各種告知、最新情報は公式HPにて発信中です!!

----------------
今日は珍しく、どのシリーズにも属さない話です。
昨日、うちの嫁がとある勉強会に参加してきたんですが、偏差値のルーツについて聞いてきたそうで、面白いのでちょっと調べてみました。
 
普段偏差値を使って何かを分析することはあっても、その偏差値を生み出した時の話なんて考えた事もなかったので、知らない事ばかりですね。
 
とりあえずウィキペディアに行くと、やはりそのような記述を発見!
そして、偏差値を考案した人の名前をチェックして、その名前で検索してみたところ、このページを発見しました。
(以下、上のリンクの情報をまとめまたものです。)
 
今の日本において、受験と偏差値は切っても切り離せない関係ですが、それを考案したのは、なんと一人の公立中学校の教員だった桑田昭三さんだそうです。
 
桑田さんが勤務していた学校の進路指導会議で、桑田さん担当の生徒の志望校を、本人の志望校とは別の学校へ変更するように決まってしまいます。
丁度、「君の力なら大丈夫だ。頑張れ」と励ました直後だっただけに、進学係の先生へ不服を申し立てると、
「前年度までの合格実績と、長年の我々の“勘”によるものだ」と言われてしまいます。
そして、「君の方こそ“論理的”に説明して頂きたい」と言われて、奮起。
 
3年かかって学力偏差値の導入を実現します。
 
偏差値の概念や実用例は、心理学においてはあったものの、学力面において使われた例は皆無と言って良いほどなく、苦労なさったそうですね。
 
また、偏差値というのは、生徒の点数が正規分布という、キレイな分布になると仮定して計算するものです。この仮定が正しいのかどうか、数万人の点数データを回収して実証したとのこと。
とんでもない苦労のもとに、システムの考案があったんですね。
 
インタビュー記事の後半には、桑田さんの教育観や受験に対しての考え方も書かれているので、ご興味あればお読み下さいませ。
 
さて、残念ながら、桑田さんは昨年亡くなってしまったそうです。
しかし、偏差値システムがなかった頃の進路指導というのは、それはもう大変だったことでしょう。私も偏差値を参考にして進路指導しますから。
 
ただ、偏差値というと、必ずあるのが批判です。偏差値で人の価値は判断出来ないとか、偏差値で進路指導は出来ないとか。
偏差値っていうと、まさに悪い意味での受験の代名詞として語られることもあり、中々難しい所。
 
 
僕は偏差値に対してどう思っているかと言うと、大して重視していません。
おい、お前、さっき「進路指導の参考にする」って言っただろ、とツッコミたくなるかもしれませんが、参考にしますよ、当然。
 
僕が言いたいのは、偏差値だけで判断しないということ。偏差値は、様々な判断材料の一つであって、それだけで判断しているのは浅はかだと思っています。
 
参考に、以前書いた記事をご紹介しています。(上級編は、まだ書いてません)
 
桑田さんのインタビューの途中にもありましたが、偏差値っていうのは、受験者の点数が正規分布になると仮定した話です。
 

何やら難しい記号がたくさん書いてありますが、全て無視して結構。とにかく、山の形だけ見て下さい。
こういう、なだらか真ん中が尖った山の分布になると仮定したら、偏差値の数字がピタリと当てはまります。
 
しかし、現実的にはこうなるとは限りません。という事実を知っているだけでも、偏差値だけを判断にするのは、浅いというのが分かるでしょう。
 
さらに、試験っていうのは、体調が悪かったり、前の夜に寝れなかったりすると実力が発揮できなくなるモノ。教室の隣を、救急車が通るだけで集中力は切れてしまいます。リスニングだったら最悪です。
 
試験において、点数を取る実力があっても、実力が発揮できずに終わってしまう場合も、大いにあり得ます。
戦略的に言うと、作戦や戦術、技術レベルで勝っていても、大戦略で負けるということですね。
 
