば、キューブリック「アイズ・ワイド・シャット」も?ポランスキー「赤い航路」とかぁ~?

  

<パパラッチさんのおかげです画像>

こんなネェーちゃんと水遊びしてるから純愛ネタを書きたくなったか?お年を考えてっ!!

おバカ道はもう走れないか!S・マーチン!

AD

好きなパーツ

テーマ:

皆さんも俳優の部分好きってあるでしょー

私の好きなパーツを並べてみた。

  

ウィレム・デフォーのサメのような歯! 

ロバート・カーライルの瞳!

  

ジュリア・サンズ(若い頃限定)のヘアーと鼻!

極めつけはピーター・ギャラガーのブッとい眉毛!

   

混ぜてみた… ガーン!

やらなきゃよかった(涙) 気持ち悪い…。  


病気の映画

テーマ:

本日、おバカはお休みして、

私の泣けた病気映画を紹介します。 

イギリス映画の「GO NOW」1996年

主役のロバート・カーライルが難病にかかった青年を演じる。

    

サッカーチームに入っている、美術職人のニックは、クラブで出会った彼女と同棲を始め、幸せな生活を送っていたが、突然、手がしびれて仕事を失敗する。

サッカーのプレイ中も目がよく見えなくなり退場…。

そこで、病院で検査をしたところ難病の「多発性硬化症」と診断される。

脳と脊髄の病気で、神経障害を起こす。

突然襲った難病で、仕事もサッカーも失い、恋人までも失いかける。

深刻な難病の話だが、ちょこちょこと笑いを誘うシーンが入れられていたり、献身的な彼女との愛の話で最後にはあったかーいカンジになった。

  

私の身内が、この難病にかかってしまい、映画館では涙がとまらなかった。

難病は、なってしまった人にしかわからない辛さや痛さがある。

前向きに病気と付き合うのはカンタンなことではない。

健康な私がどーしてやることも出来ないが、病気のことを一時、忘れさせるぐらいの楽しいことや話などで、せめて気分を明るくさせたい。

    

   

   

「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」

多発性硬化症にかかり42才で亡くなった、天才のチェロ奏者のお話。

   

こちらは、ダークなんであんまり好きな映画じゃなかった…。

デブ・ロック

テーマ:

昨日からデブネタ続きます…。

 

ダレ?このデブ?と思いでしょうが…

デブ界のロックンローラー「ミート・ローフ」さん、ロックオペラだぁー♪

日本ではさっぱり人気がなかったが、欧米ではチョー有名人!

70年代に出したアルバム「地獄のロックライダー」は3500万枚以上売れたのよ!

    

そんで映画界では、コレコレコレ♪

「ロッキーホラーショー」 1975年 

冷蔵庫からバイクに乗って登場だぁぁ~でも、すぐ死んじゃう(笑)大好きなシーンだ!

   

一般的にはコレ

「ファイトクラブ」

「何とか癌の会」で知り合う、乳のデカイ奴だよ。

これに出たときは、さすがに笑った!

   

2000年ぐらいにヤツの伝記映画?「ミートローフ」があったんだけど(もち日本未公開)、レンタルなんかでは見たことない!DVDも出てないよなぁー 見た人いたら教えて~。

     

そんでヤツの日本版DVDが出た、メルボルンでのライブだ、しかもオーケストラ引っさげて「地獄のロックライダー」だ(笑) いいなぁーバカ・ロック♪デブ・ロック♪

誰か貸してぇ~

バカ・バンド

テーマ:

これから公開する「キングコング」ってどーなの?

みんな見たいのかなぁ~(笑)

   

そんな興味のナイ映画にジャック・ブラックが出てるね。

それよりコイツのバカ・バンドの方が見たいよっ。

バカ二人のバンド「テネイシャスD」ステージ衣装はブリーフかっ!

