中間試験の反省(6/6)

テーマ:

こんばんは、更新します。

 

中間試験が終わって、次の英検対策に励んでいる息子。

そんな中、学校からは中間試験の反省点を書くように言われているようです。

 

よくよく見ると個人成績表の下の欄に、

・準備における反省点

・今後の学習計画

という記載欄がありました。

 

保護者の印もいるようで、ちゃんと話し合って反省させて、かつ今後の計画への反映

も考えなさいってことなんですかね。なるほど。

 

中学受験時によく言っていたのは、前にもブログに記載した「段取り八分」。

特に時間が無くなれば無くなるほど、計画の重要性というのがわかってくると思ってい

ましたが、やっぱり部活が始まると勉強だけをやっているわけにいかないので、必然と

計画を重要視せざるを得ないですね。

 

昨日、息子とはじっくり話をしたので、それを踏まえた反省文がしっかりと書かれてまし
た。彼が言いたいことの要点は、

・部活や聖書研究会があるので家での勉強時間が減る

・少ない時間で最大の効果を出すために、悪かった教科に注力し、良かったところは

普段の宿題でカバー

・時間の使い方にメリハリをつける

ということのようです。

 

どこまで実現できるかはわかりませんが、意気込みはとても大事なので、そういう意味

ではとても評価できる内容かなと思いました。

中学受験時に口すっぱく言ってきたことが、ようやく自主的に実現されそうですw

長かった。。。

 

こういった計画力、タイムマネジメント力は、社会に出ても様々な場面で求められます

ので、中学高校の間にしっかりと身につけられるといいなと思ってます。

 

 

よければ↓クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

 

姉妹サイト
娘と一緒に勉強について考えた軌跡

AD