ブータンノボタンの発芽

テーマ:
ブータンノボタンの発芽です。

写真1

2011-12-12 11:23

写真1、写真2の説明
写真のコケ岩の、前方は斜面になっていて、ブータンノボタンが群生しています。
そこから多数の種子が飛んで来ます。
コケ岩にはブータンノボタンが芽を出しています。着生しているコケにより、飛散した種子が受け止められて発芽するのです。岩石の表面は風化しています。わずかな割れ目もあるのでしょう。
写真のブータンノボタン、高さは概ね1~3cmの範囲にあります。

写真2

2011-12-12 11:25


写真3

2011-12-12 11:28

写真3、写真4の説明
霜の降りるまで咲くブータンノボタンですが、写真3の花は色褪せています。この先、冬の寒さが厳しいと、幹の大半は枯れてしまいます。しかし来年には、残った幹の途中から枝を出したり、あるいは木の付け根辺りから芽が伸びたりして、生長します。

写真4は、初秋の花、美しく、生気いっぱいです。

写真4

2010-09-11 10:25


下記の関連記事があります。
「水枯れしたブータンノボタンの回復を写真で」(2008年8月6日投稿)
「ブータンノボタンの育て方」(2010年9月11日投稿)
AD

ヤマナシ、果実の経過、味

テーマ:
今年の5月31日に、「ヤマナシの種まき、生長、開花/枕草子 木の花は」と題して、ヤマナシの記事を投稿しました。

以下はその後の経過です。

写真1と写真2は便利のための再掲です。

写真1 4月3日

2011-04-03 13:22


写真2 5月30日

2011-05-30 9:52


写真3 9月18日

2011-09-18 15:19

結実から5ヶ月余でこの大きさになりました。(写真3、写真4)
果実を取って測ったら、長さ11cm、重さ422グラムでした。

写真4 9月18日

2011-09-18 16:23


木により、果実の形に差がありました。

1本の木になった果実の形は、洋ナシに似ていて、小惑星を連想しました。
もう1本の木になった果実は比較的丸い形でした。


写真5 11月3日

2011-11-03 10:43


11月はじめになって、果実は一段と大きくなりました。
重さは620グラムです。(大きいのを選んだわけではありません)


写真6 11月3日

2011-11-03 11:06

ヤマナシの味
樹上で完熟し落下したばかりの、洋ナシ形のヤマナシを食べたのですが、(まずいとの印象を持っていたので)、あんなに甘く、おいしいとは意外でした。
ざらつく(石細胞)感じも気になるほどではなく、むしろ整腸効果などを思わせて、食味を増すくらいでした。


写真7 きのう撮った写真

2011-12-13 15:16

トゲだらけのヤマナシ、剪定もせず放置、枝は密集しています、それゆえサルの被害に遭いませんでした。
AD
ハマボウの生長と紅葉

写真1
近くの木(写真5のハマボウ)から種が来て、ここで芽を出した。
気が付いて、多少邪魔になる場所ではあり、どうしようかと思ったが、そのままになっていた。

2006-12-13 8:05
奥の植物はハマユウ。


写真2
写真1からおよそ1年後。

2007-12-02 8:47


写真3 写真1から4年7ヶ月(下部)。

2011-07-07 11:07 手前に伸びた枝はカットした。痕が2箇所見える。


写真4 写真1から4年7ヶ月(上部)。花が見える。

2011-07-07 11:09
左奥の木はシマトネリコ。花は終わりかけている。



写真5 紅葉の始まり。ハマボウは美しく紅葉する。

2007-12-02 8:48

右奥に見える花はノボタン(コートダジュール)、降霜さえなければ冬季も咲き続ける。
AD