またぞろ忙しくなってきましたよぉ(^^;)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月19日(月) 23時42分37秒

Blackstar HT-1RH 専用キャビを作ろう!

テーマ:エレキギター

すっかり気に入ったBlackstar HT-1RH

 

いつまでも相棒スピーカーが4発Aキャビってわけにもまいりますまい。

 

専用サイズのキャビを用意してあげましょう。

 

昔500円で買った、音がでないジャンクのFender Japan SD-15CE。

大きさ、だいたいちょうどよし。

CELESIONのRedfoceってー8インチスピーカーがついているんですよ。

こやつを改造して、専用キャビにしちゃいましょう!

 

 

トーレックスを剥がされたの図。

大きさ、いい感じ。

Aキャビフォルムに改造しちゃう計画です。

廃品利用、ローコスト、設計図なしのお手軽工作でいきますよw


ちょいと張り出し部分を切って、木のぼっこで枠を増強。

昔1000円で買った、音が出ないMarshall Valvestate 8010のバッフル版とロゴを拝借。
バッフル版は高さが足りないので木のぼっこで補完。

 

すでに、かっこ可愛いい感ムンムンではないですかっw。


トーレックスはジョイフルAKで粘着剤付きの皮風なものを調達。
ネットは、Valvestate 8010のものを流用。


Aキャビ風ということで、アングルがついています。
バッフル版は当然ながら直線なので、アングルつけるために梁を工作。

梁は「割り箸」で工作w。

 

 

 

ネット張ってみた。ぎりぎり足りました。

 

ロゴが抜けないようにグルーガン。

 

装着っ!

 

むふふ、ぴったりではないですかぁ~。

現物合わせの妙味w。

 

一気にトーレックス。

 


アングル部の角度違う部分が張るの難しかったけど、どーにか、こーにか。

 

バイピングは、ジナパパさんからわけていただきました。
なんと、私の工作が止まらないように、速攻ご郵送いただいたんですよぉ。
感謝感激でございますm(__)m。

 

・・・お・・・・

かっこかわいいい!(自画自賛)

 

スピーカーはCelesionより ValvestateのMarshallの方がラウドでずっと好印象だったので、こっちを使用。
ケーブルはウミヘビで最短距離に。

 

調子にのって「あんよ」(キャスター)を装着w。

 

 

うひょー、ちょー可愛いぃ~w。

 

でもキャスターつけたら、低音の出が悪くなった(TT;)。

ので、クローズドバックにして、低音がスカらないようにしてみました。

 

 

専用キャビ完成!

 

 

専用という割にはMarshallだけどw

 

かっこかわいいではありませんかっ!wヾ(@°▽°@)ノ

 

満足いく工作ができました。

 

音も、意外といけてますよっ(^^)。


手前みそだけど「気に入ったっwo(^▽^)o。」

ってか・・・


「キャビはもう、4発なくてもこれで十分じゃね!?」


ってー、恐るべき現実を投げつけられる、危険なキャビ工作でしたw(;^_^A。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016年09月19日(月) 22時08分41秒

Blackstar HT-1RH は可愛いくて危険w

テーマ:エレキギター

ちっこいものには心揺さぶられるものがありますよねっ。

 

1Wクラスの真空管な小型アンプ・・。

 

萌えちゃいますよねっw。

 

で、買いましたよっ!

 

Blackstar HT-1RHですっ!

 

 

可愛いっ!ヾ(@°▽°@)ノ

 

ちっこいくせに、なかなかの高級感!

 

ヘッドアンプだってのが、また素敵っ!

 

とりあえず、4発キャビに接続っ!

 

うちは、目と鼻の先にフルスタックがそびえるなんともオバカな環境w。

 

 

Jetcity JCA50H君には下のBキャビを、Blackstar HT-1RHには、上のAキャビをあてがうことにします。


おおっ、歪サウンドかっちょえー!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

トーンコントロール類は一切なく、ISFコントールだけの潔さ。

 

こまごまと音質調整なんて気にせずに、思いっきりBlackstarのイカシタ歪を楽しんでくれやっ!って感じです。

 

いやぁ、歪サウンド、イケテマスっ!(*^▽^*)

 

こりゃ弾いてて楽しい♪。

 