    

二人でアコーステックギターを弾き、歌うが、歌詞がバカ丸出しでヨイ!「♪ファッ○ー♪」の連続で下寝たネタ満載、2002年に出したアルバムの曲はタイトルからしてアホだ。

「チンコ立て伏せ」「激しいファッ○」「ぶっといソーセージ」「拝啓ロニー・ジェームス・ディオ殿(←個人的に笑った曲!)どーなの!でも、楽しそう(笑)

        

昔、売れない時にTVでバカコントやってたときの二人なんだけど、いまだに活動(ツアーしてる)。見たい…。

だからコノDVDを買おうと思ってたんだけど…忘れてた(笑)

奴らのライブとコントが盛りだくさん。

絶対おもしーだろーよっ。誰か貸しテェ~。

「完璧D辞典」

   

最近の活動は奴らのHP でチェックだ!

眉間のシワ

テーマ:

USのDVDパッケはイイカンジだ!(笑)

「バッド・ルーテナント」 1992年

ハーヴェイ・カイテル(兄貴、好きだぜ!)

まだ、カメのように腹割れてます。

   

この映画、ヤツがワルでとてもヨイ!

刑事なのに、打つ(ヤク)、ヤル(女)、暴れる(暴行)。

そんなヤツがレイプされた尼さんに出会う…。

    

ハーヴェイは殺し屋マフィア役が多いが、私はタバコ屋のおっさんサックス吹がお好みだ。

そしてヤツ一番のいいところ「眉間のシワ」だ。

ポストイットが挟まりそう(笑)

ファッションチェック

テーマ:

ど~も、ピーコ村長の「ファッションチェック」の時間です。

今日は黄金のニクイ奴!金の重ね着(重ね付け)

ミスターT」さんのファッションチェ~ック!


ピーコ村長「裸にゴールド!コレ基本ね♪乳首はしっかり出したほうが魅力的ねっ」

「ゴールドの数を数えたいわぁ~」

「そうそう、ヘアーも長崎カステラを切らずに乗せた感じはいいわねぇ~」

   

    

ピーコ村長「あらっ、どうしたのかしら?メキシカン?」

「あらぁ~今流行りのソンブレロ?!にオーバーオール、そしてゴールド!ミスマッチ感が今年のトレンドかしら?」

   

    

ピーコ村長「アクセサリーの使い方はNO.1ねっ♪」

「ムチウチになってもゴールドが支えているからギブス不要ねっ」

「カギもなくさなくていいわねっ、常に耳元!家のカギ開けるときはかがむのかしらっ?」

    

       

番組は「Mr.Tシリアル」の提供です(笑)  

   

  

本当くだらなくてスンマせん…ピーコ村長でした。

英国紳士

テーマ:

実は英国紳士(オヤジ)に弱い私…。

英国産俳優のジェレミー・アイアンズだっ!

  

初めてヤツを見たのは、「ミッション」1986年だった。

デニーロとの滝映画(笑)

しかも学校で観せられた?!何故この映画だったのかなぁ~。

   

   

その後ヤツの出てるモンはほとんど観た。

お気に入りはD・クローネンバーグが作った、

「戦慄の絆」1988年

双子の兄弟で、一人二役でヤツが出ずっぱりだ。

ビジュアル的にもよし、衣装さんGooでした。

↓メイキングシーンです(楽しそう♪)

  

   

ヤツの一番のインパクト映画と言いたい、私の中の問題作!

「M・バタフライ」 1993年

今何処のジョン・ローンが北京の女優さん役!

キレイな?オカマとは知らず、ジェレミーさんは愛してしまいます。

↓小指立ってるのがジョン・ローン(オゲッ)

 地味な濡れ場もある、服脱がずで座位!(笑)

ラストシーンのジェレミーのゲイシャメイクに度肝を抜かれてしまった…(合掌)

スピルバーグの「sayuri」に使ってほしかったシーンだ(笑)

  

   

    

オマケ

もう、壊れていく白子・ジェレミー…(仕事選べよっ!)

ガイ・ピアーズの「タイムマシーン」 2002年