東大に文理両方で合格した男が綴る、受験の戦略

戦略で受験を攻略する方法、お笑い×数学、数学の深い話、東大数学の解説、最新ニュース解説、グルメ店紹介、変わった指導法など、幅広く書いています。


テーマ:
今回は『従軍慰安婦問題』です。

これについては、僕が2年数か月ブログを書き続けてきた中で、最も時間と労力をかけて書いた記事がありますので、詳しく知りたければこちらの記事をご覧下さい!かなりの力作です。

従軍慰安婦の大嘘についてのレポート

これだけだと、手抜きだろと言われるので、ポイントを絞って下に書きます。

①結論は、従軍慰安婦問題はない!!

韓国が、従軍慰安婦だの、なんだのかんだのと言って、日本を非難してきますが、全く日本は謝罪する必要はありません。でっちあげです。


②慰安婦=売春婦

慰安婦と言うのは、戦地で軍人相手に稼いでいた売春婦の事です。

現在は売春は禁止されていますが、当時は合法でした。
※売春が良いか悪いかという、倫理的問題はここでは触れません。ここで強調したいのは、売春行為があったとしても、合法であるため日本が非難される理由にはなりません。

多くの日本人女性や朝鮮人女性が売春婦として戦地で仕事をしていたのは事実です。


③慰安婦としての強制連行はなかった。

韓国の言い分としては、『日本は戦時中に、多くの朝鮮人女性を強制的に連行して売春をさせた。』というものです。

これは、真っ赤な嘘です。

当時、慰安婦は公的に募集がありました。民間業者がチラシを配ったりして募集をしています。そのチラシの写真も残っています。政府も認めていました。

そして、その給料が破格に高いです。現在の貨幣価値に換算して、月収で数百万円という人もザラにいたようです。

その値段に惹かれて(強制連行などしなくても)多くの女性が志願したと言います。

また、韓国は『慰安婦を奴隷に様に扱った。』とも言ってきますが、奴隷にそんな大金払いますか?奴隷にしては待遇が良いですね。。。

④従軍慰安婦という言葉が誕生したのは1970年になってからで、日本人が発端

1970年になって、日本人の千田夏光(せんだかこう)が、従軍慰安婦というタイトルの本を書きました。(これは、日本軍が朝鮮人を連行したという小説です。フィクションです。)

従軍というのは、正式に軍にくっついていって仕事をする時の言葉です。なので、従軍記者や従軍通訳という仕事は、戦時中からありました。

しかし、従軍慰安婦という言葉はありません。この千田という人物が初めて言い出した”造語”です。

⑤歴史教科書問題など、

この千田問題から、なんやかんやあって、韓国が日本を責める良いネタだという事で色々言うようになりました。平成5年には、なんと日本の歴史教科書の主な7社の全てに”従軍慰安婦”という言葉が乗りました。

日本の政治家は不勉強なため、韓国が従軍慰安婦がどうのこうのと言ってきたときに、しっかりと論破出来ないこともあるようです。河野洋平という官房長官までやった政治家が、従軍慰安婦を認める発言までしてしまい、問題を余計に混乱させています。(河野談話)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第3回目の今回は、『共産主義』についてです。

過去の世界史を遡ると、欧米諸国が、世界を陣取りゲームの様にして、植民地を増やしていった歴史があります。

有色人種(アジア、アフリカ、南米など)は、白人国家に支配されてしまい、酷い暮らしを強制されます。

物資を奪われて、作った農作物、鉱物、お金もどんどん吸い上げられていきました。

その暮らしが続くうちに生まれたのが、共産主義です。

共産主義者の主張は以下のようなものです。


『自分たちは、被支配者だ。このような酷い生活を余儀なくされているのは、支配層のせいだ。支配者は、我々から搾取をするな。上下関係を取っ払い人類は平等に扱われなければならない。権威や権力反対!武力反対!自由を奪う事は悪い事だ。』

このような考え方が次第に強くなり、共産主義が生まれたらしいです。by宮脇淳子先生


共産主義者の目的は、『世界同時共産主義革命』を起こすことです。

これは、全ての支配層を倒して、まずは自分たちが政権を握る。そして、全ての人間に平等な権利を与えて、真に平等で自由な世界を作り上げる、というものです。

もし、このような世界が実現するならば、それは素晴らしいと思います。(理念として)
しかし、ではそのような世界が現実的に見て作れるのかというと、かなり難しそうです。by酒井信彦先生