そういうデリケートな水物が試験であって、偏差値だけ見て合否判定するのは、かなり荒っぽい議論です。
ついでに言うと、偏差値を適当に2とか3ずつに区切って出す「判定」は、もっと信用なりません。
A判定だったら安心とか、E判定だったら心配とか、そういう判定の魔術に騙されるのは愚かだと思って下さい。
 
理系、特に統計を少し勉強した人からしてみれば、数学が苦手だからと言って、分かりやすくキャッチ―な結果だけに飛びついて右往左往している姿が、本当に愚かに見えるでしょう。
この辺りは、上にリンクを貼ってある、私の過去記事をご覧下さい。
 
 
では、どうしたら良いかというと、模試の成績表で言えば、判定とか偏差値という、最終結論の数字だけ見て判断するのではなく、そのプロセスまで見て分析しましょう。
僕で言うと、一枚の模試の成績表を本気で分析しようと思ったら、30~60分はかかりますし、もっと本気で分析しようと思ったら数時間かかります。
 
なぜなら、そのくらい色々見なければ、実態が見えてこないからです。
E判定ばかり並んでいるのを見て、「あ~これじゃ、志望校に受からない!」と、一瞬で結論を出すのは早すぎます。
 
ここ1~2週間で、模試を受験した(する)生徒が多いでしょうから、模試の話題も良いかなと思って書きました。
偏差値には頼るけど、頼り過ぎない。正しく利用しましょう!
 
《ブログランキングのクリックをお願いします》

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
AD

今日は私の作家デビュー!?の記念日です。

という事で、文章が掲載されている、産経新聞社さんの月刊誌『正論』にまつわる事を書こうと思います。

------------------

月刊『正論』2月号本日発売!!私の記事が6ページ掲載されてます。

『戦略的〝東大〟合格法 受験勉強には意義がある。』

お買い求めはこちらから か、書店でどうぞ

------------------

 

さて、今回の記事ではどのような事を書いたかと言うと、端的に言って2点。

①国家の視点から、勉強する意義について

②具体的に、現在どのような勉強法を導入すべきか?

です。

 

このブログを長いこと読んで下さってる方は、

「あぁ~~~、あの話ね」

と思うかもしれませんが、実は、まだブログで一度も書いた事がない内容も含まれております。是非、正論の方も楽しみに読んで下さいね。

 

産経新聞や正論の読者さんは、日本の未来を憂いて、歴史や政治を勉強しよう、日本を良い国にしていこうという、お考えをお持ちの読者さんがたくさんいらっしゃいますから、

日本を護っていくには勉強が大切だ、という視点の文章を、今回は掲載して頂きました。

 

しかしながら、僕の本業は受験の先生ですから、このような話がヒットする子供ばかりではありません。というか、正論の記事は「オトナ向け」の話だと思います。

という事で、本ブログでは「子供向け」に、普段どのような話をしているかを書こうと思います。ちょっと長いですが、読みやすいと思いますので、ご覧ください。

 

 

 

なぜ、子供は勉強しなければならないのか?

(私が、子供に向けて語り掛けていると思って読んで下さい。)

 

原始時代をイメージしてみよう。
村の中に何十人かが一緒に暮らしているとするね。
 
女の人はどうしてるかな?小屋の中で、家族と一緒にご飯の支度や子育てをして過ごしているね。
 
男の人はどうだろう。石の斧とか、槍とか弓矢を持って、何人かのグループを作って、ウッホウッホと動物の狩りに出かけるね。ウサギを採ったり、魚を採ったり、家族のために一生懸命に働く。時にはマンモスみたいな大きい動物に出会ってしまうと、命がけで逃げるかもしれないし、命がけで仕留めるかもしれない。そうして採った獲物を村に持ち帰って、みんなで分け合って食べる。
 
男の人は獲物を採って、女の人は家で家事や子育てをするように、皆で生きるために役割を分担しながら、必死で働いてるということだね。
 
じゃあ、君がもしも、この村で生活しているお父さんやお母さんだとしよう。自分に子供が出来たとしたら、子供にどんな事を教えたいかな?
 
