30年ぶりの再会で

テーマ:

花最後にちょっと泣けるお話し有りますので、

”出勤前に涙なんて流したら

アイメイクが落ちて恐ろしい事になっちまう!”

という方はお気を付け下さいねニヤリ花

 

今回の日本1人帰国では

小・中の同窓会もあったんですよ。

 

2年前に約20年ぶりに会った同級生とは、

残念ながら良い再会とはならなかったと

以前も記事にしました。

 

そういった事もあったし、

私が元ヤンだったってのもあるし(/ω\)

(そういった面倒な奴らって、卒業して何年も経って

『会いたいな~ラブラブ』なんて思いませんでしょ~、普通)

どちらかと言うと

嫌われていると思ってたんです。

 

それに実家がもう地元にないって事もあり、

もう20年くらいは地元に帰ってなかったんです。

 

そんなこんなで

地元とか同級生とか同窓会なんて言葉は

私の人生には存在しないものだったんですが、

ひょんな事から数人とSNSで繋がり、

会う事になったんです。

 

それでも不安でしたよ。

海外に住んでいるってだけで、

 

”生意気だ!”

”恰好つけてる!”

”チャラい!”

 

等々を言ってくる人もいますからね~。

 

実際若い頃は言われた事があったんで

すっかり日本在住組とは

付き合いがなくなってました。

 

でも今回の同級生たちは全く別で、

普通に楽しく過ごしてくれたのでしたニコニコ

 

で、大騒ぎの楽しい同窓会になったので、

記録で残しておきましょう:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

まずは食べ物。

 

 

 

 

 

 

 

この居酒屋さんも

同級生が地元でやっているお店。

私の為に美味しい刺身を出してくれました。

 

そして29年ぶりの再会を祝って乾杯sao☆

 

久々の再会に涙しえーんあせる

懐かしい話で盛り上がり爆  笑音譜

記憶にない記憶まで掘り起こされガーンドンッ

様々な感情が目まぐるしく巡った

盛り上がりの時間を過ごせました(笑)。

 

  

 

同窓会は盛り上がり、

飲んだら寝ると言われていた2人はホントに寝てぐぅぐぅ(笑)、

 

  

いつしか部屋の隅で

寄り添って爆睡(*≧m≦*)ププッ

 

途中で1人が起こされたけど、

あぐらかいて寝続け~、でも

寝続けるから余計にいじられ、

 

こんな感じの写真まで撮られてました(笑)。

Photo by Piroチョキ

 

んで、起こされた勢いで

調子に乗っていたら突然の壁破壊(笑)。

破壊した瞬間に正座して財布を出した酔っ払い男と、

それでも横で寝続ける眠り熊(笑)!!

 

大盛り上がりの楽しい同窓会は

場所を移動して二次会へ。

 

眠り男2人も、1人は一瞬起きたけど、

もう1人は寝続けてましたねー(笑)。

寝てるだけでも

割り勘でしっかりお金取られてますよ(* ̄Oノ ̄*)

 

結局この30年ぶりの同窓会、

夜の7時半から朝4時半ごろまで続きました(笑)。

 

そして再会メンバーは

LINEでまっくろくろすけLA会まっくろくろすけというグループになった

(LA在住たった1人なのに”笑”)

 

ただ1つ、この同級生の集まり、

私には危険が伴うんですよね。

でもそれはまた、それが現実に起った時にでも

記事にしましょうか。

 

 

女子だけ写真もついでに。

Beauty なんとかってアプリで撮ったから

みんな44歳には見えません(*≧m≦*)。

最近は医学の進歩のお陰もあり、

昔よりは若くみえますもんね~(笑)。

 

医学と科学の進歩に感謝ですG

 

 

赤リンゴ  青リンゴ  赤リンゴ  青リンゴ  赤リンゴ  青リンゴ

 

それと今回の再会、実は裏で泣けるお話が2つありましたので、

最後に残しておこうと思います。

 

この中に小5、小6、中2と一緒だった

ゆうちゃんって子がいたのですが、

小学校時代は仲良しだったんですけどね、

中学では私がグレた事で疎遠になり、

そのまま卒業してそれきりだったんです。

 

