こんにちは。
最近、少し忙しくしており、合格術の更新が滞っていますが、少しずつ書いているので、楽しみにして下さっているかた、もう少しお待ち下さい。

今日は、東大合格プロジェクトの最終回です。

3月10日をもちまして東大の文三に合格しましたが、先ほど東大からハガキが届きまして、私の得点の詳細がわかりました!

これを通称、得点開示と言いますが、私の現役の頃に始まり、その頃はわざわざ本郷キャンパスに行かなければわからなかったのですが、今は家に通知がとどくなんて、便利になりましたね。

では、こちらです!

{7F462E7B-2760-44D2-8C5C-819152793065}


僕のブログは、本当に透明ですよね。ほとんどプライベートがありません(笑)

さて、写真の中で注目すべきポイントを三点に絞ってお話します。

まず1点目は右上の合格という文字。これはこれでお終いです。

次に、2点目は左下の総合成績と、右下の合格者平均点の比較です。

私の総合成績は約370点

対して、合格者平均点が約364点で、これを上回っています。

つまり、かなり良い成績で合格しているという事ですね。

詳しく説明すると、文三の定員は約470人、合格者最低点が344点というデータを加えて分析すると、

470人の中で、真ん中よりも確実に上。

しかも普通、得点が高いほど人数が減りますから、もしかしたら文三合格者の中で、上位100人に入っているかもしれませんね。

(この順位を確認する方法は、今のところ知りません。知ってる方、教えて下さい。)



さあ、最後に3点目ですが、一番の注目です。

左のページ、下から二番目、私の東大入試の得点です!

271点!!

と言っても、よほどの僕のファンでもピンと来ないでしょうね(⇦んなもんいない)

どういう事かと言うと、こちらをご覧下さい!!

僕が東大入試の2年前に作った、得点目標は270点だったのです!

つまり、誤差1点!!!!!


ニアピン賞がもらえそうです。

毎回、模試とか入試の通知が来ると、必ず笑いが副産物として生まれるんですが、今回も笑いました。

まさか、誤差1点とはねー。

やはり、目標をイメージする事は、大事なんですね!

ちなみに、科目別の得点も、まあまあ予想どおりです。

英語が当初の予想より15点低くて、日本史が15点高い。

その他の科目は、大体数点ずつズレてるだけでしたから、ほぼ予想どおりです。


この一年、私は自分のメソッドが効果的だという事を、自分で証明するために、東大にチャレンジしてましたが、ここまで一致すれば、十分でしょう!

最後の最後まで面白い結果が出て良かったです。

という事で、東大合格術の記事を早く書く理由がまた増えました!お楽しみに!
AD

こんにちは。

 

本日、家で作業をしていた所、ピンポーン

 

 

郵便が来ました。

 

 

何も頼んだ覚えがないけど。。。と思いつつ玄関に出ると、

 

 

センターの成績通知書でした!!

 

 

 

ちょうど三か月前を思い出して下さい。(1月16~17日だから、ちょうど3か月ですね)

 

 

 

センター試験は、採点結果がすぐにはわからず、自分の自己採点を頼りに出願先を決めます。

 

 

そしてその自己採点結果を、センターが終わった当日に、このブログに書きました(こちら

 

 

結果は、820点/900点 で91%超え!!

 

 

大成功!!

 

 

めでたしめでたし。

 

 

というお話でしたね。

 

 

 

で、今日届いたのは、その正確な点数の結果のです。

 

 

 

恐る恐る開封してみると・・・

 

 

また、驚きの結果です!!

 

 

写真はこちら。

 

{E97F4867-6AEC-45EE-9EDD-CE9785BB9A40}


さて、これの何が驚きかと言うと、

 

 

自己採点結果とピッタリ一致しているんです。

 

 

 

いや、これは素晴らしい!

 

 

生徒の自己採点でも、ピッタリ一致しているのは珍しいんですよ。

 

 

センター当日の夜には、結構焦って自己採点をしてしまったので、何点かズレてるかもな~

 

と思ってたんです。

 

 

それで、余計にビックリでした。

 

 

 

僕は現役の時も、センターの自己採点結果がピッタリ一致していたので、2連続でした。

 

 

 

あとは、東大の入試結果ですね。楽しみに待っています。

 

AD

こんにちは。


昨日はたくさんの方々にブログを見て、お祝いの言葉をかけて頂きました。


本当にありがとうございます。


以前、この記事で、ブログのアクセス数が急激に伸びてビックリしたという事を書きましたが、


昨日の一日のアクセス数は、遥かに上回っていました。


なんと4990!!


今朝起きて、アメーバの管理画面を見た所、この数字が目に入ってきて、


嬉しさ半分、ちょっと怖くも感じました。


なんせ、過去最高の数字の250%くらいですから。


いや、これは影響力が思った以上に大きいぞ、と背筋を伸ばさなければと改めて思った次第です。



妻もブログをやっているのですが、(こちらです)私のアクセス数を見てやる気をなくしていました(笑)


よかったら見てやってください。




この受験生活を通じて、たくさんの方に注目して頂きました。


興味を持って下さった方から、色々な質問を受けるので、代表的なものに答えようと思います。



①合格したら、入学するんですか?


