• 29 May
  • 28 May
    • 身近に潜む危険なもの~4-3~

      今日は晴天で、過ごしやすい気候!!   早く、やることをを済ませて出かけたい!!     PCB。。。環境への影響。   PCBは、分解されにくい!よって残留性が高く、汚染が長期に亘りつづく。   脂溶性で生物濃縮性が高い!よって生物蓄積し、高濃縮される。   半揮発性で大気汚染がある!よって揮発し移動性がある。   河川や海の低質に蓄積され、そこに生息する水棲生物を餌とする上位捕食生物によって生物濃縮する。 食物連鎖により高濃縮され、特に海棲哺乳類や鳥類の汚染が早い段階から指摘されていた。     食物(主に魚介類など)を経由して人体に蓄積される。 PCBとは無縁のイヌイット族の人々の脂肪に蓄積された濃度は、高いもので15ppmも検出された例もあるそうです。(中には、血液や筋肉も汚染されている例もあるようです。)            

      1
      テーマ:
    • ~縁をつなぐ命の水~番外編

      おはようございます。   昨日、季節はずれのサンタクロースが家にやってきました。   嘘です(笑)  新しい浄水器をつけました。   ずっとずっと、気になっていた浄水器。   水の博士と呼ばれている、先生自ら来て下さって、取り付けてくれました。   レンタルできるというのでレンタルしてみることにいたしました。   これから3ヵ月、毎日体温を測り変化を記録をしたいと思います。   今朝の体温は、35.3℃。。。低体温。。。このままではますます癌の餌食になってしまう体温です。   http://www.proton-p.co.jp/          

      3
      2
      テーマ:
  • 27 May
    • 身近に潜む危険なもの~4-2~

      おはようございます!   晴れましたね!!お散歩日和!!   今日は掃除を終えたら、買い物がてら散歩に行ってきます。   PCB。。昨日の続き   PCBに関しては、6年前くらいかな?結構調べたので。。。   1881年ドイツのシュミットとシュルツにによって初めて合成されて、1921年にアメリカ合衆国のスワン社によって工業化された。   日本では、1954年に鐘ヶ淵化学工業が「カネクロール」の商品名で生産を開始し、1969年に、三菱モンサントが生産を開始し「アルクロール」の商品名で販売された。   日本国内では約59000トンが生産され、国内では約54000トンが使用され、このうち約2/3はトランスなどの電気用として使用されたいると見られている。   つづく  

      テーマ:
  • 25 May
    • 身近に潜む危険なもの~4-1~

      こんばんは。   いつも読んでくださり、ありがとうございます。   最近、体調が優れなかったのと、仕事が忙しくちょっと疲れて書けませんでした。   私が今担当している分析は、この時期から特に7月8月が忙しくなります。   なので、読んでくださっている方には申し訳ないのですが、不定期に書かせていただきたいと思います。     PCB。。。 ネットから引用 Poly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称で、ポリ塩化ビフェニル化合物です。分子に保有する塩素の数やその位置の違いにより理論的に209種類の異性体が存在し、なかでも、コプラナーPCB(コプラナーとは、共平面状構造の意味)と呼ばれるものは毒性が極めて強くダイオキシン類の一つです。 溶けにくく、沸点が高い(確か200度以上!)、熱で分解しにくい、不燃性、電気絶縁性が高いなど、化学的にも安定な性質を有することから、電気機器の絶縁油、熱交換器の熱媒体、ノンカーボン紙など色々な用途で利用されていました。   脂肪に溶けやすいという性質から、慢性的な摂取により体内に徐々に蓄積し、様々な症状を引き起こすことが報告されています。 PCBが大きくとりあげられる契機となった事件として、カネミ油症事件があります。この事件は、米ぬか油(ライスオイル)中に、脱臭工程の熱媒体として用いられたPCB等が混入したことが原因で、昭和43年10月、西日本を中心に広域にわたって、米ぬか油による食中毒が発生しました。当時の患者数は約1万3千名に上ったと言われています。 一般にPCBによる中毒症状として、目やに、爪や口腔粘膜の色素沈着などから始まり、ついで、座瘡様皮疹(塩素ニキビ)、爪の変形、まぶたや関節のはれなどが報告されています。   つづく

