各種告知、最新情報は公式HPにて発信中です!!

----------------
 
始めますよー
という告知だけではつまらないと思うので、早速初回に行きましょう!

受験勉強が暗記だとか、暗記じゃないという議論がありますが、暗記が必要だというのには、誰も反論できないでしょう。
いわゆる「丸暗記」の量が減らせたとしても、少しはどうしても丸暗記しなきゃいけないでしょうね。

その「丸暗記」の象徴が英単語帳。
学校や塾で毎週のテストがあったり、自分で毎日20個ずつ覚えようと決意したりと、全国で悩まない受験生はいないのではないかと思います。

この英単語の覚え方について、ノートに書いて覚える方が良いのか、それともみながら覚える方が良いのか、様々な意見が飛び交ってますよね。


まず、僕の意見としては、
「どっちでも良い」
あるいは、
「両方使いこなせるようにしよう」
です。
 

よく、受験生が陥るのが、前回も言ったように「正解が一つしかないのではないか」という錯覚ですね。
生まれてから、学校の勉強しかして来ないと、そうなってしまうのも仕方ないかもしれませんが。
 
 
今まで単語を見ながら覚えてたのに、「書いて覚えた方が良いよ」という意見を聞くと
(自分が今までやって来た勉強法が間違ってたのではないか)
と思ってしまう。
 
 でも、「正解が一つではない」という補助線を引けば、自分のやって来た方法も正しいし、誰かがやっている勉強法も正しい、という事がわかると思います。
 
 
要するに、結果を出したものが正解だということです。覚えられれば、手段がAだろうが、Bだろうがどちらでも良い。
「自分の方法を正解にする」という意識で取り組めば良いと思います。


とは言っても、良い方法で取り組みたいのは当然ですし、良い方法で取り組んだ方が良いのも当たり前。
と言うことで、色々な方法を取り入れて、自分なりの方法を確立させるのが良いと思います。


その時に大事なのが「根拠」ですね。
なぜ、見て覚えた方が良いと言われているのか、
なぜ、書いて覚えた方が良いと言われているのか。
を考えましょう。

例えば、僕は基本的には書かずに覚えます。しかし、一部書いて覚える事がある。
つまり、ミックスした覚え方をしています。
もう、二択から外れてるわけですが、なぜそうするかと言うと、、、

書くのが面倒だし、書いていると、そのうちただの作業になって効果がなくなるし、時間がかかる。
そして、場所を選びます。机と椅子がないと、書いて覚えられない。
だから、基本的には書かずに覚えています。

でも、そのうち頭の中で、知識と知識がゴチャゴチャになってしまって、整理する必要が出て来ますね。
知識を整理する場合、経験的に紙に整理した方が良いと知っているので、こう言う時はワザワザ紙とペンを使って、整理しながら覚えます。


と言う事で、書いたり書かなかったりです。
ちなみに、書いてない時には、見て覚えているかと言うと、見て覚えてません!
始めの一回や二回は、見ないと知識が頭に入りませんが、一度頭に入った知識を、頭の中に定着させるには、話すのが良いと思っています。
だから、目をつぶって頭の中に入れた知識を、何度も言って覚えます。

教科書を見ながら覚えてはいけません!
教科書を見ずに言えるかどうかチェックです。
 
 と言うことで、僕の場合は、見る、書く、話すをミックスさせて、使い分けながら一つ一つ覚えているわけですね。

別にベストな方法だとも思いませんか、僕の生活スタイルや性格に合っていて、やりやすいのです。

というように、どんな根拠で、どんな意図を持って、どんな用途で覚えるかを考えて、ご自身の覚え方をカスタマイズしてほしいと思います。
 

《ブログランキングのクリックをお願いします》

3月の月間PVは約12万!!いつも読んで下さりありがとうございます。

 

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾を開講します。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
 
◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。
AD