こんにちは。


今回の記事は、タイトルの通り、私大の受験結果の発表です。


いつも前置きが長くなってしまうので、早速。



【センター利用入試】


早稲田大学 社会科学部 社会科学科  合格!


明治大学 法学部 法律学科 特別給費奨合格!



【一般入試】


早稲田大学 政治経済学部 経済学科 合格!


早稲田大学 法学部 不合格


慶應大学 経済学部 A方式 合格!


慶應大学 法学部 法律学科 不合格




以上です。(東大の結果発表は3月10日なので、2週間ほどお待ちください)



センター利用は、センターの91%超えがあったので、全勝!


一般入試は5割の勝率となりました。


残念ながら全勝ならず。無念です。




しかしながら、僕が受験した学部学科は、早慶の中でも特に合格が難しいとされている所です。


(出願する際に、難しい順に上から2つずつ選んだので)


早稲田の政経とか、慶応経済と言ったら、早慶の中でも一目置かれる存在です。



戦前から私大四大学部のような言い方をされてきた名門学部があって、


『三田の理財、早稲田の政治、駿河台の法律、白山の哲学』


と言われていました。


三田の理財というのは、現在の慶応大学 経済学部です。


早稲田の政治は、早稲田大学 政治経済学部


駿河台の法律は、中央大学 法学部


白山の哲学は、東洋大学 文学部 哲学科


です。


慶應は法学部よりも経済学部の方が上と扱われることも多く、日本では超名門です。


早稲田の政経も同様。


個人的な所感ですが、『早稲田大学の学生』と『早稲田大学政治経済学部の学生』は違って聞こえます。


ですので、ここを合格出来た事は、とても嬉しいですね。




そして、私大受験に関しては、ほとんど対策をしていません。(ごめんなさい)


したことと言えば、過去問を前日の夜(しかも時には0時過ぎ)に、ネットの過去問データベースで眺めて、


大方の時間配分と注意点などを確認して終わり。



周りからはナメていると怒られちゃいそうですが、ナメていたというより、対策する余裕がなかったというのが本当の所。


基礎学力をつけるのに手一杯で、過去問を解く余裕は正直な所ありませんでした。



倍率も高くて、近年では、早稲田の政経で4倍、慶応経済で6.5倍程度です。


倍率6.5倍と言う事は、6.5人に一人しか合格しないという計算です。


なので、勝率5割でも、まあまあという事にしましょう。←




受験生活が終わって、ブログに書きたいこともたくさんあります。


書く時間もたくさん取れそうなので、これからは頻度を上げて小まめにアップしていこうと思います。


という事で、今回はこれで終わります!


皆さん、応援ありがとうございました!!

AD

こんにちは。


終わりました。ええ、受けてきましたよ、東大入試。


ただいま、開放感を満喫中です(笑)


長くも短い、受験生活も終わりました。



さて、恐らく皆さんが気にしているであろう『試験の出来』ですが、




合格するかどうか・・・微妙なラインですね。。。。




とでも言っておくと、3月10日までがドラマチックで面白いのでしょうけど、



実際の所は秘密です。



合格発表までにお会いしたら、こっそりお教えしますけど、この場では秘密という事で。



楽しみにしていてください!



3月10日にこのブログに書こうと思います。




私の周りには、優しい方がいらっしゃって



受験が終わったら、ゆっくりして下さいね。



などと言ってくださる方がいらっしゃるんですが、


実はそうもいきません。僕もそうしたいのですが、、




受験生活をしているせいで、止めている仕事やら何やらたくさんあるので。



特に、最大の敵が確定申告。これをやっつけないと受験生活が終わった気がしません。



という事で、しばらくは忙しい日々が続きそうです。

AD

こんばんは。



ブログ、大分ご無沙汰していますが、みなさんお元気でしょうか。


私は何とか元気にしております。


とりあえず、体調はなんとか平常のままですし、インフルエンザにもかからずここまで来れました。


インフルエンザに関しては、面白いエピソードがあるんですが、またの機会という事で。



今回は、今の心境と書きたいことをツラツラと書いておこうと思います。


まず第一に、このブログの読者の方々には大変支えられました。


ブログでの情報発信は、当初からしようとは思っていたのですが、ここまで多くの方に読んでいただき、応援して頂けるとは思いませんでした。


ページビュー数も徐々に増えていきまして、応援のコメントもたくさんいただきました。



今日も、何人もの方から、応援しています!とメールなどを頂きました!ありがたや。

(返信出来ていなくて、すみません)