      3
      テーマ:
  • 23 May
    • 薬膳菓子

        こんばんは。   今日は、美味しい薬膳菓子のご紹介!   って言いましても。。。先日友人から手作りの薬膳菓子の黒糖胡桃を頂いて、   あまりにも美味しくて私も作ってみました。   きな粉がなかったので、ココアパウダーがあったので代わりにそれをまぶしてみました。   もはや薬膳になってないかも。。。   でも、おいしい!!   一粒をちゃんと取り出して見てみると、肺のような。。。鳥レバーのような形!!   胡桃の効能 http://walnutsbenefits.com/  

      2
      テーマ:
  • 21 May
    • 身近に潜む危険なもの~3-2~

      おはようございます。   本日も晴天なり!!   ピクニックに行きたいなぁ~       チウラムの続き   ネットから引用 ゴム製品によるアレルギーには,チウラム等の加硫促 進剤(科学物質反応の一種で、ゴム系の原材料(生ゴムなど)を加工する際に、弾性限界を大きくするために、硫黄などを加える行程のこと。)が原因となって症じるⅣ型(遅延型)と天然ゴムに 含まれる蛋白質が原因となるⅠ型(即時型)の二種類が あり,近年問題となったラテックスアレルギーの主原因 は後者によるものと考えられている.チウラムが洗浄あ るいは濾過工程で除去されないと,ゴム製品によるアレ ルギー性接触皮膚炎が生じる。 (中略) 16 年間,450 人の医療関係者についてⅣ型チ ウラムアレルギーの変化と後ろ向きのパッチテスト分析 を行い,天然ゴムラテックス製品の使用,特に手袋を介するチウラム曝露との関連性を認めた).歯科医)を 含め手袋を多用する医療関係者のアレルギーに関する報 告は多い。       市販で販売されている、使い捨て手袋またはゴム製品にも使われているチウラム。。。   使い捨て手袋に関してだけで言いますと、袋の素材は大きく分け   塩化ビニルせい、天然ゴム製、ニトリルゴム製、ポリエチレン製に分けられます。   天然ゴム、ニトリルゴムは促進剤が使われるためお勧めできませんが、どちらといわれれば   ニトリル製の物がやさしい。。。ただしパウダーなどがついているものは避けてください。   塩化ビニルの手袋も、現在環境ホルモンなどの問題も指摘されつつあるようです。     つづく  

      1
      テーマ:
  • 20 May
    • 身近に潜む危険なもの~3-1~

      おはようございます。   今日の朝日も、気持ちの良い朝ですね!     昨日の投稿に引き続き。。wこの宇宙鳥ジュジュくんもかわい~w!   https://www.youtube.com/watch?v=Cjbyz2BkjI4       チウラム。。。別名を「テトラメチルチウラムジスルフィド 」   有機硫黄系(ジチオカーバメート系)の殺菌剤。   主要用途は農薬(殺菌剤、野鳥の忌避剤)、ゴム製造における加硫促進剤に使用されている。     厚生労働省のHPより引用 ジチオカーバメート系の殺菌剤で、リンゴ畑での黒星病、黒点病などの病害の防除を目的 に使用される。また、トマト、キュウリその他の作物の病害予防を目的とした播種前の種 子消毒に用いられる。ゴルフ場をはじめとする芝生にも葉枯病、ブラウンパッチの防除を 目的に使用される。(H4 専門委員会報告) チウラムはゴムの加硫促進剤であるが、これの殺菌力を利用したものである。 種子の粉衣消毒、茎葉散布、 あるいは土壌処理用の殺菌剤として用いられる。(農薬ハンドブック)   毒性、危険性 ネットから引用 強い眼刺激・アレルギー性皮膚反応を起こすおそれ・ 遺伝性疾患のおそれ・ 生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い・ 臓器の障害(神経系)・ 長期にわたる、又は反復ばく露による臓器の障害のおそれ(神経系)・長期継続的影響により水生生物に非常に強い毒性       色々調べてみると、毒性は少ないと書かれていますが。。。 分析でも、基準値はありますが検出されてはいけないものです。 しかし。。。毒性危険性から見るとまったく身体に悪影響は無いとは言えない。。。 野菜、果物などはやはり、無農薬のものを購入してください。      

      テーマ:
  • 18 May
    • 心にも、サプリメントを!

