京都のせいかつあれこれ

京都市内在住の主婦が京都の観光地や美味しいもの、楽しいこと、習っているいけばな(嵯峨御流)のこと、料理や趣味、生活のちょっとしたことを少しずつ紹介します。

NEW !
テーマ:
祇園祭後祭の巡行を見に行きました。
朝はちょっ自転車で用事をすませに某所へ。
御池通を超える時に新町から出てきた大船鉾に遭遇。カッコいいです💕
40分ほど経って帰ってきたら巡行始まってました。御池通から急いで四条通りに向かいます。

↓待ち合わせ場所のへ行くと"信号たたみ屋さん"に遭遇。

四条通の信号は元々祇園祭仕様になっていて、祇園祭の日には1機づつたたんでいきます。
巡行が終わったらすぐに戻されます。
↓御旅所の前でも神事が行われています。
↓祇園花笠巡行がやって来ました。
↓舞妓さん。
ピンクの博多帯を吉弥結び可愛いです💕
花笠巡行が終わったら、いよいよ巡行が四条通りに入ってきます。

↓今年の山1番橋弁慶山。
↓北観音山
↓鯉山
↓四条河原町の辻回しポイントにやってきまさした。

鉾は前の車輪の下に竹を敷いて水を撒き人力で引っぱって方向転換。大体3回くらい同じことを繰り返し90度方向転換します。

山はここで担いで1周まわって懸装品を見せてくれます。とっても重そうです。
山によってはサービスで2周…3周とまわってくれるところも。

ここでは見物客から拍手や歓声が沢山贈られます。

↓役行者山
山伏さんが法螺貝を吹きながら歩います。
↓南観音山の辻回し
↓浄妙山
↓大船鉾の辻回し

大船鉾の凱旋で後祭巡行は終了です。
この後、夕方に還元祭のお神輿が四条寺町の御旅所から出発していきました。

巡行は終わりましたが、祇園祭は31日まで続きます。やはり町から山鉾がなくなると寂しいですね…。

祇園祭はまた来年。
来年は函谷鉾の「提灯落とし」や「あばれ観音」も見に行きたいです。

友達からは"また一緒に行きたい!"と言ってもらえました。
来年も楽しみにしています💕

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大船鉾は今年で4回目のクルーズ(巡行)です。
2014年に150年ぶりに巡行に復帰した貴重な鉾です。応仁の乱や蛤御門の変で鉾のパーツが焼失してしまったそうです。

制作(造船)はマイヤー・ヴェルフトでも三菱重工長崎造船所でもなく、竹中工務店さんだそうです。

2014年処女航海ということは、クァンタム・オブザ・シーズやコスタ・ディアデマ、ノルウェイジャン・ゲッタウェイあたりと同期ですね。
くじ取らずで祇園祭後祭のしんがり(大トリ)を務めます。

別名は「凱旋船鉾」。御神体である神功皇后様が懐妊中に戦に出て勝って戻り無事出産したことから「安産」の御利益があるとされています。

私は戦から勝って帰って来られた「勝運」の御利益を信じて粽を頂きました。
船内見学拝観料は300円。
御朱印は並んでましたが(1時間待ち)こちらはすぐに入れました。では船内へ。

先首から見て左舷がポートサイド(入口。港ではなく町会所ですが…。)になっていることに気づいた。クルーズ船などの船と一緒だよ!!わざとかな?

