孔雀王

テーマ:

いつも楽しいイラストで楽しませてくれるイラストレーターのタカハシさん からのコメントで「孔雀王」と書かれていた!!

「ピーン!」思わず定規を思い出した。

当時、映画を見るともらえた「孔雀王定規」薄っぺら黒のアクリルに「孔雀王・三上博史」と書かれただけのヤツ(笑)地味に使っていた…。

 

香港と日本の合作で、出演が三上博史、ユン・ピョウ、安田成美と80年代ならではのトホホ映画、原作は少年マンガだったはず、映画化されるとチンケなんだよね(プー) 確か、左とん平も出てたはず、殺されちゃったけど(笑) とにかく内容は全然覚えてないが、三上博史がヘンな呪文を言って、ヘンな手(指)の動きをする!?当時、マネして指を絡めてみた(アホ)

  

しかし当時、何故こんな映画を観に行ったかっ!?

言い訳させてもらえば、高校のクラブ活動(授業に組み込まれているヤツ)で大人気の映画クラブがあった。定員40名で、学校に月500円の会費を払えば、週一回、市内の好きな映画館に見に行けるというオイシークラブだった。

 

何人かの友人とクラブの入会希望をしたが、入れたのは私と映画センスのないKちゃんだった。

しかたがなくコイツと週一で映画を見る事になったが、アホな邦画に目がなかった。

「三上博史、絶対見たいよっ!」って「孔雀王」見る気マンマンで言うこときかない「ハロウィン1988 地獄のロック&ローラー」を横目に渋々見た覚えがある(苦笑)

 

そして帰りに「孔雀王定規」をもらって帰宅…ケッ、おもしくねぇ~(怒)

 


そのKちゃんで思い出したこと…

学校行事の登山の時に持ってきたオニギリの中身がすべて、

    「福神漬」


母親の料理センスのない家だった。

あまったので、無理矢理渡されたが「そんなモン食えない!」って言えずに黙って持ち帰ってきた。(the小心者)

自宅に帰り、ウチの母親に「コレ、どーしょ~…」と差し出すと、母はおもむろにそのオニギリを割り「ふっ、福神漬!!何で!」と言い、黙って捨てた(笑) すまん、センスのないK一家よ。

AD

アホな夢

テーマ:

私はよく変な夢を見る、しかも有名人が登場するのが多い。

今まで見た中で一番ヘンだった夢は…

 

家に帰るとテレビの前に金髪外人のオヤジがうずくまってる、ウチのDVDレコーダーをガチャガチャいじってる、「だっ、ダレあんた!」と言うと、レッド・ツェッペリンロバート・プラントが「コレ、ミタイノデス…」とレッド・ツェッペリンのDVDを私に差し出し、一緒に見たという夢だ。

 

そして昨日の夢は…

いきなり会社の上司がヒュー・グラントだっ、(ブリジットジョーンズかっ!)メタクソいやな奴だった、とにかく会社内を汚す(何故?)そのたび私が雑巾がけをするという夢だ、電話対応中にイチゴシェイクをこぼしたり、重要書類にクロワッサンを置くなど(油じみがヒドイ) アホなことばかりしやがるヒュー様でした。(死ね!)

 


  

<ちょいと思い出したヌル映画>

「オフィスキラー」 1997年

当時、女性監督のホラー作で、80’sの青春アイドル モリー・リングウォルドが出てるというだけで見ちゃった映画。リストラが原因で殺人事件が起こるというヤツ、ハイ B級です。

   

   

<オマケ>

男 「あーっ!そこそこ」

女 「どこ?ここなの?」

(だから、ファイル探してるんだってぇ!)


AD

私は70~80年代のスティーブ・マーチンの作品が大好きだ。

やはりバカやってる彼がサイコーなのだ、数年前に映画祭で来日したときに、握手とサイン(ビデオパッケにしてもらった)をいただいたことがあった、彼は「穏やかな紳士」という感じでやさしかった。しかし、手のカサつきと顔のカサつきが気になった(笑) 髪と顔の白すぎに自分のアジア人を再確認してきた。

そんな晩年?!の彼が書いた作品「ショップガール」が映画化された。まだ原作も読んでないが。

デパート店員の28才の女が、50代の金持ち男と元彼の間で揺れる恋の物語だ。

うっ、う~ん…あんまし興味をそそる話ではないが…彼が書いたので観てみたいが。

 

私が思う、晩年に純愛に行きたがるオヤジ達(監督)の?作品のひとつになりそうでコワイ…たとえば、キューブリック「アイズ・ワイド・シャット」も?ポランスキー「赤い航路」とかぁ~?

  

<パパラッチさんのおかげです画像>

こんなネェーちゃんと水遊びしてるから純愛ネタを書きたくなったか?お年を考えてっ!!

おバカ道はもう走れないか!S・マーチン!

AD

地獄の見積書

テーマ:

誕生日記念で海や山や温泉やあちこち行ってきたがっ、やっちまったよ相棒が、

車を電信柱にゴーン!!ガァ~ン! 

テールランプがバリン、スーリスリスリこすりキズ、板金さんこんにちは!

撃沈誕生日…「地獄の見積書」が私達を待ち受ける。

   

峠を走った時に大量の丸太を運んだトラックが前にいて、オイラは「デッドコースター」2003年を思い出した。あんなふうに丸太で「ブシューッ」とやられるなら「スキャナーズ」のほうがカッコイイと思う(笑)

「ギャホォォォ~ 丸太ぁぁ~」

  

今年の誕生日プレゼントは「予知夢」がほしかったです(苦笑)


そんでもって、サスペンスホラーのこの映画のご紹介。

友人たちとドライブに出かけた娘が次々と事故現場の予知夢を見る。

丸太が車に激突、車炎上、クラッシュと…事故シーンはオイオイって突っ込み入れたくなりますが、以外に売れた映画でしたね。

AC/DCの「地獄のハイウェイ」を聞きながら、どーぞ♪


誕生日

テーマ:

とうとう明日がオイラの誕生日だ…(苦笑)

小学校の頃、1999年に地球が滅亡すると地味に信じていた為、こんなに生きてしまうなんて当時は思ってもいなかった(笑)

ギターであらわすと、もうヴィンテージギターの域に入る俺様。


↓どうでもいい誕生日映画?!

邦題「誕生日はもう来ない」1981年

本当、来てほしくない、歳取りたくない!

 

一応、当時のホラー映画、でもオチが…ズッコケ映画の一つです。

事故で記憶喪失になった娘が友人達を次々と殺して行く、友人達の死体をテーブルに座らせ「私のパーティーの始まり~」ってバカな映画。

 

 

 

明日は逃避行に出る!!

コレに乗って行く!