      こんばんは。   2・3日と言いつつ。。しばらくお休みしてしまいました。   大量案件の仕事で寝る暇がない日と、好きな事に没頭してましたw   それと、やはり薬品などに関して難しくて解からないと言う意見を頂いて。。。   どうしたらと考えてたらと悩み中で。。。それらの言葉を使わないと。。。   話が書けない。。。なので、、、   私も、はじめは何のことやら。。。確かに興味がわかなかったし。。。   難しいことは考える事しなかったな~当時は。。。   なので、まずは危険なものが食品にも使われているって言うことに気が付いてください。   ましてや、抽出方法などに使われている薬品は記載されていません。。。       で、気晴らしに友人のFBを観ていてうっかりなんだ?と思って聴いてしまったら   はまってしまって。。。よけい書けなくなりました。。。   https://www.youtube.com/watch?v=bwpzkDihqZc   これを聴くことに落ち着いたら書きますw  

      テーマ:
  • 15 May
  • 14 May
    • 身近に潜む危険なもの~2-5~

      おはようございます。   雨もやみましたね!昨日と違ってちょっと肌寒いですが、今日は少し晴れ間が見えそうですね!!   今日は母の日、これから母のお墓参りに行ってきます!!     当時、もう一種類溶剤よく使ってましたw   ジクロロメタン。。。主な用途は、ペイントはく離剤・プリント基板洗浄剤・金属脱脂洗浄剤・ウレタン発泡助剤・エアゾール噴射剤・ポリカーボネートの反応溶媒・冷媒・ラッカー用・織物及び皮革・香料の抽出・分析用・リノリウム(建材の一種。床材などに使われる)・インキ・低沸点用有機溶剤(不燃性フィルム,油脂,アルカロイド,樹脂,ゴム,ワックス,セルロースエステル及びエーテル用混合剤)   調べてみると、以外に身近なものに使用されています。   危険性は、吸引によりめまい・頭痛・吐き気・麻酔性・皮膚刺激・強い眼刺激・発がんのおそれの疑い・中枢神経系、呼吸器の障害・又は反復ばく露による中枢神経系、肝臓の障害など・・・   私は、これまた素手でジャバジャバ使っていた。   がんへの道もそう遠くではない。。。知るまでは、そんな環境でした。。。知っているはずの上司たちは何にも教えてくれなかった。。。                    

      1
      テーマ:
  • 13 May
    • 身近に潜む危険な物~2-4~のつづき

      おはようございます。   連休明けの仕事はやはり大変で。。。w   日付が変わる前には帰ってこれたけど。。。w   風呂入って、調べたいことがあってPCボーっと観ていて   またいつのまにか床で転がっていた。。。w     アセトニトリルつづき。。。   主な用途は、香料エキス・化学薬品の精製・アクリロニトリル系合成樹脂の溶剤・油脂の抽出剤,溶剤,医薬品の製造・ビタミンB1・サルファ剤の製造原料・ブチレン-ブタンの抽出溶剤・合成繊維・有機合成原料・変性剤などに利用されているに使われるそうです。   毒性は少ないそうですが。。。しかし。。。軽い麻酔作用があり、濃厚な蒸気を吸入すると悪心・嘔吐・呼吸障害を起こすことがある。。。よく不整脈・呼吸困難に近い状態になることが多かったのはこのせいか。。。   皮膚についた場合、直ちに大量の石けん水で洗い落とす。。。とありましたが。。。 これも素手でジャバジャバ使っていた。   知らないって恐ろしい!!        つづく    

      1
      テーマ:
  • 12 May
    • 身近に潜む危険な物~2-4~

      おはようございます。   昨日は満月で、凄く不思議に輝いていましたね!!       アセトニトリル。。。。   アセトンと名前にていますが、違うものです。   そういえば、数年前この溶媒が不足になって分析が滞った事がありました。   車を作るときの副産物で。。。???   無知な私は、はじめ意味分かりませんでしたw   アクリロニトリル製造の副生成物。(アクリロニトリル wikipedia)。 アクリル繊維や樹脂(プラスチック)などに使われます。   つづく    

      テーマ:
  • 11 May
    • 身近に潜む危険な物~2-3~

      おはようございます。   今日は、とっても天気がいいですね!   昨日の雨が、汚れを洗い流してくれて空もとっても爽やか青色!♪       アセトン。。。無知だった私は、なんでも素手でジャバジャバ使っていた!!   今思うと本当に怖い!!     アセトンはよくマニキュアの除光液としても知られておりますが、有機溶剤として工業的にも 色々使用されてます。   人体に有害で取り扱い注意な物質ですが、実は加工助剤として食品に使われてる!!   アセトンは脱脂作用があり脂溶性の物質を溶かす性質があるので、食品から色素などを 抽出するときに使われています。     ネットから引用 アセトンは労働安全衛生法で第二種有機溶剤に指定されている物質です。 中枢抑制作用があり大脳の機能低下による眠気・判断力・記憶力・注意散漫・運動機能低下などが起こるとされ、また眼への刺激、頭痛や喉、気管支などの炎症、気分が悪くなる、意識混濁などの症状が起きる。重篤な危険性はなく毒性は低いとされていますが、生殖機能や胎児への悪影響が懸念される。また発がん性はないとされるが一部で発がん性の危険を指摘されている。(濃度や使用時間・期間などにもよる)     つづく  

