拙著『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)絶賛発売中

Amazonの予約ページはこちら!

 

皆さま、いつもありがとうございます。

今日は、いつもと少し趣向を変えて、本のご紹介をしようと思います。

 

 

こちらに、以前から私が交流のある、㈱キャリアコンサルティングの代表、室舘勲様が特別寄稿をなさってまして、

非常に素晴らしい内容でしたので、ご紹介です。

 

採用側は命懸け

私もよく、塾生や学生の後輩に言うことなのですが、採用する法も真剣勝負です。

こちらの記事にも書きましたが、月給20万円もらうってことは、誰かが払ってるってことなんですよね。

 

月給20万円ということは、一年で240万円。

それにボーナスを足したら、もしかしたら300万円をこえるかもしれない。

つまり、採用面接というのは、相手に毎年300万円をはらわせる決断を迫ることに他なりません。

 

それくらいの決断をさせるのに、自分は真剣に取り組まないのか。

内定をたくさんもらっておいて、「もっと良い待遇の会社が表れたら、蹴っちゃおう」とはなにごとか。

内定をもらうことは大切だとしても、自分を評価して、拾ってくれた会社の人事の方を裏切って良いのか。

そのような人が、会社に入って大事な約束を守れるのか。

 

などなど、もはや社会人というか、人として大切なことが書かれています。

この会社、毎年、数千人規模で、学生さんの就活支援をしていいまして、内定率もほぼ100%に近い数字。

しかも目指すところは、就活ではありません。

就活の先の、職場での活躍とな。

恐れ入ります。

そのプロの特別寄稿ですから、読まなきゃ損です。

 

企業が求める人材とは

さて、この特別寄稿。

最後に、非常に気になる話題で終わります。それが、新卒採用で求める人材についてです。

 

普通に考えると、

・仕事のできる人

・結果が出せる人

・コミュニケーション能力がある人

・リーダーシップが張れる人

 

などなどが思いつくでしょうが、この記事では、全く違うことが書かれています。

それは、「続ける人」だそうです。

 

能力がなくても、結果が出せなくても、それより「続ける人」が大切なの??

そうです。

その理由が、ハッキリ、分かりやすく書かれています。

誰でも納得のいく理由でしょう。

 

そして、有り難い事に、「続ける人」になるための3箇条も教えてくれています。

誰でも実践出来る、その3箇条とは・・・

 

と、これ以上書くと、営業妨害になりそうなので書けませんが、ぜひこれをお読みの学生さん、就活生の皆さんも、

ロジカル面接術をお読みくださいませ。

 

【告知】

・数学の解説動画@チャンネルくらら
 
・世界の憲法@チャンネルくらら
 
・楽しく学ぼう!シリア現代史@チャンネルくらら

・チェ・ゲバラの半生の解説
 
・アメリカ・イスラエルのユネスコ脱退の真相とは!?

後編はこちら

 
・日本お笑い数学協会の小ネタ集が発売中!
 

◆平井基之の公式HP◆

私の活動が全てまとまっています。お仕事の依頼などもこちらのページからどうぞ。
 
◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆歴史に学ぶ人生講座◆

日本一面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

江戸時代の歴史観は、かなり間違っている!

昨日に引き続き、チャンネルくららでご活躍されている、秋吉聡子先生の処女作が話題になっています。

アマゾンのリンクはこちら

 

秋吉先生は、僕と同じでチャンネルくららで主にMCを担当。

専門は全く違いますが、私が台本を書いている番組を担当して下さっていることもあって、(勝手に)親近感を抱いておりました。

が、この度、専門の江戸風俗の御著書を発売!

 

しかも発売前重版も達成されて、大好評!

同じ番組に出演している方が大活躍されているということで、非常に嬉しいですね。

 

さてさて。

吉原、江戸風俗と、敏感になりそうなキーワードが並んでますが、ご安心を。

決してエッチな本ではございません。

江戸時代の庶民文化をテーマにした本です。

 

江戸時代と言うと、農民が高い年貢を取り立てられて、貧しいのに暮らしが豊かにならない。

汚職や犯罪が横行していて、酷い時代だった。

 

というイメージがあるかもしれませんが、いやいやそんな事はございません。

むしろ、今の社会よりも江戸時代の方が優れていたことが、たくさんあるのだ!

という話をたくさん聞いた事があります。

 

吉原に関係することも同じで、江戸時代の歴史観が変わり、頭の中でちゃぶ台がひっくり返りまくってました。

とにかく、面白い!

 

日本史を勉強している受験生にもオススメ

また、日本史で受験する高校生にもいくつかオススメポイントがあります。

 

このブログで散々言っていますが、「とにかく勉強量を増やせ」や「丸暗記で済ませろ」というのは、無策で下策です。

丸暗記は最終手段であって、正攻法は時代観を捉えながら覚えていくことでしょう。

 

そういう意味で、江戸時代の庶民、町人のエピソードを具体的に知るのが最良。

江戸時代の人の考えていること、生活パターン、経済感覚などは、日本史の勉強に非常に役に立ちます。

この本に受験の知識がたくさん詰まっているわけではありませんが、受験の知識を一度に大量に、かつ面白く覚えて行ける起爆剤が入っています。

 

また、江戸時代の経済に関してもオススメ。

1両って今の感覚でどのくらいか、などの金銭感覚。

江戸時代の雇用関係や労働条件。

この辺りは、非常に役に立ちます。

 

後は、評定所(ひょうじょうしょ)、誹風柳多留(はいふうやなぎだる)、明暦の大火(めいれきのたいか)、などなど、覚えなければならない単語も目白押し。
暗記だけして、意味が分からない単語の勉強になります。
 
ぜひお手にとって読んでみて下さい!

 

【告知】

・世界の憲法@チャンネルくらら

・東大数学攻略法@チャンネルくらら
 
・憲政の常道を1時間でマスターする授業動画
 
・日本お笑い数学協会の小ネタ集が発売中!
 

◆平井基之の公式HP◆

私の活動内容、告知、東大合格塾の生徒募集ページ、お受けしているお仕事の内容などがまとまっています。こちらのページからご覧ください。
 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆歴史に学ぶ人生講座◆

日本一面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!
AD

6月末に発売して、私もすぐにオススメ記事を書かせて頂いた、応援される人になりなさい~アウェーがホームになる“人間力”~ が非常に売れ行き好評のようです。

 

 

 

{9B2288F5-1B37-4C07-A7C4-640F13E68C9D}

 

こちらにオススメ記事を書きましたが、

「応援される人」になりなさい アウェーがホームになる人間力(室舘勲著)

社会人、経営者、受験生にも大変オススメです。

よろしければ、一冊お手元にどうぞ。

 

 

応援される人になりなさい~アウェーがホームになる“人間力”~ ←アマゾンのリンク

 

《ブログランキングのクリックをお願いします》

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
AD