ISFは、左に回してアメリカンサウンド、右に回してブリティシュサウンド、ということだけど、ざっくりいうと、左で、すっきりサッパリシャープ系、右で濃厚ウォーム系な感じ。


キャビとの相性とかでお気に入りポイントをISFで調整する感じ。

 

トーンコントロールないから、イコライザーとブースターペダルかませれば、すげー楽しいかも。

 

GAINは12時超えると急にノイズが出てくるなぁ。
弾いてるときは気にならないけど、音出してないと少し気になる。
(ひかないときはGAIN下げればいいんだけどさ)

 

クリーンは、よーわかりませんw。
FenderやVOXのクリーンのグッとくる個性はない気がしますw。
歪野郎なんで、ひずみペダル用のクリーンの観点からは、良くも悪くもないって感じ。

 

裸にしてみた。

 

 

真空管は、SOVTECK 12AX7WA ロシア管と、TAD ECC82。
名もなきチャイナ管じゃあーりませんよ。


ちっこくて、わかいくて、ヘッドで、ご家庭用音量でもばっちり!

 

めんどくさいこと言わずに、インスタントにお手軽極上サウンド!

 

ずぼらな私にぴったりw

 

気に入ったっwo(^▽^)o。

 

ってか・・・

 

「アンプ、もう、これで十分じゃね!?」

 

ってー、恐るべき命題を投げつけられる、危険なやつですw(;^_^A。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月09日(金) 01時13分24秒

マイケルシェンカーフェストに大興奮!

テーマ:エレキギター
好きなギタリストは数あれど・・・
 
ゲイリー・ムーアとマイケ・ルシェンカー
 
お二方は、私の2大ヒーロー!神の双璧!なのです。
 
ゲイリー・ムーアにはもう会えないけれども・・・
 
2016年8月26日
 
マイケルシェンカーフェストin札幌!
 
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
 
札幌にっ!?マイケルシェンカーがっ!?
 
ツアーは、東京、大阪、札幌の3か所・・・
 
よくぞ札幌を選んでくれましたっ!!
 
しかも今回、歴代ヴォーカリスト勢ぞろいのお祭り騒ぎっ!
 
いかずに死ねるかっ!!!!
 
というわけで、ジナパパさんと行ってきましたよっ(^^)/。
 
開演前(*'▽')
 
開演中は撮影禁止なのです・・・
 
宴の後・・

いやぁぁーーーー最高でしたっ!\(^o^)/
 
オーディエンスはそれなりに齢を重ねた方々が大多数(私を含めw)なのですが、なんか打ってるんじゃないか!?wってーぐらいの凄まじい盛り上がりでしたっ!(私もその一人w)
 
もぉーーーーー感涙です!(T^T)
 
イントージアリーナ!ではじまってですよ!
 
ヴォーカリスト変わる度に、インストのギターソロ炸裂してですよ!
 
締めはロックボトムでお約束の長ーーーい圧巻のギターソロでですよ!
 
アンコールはドクタードクターですよ!!
 
「こういうの聴きたいんでしょ!?」
 
「はい!そうですっ!!」
 
って感じの、期待通りの、鉄板にして無敵のセットリスト!
 
だ・・・だいまんぞくです・・・(^◇^)
 
マイケル・シェンカー、終始ご機嫌で最初っから最後まで、全開のギタープレイ!
 
さ・い・こ・う!でしたっ!
 
因みにギターは(うろおぼえなので間違ってたらごめん)
たしか・・
ゲイリー・バーテンの時はレトロ
グラハムボネットのときは、セミアコのやつ(あんな厚みのあるV初めて見たw)
ロビン・マッコーリーのときは、赤黒(なかなか赤黒もいいね)
陰陽に変わり(やっぱこれのカッコよさはひとしお)
3人ボーカルそろい踏みから最後は、例の宇宙のエネルギーを集約するエナジーホールつきのやつ(今はアニバーサリーとか言ってるあれ)
 
あ、あれ?一個ずつずれてるかな?
 
まーいっかw(間違ってたら、だれか訂正して)
 
いいたいことは・・・
 
バルタンヘッドのフライングVが欲しくなった!! ということwww。
 
ジナパパさんも、すっかりマイケルシェンカーファンってことでいいですねっ!w
いずれV買って見せてください~W。
 
マイケル・シェンカー!
 
