結構好評だったこのシリーズも今回で最後です。流石の僕も、無限にネタが湧いて出てくるわけではないので。。。

という事で過去の記事が見たい方は、上記の私のブログをご覧下さい。


さて、最終回の第10回は、『自己管理』です。


まず、私の持論ですが、自己管理は自分を客観的に見る事から始まります。



自分を見張ってくれるもう一人の自分が別にいて、管理してくれているような状態ですね。


例えば・・・

・睡眠不足が続いたら、自分で自分を休ませてあげる。(睡眠は貯金は出来なくても、借金は溜まっていくそうです。)
・風邪を引いたら、食べ物と量を調節して元気が出るようにしてあげる。
・時間が空いていたら仕事を与えてあげる。
・お金を使いすぎたら、節約するように忠告してあげる


そうやって、自分が一番良い状態でいられるように、自分を客観的に見るわけですね。何でも無茶して頑張れば良いわけではないです。



10回を通じて、仕事をする上で気を付けている事を偉そうに語ってきましたが、何度も現れたキーワードは『いっぱいいっぱいにならない』事でした。


いっぱいいっぱいにならないというのは、余裕があるという事。そして、ほとんどの”いっぱいいっぱい”は、そもそも自分で生み出しています。


予定を詰め過ぎていっぱいいっぱい、無茶な行動をしていっぱいいっぱい、寝不足でいっぱいいっぱい、大抵はそんなものでしょう。


不可抗力なのは、トラブルと、仕事が急に降ってきたくらいの事。でも、トラブルだって自分の準備不足が原因のものもたくさんありますしね。


なので、自己管理を徹底すれば、かなりの改善が出来ると思います。





『株式会社自分』という考え方があります。これは、自分の経営者は自分だという事です。


会社と言うと、利益を生み出すためだけの装置のような気がするかもしれませんが、そうではありません。


利益を生むためには、良い商品が必要です。良い商品を得るためには交渉力も必要でしょうし、商品の質を磨く腕も必要だし、仕入先も必要です。

宣伝力も必要です。宣伝するには説得力や営業力も必要ですし、信頼されるような人間にならなければなりません。

利益目標も必要ですし、そのための計画も立てなきゃいけないし、実行もする。商品をよりよく見せるための、品質管理も必要だし、掃除や整理整頓をして磁場も高めなければならない。

また逆に、節約をしたりコストダウンやコストパフォーマンスの向上もしなければいけない。

などなど、とにかくたくさんの事が必要です。

このように、自分を経営するのは自分だと考えると、本当に大変なのですが、しかし皆さんにとっても他人事ではないと思います。


自分の夢や理想、目標に一歩でも近づくために、まさに株式会社自分を経営して、大きくしていかなければなりません。


自分という会社を大きくしていくために、自分を管理しなくてはなりません。




さて、具体的な管理法ですが、管理の第一歩は『把握する』事です。


どれだけ自分の事を知っているでしょうか?


数値に出来るものとしては
・今の財布の中身はいくら?預金通帳の中身は?
・今月は生活費にいくら使った?自己投資費や交通費、通信費、交際費はいくら?
・自分の今の身長・体重・健康面の不安な所は?

数値に出来ないもの
・自分の強みと弱み、得意と不得意、好きと嫌いは?
・今日の体調は?健康か?病気はないか?


こんな事を自分で調べてみてください。ちなみに、僕は手帳が大好きなので、週に何度かは手帳を見ながら、自分の生活を見直す時間を取っています。


あとは、お金回りはエクセルシートで管理しているので、これも月に数回は見ます。(家計簿は毎日つけますよ)



そして管理の第二歩目は『PDSサイクルを回す』です。

もっと良くするためにはどうすれば良いかと考えましょう。Plan⇒Do⇒Seeの繰り返しですね。


・空き時間はあるか?あるなら、その時間で何をするか?
・工夫次第でお金の節約は出来るか?(毎月の固定費は、結構簡単に削れますよ。携帯代、電気ガス水道、交通費など)
・時間が短縮出来ないか?
・無駄な時間を使う予定はないか?


こんな事を基準に、より良く、より良くを心がけてみてください。
AD
第9回は、『ONとOFFは切り替えない』についてです。そして、予告ですが、このままだと終わるに終われない気がするので、第10回で終了しようと思います。

