英国紳士

テーマ:

実は英国紳士(オヤジ)に弱い私…。

英国産俳優のジェレミー・アイアンズだっ!

  

初めてヤツを見たのは、「ミッション」1986年だった。

デニーロとの滝映画(笑)

しかも学校で観せられた?!何故この映画だったのかなぁ~。

   

   

その後ヤツの出てるモンはほとんど観た。

お気に入りはD・クローネンバーグが作った、

「戦慄の絆」1988年

双子の兄弟で、一人二役でヤツが出ずっぱりだ。

ビジュアル的にもよし、衣装さんGooでした。

↓メイキングシーンです(楽しそう♪)

  

   

ヤツの一番のインパクト映画と言いたい、私の中の問題作!

「M・バタフライ」 1993年

今何処のジョン・ローンが北京の女優さん役!

キレイな?オカマとは知らず、ジェレミーさんは愛してしまいます。

↓小指立ってるのがジョン・ローン(オゲッ)

 地味な濡れ場もある、服脱がずで座位!(笑)

ラストシーンのジェレミーのゲイシャメイクに度肝を抜かれてしまった…(合掌)

スピルバーグの「sayuri」に使ってほしかったシーンだ(笑)

  

   

    

オマケ

もう、壊れていく白子・ジェレミー…(仕事選べよっ!)

ガイ・ピアーズの「タイムマシーン」 2002年


AD

「怪物団」

テーマ:

↑当時、こんな邦題を付けられた映画。

後に「神の子ら」になったんだっけ…

「フリークス」 1932年

   

198X年、ビデオデッキがウチに来て間もない頃、海賊版ではない(笑)レンタルビデオ屋ができた。そこで初めて借りた映画「フリークス」。海賊版が多かった当時、トラッキングのあわないこともなく見れた(笑)

   

真の奇形の方々がたくさん登場する、やっぱ衝撃的だったね。

当時はホラー作品だったらしいーけど、私的には可愛らしく楽しく観られたよ。

今でも好きな映画だね。

サーカス団の小人ハンスが花形マドンナに金目当てに騙される。

それを知ったハンスと仲間達が彼女に復讐して、最後は彼女も奇形なる!

(かなりのあらすじです)

背中がくっついた、シャム双生児や、

手足の無いイモ虫男、ちょいとグロいが大活躍!

  

1932年に上映された時は、失神する人が出たんだって。

映画界に強烈な印象を与えて、非難ごうごう。

監督のトッド・ブラウニングはそれ以降映画界から去ることに…。

30年以上上映禁止っていう国もあった。

奇形をバケモノ扱いで、今では絶対作られない映画ですね。



AD