女の子だったら、家事の仕方、掃除の仕方、美味しい料理の仕方とかを教えるよね。男の子だったら、狩りの仕方とか、美味しい獲物の見極め方を教えるでしょう。他にも、川で溺れないように泳ぎ方を教えるかもしれないし、動物から逃げられるように速い走り方を教えるかもしれない。色々あるけど、共通しているのは何かな?
 
子供が将来、村の中で生きていけるようにって事でしょ。
そう、教育っていうのは、生きるためにするものなんだ。
 
狩りで足手まといになったら仲間に入れてもらえないかもしれない、料理が下手だったら獲物を分けてもらえないかもしれない、と子供の将来を心配して、村で生きていけるように一生懸命に教育すると思うんだよね。これが親の愛情なんだよ。
 

じゃあ、この話を今の日本に置き換えてみよう。
 
今の日本で、獲物の代わりになるものは何かな?そう、お金だね。
お金を稼いで来たら、スーパーで買い物が出来て食べ物が買えるし、家を買ってそこに住める。服も買えるし、子供も育てられる。余裕があれば、ちょっと贅沢をして、高級なものを食べたり、旅行に行けたりする。
お金が全てだとは言わないけど、お金がないと生きていけないし、豊かな生活が出来ないんだ。
 
だから、親は子供に、将来お金が稼げるような大人になれますように、っていう願いを込めて教育をするよね。
それが勉強なんだよ。
生きる力を身に付けるのが勉強なんだ。
 
 
でも、きっと君はこう思うと思うんだ。
「狩りの仕方を教育するのは、将来に直結するから役に立つけど、勉強は将来役に立たないじゃないか!」
 
確かにそういう部分はあるかもしれない。
でも、僕はここに、今の日本の素晴らしいポイントが隠れてると思うんだよね。

原始時代だったら、生きていく手段は、獲物を採る事だけでしょ。獲物が取れれば生き残れて、取れなかったら死ぬ。
 
だけど今の日本では、お金を稼ぐ手段、つまり仕事の種類が数えきれないほどあるし、それが選べる。
もし、どの仕事も合わないなと思ったら、社長さんになって、新しい仕事を作っちゃっても良い。
 
すごく自由だと思わない?
自分の得意なもの、好きなものを見つけて、それを極めていけば生きていける世の中って事だから、素晴らしいでしょう。

中には、フィギュアスケートの選手とか伝統芸能の世界のように、小さい頃からずっと修行をする人もいるよね。
でも、ほとんどの子供が小さい頃には将来の仕事を決めてないでしょう。
 
だから、いざやりたい仕事が見つかった時に、どんな仕事でもある程度は役に立つ力を身に付けておこうって事になる。
これが勉強なんだ。
勉強さえしておけば選択肢が広がるし、どんな仕事にも応用できるような、基礎知識や考え方が身に付くんだよ。
 
確かに数学の因数分解は将来使わないかもしれない。
でも、数学が将来必ず役に立つ社会を想像してごらん。
 
数学が必ず役に立つ社会って事は、将来必ず数学を使って仕事をしなきゃいけないって事でしょ?あなたがどれだけ苦手だろうが、必ず数学を使って仕事をしなければなりません!って言われたらどうかな?今とどっちが良い?
 
