こんにちは、超久々に更新します。

 

はい、さぼってました。

ネタはいろいろあったのですが、メッチャ早く寝てましたので。。。

 

それはさておき、そろそろ受験生は冬期講習の時期かなと思います。

そしてそれが終われば1月校の受験、そして本番受験、とあっという間に来ちゃいますね。

後、1ヶ月強ですが、ここの追い込みをうまくやれば伸びる時期でもあると思いますので、受験生の皆様にはエールを送りたいと思います。

 

で、うちの息子ですが期末試験が12/10に終わり、それからはほぼ休み状態です。

部活が結構頻繁にあるので、学校にはほぼ毎日行ってましたがね~。

 

そんな風に順調そうに見えますが、決してそんなことはないですwww

なんといっても、期末試験の結果がぱっとしなかったため、それがなぜなのか、どうすればいいのか、何を目指したいのかなんていうディスカッションを息子と繰り返しまして、その結果として学習方法の見直しをしております。

結局、休みであっても毎日学習時間を取るようにしており、考え方、やり方も少しマイナーチェンジして冬休みに臨んでもらっていたりします。

 

でも昨年と比べると全然やれてないんですがねwww

 

昨年の今頃は、ブログやスケジュール表を見返してみると、1月校受験の準備と基礎の再固めを始めるために、受験部屋を設置してこもることを始めた時期でした。

http://ameblo.jp/piropiroz/entry-12109404178.html

 

その頃にできていた学習方法が今できていない、そんな風に見えて仕方ないです。

折角、猛烈に追い込んで身につけたはずだった方法も、合格しちゃうとすっかり忘れてしまうんですかね・・・。

 

私が息子に言っている根本は、受験のときも今も実は変わっていなくて、

「目指したい自分になるためにどうあるべきか」

というそれだけなのです。

 

小学生として学ぶべき実力をつけたい、そのためのエビデンスとしてここに合格したい、というわかりやすい目標があったからなのか、効率的ではなかったという反省はありますが昨年の最後の追い込みはすごかったです。

今の息子は目標が見えていなくて、何となく親にスケジュールを求められて、学校からは勉強の機会を大量に提供され、何となく勉強をしているように見えるんですよね。

やっぱり、ちゃんと目標設定をして、「今の自分では難しいな~、どうしたらここにいけるんだろうな~」ということを考え抜かせないとダメだったんだなと思いなおしました。

小学校7年生でいいという学校の先生の言葉を真に受けすぎました。

やはり中学生ともなると少し大人に近づいているんだなと。

 

学習方法の見直しについては2日くらいかかりましたが、息子なりに考え、目標を設定し、そこに辿り着くための方法を書き出してきました。一生懸命考え抜いたせいか、現状はよく見えてましたね。

後は、それをどう変えて目標に近づくかという話です。

 

目標が明確な受験では、後そこまでの距離がどれくらいなのかを可視化しつつ、近づけるための方策を打つことが大事です。直近になると目標までの距離が近くなってきている(はずな)ので、子供も意識しやすくなっており、そこに確実に行き着けるように対策をしまくることで驚異的に伸びるんだろうなと実感してます。

#実際、うちの息子はそんな感じでした。

 

今更と思われるかもしれませんが、冬期講習に臨む前に一度たな卸しをしてみることで、見えなかったことが見えてくるかもしれません。

 

受験生の皆様には、うちの息子のように最後にギリギリに来ないようにしていただければとwww

 

 

よければ↓クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村


姉妹サイト
娘と一緒に勉強について考えた軌跡

AD

コメント(4)