ありがとうっ!
 
北海道のうまいもん食って
 
また、来てくださいっ(^^)/
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年07月18日(月) 10時53分31秒

安ギター改造セルダー編:ピックアップとイナーシャブロック

テーマ:エレキギター

バスカーズのボディ交換用に手に入れたSELDER。
結局、見た目の違和感で、ボディ交換未遂に終わってしまったので、こやつはこやつで改造してあげましょうw。


なかなか、奇麗な体をしているので、いいデクになりそうだ、フフフ・・・。


・・あ、いかん、改造目的のためにギター買うようになってきたw。


注:ギターは楽器です。弾くのがモ・ク・テ・キです。


まずはピックアップ交換

もっとも使うリアをDIMAZIOのTONEZONEに交換。
昔、中古で買ってものなので、TONEZONEの何番なのか忘れちゃったw。




当然ながら、センタートーンをPush-Pushスイッチにして、通常はハムバッカーモード、タップしてシングルコイルモードに切り替えられるようにしています。


センタートーンをリアトーンにも効くようにして、キャパシタはオレンジドロップ715Pを装着。
このへんはもうね、デフォルト行動。


センターピックアップは、YAMAHAのRGZ-3についていたアルニコのシングルコイルを装着。
フロントピックアップは、換装するものがないので、そのままです。


音だし


お!TONZONEいいわw


ハムバッカーモードでは、バスカーズのぬるい低音とは違い、キリッ!とした低音が出る。
ここのところシングルコイルばっかり聞いてきたから、ハムバッカーの安心感がいいw。


シングルコイルモードでは、・・んん、悪くないけど、やっぱ、バスカーズ(改造)のアルニコには及ばない。
ゲロゲロ感が足りない。しか。シャラシャラバッキングにはいいかもね。
(って、シャラシャラ奏でる腕はありませんがw)


センター、ん、低音でるなぁ・・・というよりハイが足りないか・・。

全体的に、ローズ指板ネック+重めのボディな、太さと重さのあるサウンドだけど・・・
なんか物足りない、味わいに欠けるかな・・。


あ、ちなみにブリッジのサドルは部品取りと化したYAMAHAパシフィカから、スチールプレスのものを移植しています。


やっぱ、あれだ、ブリッジ回りだよ、イナーシャブロックだよ、バスカーズの時は、これで化けたじゃないか!。


ブリッジ回りまるっと交換するのが常道だけど、今回は低予算案をひらめきました。




ハンズで見つけた真鍮な円柱、これをイナーシャブロックに付けるのです。

イナーシャブロックの弦と弦の間にドリル貫通。
真鍮な円柱もドリル貫通、そしてネジ止め。


こんな感じで装着www



さて、音はどうなったかな・・・


激変!!


しかし、こりゃなんだ、聴けたものじゃないw!


ギターのおいしくない部分の音がブーストされているかのように、すげーイヤな音になってしまいましたw。


案ずるな、落ち着け、取り外しは自由だ。


一個だけにしました。



スゲーイヤな音が、少しイヤな音になりましたw。


・・・結局イヤな音・・・だめじゃん!w


案ずるな、落ち着け、ハンズには円柱の大きさ違い、素材違いも売っている。


小型の真鍮円柱と、ためにしアルミ円柱をつけてみました。




低音弦側に真鍮で、すこーしいやらしいセクシーさを加えるコンセプトです。
アルミはよーわからんけど、ほらレスポールのテールピースをアルミにしたりするではないですか。
なんか、高音弦側にシャリンと響く感が出ればよいなのコンセプトです。


ん、ん、よくなってきたけど・・・まだ、イヤな音感が残っているなぁ・・。


・・・真鍮・・・だめだじゃん!


やっぱ、あれだ、だよね!


イナーシャブロックといえば、鉄だっ!


でも、鉄はとても穴開けられる固さじゃないし・・・

そもそも売ってないよ、鉄のこんなやつ。


で、ひらめいたw


これはどう?

ステンレスワッシャー!




ステンレスは錆びない鉄、ということでいいよね?。


一体ブロックじゃなくてワッシャー積層なので、振動の伝達はロスるだろうけど、加工いらずで装着可能。
ワッシャー装着の数で、厚さだって変えられる。


どんな音になるか・・・


お、お、お、・・・い、い・・・いいじゃないかっ!!