さて、この思想を持った共産主義者たちが、明治から昭和にかけて、世界で大流行しました。(この頃出来た、日本共産党は、日本一古い政党らしいです。ある意味、一番保守的ですね笑)

この頃の共産主義者たちは、本当に世界に共産主義革命を起こそうと理想に向けて必死だったそうです。日本にもたくさん共産主義者はいました。

そういえば、この前の都議選では、野党の第一党が共産党になりましたね。これは笑えません。


しかし、世界各国の共産党は、結局は資本主義や民主主義に破れて、世界で数か国しか残らなくなります(代表例が、ソ連、中国、北朝鮮)

そして、1991年のソ連崩壊を受けて、共産主義は、事実上は資本主義に負けたことになりました。

さて、日本共産党の政治公約や主張を見ていると、上記の思想に乗っ取ったモノばかりです。

・増税反対(支配者が搾取するから)
・TPP反対(農民、つまり一般市民が苦しむから)
・社会福祉制度の充実(支配者が一般市民に優しいから)
・自衛隊反対(武力だから)
・改憲反対(日本が武力を強めるから)
・原発反対(放射線によって一般市民の生活を脅かすから。原爆を連想させるから。)

これはこれで、首尾一貫していて、とても格好良いと思います。結党から100年以上、同じような事を言い続けるというのは、とても保守的ですね笑 二度目

私は、別に共産主義を批判したり、反対したりするつもりはありません。むしろ、増税反対!などとやってくれると、とても心強く感じました。

しかし、共産主義の根本にあるのは、被害者意識であり、アンチ権威です。その部分は、私とは相いれな」いものがあるかと思います

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

第3回目の今回は、『軍事』についてです。

軍事については、語るのが難しい分野かと思います(かく言う、私もあまり詳しくはありません。)

軍事がなぜ大切かと言うと、一つは『外交・交渉力』に大きく関わっているからです。


以下は、物凄くざっくりとした話なので、細かいツッコミ覚悟です。

世界の大きな歴史の流れを見ると、第二次世界大戦までは軍事的に強い国が、軍事的に弱い国を侵略する歴史でした。

しかし、戦後は軍事的や経済的に弱い国でも独立国としての宣言をして、独立国がたくさん増えました。(現在、世界195か国)

軍事的な強国も、むやみに侵略をするような事はなくなり、武力で弱小国を封じ込めることはしません。
(一部、現在でも侵略を続けている国はあります。)

では、軍事的強国は何をしているかと言うと、経済戦争を仕掛けています。

例えば、今回のTPPの様に、軍事的強国(アメリカ)が軍事的弱小国(日本)に対して、有利な条件での条約を持ちかけて、(実際に言うか言わないかは別として)もしいう事を聞かなければ武力抗争に持ち込むぞ、と脅しをかけます。

そして、弱小国は泣く泣く不利な条件を飲むしかなくて、経済的に追い込まれていきます。


簡単に言うと、カツアゲと同じです。体も小さく、喧嘩が弱い子が、大きい体をしてナイフを持っているヤンキーに『金を出せ』と言われたら、(別に、金を出さなかったら刺すぞ、と言わなくても)出すしかないわけです。


ちなみに、私の今年の演説大会のために用意した演説文がこちらにありますが、
http://ameblo.jp/pipinee/entry-11469247117.html

経済的に丸め込まれた日本の自殺者は、3万人越えが14年間続いております。(少なくとも42万人)

ですが、例えば日清戦争の死者は1万3千人、日露戦争が11万8千人です。

日本は、戦後教育のせいで、軍事と言うととても悪い印象がありますが、実は経済戦争の方がたくさんの人間の命を奪う可能性があります。(付け足すならば、軍人だけではなく、全国民を平等に苦しめるという側面もありますね)


元自衛隊の航空幕僚長の田母神俊雄さんのブログがありますが、こちらはメチャクチャおススメです。
http://ameblo.jp/toshio-tamogami/

で、田母神さんは、日本も核兵器を持つべきだとおっしゃっています。

http://ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-10482318373.html

簡単に説明すると、核兵器と言うのは強力過ぎるので、一発でも打たれたらどんな軍事的強国でも、ひとたまりもないです。

飛行機をたくさん保有していようが、潜水艦をたくさん持っていようが、核兵器1発には適わない。

なので、核兵器は一発持っていようが10発持っていようが、あまり意味合いは変わりません。持っている事が大切です。

核兵器を持っていない国は、核兵器を持っている国のいう事には絶対に逆らえなくなってしまうという事ですね。

このように、軍事力を保有している国が世界を動かしているという構図は、少なからずあると思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。