僕は、今の日本の方が良いと思うよ。
将来役に立たないかもしれない勉強をしてるっていうのは、将来の仕事を自由に選べるっていう証拠なんだよ。
 
しかも日本に住んでいれば、どうしても勉強が嫌でやりたくなかったとしても、生きていける道はあるよ。
例えば野球選手とか芸能人とかかな。でも、そういう世界で大活躍できるのは、ほんの一握りだし、そっちの世界が、才能も努力も必要な厳しい世界っていうイメージはあるでしょ?
プロの選手とか芸能人と同じか、それ以上の努力をして、しかも運が良くないと貧乏をするかもしれないっていう覚悟があるなら、それでも良いかもしれない。

でも、お母さんやお父さんは、生まれた時から自分の子供を見て、育ててるから、自分の子供に才能がなさそうだな、とか、部屋の片付けもしないでダラダラしているな、とかよく知っているよね。
 
もしこの子が、プロ野球の選手になりたいとか、芸能人になりたいって言ったとしても、そんなに厳しい世界でやっていけるだろうか
って心配にもなっちゃうわけよ。
そういう厳しい世界にいくよりも、普通に勉強をして、大学に入って、就職活動した方が将来、何とかお金を稼いでいけるだろうなって思うから、勉強しなさいって言うんだね。

逆に、勉強の世界はとってもフェアだよ。
正解だったら得点がもらえて、不正解だったらゼロ点。基準もはっきりしてるし、しっかり勉強すれば、ちゃんと得点に繋がる。誰でも努力すれば、ちゃんと努力が反映されるよね。
 
それに大人の社会っていうのは、姿勢をとても大事にするんだ。
背筋がピンと伸びている事も大事だけど、それよりも、仕事に取り組む姿勢のことね。
 
仕事っていうのは、好きな事ばかりが出来るわけじゃない。
時には嫌な事でもちゃんと取り組まなきゃいけないんだ。アルバイトをした事があれば、分かるだろうけど、ムカつくお客さんが来ても「ありがとうございました」って言って、笑顔で頭を下げなきゃいけないとか、いっぱいあるんだ。

じゃあ、社長さんの立場になったとして、そういう仕事を任せる時に、学校でちゃんと成績を取った子と、学校で成績を取ってない子だったら、どっちが信頼できる?
当然、勉強をちゃんと取り組んで来た子でしょ。だってその方が真面目に仕事を取り組みそうだもん。

だから、公平なルールの勉強で結果が出せるようになっておくことは、大人になってからもとても役に立つんだよ。
つまり、君が今している勉強は、将来生きていくためにしていることなんだ。

 

《ブログランキングのクリックをお願いします》

下のアイコンをクリックすると10ポイントが加算されて、私のブログのランキングが少しずつ上位に行きます。どうぞポチッとお願いします。

 

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

【告知】

------------------

月刊『正論』2月号、本日発売!私の記事が6ページ掲載されてます。

『戦略的〝東大〟合格法  受験勉強には意義がある』

お買い求めはこちらから か、書店で

------------------

◆ブログシリーズ一覧◆
東大文三に一年合格プロジェクト 【完結】
私が二度目の東大受験(2016年受験)をした時の日記


平井基之の東大合格術 【完結】
その時使っていた勉強法や戦略を公開

 

戦略で受験を攻略しよう

②のシリーズが初級編だとしたら、これは中級編。さらに戦略的な解説を盛り込んでいます。


東大受験が有利になる情報
超進学校には常識だけど普通の高校には非常識な情報を、どこよりも細かくわかり易く発信。

 

3分でわかる最新ニュース

最新ニュースの解説を通して世の中の動きを知ろう。毎朝7:30に更新中です。

 

数学ダイジェスト

細かい計算は省いて、中高で習う数学の意味合いを解説していきます。

 

東大入試数学を解説する

普通の先生が教えてくれない、東大数学の作戦を解説しています。

 

中学生でも出来る東大過去問研究

東大入試のように難しくても、過去問研究は出来ます。

 

ミシュラン平井

ただのグルメリポートなのに超人気シリーズ。


選挙がわかるシリーズ
どんな政治初心者でも、政治や選挙の事がわかるように、中立に基本知識をまとめました。


受験戦略家のおしごと

私の本業、受験の先生としての、一風変わった授業内容をご紹介

 

プチ教育論

よくある教育の質問に答えるコーナー

 

今日は何の日?