好ましい響きが加わり、おいしさに深みが・・・


しかし、ちょっと出すぎな振動感。
でかいワッシャーを2枚外して・・・


うん、ベストバランス!

これでいきましょうっ!


なんかこれ、おすすめ改造だなぁw


紆余曲折のイナーシャブロック改造実験w
最終的にいい結果がでてよかった(^^)。


こやつはリアハムモードがデフォルトってことで、いっぱしな出音になってきましたっ(^^)。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016年07月16日(土) 17時00分55秒

その後のBuskers改造 番外編:ボディを交換!未遂

テーマ:エレキギター

SELDERのストラトタイプを買っちゃいましたよ。
中古でね5000円くらいだったかな。
3Tサンバーストの色味が奇麗でね。


で、バスカーズとボディ交換しようかとw


バスカーズのボディはポローニャ(どうやら桐)。
軽いw(軽いのは悪いということではありません)
で、セルダー、謎材だけど、こっちのほうが重い。
(重ければいいというものではありません)


勝手なイメージで

1.メイプルネック+軽いボディ=シャカシャカシャリーン♪でスプリング感のある軽快なストラトサウンド
2.ローズ指板ネック+重いボディ=ゲロンゲロン♪な巻き弦の重めのストラトサウンド

な思い込みがあるのです。(根拠はありませんw)


バスカーズの場合、
・ローズ指板ネック+軽いボディ
なので1と2の中間というか、1.寄りな感じなんですよ。


1.のほうは、お気に入りのフェンジャパがあるのでね、もう、これ音的には満足しちゃっている当たりの一本なので、バスカーズが、こっち寄りになってもね、フェンジャパには及ばないwので、2.寄りの方向にいかないかと。


で、バスカーズの桐ボディとセルダーの謎ボディを交換。



・・・・・


・・・ん・・・ん・・・なんか違和感。


ううむ、サンバーストってトラディショナルなイメージがあって、このシングルコイルいっぱいな絵面はそぐわないなぁ・・・。


・・・・思いのほか・・好きくない・・・。


というわけで、音出す前に、見た目の違和感だけで、バスカーズ+セルダーボディ(3Tサンバースト)、却下!
とあいなりましたw(^^;)。


結局、また安ギターが1本増えただけの話、となりましたとさっw。


あ、でも今ブログ書きながら改めて写真見ると、悪くない気がしてきたw


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月16日(土) 13時09分44秒

その後のBuskers改造2:ネック塗装に挑戦(カシュー塗料)

テーマ:エレキギター

ストラトのネックは飴色が好みっ!


しかも、グロスなピカピカなやつ!


さて、トラ目ネックに惹かれて買ったバスカーズ。
グロスな飴色なネックになったら、とてもいい感じになるよねっ!?
でも、塗装は手間暇かかるし、失敗したらダメージも大きいし・・・改造の中でもハードルが高くて、今まで手を出していない世界。


しかしですよ、ネットで調べたら、カシュー塗装というやつ、実に理想的にドンズバで飴色グロスになるみたいじゃないですかっ。
なんだか、普通(?)の塗装より手間暇の度合いが高い(乾燥時間が長い)みたいですが、耐久性、耐候性、化学変化にも強くラッカーのように気を使う必要がないってーのもポイント。
意を決してチャレンジすることにしましたよ。


元はこれ




指板にマスキングして、240、400、800番でペーパーがけ。
Busker'sのロゴが奇麗になくなりました。


そして、木部用プライマー(スプレー)を2度塗った状態。




カシュー塗料は「51番クリアー」を使用。
カシュー塗料の特性でクリアが薄い飴色になるとのこと。
水飴みたいなドロリとしたこの塗料、たしかに、クリアなのに思いっきり色ついてる(^^;)。


で、このままでは塗れる粘度じゃないので、専用薄め液で薄めて使用。
30%薄めろと書いてあるが、何を基準の30%なのか私にはわかないwので、適当にさらさら感で判断し稀釈。



