入学祝福ミサ(5/14)

テーマ:

こんにちは、久々に更新です。

 

今日は学校で新入生向けの「入学祝福ミサ」なるものを行うということで学校に行って

きました。祝福されるのは新入生だけかと思いきや、実は保護者も、ということでした。

私は無宗教なので、キリスト教のミサに参加するのは初めてで、何が行われるんだろ

う?という興味もあり行ってみました。

 

ミサ自体は入学式とかと同様の儀式だったのですが、最後の晩餐を再現したり、弦楽

オーケストラやパイプオルガンでの賛美歌演奏、グリークラブの歌など荘厳な雰囲気

が素敵でした。正直、行ってよかったなと思ってます。

 

どこから来たのか聖光専属?の神父さんが司祭としてお祈りをするのですが、この方

の説教が素敵でした。校長先生は今日は出番が無く、神父さんがメインでしたね。

聖書から引用してお話をされたのですが、内容としては、周りからの評価を気にせず

自分のやりたいことや思いを貫いて成長してほしい、というものでした。

JAXAの大西卓哉さんや歌手の小田和正さんが卒業生とのことで、聖光で思いを実現

したって感じの話でしたが、そんな思いを実現できる教育環境を提供したいという思い

はすごく伝わってきましたね。

 

つい先日も、希望者だけではありますが熊本震災募金活動をするということで、うちの

息子も参加してきました。こういった精神教育にも力を入れているってことなんだろうな

というのが今日よくわかりました。

 

前にも書いたのですが、私は勉強では高いレベルになってくるとマインド面での差がポ

イントになると思ってます。中学受験の時は特に顕著だと思うのですが、大学受験と比

べると範囲が狭いのでどうしても本番で実力が発揮できるとか、自信があって実力以上

を発揮できるとか、悔しさをバネに次につなげようとするとか、なんていうことで合否が

左右されたんじゃないかと思ってます。とくにうちですが。。。

範囲が広がると余裕が少なくなってくるので、いかに目的意識や自信、成長意欲などと

いったものを育てていくのか、が重要になると思うのですが、聖光はキリスト教をバック

ボーンに育んできたんだなと感じました。

おそらく他の学校も色々な手段で似たようなことを考えているのだと思いますが、公立

しか行ったことのない私にとっては目から鱗でした。

 

息子が少しうらやましいですw

 

 

よければ↓クリックお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

 

 

姉妹サイト
娘と一緒に勉強について考えた軌跡

AD

コメント(1)