      1
      テーマ:
  • 10 May
    • 身近に潜む危険な物~2-2~

        おはようございます。   雨ですね。このところ黄砂が飛んでいたようなので、洗い流してくれてるんですねきっと!!       ヘキサン。。。仕事をし始めた時、無知な私は素手でジャバジャバ使っていたw   今考えると、本当に自殺行為な事ですw   ネットから引用 ヘキサンの人体への影響は、「蒸気は目、鼻、のどを刺激し、目は発赤、角膜損傷を起こし、めまい、眠気疲労、四肢末梢の知覚異常を起こすことがある。高濃度では麻酔性がある。長期暴露は多発神経炎を起こすことがある。経皮吸収がある。」   だそうです。   こんなものが、食品に使われている!   添加物の生成時に! 油(安価なサラダオイルなど)の生成時に原料から油分を抽出する目的で使われています!!    

      1
      テーマ:
  • 09 May
    • 身近に潜む危険な物~2-1~

      おはようございます。   今日からまた、よろしくお願い致します。   少し溶剤について、お話したいと思います。   一番初めに配属された場所で、使用していた有機溶剤は3種類。   ヘキサン・アセトン・アセトニトリル。   農薬類、ダイオキシンなどの分析調査にはよく使われる溶剤。   実は、ヘキサン・アセトンは私たちの日常に使用しているものにも良く使われている!!   まずはじめに有機溶剤とは。。。炭素・酸素・水素を中心とした、液体の物質のこと。   ちなみに溶剤とは、字の通り「溶かす」ことを目的として用いられる液体のことです。   そういった意味では、塩や砂糖を溶かす水も溶剤です。     ノルマヘキサンは主に、食油抽出溶剤、接着剤、印刷インキ、ポリオレフィン(プラスチック)用重合溶媒接着剤などに使用されています。   アセトンは、特に女性にはなじみの深いマニキュアを落とすための除光液、車やバイクのオイル汚れなどを落とし、プラスチック系接着剤、塗料の溶剤、瞬間接着剤のはがし液などに使用されています。     つづく  

      1
      テーマ:
  • 03 May
    • 身近に潜む危険な物~1-9~

      おはようございます。   昨日は、睡魔がやってきて多分22時頃就寝。。。すべてやりっぱなし、電気もPCも   つけっぱなし。。。3時半頃目が覚める。床に転がっていた。。。w   だるいな~と思いつつそのまま起床してお片付け。。。   でも日の出が見れてちょっと嬉しい!!     今日はネットの力をお借りして、私が実際やっていることやってみようと思ったものを紹介。     観葉植物は、空氣清浄効果もあるし心の癒しにもなります。 私も、ちっちゃいけれど置いています。 アロエベラに挑戦してみたい!! https://horti.jp/2543   試している途中の物 http://lettre-du-nature.com/archives/1346   今年は拾ってやってみたい。 http://josei-bigaku.jp/ityouboutyu41654/   これは毎年作っています。ミントの香りでさわやかです。 https://www.amazingworld.jp/fig-mag/mint-oil68465/   アロマはやっぱり気になるので、ちょっと勉強しつつ使ってみたい。 http://kagayaku3.com/233.html   全部良いとはいえませんが、面白かったので。。。 ここまで、体臭について書いてるのは凄い!! http://taishu-kaizen.com/       ゴールデンウィー中は、お休みします。   皆様、良い休日をお過ごしください。    