容器は毎日食べてるヨーグルトw
エアーガンスプレーなんて持っていないので、刷毛塗りでGO!
最終的に水研ぎでツルツルにするつもりです。


刷毛塗り1度目




おおっ!一度塗り目で、噂にたがわぬグロス感。
しかも濡れたようなツヤがなかなか上品で期待が持てます。


しかし、次の工程まで1日待たねばならない(乾燥しない)(-_-)のと、
べらぼうに匂いが強烈(-_-;)なのと、刷毛塗りなので、抜け毛がついて、こいつの除去やらでストレス爆発!(×o×)。


しんどいわぁ、エアガンスプレーほしいーーー。



中間は省いて、刷毛塗り4度目





いい色になってきました。


しかし、遠目にはいいんだけど、近よると色のムラ、塗装の厚さのムラが、いやんなっちゃう(-o-)。

おそらく、2度目、3度目の塗りの時に新たに塗料を作らず、一度目の希釈液に薄め液を足して塗ったのが、失敗の原因。
考えてみたら、塗りのたびに1日おいているわけで、塗料もそりゃ硬化してくよねっ、ていうあたりまえの話。
これは、塗料をケチッたわけではなく、強烈な匂いを発する作業(塗料を捨てるのと新たに作るのと)がしんどくて、こうしちゃった。


4度目の塗りの時に、新たに塗料を希釈してつくったら、2度目3度目よりもましな感じで伸びて色がついたので、一回の塗りごとに、塗料は新規で作りましょうという教訓です。
ついでに、作業はお外でやりましょうw


この段階で、すでに始めてから5日が経過(乾燥に時間がかかる)


もう、面倒なので、ここでヤメッ!w


ぼく、待てないタイプっ!w


水研ぎでムラが良くなることを期待しよう!。


ほく、夢見るタイプっ!w


塗料の完全硬化の為に、さらに一週間放置。


やっとのことで水研ぎ工程にたどり着きました。


本当は1500番の耐水ペーパーオンリーで仕上げたかったんだけど、刷毛塗りによる厚さのムラが大きいので800番からペーバーがけ。
水に濡らして研ぎましょう。


で、コンパウンド(車用)細目→中目→極細 とかけますと・・・


ピカピカのグロスに!(^^)




あ、ロゴは気にしないでw個人のお楽しみの範疇です、触れないようにw。
(ロゴ貼ったので、ヘッドの表面だけラッカーのクリアで上塗りしてます。)


ううむ、色のムラがあるなぁ・・・エッジ部も削りすぎか白いとこが・・・
トラ目だからあまり目立たないのが幸い。


うん、まぁ、成功ということにいたしましょう(^^)w。


光の加減でわなわなとトラ目が引き立ちます。




大変な作業だった甲斐がありました(^^)。


なかなか色味よし、グロス感よし、トラ目も目立ってよかったです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月16日(土) 10時53分36秒

その後のBuskers改造:ブリッジ&ピックアップ交換

テーマ:エレキギター

さて、トラ目ネックに惹かれて買ったバスカーズ。


ブリッジを一式交換です。
フェンジャパ互換のスチール(鉄)なイナーシャブロックのブリッジ。


元々フェンジャパのダイキャストなブリッジを鉄にしたくて買ったんだけど、ちょっと音的に元気がよすぎて、
元のままのほうが味わいがあるなぁ・・・ということで使われずに余っていたのです。


さらに、スプリングはRawVintageに換装っ!




肉厚のイナーシャブロックがうれしい(^^)
スプリングも5本掛けのピカピカで、換装しました!な満足感高しw。


因みに、元はこれ。




ペライ!ペライなぁイナーシャブロック(--)。


音的な変化ですが・・・


激変です!!


しかもいい方向にっ!(^^)


なんというか、出音の表現が気持ちよい方向に増して、さらにRawVintageが余韻を豊かにしてくれている感じです。


めっちゃ効果あるぅ!