ある夫婦なんかは、今日が試験日だと勘違いしていたらしく、


今朝起きたら『試験頑張って』とメッセージが入っていて、入試を寝過ごしたかと勘違いしてしまいました。


慌ててカレンダーと受験票の日付を確認してしまったり。


山下夫婦、ネタの提供をありがとう(笑)




もう一つ。


私が以前担当していた生徒からは、応援のメッセージと共に、Z旗の写真が添付されてきました。


『なんだそのチョイスは!?』


と、思わず爆笑してしまいましたが、『さすが俺の生徒だ!』と思いまして、


『皇国ノ荒廃コノ一戦ニアリ 各員一層奮励努力セヨ』になぞらえて、


『私の人生の全てが明日の一戦に全てかかっているんだから、もっと頑張れよ!』


っていう、元生徒からの手厳しくも有難いメッセージかと思ったら、


『明日で仕上げですね』っていう意味だそうです(笑)


あ、ジョークですよ。


ただ、面白かったので紹介したかっただけです。



さて、真面目な話に戻して、私のような勉強生活の事を宅浪(在宅浪人)といいますが、この宅浪の最も辛い所は孤独です。



特に、普通の浪人生と違って、私は勉強の義務はありません。


義務がない、というのは、学校や予備校まで足を運ばなくて良い、というのと、


今年の受験で失敗したらもう一年勉強生活しなきゃいけない、とか進路が決まらないとか、そういうのではないという意味です。


だから、他の受験生よりももしかしたらプレッシャーがないのかもしれませんが、だからこそ孤独です。



家族の支えもありますが、ブログの読者の方々と繋がっているというのが、特に心の支えになりました。これまでありがとうございました。




そして、率直に今の心境を申しますと、強気…と言うより不安があります。


主観的には不安、客観的には大丈夫、という感じ。



現役の時に東大に合格していますが、今年の成績はそれを上回っています。


模試の成績も、センター試験の成績も上回ってますし、何より数学がかなりの武器になります。


戦略的な考えに基づいて、無駄もなく効率の良い勉強方法もしています。


このように客観的な事実はいくら積みあがっていても、不安は全ては拭い去れないものなんですね。



別に、弱気になっているわけではありませんよ!!そこはお間違えなく。


ただ、自信満々かと言うと、そうでもない。


これは、単に勉強しきれていない、という点から来るのでしょうね。


何を隠そう、今年の受験生活のために買った参考書、4~5冊は全く手を付けていません。


日本史や地理の知識も、まだまだ詰められるところはたくさんありますし、


英語は、当初の予定よりも点数が伸びませんでした。


つまり、こういう未完成な部分が自分で分かっているからこそ、不安があるのでしょう。



じゃあ、それを全てやりきるために、もっと時間が欲しいか!?


と言われれば、もういりません。すぐにでも解放されたい(笑)



そんな複雑な心境を感じられたのも、受験生に戻ったからでしょう。


大人には分からない、受験生の気持ちがわかりました。


今、声をかけてほしい言葉も、声をかけられたら嫌な言葉も、多分わかります。


これは、先生をやる立場にとっては、とても武器です。


一年かけて、最後に良いものを得たなという気分です。



ちょっとネガティブになっていると感じたかもしれませんが、意外とそうでもありませんよ。


ただ単に、不安はゼロには出来ないという事実は発見したという事です。


それに、明日の試験は駒場で、昔住んでいた町なので、どこに昼ごはん食べに行こうかな、なんて楽しみにしているくらいなものです。


やる気十分。


勝負は、明日の朝、9:30スタートです。



AD
こんにちは。

予告通り、今日は東大の足切り通過の合格発表日です。

正午にホームページにて発表でした。

予定通り、無事通過。

2月5日の早稲田の社会科学部通過の時点で、ほぼ間違いなく通過したと思っていましたが、願書の不備もなかったようです。

よかった、よかった。

という事で、これで正式に東大受験の資格が得られたことになります!!