      1
      テーマ:
  • 02 May
    • 身近に潜む危険な物~1-8~

      日曜日から、気圧の変化により少しダウン気味でした。   なにやっても空回り。。。   郵便局のATMへ振込みに行ったら振込用紙を忘れ、家までとりに帰り   今度は、財布を忘れ。。。そのまま出かけようと思っていたので、かばんを替えて出かけたもので。。。   キャッシュカードはカードケースに入れていたので、振り込み済ませてもう出かける気力もなく家に戻り引きこもる。。。土曜日とは打って変わってちょー脱力。。。     除菌剤   今日はちょっと詳しく。。。   とうもろこし由来消臭成分と聞くといかにも天然素材で安心みたいなイメージですが、 実は化学物質です。   除菌剤などの多くは、QUATと言うものが使われています。   QUATとは第四級アンモニウム塩のこと。 第四級アンモニウム塩(ベンザルコニウム塩化物で陽イオン界面活性剤(逆性石けん)で、石けんとは逆の荷電を有している。基本的には非生体向けの消毒薬)   この第四級アンモニウム塩という化学物質が体に大きな影響を及ぼすと指摘されているようです。細菌の表面はマイナスなので、この成分のプラスとひきつけあって細菌の細胞膜を破壊するという仕組みのようです。   第四級アンモニウム塩は揮発性のもので、蒸気を浴びたり臭い嗅ぐことで体内に吸収されやすいです。目が痛くなったり、発疹やかゆみ等の過敏症状が出てしまったりする方がいたら、これが原因かもしれません。   原因不明のアレルギー症状、胸痛やめまい、動悸や不整脈、倦怠感やうつ、喘息等の様々な症状が出ている方でを常用している方は、使用を中止してみてください。   揮発性有機化合物を長期利用することで、健康な方でもシックハウス症候群や化学物質化敏症等が起こる可能性があるのかもしれません。     つづく  

      2
      テーマ:
  • 30 Apr
    • 身近に潜む危険な物~1-7~

      こんにちは。   昨日は、何も考えず氣の向くまま外へ。。。   知らない場所へ行って見るのはとってもドキドキするけれど、色々氣付く事もあってとても楽しい。 不安になったり、道に迷ってみたり、発見があったりw   人生見たいい!!     消臭・除菌剤   これからの季節、匂いが気になる季節になってきました。   匂いを消すものは色々な種類の商品があります。   芳香剤(空間に香りを出す物)   消臭剤(臭気成分を無臭化する成分を有するもの)   脱臭剤(臭気成分を物理的に取り込み除去するもの)   防臭剤(臭気の発生や拡散を防ぐ為の成分を有するもの)   特に日本では消臭・除菌剤でないと、売れないんだそうです。   しかし、消臭・除菌剤が特に良くないのです。     まずは消臭剤から   置き型とスプレー式のものがありますが、スプレー式が良くないです!!   空気中の匂い成分を、添加物が取り込み床へ落ちます。   匂いがなくなったのではなく、添加物が匂いを包み込んだ状態で服に付いていたり   床にくっついています。   なのでペットを飼われていらっしゃる方   特に赤ちゃんがいらっしゃるご家族の方は特に要注意と言いますか、使ってほしくない!!                  

      1
      テーマ:
  • 29 Apr
    • 身近に潜む危険な物~1-6~

      おはようございます。   今日は休日出勤日だったはずが、昨日がんばったのでなくなった~♪   さ~どこへ行こうかな~♪     防虫剤   衣替えの季節ですね!大切な衣類を虫から守るために使用している方が多いいと思います。   市販で売られている、防虫剤は農薬と一緒です。なので衣類は、農薬付けになっています。   なので、虫がつかない。   虫は、動物性繊維のもの(ウール・カシミヤ・シルクといった高級繊維)に付きやすい。   市販で売られてい有効成分は大きく分けて、ナフタリン・パラジクロロベンゼン・ピストロイド系・樟脳。   ナフタリンは、直接手でさわると皮膚が赤く腫れたり、炎症を起こすことがある。   パラジクロルベンゼンは、頭痛・めまい・全身のだるさ・眼・鼻・のど・の刺激、腎炎などがある有機塩素系殺虫剤。また、白内障を起こすおそれもある。発ガン性もある。 。 毒性が低いように思われ多用されているが、潜在的な危険性がもっとも高い防虫剤である。   ピストロイド系は、神経毒性防虫剤。無臭なので高濃度になっても分からない(気付かない)。 使いすぎてませんか?     樟脳は、カンフル剤として使われていて、現在はのどあめ、うがい薬、歯みがき、皮膚外用薬、セルロイドの原料として用いられていて比較的に安全面は高い。 ただ、樟脳の独特なニオイが衣類に付きやすいの樟脳は引火性とが有るのが欠点。    

      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。