表側



サドルはスチールプレス。
ゴールドなんですよ、このブリッジw。
で、合わせて、ビックガードのネジをゴールドパーツに交換。
舟形ジャックもゴールドパーツに交換しています。
ピックアップを止めるネジは、メタルプライマー+プラカラーのクリアイエロー塗って、それっぽく合わせましたw。


因みに、弦間ピッチが違うので、そのままではブリッジつきません。
フェンジャパのほうが広い(11.2mmだっけ?)のです。
というより、バスカーズ含め他の国産物が狭い(10.5mmだっけ?)のです。


ブリッジの6本の固定ネジの穴の間隔が違う・・・(--)。
ので、固定ネジ穴一個は生かし、それ以外の穴を「つまようじ(バスウッドだ)」で埋め木して、新たに穴を開けています。



ピックアップはアクセントで本来のシングルコイルの位置のモノを黒カバーにしました。
センタートーンをPush-Pushのスイッチングポットにして、通常はシングルコイルモード、タップしてハムバッカーモードに切り替え。
勿論、センタートーンは、リアトーン兼用にしています。
キャパシタは定番オレンジドロップ715P。


ピックアップは
フロント:FenderUSA(アメスタのもの)アルニコ
     Buskers純正セラミック(ハムバッカーモードの時駆動)
センター:YAMAHAパシフィカから奪ったアルニコ
リア  :Buskers純正セラミック(ハムバッカーモードの時駆動)
     YAMAHAパシフィカから奪ったアルニコ
となっています。


因みにYAMAHAパシフィカは、ピックアップ奪うの目的でジャンクなものを1600円で購入していましたw。
FenderUSA(アメスタのもの)はヤフオクね。


ピックアップはそれぞれ個別に高さ調整できるので、Buskers純正セラミックを少し低い高さにして、シングルコイルテイストを残すハムバッカーな感じを狙っています。

が・・・

シングルコイルモードはなかなかイイ感じなのですが、ハムバッカーモードはいまいち。
リアの取り付け位置がね、ほらストラトって斜めじゃない。
低音弦側がネック側にシフトしている。


ピックアップの位置って、ネックにいくとウォームで、ブリッジにいくと固くなりますよね、音。
そのせいで(と思う)ハムバッカーモードのとき、低音側が締まりがなく、なんか今一つな感じ。
これは構造的にしかたないかなぁ(--)。


ま、シングルコイルメインのギターと言うことでっ(^^)/。


なんだか、トラ目ネックなビジュアルだけではなく、音的にも良くなりとても気に入ってきましたよ!(^^)
なバスカーズ改造記でした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年03月07日(月) 00時19分55秒

ThinkPadX220を買いました(中古)

テーマ:ThinkPadX220
ギターネタではありませんw。

パショコンがぁ・・・・

壊れましたぁ~(;∀;)

もうね、電源入れてもうんともすんとも言わない。
色々いじってみたけど、完全にアウトです。


わし「パショコンが壊れたので買ってください。5万円PCでいいです」

大蔵大臣「お金がないからダメです」

わし「・・・去年むすこ君のPCかったし、大蔵大臣のPCもこの前かったぢゃないかぁー、わしにも買っておくれー。前は買ってくれたぢゃないかぁー」

大蔵大臣「だ・か・ら、お金がないのです。自分で何とかしてください」

わし「・・・・(TAT)」

大蔵大臣「ギターとかなんか色々買ってるし、あ、そうだ、タバコやめればぁ」

わし「・・・・・(-o-;)・・・」

い、いかん、やぶへびだ!(--;)

これ以上の会話は、かえって危険!。

早々に尻尾を巻いて、退散であります/(T^T)。

ん・ん~、弱ったぞ。

自分で何とかっていっても、「パパのおこづかい」なんて毎月絶滅を繰り返す、この世で最も脆弱な、ちょびっとギター関係に使っただけで、即死する貧弱な坊やです(--;)。

なるべく安く・・・

いいものを・・・・

枯渇した資源「パパのお小遣い」を使うには、おのずと真剣にならざるを得ません・・・

で、色々情報収集・・・


ありましたよ!

ベストなソリューションがっ!

中古ですっ。

Thinkpad X220 がっ、

なんと

中古なら 2万円で買えちゃうっ!

CoreI-5で4GBメモリーな「X220」がですよっ!

なんとも、うれしくも恐ろしい時代ですなっ!

これにSSD(シリコンデスク)つければ、もう無敵じゃないですかっ、SSD今安いし!