実際のところ、仕事が捗る(はかどる)か捗らないかは、余裕がある時間の量ではないですね。

時間がなくてもやる気があれば捗るし、時間があってもやる気がなければ全然進まない。

なので、要するに、やる気があるかどうかが一番の問題なワケです。ハイな状態ならば、時間に余裕を持とうとだって思えますから。

そして、やる気の出し方はたくさん習うと思いますが、下げない方法というのも存在します。


僕の場合は、今回のタイトルである『ONとOFFを切り替えない』というのがあります。

というか、ずっとONにしておくという事です。OFFにしない。

ONからOFFにするのは、とても簡単です。しかし、OFFからONにするのは、とんでもなく難しいと思います。

よく、親や先生が子供に対して『けじめをつけなさい』と注意しますが、これもONとOFFの切り替えの事でしょう。

しかしながら、けじめをつけるというのは、物凄く難しいですよね。実際のところ、親や先生はそんなにけじめをつけた生活をしているのかと疑っちゃいます。

だから、いっその事OFFにしなければ良いと思います。


ではどうするかというと、『時間を区切らない』で計画を立てます。

例えば、普通は『今日は休みだ』とか『今日はOFFの日だ』とか考えますよね。そうすると、その一日全部が休みとかOFFになってしまいます。

しかし、これは自分がそう思っているだけであって、別に時間が急に切り替わるわけではありません。自分の捉え方が変わっているだけです。

なので、24時間365日ずっと同じように続いている時間を、空白がないように使おうとすればよいと思います。

例えば、

普通⇒19時まで仕事の日は、一日全部仕事の日。家に帰ってご飯食べて寝るだけ。
変更後⇒19時まで仕事だったら、19時以降は休みだから自由に使える。お好きにどうぞ。

みたいな感じです、こうして時間を何かに使おうと続けていくわけですね。常に何かをしている感じ。

よく、時間がないと言っている方がいらっしゃいますが、

①やるべきことを明確にする(第一回の脳を信用しないを参照。todoリストを作りましょう)
②手帳に書き込んで計画を立てる

さえすれば、隙間の時間なんて、結構いくらでも出てきます。

しかし、時間を区切って考えてしまうと、隙間の時間が無視されてしまいます。
時間を区切らないで考えれば、隙間時間がたくさん出てきます。

時間があるかどうかなんて自分の捉え方次第で、時間はいくらでもあるなっていう感覚になってくると思います。

ちなみに、僕は時間を続けて捉える為に、手帳は24時間が流れて見えるようになっているものしか買いません。(ご興味あれば、お会いした時にお見せします。)

まとめると、今の自分の生活スタイルを良しとしないで、もっと効率良く、もっとたくさん・・・と欲張って工夫するようにすれば、時間の使い方もうまくなると思います。
AD
今回は、『事務処理』です。

『先を見る』の時にもお話しましたが、上司の仕事のマネをする事が仕事が出来るようになる時のポイントです。

なので、上司のしている仕事を良く見てみてください。恐らく上に行けばいくほど事務処理が多くなると思います。

つまり、下っ端の時に事務処理が苦手であると、中々上にいけません。行ったとしてもとても苦労するでしょう。


まずは、事務処理の大前提のポイントは『掃除』ですね。


職場の机の上が汚い人は要注意です。詳しくは『机の上の状態=自分』であり、『自分の部屋の状態=自分』です。


僕はこれを結構真に受けていて、何か大切な試験があったり、何か勝負事がある時には、部屋の掃除をします。


今月も、自分の生徒の受験がある前日には掃除をしました。そうして、自分の運気を呼び込んでもらうわけですね。



さて、掃除が大切だという事なんですが、大抵の場合は、机の上が汚くなるのは書類の山のせいではないでしょうか?


読んでいない資料や、処理していない書類、後で見るからといってそこら辺に放っておいてた書類なんかのせいで机がゴチャゴチャになります。


このような状態では、事務処理の精度が当然落ちてしまいます。


私の場合は、帰る時には机の上に何もない状態にしてから帰ります。でも本当は、机の中まで整理整頓した状態で帰りたいと思っています。




次に、事務処理にはポイントが三つあります。①スピード②正確さ③面倒くさがらない


事務処理のような、ルーティンで毎回全く同じ作業をするものにこそ、スピードと正確さをこだわりましょう。


そして、③の『面倒くさがらない』が一番大変です。


例えば、手紙の返信、メールの返信、FAX送信表の作成、簡単な書類の作成などなど、5分や10分あればすぐに出来てしまうような事務処理は無数にあります。


そして、大抵このような仕事は後回しにしてしまいがちです。しかし、そうではなくて、面倒くさがらずにキッチリとこなすようにしないとドンドン溜まってしまいます。



第一回の『脳を信用しない』でもお話しましたが、とにかく仕事が出来るようになるには、『いっぱいいっぱいにならなければ良い』と思います。


『いっぱいいっぱいにならない』というのは、すなわち頭の中に『やらなきゃいけない事』があまりないという事です。


そのために①紙に書いて頭の中の情報を紙に移す②手帳に書いて計画的に実行する③面倒くさがらずに細かい事をドンドンやる事が大切だと思うわけです。




私はどちらかというと面倒くさがりなので(小さい頃から母親に怒られていました)あまり事務処理は好きではありません。


書類の作成とか、領収書の整理とか、勉強会で頂いたファイリングとか、本当にかなり苦手で、机の上がいつもゴチャゴチャになってしまいます。


しかし、意識的に整理する時間を作ったおかげで、紛失もゼロですし、どこやったっけ?となるのもほとんどありません。


要するに怠惰とかクセというのは意識すれば改善するという事です。



皆さんも思い出してもらえるとわかると思いますが、学生の頃に職員室で異常に机が汚い先生いませんでしたか?
それで、周りの先生や、生徒たちから机が汚いと非難を受けて受けて、それでも治らない先生(笑)



机が汚いというのは自分も困りますが、周りも気になってしまうんですね。職場の磁場も悪くします。


しかし面倒臭いのは意識で治ります。人には誰でも、ずっと持っている悪い癖があると思います。しかし、意識して時間をかけて徐々に直していくと更なる成長があると思います。
AD