プロレス

テーマ:

ハァーイッ!いきなりバカっぽい画像でスタートです。

先日、CSの映画番組表を見ていたら でたっ「カルフォルニア・ドールス」(1981年)を見つけてしまった(笑)

お若い方々はあまり知らんだろーが、ピーター・フォークである、(ピーター・フォンダと間違えないでね・笑)あの、「ウチのかみさんがねぇ…」刑事コロンボである。当時何かの同時上映でくっついて公開されたこの映画。女子プロの巡業話だ、マネージャーのP・フォークがプロレスねーちゃんの世話に奮闘する、泥レスもありで、アメリカ~ンに楽しめる映画だった。

  

プロレスと言えばウチのじーちゃんとよく見ていた。

プロレス中継の夜8時になると茶の間は、じーちゃんと私だけになり、じっくりTVにかぶりついていた。

私 「じーちゃん!ブッチャーがフォーク出したよっ!」

じ 「今にフォークを相手に取られるぞっ! ホラッ」

ブッチャー、頭にフォーク刺され流血中!

 「わはははははははっ~」


 「こんなに血出してぇ~見るの止めなさいっ!」(フロからあがってきた)

ゴールデンタイムに大出血サービスの昭和50年代であった…

 

そして私の大好きだった「グレート・ザ・カブキ」
試合中にはドロドロに取れちゃうカブキメイクにヌンチャク持ったり、歌舞伎ヘアーだの、極めつけは緑の液体を噴出す(メロンシロップかっ)

 

今日は映画の話じゃなくてプロレス中心になってしまった:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

AD

ガキ映画

テーマ:

正月に実家に帰った時に母親に確認したことがある。


小学校の頃の夕食での出来事…

その日の夕食に出たワカメの味噌汁を飲み込んでいる時に姉に笑わされて、ドリフの様に「ブッファァァァ~」と大量にワカメ汁を噴出したことがあった…。

向かえに座る母はもちろん、顔中ワカメ…


怒りでしばらく声が出ない母、プルプルと怒りで振るえてくる母、顔に私が噴出したワカメをつけたままの母(プププッ)。

ものすごく怒られたことを昨日の様に覚えてるのに、母はまったく覚えてなかった。(そりゃー歳だしなぁ~)
 

このことを思い出すと、必ず一緒に思い出す映画…

スティーブン・キングが書いたホラーマンガ仕立てのオムニバス「クリープショー」1982年(バカが見る映画)

同時上映が「XYZマーダーズ」だったよ。

 

5話の中で、レスリー・ニールセンが出てくる話で、妻の浮気で怒り狂ったダンナが愛人と妻を砂浜に生き埋めにする、二人は死んでしまうが、海ゾンピ?!になってダンナに復讐する。

その海ゾンビが、ワカメやコンブを巻きつけた安っぽいゾンビなのね。

まるでうちの母の様で笑ってしまう。


その他にコケ人間?!隕石に触ってしまって植物みたいになってしまう話(これまたバカ話)


ゴキブリ嫌いのオヤジの話は口の中から「ウジャャャ~」ってゴキブリ出てくる奴、当時話題になったんだけどねぇ~

 こんなバカホラーなんだけど、監督ロメロだしねっ(笑) ニールセンやスティーブン・キング本人と息子も出てるしねぇ~今じゃこんなの作らないだろーね。80年代初頭には許される映画だね。

AD