各種告知、最新情報は公式HPにて発信中です!!

----------------
今日は戦略の話に行きましょう。
 
前回までは、累積戦略について書いてきました。
目標や数値化、見える化をする順次戦略に対して、目標も立てず、見える化もせず、数値も決めない、累積戦略というものがあって、誰にも見せずに、毎日ひたすら地味にやり続けるのが累積戦略です。
 
これを勉強に当てはめると、どの問題集を使ってるとか、何時間勉強をしているとかという、見える部分よりも、問題集をどう使っているかとか、勉強時間をどのように使っているかとかという、他人からは見えない部分こそが大事だということになります。
 
こういう感じで、いわゆる効果的な勉強法には、どのような共通点があるのかを、これから一つ一つご紹介していきます。
まず、今回はインプットとアウトプットの話です。
 
インプットは、単語を覚えるとか、年号を覚えるとか、いわゆる暗記だと思ってくれれば良いでしょう。
これに対して、アウトプットは、インプットした知識を使って、問題を解くとか、誰かに教えるとかとう行為です。
インプットは頭に入れる、アウトプットは頭から出す、ということですね。
ここまでは簡単でしょう。
 
よく、インプットが大事だ!とにかく頭に詰め込むんだ!というような指導をする先生がいらっしゃいます。とにかく、受験は覚えたもの勝ちだと。
これは、僕もある程度、賛同します。
やはり成績が芳しくない子って、インプット量が圧倒的に少ないですから。
「これは、教科書に書いてあるよ」って言っても、「知らなかった~」って平気で言いますしね。
 
でも、覚えてないのは、勉強量が少ないのが原因ではなかったりします。これに関しては、勉強量を増やしても増やしても、成績が上がらない子の特徴 という記事で書きましたので、こちらをご覧ください。
 
 
では、僕が何を言いたいのかと言えば、インプットだけではダメだということ。勉強はインプットとアウトプットのバランスが大事なのです。
 
覚えるのが苦手な子で、単語帳をひたすら眺めている子がいます。長時間、単語帳を眺めていて、何度も何度も単語やその意味を読んだり、用例を読んでいるのですが、「中々覚えられない!」という生徒がいます。
 
一方で、覚えるのが得意な子は、単語帳を開いているかと思ったら閉じてしまったり、見ているかと思ったら、目を逸らしてしまったりと、せわしなかったりします。
 
これは何をやっているかというと、単語帳を一度閉じて、自分の頭の中で言い直す、もしくは目で見なくても言えるかどうか試しているのです。
要するに、アウトプットする事によって、インプットが出来ているかのチェックをしているのです。
 
これをお読みの皆さまは、僕の祖父の名前は言えないでしょう。なぜなら知らないからです。(言えたら、かなり怖い)
このように、知らないことは、絶対に口に出す事は出来ません。
だから、アウトプットはインプットのチェック機能があるということなのです。
 
とまあ、一つの例を取り上げてもこんな感じで、アウトプットがいかに大事かという話はいくらでもあります。次回以降も、アウトプットとインプットに関わる話をいくつかしていきますので、どうぞお楽しみに。
 
《ブログランキングのクリックをお願いします》

3月の月間PVは約12万!!いつも読んで下さりありがとうございます。

 

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾を開講します。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
 
◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。
AD