その日に関する面白い情報を発信!

 

その他のシリーズもあります。良かったら覗いてって下さい!シリーズ一覧はこちらから!

------------------
【平井基之へのアクセス】
mail:pipinee_again@yahoo.co.jp
Facebook:https://www.facebook.com/motoyuki.hirai
Twitter:@motoyukihirai
------------------
【大学受験のお仕事なんでも承ります】
セミナー講師、塾講師、家庭教師、文章の投稿や書籍出版など、何でもござれ。
家庭教師の初回授業は無料です!
------------------
【お笑い×数学イベント開催受付中!!】
お笑い芸人、理系イベントクリエイター、現役数学の先生など個性的なメンバーが
、数学を題材にした爆笑の時間をお届けします。
日本お笑い数学協会公式HP

過去イベントのイメージムービー
------------------
【歴史に学ぶ人生講座、講師派遣しています!!】
日本一、面白くてタメになる人生講座を開講中!武田信玄、安田善次郎の2名を担当しています。講演依頼は、こちらのURLから
㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンク
------------------
AD

直球勝負!!

----------------------

数学教師が語る!授業に役立つ話/日本お笑い数学協会主催【12/25開催】

生徒はクリスマスも勉強してますから、先生も勉強しましょう!数学を笑いながら学べます。

12月25日13:30~16:30@池袋

---------------------

いつも、東大とか受験に関する情報ばかり書いているので、たまには僕が実践している指導法の紹介でも、と思います。

 

今日は直球勝負で、子供をやる気にさせる方法についてです。

これについては、世の中で色々語られてますし、多くの先生方が試行錯誤しながら様々な方法論を実践されていることと思います。別に、僕の方法が最高だという気もありませんが、一つ参考になれば良いなと思って書いてみます。

 

「うちの子はやる気がなくて」とか、

「やる気が中々出なくて困る・・・」なんて声は、よく聞きますね。全国の色んなご家庭や教育現場で、「アルアル」な状況だと思います。

 

先生としても、子供の成績を上げるにはやる気を出させれば良いのは知っています。

いくら先生が一生懸命に熱を込めて教えていても、生徒がやる気になって勉強し始めたら勝てません。結局、他人からのアプローチより、自分の心の変化が一番大切なのです。

 

そして、先生は生徒のやる気を出させようと、勉強って面白いよって言って見たり、勉強すると将来役に立つよって言ってみたりと、色んなアプローチで働きかけます。

これがハマれば、生徒のやる気を出させるのに成功するでしょう!

当然、僕もこういうアプローチをしています。

 

しかし、今日はこういったアプローチと全く違ったアプローチの方法を提案しようと思います。

 

上で例に挙げてきた方法っていうのは、言わばアクセルを踏み込むアプローチです。やる気がない所から、一生懸命にやる気を出させようとしています。

しかし、実は、ブレーキを踏まないアプローチの方が大事だったりします。

 

子どもの生活には、やる気を削ぐ要因がたくさん隠れています。

どうしても部活で疲れてしまって体力がもたないとか、勉強してたら家の外からうるさい音が聞こえるとか、暖房が効かなくて寒いとか。

大人からしてみると言い訳に聞こえるかもしれませんが、大人でもその状況に放り込まれたら、気が散って集中出来ないだろうなって事がよくあります。

 

以前も書きましたが、その筆頭が「勉強しなさい」って言葉ですね。

命令されてやる気が出る人はいません。いたとしても、非常に稀なケースです。

命令されて「うぉ~~~、やる気になって来た~~~~!!!」って子供が燃え始めたら、逆におかしい(笑)

だから、「勉強しなさい」って言葉は、子供のやる気にとってブレーキなのです。

 