で、買いましたよ(^^)。

Thinkpad X220(^^)。



本体2万円の他に、mSATAの125GBのSSDを増設して、外付けDVDドライブを購入。

合計3万円

その後IPS液晶パネルに変えたので

結局4万円パソコンとなりました。


もうね、十分凄いよこれ(*^^*)

12.5インチのモバイリティ(^^)

爆速といっていいパフォーマンス(^^)

打ちやすいキーボードと、やっぱこれだねのトラックポイント(^^)

ThinkPadであるということ(^^)


最初、5万円PCでいいやぁ(なんでもいいやぁ)
から
災い転じてなんとやら
4万円で

なんか理想のPCが買えました(^^)。

これだよ、これ、こういうのがほしかったんだよぉ(*^^*)。

因みに、大蔵大臣に1万円カンパしてもらいました(^ー^)。

ありがとうママ。

ThinkPadx220

4世代も前の中古PCなのに・・・安いうえに最高の使い心ちですw

大満足(^^)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月26日(金) 19時53分35秒

Spirit of Soldano ソルダーノの系譜

テーマ:エレキギター
この前、ジナパパさんとスタジオにいってきました。

で、ジナパパさんお持ち込みのアンプ。

ででん!

ソルダーノ!!


モディファイです。

ベースとなったアンプはJETCITYのJCA100H

JETCITYのJCAシリーズってば、フルチューブアンプで、とてもリーズナブルなお値段。
で、音もイイんですよぉ、これが。

その秘密(?)は、回路設計はかのソルダーノさんが行っているのです。
思いっきり、DESIGN BY soldano と誇らしげに書いてありますw。

JETCITY JCAって、ソルダーノの系譜を継ぐものなんですねぇ(設計的には)。
実際のところ、SOLDANOの回路とJETCITY JCAの回路は、かなり近いらしいんです。

で、いっそ、SOLDANOと同じ回路(部品?)にしちゃえと、
さらには、よりよくしてやろうと、SOLDANO超えを目指した、JETCITY!

それがこのアンプなんです。

夢のある話ですよね(^^)。

詳しくは、ジナパパさんブログをどうぞ
http://blog.livedoor.jp/pochikourock/archives/1899458.html


さて、私の持っているJETCITY JCA50H と引き比べです。

フロントフェイス交換して、JETCITYの「333」じゃなくて、Marshallになってますw。



嗚呼~やっぱスタジオ音量だと、いいわぁーJETCITYw。

歪チャンネル、パワー管が歪んで、初めて本領発揮です。
家では、パワー管が歪むほど大きい音出せないので抜けが悪いんですよねぇ、なのでクランチチャンネルでディストーションかましてるのですが、で、これもいいのですがw
スタジオで、改めて歪チャンネルの魅力を再認識した次第。


で、真打ち、SOLDANOモディファイ

こう、追加されたLEDが「ソルダーノ回路オーーン!」って気分にさせてくれますねw。



おお、太い!色気もあるぅ!ゲイリームーアっw!
もうリードギターなソロプレイすると、なまら雰囲気のいいいぃーーサウンドです。
こいつぁーーたまらんぜよw。

コード系はクランチチャンネルでいけるし、SOLDANOって、きっとこういうアンプなんだろうなぁと勝手に感じ入りました(*^^*)。


ちなみにギターはというと

ジナパパさんゼマイティスがマイブームらしく、ウッドボディのトラ目が登場!


指板が真っ黒でツールツル。
弾きやすい~。
かっこいいですねぇ、でも塗りつぶしたいようです(^^;)

ブリッジ回り、ゼマイティスしてますねw
なんかスチームパンクっぽいレトロな美しさがあります。


そして、ゼマイティスのメタルフロント



写真では光が強くて窪みの墨飛んじゃってますが、美しい彫金は感じていただけますよね。
渋くてかっこいい上に美しいギターです。

で、私は、Gibsonレスポールスタジオプラス


と、バスカーズワンオブサウザンドこと操作混乱ギターですw。


JETCITYのアンプの良さと、それをSOLDANOモデファイした豊かな可能性を楽しませていただきました(^^)。

スタジオ堪能後は、恒例のリサイクルショップパトロールwとお食事。

楽しい一日でした。

ジナパパさん、ありがとうございました(^^)。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年02月26日(金) 15時53分04秒

ワンオブサウザンドのバスカーズのストラト

テーマ:エレキギター
バスカーズのストラトを買いました。

リサイクルショップで中古5800円也。


このバスカーズ、わたしゃバスカーズのワンオブサウザンド!と呼んでおります。

その理由は・・・・

バリトラネック!!