2月25日、2月26日には二度目の東大受験を頑張って来ます!

(あとは体調さえ崩さなければ、、、)


次の私の動向としては、2月13日の慶應大学の経済学部の受験です。

これはセンター利用ではなくて、一般受験ですから、ちゃんと三田のキャンパスまで行ってきます。

慶應三田キャンパス、初の進入です笑


そして、2月15日、2月16日、2月20日と早慶の受験が続いて、あとは東大です。

あと二週間ほどしかありませんが、精一杯頑張ります!




で、以下はちょっと受験業界の話です。

あまり面白い話ではないかもしれませんので、先を読みたいという方だけどうぞ。


今年の東大の足切りに関しては、特筆すべき事があります。

六個の科類の中で、三つも足切りナシとなりました!

僕としては、来年以降の受験業界に、大きな影響があると見ています。

それは、どういう事か。


東大は、文科と理科という区切りと、一類から三類という区切りによって、全部で6個の科類に分かれています。


例えば、僕が18歳の時に入学したのは理科一類

今回、受験するのは文科三類です。

それぞれ、専門とする分野が違います。

そのため、受験時に志望する科類を選択するのですが、

この科類の選択によっては、足切りに通過できるかどうかが大きく分かれてしまうんですね。


東大の場合、学部はどこでも良いから、とにかく東大に入りたい!!

という方も多いですし、入学後に専門分野の移動も比較的自由です。

(例えば僕は、理系で入学したのに、文系で卒業しています)


なので、足切りラインすれすれのセンター試験の得点だった場合は、

理科一類にしようか、二類にしようか。

去年は理一の方が足切りが低かったから理一に出そうかなぁ。
いや、むしろ去年のデータを見てみんな理一に出すから、理二が良いか。

いやいや、その裏をかいて理一か、、、

というように、足切りギリギリぐらいの全国の受験生が、どこに出そうか迷いながら、先生と相談して決めるのです。



しかし、今年は東大への出願者が大きく減ってしまって、足切りナシの学部が生まれました。

原因はよくわかりませんが、ここ数年でも、足切りラインは下がりつつありましたから、大きな流れの一部なのかもしれませんね。


ひょっとしたら来年からは、ほとんど全ての受験生が、出願さえすれば、東大を受験出来る時代が来るかもしれません。


もう一歩突っ込むと、センター試験で残念ながら力を発揮出来なかった生徒も、二次試験で挽回出来る事になりますから、運の要素より実力が大事になるでしょうね。


はたまた、東大の足切りがないということは、自分にもチャンスがある!!

と、勉学に一層励む高校生が増えるかもしれません。


ちなみに、僕が今年受験する文科三類は人気のようで、足切りはもちろんありましたし、そこそこ点数も高かったです。

これがどう出るか。

答えは二週間後。。。

こんにちは。


今回は、まんまタイトル通りです。


本日、早稲田大学のセンター利用入試の合格発表がありまして、無事に合格しました。


(正確には、早稲田大学 社会科学部 社会科学科です。)



大学の正式な合格が出たのは初めてですから。とてもうれしいです。


さっき、静かな部屋の真ん中で一人ガッツポーズをしました(笑)




そして、この合格には大きな意味があります。


というのは、センター利用入試でココに合格したという事は、東大の足切りラインを大幅に超えているからです。


以前にも書きましたが、東大の足切りラインは80%前後


それに比べて、今回合格した早稲田の社学は90%前後



このように、東大の足切りラインは余裕で超えているため、東大の受験資格がほとんど得られたという事になります。


(願書に不備がなければ…)




いや、実は、東大の足切りラインを超えているだろうという事は、センター試験の当日の夜に、すでに分かっていました。


1月17日のブログでも書きましたしね。


でも、これはあくまで自己採点です。


マークミスや採点ミスも考えられます。


自己採点だけでは、100%の確定情報ではないのです。



対して、正式にセンター利用入試で合格が出たという事は、間違いなく相当良い点数が取れているという事になります。



内心、今日まではドキドキしてましたが、これで一安心です。


早稲田と慶應は、これからもいくつか一般入試を受けますが、それはともかく、


これで、東大受験にも一層集中出来ます。



という事で、今日は吉報でした!