「勉強しなさい」って言われた子供の心理としては、勉強し始めたとしても「やれやれ、仕方ないからやるか」てなもんです。

決してやる気になってるわけではありません。こうして勉強は強制されてするものだという印象が凝り固まっていきます。

 

別に、「勉強しなさい」と言わなくすれば、全て解決するとは思いませんが、やる気を削ぐようなブレーキを取り除くっていう発想を持ってアプローチすると、思いのほか上手くいくことがあります。

 

これは、教育に携わる塾の先生や、お母様お父様に実践して頂いても良いですし、受験生本人でも使えます。

受験生であれば、どうしてもやる気が削がれてしまう要因を除外してみて下さい。

例えば、うるさくて勉強出来なければ、静かな所で勉強すれば良い話です。

頭を柔らかくして、色々と試し、自分の勉強スタイルを確立してみて下さい!!

 

《ブログランキングのクリックをお願いします》

下のアイコンをクリックすると10ポイントが加算されて、私のブログのランキングが少しずつ上位に行きます。どうぞポチッとお願いします。

 

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

【告知】

クリスマスの日に、数学のイベントやります。

生徒はクリスマスも勉強してますから、先生も勉強しましょう!数学を笑いながら学べます。

12月25日13:30~16:30@池袋

 

◆ブログシリーズ一覧◆
東大文三に一年合格プロジェクト 【完結】
私が二度目の東大受験(2016年受験)をした時の日記


平井基之の東大合格術 【完結】
その時使っていた勉強法や戦略を公開

 

戦略で受験を攻略しよう

②のシリーズが初級編だとしたら、これは中級編。さらに戦略的な解説を盛り込んでいます。


東大受験が有利になる情報
超進学校には常識だけど普通の高校には非常識な情報を、どこよりも細かくわかり易く発信。

 

3分でわかる最新ニュース

最新ニュースの解説を通して世の中の動きを知ろう。毎朝7:30に更新中です。

 

数学ダイジェスト

細かい計算は省いて、中高で習う数学の意味合いを解説していきます。

 

東大入試数学を解説する

普通の先生が教えてくれない、東大数学の作戦を解説しています。

 

中学生でも出来る東大過去問研究

東大入試のように難しくても、過去問研究は出来ます。

 

ミシュラン平井

ただのグルメリポートなのに超人気シリーズ。


選挙がわかるシリーズ
どんな政治初心者でも、政治や選挙の事がわかるように、中立に基本知識をまとめました。


受験戦略家のおしごと

私の本業、受験の先生としての、一風変わった授業内容をご紹介

 

プチ教育論

よくある教育の質問に答えるコーナー

 

今日は何の日?

その日に関する面白い情報を発信!

 

その他のシリーズもあります。良かったら覗いてって下さい!シリーズ一覧はこちらから!

 
------------------
【平井基之へのアクセス】
mail:pipinee_again@yahoo.co.jp
Facebook:https://www.facebook.com/motoyuki.hirai
Twitter:@motoyukihirai
------------------
【大学受験のお仕事なんでも承ります】
セミナー講師、塾講師、家庭教師、文章の投稿や書籍出版など、何でもござれ。
家庭教師の初回授業は無料です!
------------------
【お笑い×数学イベント開催受付中!!】
お笑い芸人、理系イベントクリエイター、現役数学の先生など個性的なメンバーが
、数学を題材にした爆笑の時間をお届けします。
日本お笑い数学協会公式HP
https://peraichi.com/landing_pages/view/joma

過去イベントのイメージムービー
過去の「お笑い数学教室」の開催レポート
http://asunokibou.net/?p=1513
------------------
【歴史に学ぶ人生講座、講師派遣しています!!】
日本一、面白くてタメになる人生講座を開講中!武田信玄、安田善次郎の2名を担当しています。講演依頼は、こちらのURLから
㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンク
http://www.speakers-bank.net/hirai-motoyuki/
------------------
AD