ずっと見たかった小さな悪の華観た!

めちゃくちゃゴシックアンドロリータでしたああ!

黒髪に黒い目のアンヌと金髪碧眼のロール
カトリックの学校の寮で暮らす、一見可愛くてあどけない2人の少女が、キャッキャ笑いながら悪行のかぎりを尽くす物語です(^q^)

2人は仲良しだけど、全体的にアンヌが先頭に立ち、ロールがそれに従っているような上下関係がうっすら透けてみえます
男を誘惑して犯されそうになるのもロールだし
てかアンヌそうなるように仕向けてませんか…?
そういうとこ含めて悪の華なのかなと思うんですけど

あーあの笑い声が耳から離れません
おかしくって、楽しくって仕方ない!って感じの
私が小さい時、近所にいたべったりくっついていつも一緒に遊んでた女の子2人の笑い声にとっても似ていて、
あの頃彼女たちに抱いていた正体不明のいやな気持ちのほとんどは羨望でできてたんだなぁ、
とか懐かしく思ったり。

少女の恐ろしさと笑い声は万国共通なんですね
AD

すごいむかしの☆

テーマ:
うまい棒とヨーグルトでご飯すませたら空きぐあいが半端ないれす(^q^)

私がどこで足を踏み外したのか考えてみる
4、5才→女の子に叩かれてる男の子の絵を描いてた
小5→絵が好きだった。おばあちゃんに「美少女キャラの描き方」という絶対方向性の違う本をもらいメイドとけもみみを描きまくった

小5→モー娘。流行、当然の如く嵌まるがネット検索でいろいろ調べて無邪気な小学生目線からヲタ目線でアイドルを見るようになる
小6→マリみてにはまり「タイが曲がっていてよ」とやたら言いたがる


幼女~少女期の記憶なんですけど、全体的に踏み外してます、微妙に一歩くらい

てかタイトル、ぺこブログっぽくしてみたんだけどきっと誰にもわからない
AD

ひみつのアッコちゃん

テーマ:
電車で私の隣に座る人は高確率でひとりでしゃべりだします

いまだに黒地に白のでっかい水玉のお洋服を見るとイロクイ。を思い出してしまいます

あの衣装可愛かったんだよなぁ
特にゆーりさんがウサギカチュで。

バンドより曲より先に衣装を好きになることがよくあります

衣装ファン。聞いたことないな

そんな電車の中、野暮用で県庁所在地に向かっています
AD