さて いよいよ最終日…
{95D7A65B-E8EE-4F76-8DCF-CEE5D54C0E8B}
太陽が昇る… 暑さにも慣れて
{D560C9B4-5289-4C37-9A18-191AA797D44B}
この65ftの船のデッキで煙草を吸ってると
毎日 クルーがコーヒーを入れてくれる。
しかもさりげなく…こんな気遣いが嬉しい

この日も朝からキャストを繰り返し
ポッパー一辺倒からルグラン タンゴ等のスイミング系で変化を付け 釣っていく。
この日は少しベイトが少なく 小さな珊瑚のパッチ等を打ちながら 進んでいく。

あまりに釣れないので キャプテンが叫ぶ
welcom GT‼️

一度船べりまで10kgないGTがチェイスしたが
食わない。

次に着水からワンアクションでドバッとバイトがでたが ルアーに触ってくれない…orz

しかし昨日よりは いくらか反応がマシにみえるが

キャプテンはどんどんポイントを変えてくれる。
流石に釣果があがらないのでキャプテンも必死だ!
それに答えたい…

しかし午前が 終わってしまった。
{56A1D5C9-6E20-4670-8881-4C4B1E3A51B9}

珊瑚砂の小島に白いパラソルとカップルがこんな夢のような風景が…世界のセレブが集まるリゾートならではの。

やはり世界は広く 上には上がいる。
日本人の小競り合いなど馬鹿げてくる。

{1FBDD626-31BB-405D-AB55-D6E9CD2BB042}

ランチもあいかわらず 美味しい(^^)
今夏の肴はフエダイ 少し骨があるがこれもうまかった。

残り3時間あまり…しかし 諦め切れない僕は必死に投げ続ける。
{2801F7ED-D298-441E-9BA7-E891977E17F3}

投げ続けたブルポップは削れ ローリングマークと魚の歯でボロボロ…それだけ投げ続け 誘い続けた。

水面ギリギリの珊瑚の際で激しいバイト!
しかしまたもやルアーに触らない?

とうとう あと1時間…ルアーチェンジ。
フィッシャーマンのクレイジースイマーに

そして とうとう今回の釣行のクライマックスを迎える。

ポッピングを2回程した瞬間!


ドバッッン!


と激しいバイト

次の瞬間 ロッドを横殴りに合わせを5発
ドラグが唸る

ジジィーッ

ドラグが出てる間もテンションを利用して冷静に追い合わせを入れる。

魚が潜り始めた。ポジション的には30m
くらいの場所…ラインから魚の息遣いが聞こえる。

一気に20〜30m持っていかれたが 合わせは15回は入れただろう。
20kgクラスはありそう。少なくとも今回の最大魚には間違いない。手ごたえは充分

僕はこれをしたくて数千km 海を越えやってきたんだ!

そろそろハーネスをつけようとしたその瞬間。

テンションが消えた…

全てが終わった瞬間だった
{603E514E-5F0D-4A78-9106-A2CD05247578}

回収してみると フックにリーダーが絡んで針先とは反対方向に力か掛かるような感じでトリプルフックに物凄い力でリーダーが挟まっていた。
リーダーと一緒にルアーを咥えたのかもしれない。
ホログラムは一撃で吹き飛び目玉も2つとも吹き飛びベリーには歯型が強烈についていた。

もしくは遅く潜ったGTが身をよじった瞬間にリーダーを拾ったか もしくは身体に巻きついたリーダーが魚体から抜ける瞬間にフックを拾ったのだろう

僕は崩れ堕ちた…ついてない

しかし 手には強烈なGTの引きが残り
僕は3日間 芋を引かず投げ続けた。
{7DC5C14C-2CAF-4BD4-83F7-6CD8B7C9074A}

キャプテンは17:00を過ぎても 帰ろうとしない。
1時間ほど 延長してポイントを回ってくれたが
{A29938C2-96AE-44EC-9C1A-19B27B9E3925}

とうとうSTOP FISHING!

{73CB4012-14B1-4877-83AE-F67BFE86B261}
ディナーを食べて清算を済ませ シャワーを浴びるて
{25D0890F-17F4-4133-B286-709BE5D62B49}
また空港前まで送っていただいた。
これで今回の釣行は 全て終了した。



EPILOGUE


今回の釣行を振り返って 帰国後に思い返してみるのだが
やはり あの綺麗な海と白い砂浜 椰子の木 珊瑚が印象に残り 仮に釣りがなくとも最高のツアーでした。

またクルーの対応と料理が最高でとても暖かい気持ちになれたのでした。

今回 意を決して海外に釣りに行った訳だが
釣り人として 一生心に残る魚に出会いたい。

だから また 何処かに出かけますよ。
釣りが好きですから…

同行して頂いた方 心よく送り出してくれた家族に最大の感謝を

ブログをご覧の皆さんご静聴ありがとうございました。

ではまた(^^)



AD