各種告知、最新情報は公式HPにて発信中です!!

----------------
昨日は、エイプリルフールネタの記事、楽しんで頂けたでしょうか?
普段マジメな記事が多いので、たまには読んで全く役に立たない記事(笑)も良いかなと。
もしまだでしたら、どうぞお読みくださいませー。
 
 
さてさて、新学期も始まっていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
学年も一つ上になり、新たな気分でスタートしていることでしょう。僕の元にも、勉強でお困りの生徒さんから、たくさんのお悩みをお寄せいただきまして、一人一人丁寧にお答えしています。
 
もう、何度このブログで書いたか分かりませんが、僕が声を枯らして絶叫しているのが、
机に向かって問題を解くだけが勉強ではないこと、そして
勉強量を増やすことだけが、成績を上げる方法ではないということです。
 
勉強量の増加が不要といっているわけではありませんよ。
無駄な事をたくさんやっても、思ったほどの効果は出ないということです。
 
ではどんな方法が良いのか?と言われると、過去記事を読んで頂ければ、その都度思い付いたように何度か触れているんですけど、まとまってしっかり書いたことはないなと。
という事もあり、新シリーズとして、一つ一つ勉強に対する考え方を書いていこうと思います。
 
 
但し、これも何度もブログで言ってますが、正解は1つではありません。
僕がブログで書いている方法だけが、成績を効果的に上げる方法ではないですし、皆さんが実践している勉強法が、僕が紹介する方法よりも素晴らしい可能性なんていくらでもあります。
 
だから必ず、勉強法の紹介をしつつも、なぜその勉強法が効果的なのかという理由を書きます。それを読んで、「頭を効果的に使うにはそうすれば良いのか~」と、考え方を知って頂き、皆さんの勉強法の少しずつカスタマイズしてほしい、という意図です。
 
表面的な方法だけパクるのは簡単ですが、大事なのはその方法を実践している理由であったり、意図であったりするのです。
 
例えば、英単語を覚えるのに、書いて覚えた方が良いのか?、書かずに見ながら覚えた方が良いのか?
と考えるのではなく、なぜ書いて覚えた方が良いと言っているのか、逆に、なぜ見て覚えた方が良いと言っているのかという、理由を探って下さい。
 
書いて覚えた方が良いと説明としては、
心理学の実験で、見て覚え場合より、書いて覚えた場合の方が、覚えてる単語量が多かったという結果があるというものや、
自分が書いて覚えた方が、よく覚えているような気がするというもの、
信頼する先生にそのように指導されたというものなど、様々あるでしょう。
 
別にどれが正解で、どれが不正解ではなく、オススメする理由があるはずです。そして、そういう理由を聞いて、考えて下さい。
 
そういう心理実験があるのならやってみようかなとか、見る場合と書く場合で自分も試してから、やりやすい方を選んでみようかなとか思いながら、自分の勉強法を確立させていくのです。
 
という事で、次回はまず英単語の覚え方から書いてみましょうか。
一つの勉強法を取っても、結構たくさん考え方があるものなので、次回しっかりとまとめたいと思います。
 
 

《ブログランキングのクリックをお願いします》

3月の月間PVは約12万!!いつも読んで下さりありがとうございます。

 

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾を開講します。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
 
◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。
AD