ヘッドもバリトラ!!


指板が真っ黒黒々!!



もうね、即買いしましたよw。

バスカーズともなると、いわゆる島村楽器ブランドのエントリー中のエントリーモデル。
ネックはメイプルを謳ってますが、ハードなメイプルではなく、おそらくソフトなメイプル
ソフトなメイプルはトラ目が出やすい。
トラ目は歪みやすいので基本ネック材としてはよろしくない。
けど、激安クラスですから、そんなん構わず出荷。
ゆえに(かどうかわかりませんが)、バスカーズ、ちびトラや部分トラ、は結構目にすることがあります。(部分バーズアイも結構目にしますね。)

しかしですよ、ここまでびっしり全体に細かいトラ目が入ったのは初めて目にします。
おそらく今後も目にすることはないでしょうw。

以前、太めのトラがそれなりに入ったバスカーズがあって、思わず買いそうになったけど、新品でネックの歪みが大変なことになっていたので、見送ったことがあります。

しかし、こやつ、ネック歪みがほぼなしです!。
買って数か月経過してますが、大丈夫です。

そして、一瞬エボニーかと見まがう、黒々とした指板。

奇跡の一本!!ヽ(^o^)丿
大当たりの一本!!\(^o^)/

これがワンオブサウザンドでなくて何でしょうw

ありがとう、売った人w!(なんか新品同様でしたが)


ついでにいうと、白のストラト好きです。
ジミヘンドリクス、リッチーブラックモア、イングヴェイマルムスティーン・・・

実は、ギター始める時も、白のストラトが欲しかったのですが、カミサンに「白は日焼けするし、おっさんなんだから、もっと派手な色にしたら?」と言われて、
「確かにおっさんだし、赤なら三倍速く上達するかもしれない」と思いキャンディアップルレッドにしたのです。
(残念ながら上達はイメージより三倍遅く、老化は三倍速い気がしています)
それから数年、くすぶっていた「白いストラトが欲しい」を満たすことができましたw。


さて、バスカーズ ワンオブサウザンド、当然ながら改造を楽しまねばなりませんw。

▼改造というか基本調整、ネックポケットの凸凹ならし。

かなり凸凹ですw。



削りすぎると、ネック仕込み角度や弦高に影響が出るので、この程度でよしとします。

以前は塗装が見えなくなるまで削ったりしてましたが、精度が怪しい素人加工なので、適当なところでいいことにします。

ほとんど、精神衛生上の妥協点をどこにひくかの問題ですw。

音への影響は、んーーきっと少しはあるんじゃないかな?
と、思うことにしていますw。

▼電装系交換



・ポットは定番CTS 250Ω(VolはB、ToneはAカーブ)
 トルクが重いのでボリューム奏法にはきついです。
 でも、ボリューム奏法することないし(できないしw)
 トルクが軽いポットだと、気が付いたら勝手に動いていた(勝手にっていいたくなりますよねw)ってことがあるので、重いほうが好みです。

・キャパシタは定番オレンジドロップ 715P
 まっ、バスカーズなんでw、これで。

・配線材は、コットンワイヤー単線22AW
 ストラトということで、雰囲気で、コットンw
 単線は最近好み。
 ハンダしずらいけど、より線のように、うにゃうにゃ動かなくて位置が固定されるのがいいです。

 電装系は音への効果あり!だと思っていますw。


とりあえず、以上が、初期段階。

この後
・スイッチを交換(CRL)
・フロントPUとセンターPUのスイッチ位置変更
 (フロント+リアのミックスを出すために)
・リアPUをセンターのトーンと共有しトーンコントロールを可能に
・ペグ交換(Groverに)
・2個あったウイング式のストリングガイドを1個のタル型にし、位置変更(写真ではもう、そうなっていますね)
・ネックプレート2枚重ねw
・ブリッジのイナーシャブロックの重量増w
・フロントとリアのピックアップをシングルコイル二つ束ねてハムバッカー化
 当然ピックアップも交換&増設
・トーンをスイッチポット(Push-Push)にして、シングルとハムをコイルタップで切り替え

と、改造を楽しむことになるわけです。

いずれ、このことは書くかもしれませんが、書かない可能性が高いので、今、書いておきましたw。

そして、まだまだ改造は続きます。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。