あー説明して下さった大船鉾保存会(オフィサー)の鈴木さんに聞きたかった…。
↓こちらは船尾。
写真OKだったのでバシャバシャとりました!
↓こちらが船首。
今年は大金幣(だいきんぺい)。
龍頭と大金幣を毎年交互に付け替えます。

少し前に雨が降ったのでビニールが掛けられていました。
昔は北四条町と南四条町に分かれていた名残で船首の飾りが2つあるそうです。
北四条町が当番の年は龍頭が南四条町が当番の年は大金幣が飾られます。

ちなみに順番は初年度から大金幣→大金幣→龍頭→大金幣(今年)です。
鉾は毎年、人の手で建て巡行から帰ってきたらすぐバラします。ですので、木の板には組み立てに便利なように全ての板に東西南北や数字などか書かれています。

これ、京都では常識ですが…釘は一切使わず縄で締めます。念の為。
詳しく見ると一二三・・・が、
壱弍参・・・旧字体や変わった文字に。
縁起の良い漢字に変換されていたり…所々に遊びがあります。来年、探してみて下さい。
↓これは御神体を建てる穴です。
御神体は神功皇后(じんぐうこうごう)様の人形。お面は非公開で御簾に隠されていました。 
↓特別公開!こちらは緊急脱出口です。
途中で降りる時はどうするんやろ?って、思っていましたが…あるんですね。ちゃんと。
↓大船鉾設計者である末川協さん。(隠し撮り)
とても優しく素敵な方でした。
↓150年ぶりに新調された龍頭。(向かって右)
東山区の瀧尾神社にある九山新太郎の木彫の龍を参考に新調されたそうです。
来年は龍頭です。
↓前掛け、胴掛、見送り
この絵の説明も教えて頂きましたが割愛!
とにかく縁起が良い!

1時間近く説明をして頂きました。
途中からマニアックなお父さん達と共に。
こういうのが好きな お父さん達はやはり面白い。

夕方、提灯に明かりが灯りパフォーマーである囃子方さんによるショー(お囃子)が始まります。とても、頑張っている感じが良かったです。
私は大船鉾の手ぬぐいと粽をゲット。
早速、檜扇と飾っています。
横の高級屋台で美味しいお茶を買いました。

大船鉾の船内見学会大満喫でした。
あークルーズ行きたい…( *´︶`*)

大船鉾について詳しくはホームページを。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かなり出遅れましたが…祇園祭の後祭パトロールに行ってきました。

前祭で散々、浴衣を着たので洗える夏着物を着ました。
まずは大船鉾から。
金曜日の夕方前なので空いてました。
予想通りです。

500円払って乗船!
たまたま乗船されてた町内会のお兄さんがこと細かく船鉾の説明をしてくれました。その方がいないとわからないこともたくさんありラッキーでした!
詳細をアップするかも…しないかも…!
↓大船鉾の先頭に付ける龍頭。
今年は大金幣です。大船鉾大満喫💕
↓南観音山
山と鉾の違いは…。
岩戸山、北観音山、南観音山は長刀鉾や月鉾と同じような型ですが先に付いているものが違います。

鉾は長刀や月などの鉾頭が付いていますが、山は松の真木が付いています。
せっかくなので乗ってみます。
観光客の人と写真の撮りあいっこして楽しかったです!
↓藤井絞さんの屏風と檜扇。
一昨年、祇園祭にお邪魔しました。
↓北観音山。
見事な松の木です。
↓浄妙山
御神体などが飾られた町会所。
↓鯉山
立身出世こ御利益があるので、サラリーマンの方もお参りに来られてましたよ。
鯉山の檜扇。
↓飲み終わる頃に写真撮るの忘てることに気づいた…。永楽屋さんで一休み。
祇園祭限定「水あづき」水ようかんのようなドリンクです。美味しかった💕
前祭ではすぐ売り切れた、そうです。
↓橋弁慶山
2階に弁慶と牛若丸
1階には五条大橋が飾られています。
巡行当日にはこれらが山の上に乗せられます。
↓大船鉾に帰ってきました。
19時からお囃子が始まるのでちょっと待ちました。
ちなみに…大船鉾の町内の方だと思うのですが、パトロールしてる中にめっちゃ男前の人がいました!(それだけ!)

このあと、お友達でもう一人の山鉾パトロール隊の栄里さんと旦那さんに遭遇。会いそうな気がしていたのでびっくり!嬉しかったです💕

もう一度、ふらっと見に行こうかな。
そして巡行も行ってみようかと…思ったり思わなかったり…。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。