しません。


するメリットも考えてはいますが、入学しないつもりです。


あくまで、東大文理両方合格をした先生として、今後も仕事をしていくための足掛かりです。




②なぜ、東大受験しているんですか?


理由はたくさんあるのですが、一番は先生としてのレベルアップのためです。


私の考えでは、先生とは生徒のリーダーであるべきです。



私も受験生を相手に話をするときには、受験生の気持ちをくみ取りつつ話をします。


しかし、真に受験生の気持ちを理解する事は出来ません。


先生は、やはり先生という立場。


過去に受験生だった事はあっても、現在の受験生の気持ちを知る事は出来ません。


大人になってから、子供のころを思い出しても、着色されてしまうでしょう。


『だったら、自分が受験生になってしまえばよいじゃないか!』


という発想でやってみました。



また、先生は生徒に勉強をさせる仕事です。


しかし、教育現場はとても忙しく、先生は中々勉強する時間が取れません。


新たなチャレンジをすることも難しいでしょう。


なので、僕自身が東大受験というチャレンジをすることで、真に子供にとってのリーダーになりたいと思ったのです。




他にも理由はあります。


社会問題としての教育の問題は様々語られますね。


僕も、現在の日本の教育について様々疑問がありますし、もっと良い教育があるだろうと思っています。



例えば、現在の英語教育はダメだ!!


と言いたい時に、あまり英語の勉強をしてこなかった人間が言っても説得力がありません。


しかし、一度ドップリ足を突っこんで、東大合格するほど勉強をした人間が言えば説得力が違います。


今の教育が良くないと思ってるからこそ、極める必要があると思っています。




③来年もどこか受験するんですか?


しません。


ですが、必要性を感じれば、するかもしれないな、くらいには思っています。


ちなみ受けるとすれば、東大の理Ⅲだと思いますが、、、


あくまでする予定はありません。




④合格したあとは、どうするんですか?


今の仕事を継続します。


ご存知ない方も多いようなので書きますが、私は今、子供を指導する仕事をしています。


分類で言うと、家庭教師になるのですが、普通の家庭教師ではありません。


皆さんが頭で想像する家庭教師は恐らく、机に隣同士に座って、数学の解き方を教えたり、英語を教えたりするものでしょうが、


私の教えている内容は全く違います。


必要に応じて、数学や英語も教えますが、ほとんどそういう事はやりません。


(むしろ、そういう事ばかり教えない方が良いと思っています)



ま、これだけではイメージが付かないと思いますので、例を。


私がご家庭に言って指導すると、こんな子供になります。



人間的な側面


・目標や計画を自分で立てて、勉強するようになります。


・自分の人生を他人任せにしないようになります。


・勉強や部活など、あらゆる面でやる気が出ます。


・テストのための勉強ではなくて、将来のために勉強するようになります。


・良い勉強方法と、悪い勉強方法の区別が出来るようになり、自分の勉強方法をブラッシュアップするようになります。


・ポジティブな言動をするようになります。


・感謝を感じ、感謝をする子供になります。


・勉強や部活の成績向上を戦略的に考えられるようになります。


・人間関係においての立ち振る舞いに注意するようになります。


・自分の長所と短所が分かります。


・結果を出すための精神的基準を体験しながら学びます。


・自己肯定が出来るようになります。


・好き、嫌いよりも、必要か不必要で判断する大切さを知ります。



知識面


・社会の仕組みや時事問題の面白さがわかり、詳しくなります。


・偉人の半生を知り、生き方の指針を知れます。


・大学受験までの仕組みとポイントを知れます。


・志望大学の情報を得られます。


・学校では教えてもらえない事を知るようになります。


・男女間や、大人と子供の考え方の違いを理解します。




技術面

・手帳の使い方、書類の管理の仕方が身に付きます。


・学校の成績を上げるノウハウが身に付き、成績が徐々に向上します。


・短時間で忘れない暗記方法を知り、覚える事が上手くなります。


・先生や学校、塾の上手な利用のし方が分かります。


・文章の読解のし方が身に付きます。




ツラツラと書いてみましたが、たくさんありますね。


多分、思いつかないだけで、もっとあると思います。


一言でまとめると『必要な事はなんでも』ですね。


もし周囲でお困りの方がいらっしゃいましたら、どうぞご連絡下さい。



毎週ご家庭に伺う事が理想ですが、短期でも承りますし、セミナー形式で一対多でもOKです。


あ、あと、保護者向けの『子供への接し方』講座なんてのもやってみたいですね。




という事で、長くなったので、今回はこれくらいにしましょう。


いつもお読み下さり、ありがとうございます。


次回からは、僕がやっていた東大受験の勉強方法をご紹介しようと思います。

AD