そんなゆうちゃん、私がアメリカから戻るとメンバーから聞いて、

同窓会にぜひ参加って事で幹事に知らせていたらしいんだけど、

この同窓会の1週間くらい前に、

ゆうちゃんのお父さんが亡くなったと。。。

 

ゆうちゃんもご家族も悲しみに暮れている中、

一度は参加を断ったらしい。

そんな時にゆうちゃんのお母さんが、

『行きなさい。大切なお友達が

アメリカから帰って来るんだから行きなさい。

1時間でも30分でもいいから、

ピロちゃんに会ってきなさい!』

と、送り出してくれたんだと。

 

ゆうちゃんは2時間くらいいて帰ったんだけど、

帰る時に『ちょっとピロとハグさせて!』といい、

我々は再会と別れのハグをした。

 

『今日はありがとね!』

『会えて嬉しかった!』

『また絶対会おうね!』

 

お互いそう言って涙目で別れた後私は、

その事実を同級生の1人から聞かされた。

 

親が亡くなった時の辛さは私も既に経験している。

お父さんが亡くなって1週間。

例え久しぶりの再会と言えども、

笑顔で友人と楽しむなんてできる精神状態ではない。

それなのにゆうちゃんはそんな辛さは微塵も出さず、

私との再会をひたすら笑顔で喜んでくれた。

 

皆がわーわーと楽しく盛り上がっている横で、

その話を幹事から聞いた私の目から涙がこぼれた。

 

私はその幹事に聞いた。

 

『お父さんの事があったのに、

今日来てくれて有難うってゆうちゃんには?』

 

幹事は言った。

 

『いや。今は知らん顔しといてあげて。

それがあいつのピロへの思いやりだから』

 

『分かった』

 

 

LAに到着してシャトルで自宅へ向かっている時、

LA会LINEは盛り上がっていたクラッカー

そしてその中にはゆうちゃんからも。

 

『お母さんが、ピロにお母さんの手料理を

食べさせたかったって言っていたよ~!

今度帰って来た時には

一緒に遊びに行きたいよ~!』

 

つーか、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

なんなんだよこの親子はー!!!

自分達が大変な時にここまで他人の事を。。。

しかも、

長年会っていなかったような人間の事を、

私みたいなチャランポランなアホの事をここまで。。。。

 

ビェ──・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!

 

 

 

次に1人で帰る時には御仏前を持って、

ゆうちゃんのお父さんにお線香をあげさせて頂いて、

ゆうちゃんとゆうちゃんのお母さんに会いに行こうと、

 

絶対に行こうと、

 

心に誓った。

 

 

 

それからこのメンバーの繋がりのきっかけは、

同級生の死だった。

 

2年くらい前に心筋梗塞で亡くなった

同級生のお葬式で数人が再会したようだ。

で、彼らはたまに会って飲むようになった。

 

私は別の同級生SちゃんとSNSで繋がっていたんだけど、

そのSちゃんが今回SNSで彼らと繋がった事で、

この同窓会になったというわけです。

 

同級生の死が

同級生を繋いでくれたこの30年ぶりの再会。

なんだか切ないけど、

大切にしなければいけないなぁと思ったのでした。

 

 

赤リンゴ  青リンゴ  赤リンゴ  青リンゴ  赤リンゴ  青リンゴ

 

 

現在世界の人口は約73億人と言われている。

それだけ多くの人がいる中、

同じ年に同じ国、同じ県、同じ市、同じ町に生まれ、

同じ学校に通い時には同じクラスになって数年を過ごし、

それぞれが長年別々の人生を歩み、

30年ぶりに再会を果たした我々。

 

一体どれだけの確立で出会った

運命の人達なのだろうか。

 

 

出会いという奇跡を

 

もっともっと

 

大切にしなければならないと思った、

 

ある1つの出来事でした。

 

 

 

 

ありがとう。

いつかまた会える日までアオキラ

 

 

 

 

本日もお立ち寄りどうもありがとう。

ぽちっとして頂けると励みになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 読者登録してね

 


 

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント(10)