今回はあまり一般的には馴染みのないお店かもしれませんが、とても素敵なお店をご紹介します。


それが『銀座コイン』さんです。


銀座コインさんは、銀座の地に50年間も営業されており、貨幣コレクターの幸せと満足を追求するお店だそうです。


先日、友人に紹介されて行ってきました。


場所は、銀座駅や有楽町駅からほど近く、銀座ファイブという建物の一階にあります。



ちなみに、”銀座”という地名の由来ですが、


その昔、金を使ってお金を作っていた所が金座、銀を使ってお金を作っていたところが銀座、銅を作ってお金を作っていたところを銅座と言いました。


つまり、今の銀座は昔は銀で貨幣を作っていたところなワケですね。


仕事の取材のためにお店に伺ったのですが、一銭も払っていないにも関わらず1時間くらい丁寧に貨幣の説明をして下さったり、貨幣や紙幣の現物を見せて頂きました。


店員さんの竹内さんは、イチロー似のとてもイケメンでした。


また、資料のコピーも快く無料でして下さり、本当に助かりました。


銀座コインさんありがとうございます。


店内を眺めるだけでも、とても楽しいので銀座にお越しの際は是非寄ってみてください。

以下、写真です。

店頭の様子
今は昔、ある所にこんな人がいました-店前

ショーケースを除くと、お金の歴史が学べます
今は昔、ある所にこんな人がいました-ショーケース

右の大量の貨幣と、左の一枚の金貨は両方とも一両の価値だったそうです。

こんな重たいものを持ち歩いていれません。

そりゃ、両替が商売になりますよね。
今は昔、ある所にこんな人がいました-一両の両替

そんな両替商が店構えにしていた看板
今は昔、ある所にこんな人がいました-看板

明治政府が発行した、13年限の太政官札
今は昔、ある所にこんな人がいました-太政官札
当時、この紙幣の価値の変動が激しく、明治政府は財政の安定が大変だったそうです。


他にも、たくさんお話を聞いたのですが、このくらいで。

AD

弁当男子ここに参上

テーマ:

今日は最近の私の趣味についてご紹介します。


平日、山梨の家に住むようになって、100%自炊の生活をしているのですが、


ついに最近になって、弁当を作るようになりました!!


周囲で、一人暮らしの男性が弁当を作ってるのを見かける人は少ないのではないでしょうか?


さて、なぜこのような経緯になったかと言うと、理由は以下の通り


①節約のため

②健康のため

③車社会なのに不所持のため、夜に出歩く事が出来ず時間がある

④料理が趣味


などなど。


今週の火曜日には、気合を入れてやっていこうという事で、一人暮らしにはちょっと金額が多いですが

6000円分くらいの食材の購入をしてしまいました。


しかも、お米を炊いてラップでくるみ冷凍、お肉もパックから一回分ずつに小分けしてラップ&冷凍


結構マメにやっています。これで、たぶん3週間くらいは何も買わずに生活出来ると思います。


では、いつも通り写真をどうぞ。


今は昔、ある所にこんな人がいました

どうでしょう。


まだ、お弁当箱を買っていないため、タッパーに詰めるしかないのが、非常に悲しいのですが、まあまあ頑張って作ってませんか?(自画自賛)


さて、もう一枚です。


今は昔、ある所にこんな人がいました-0420お弁当

海苔を乗っけてみました。


とりあえず、きれいに作ったのは、まだ2回だけなんですが、今後も頑張って作っていこうと思います!!

AD

今回は、最近常連として通っている、おススメのお店をご紹介します。


一人でも友人と一緒にも食事に行きましたし、今働いている職場の上司とその奥様と3人でも行ってきました。

こちらです。

『創作家庭料理 御燗(おかん)』

東京都千代田区一ツ橋2-6-2 日本教育会館 B1F


御燗というだけあって、居酒屋です。

このお店と私との出会いを知っている方は、ちょっとニヤリとするかもしれませんが、ここでは敢えてそれは語りません(笑)


まあ、本当に不思議で偶然か必然かわからないようなご縁で、ここに引っ張られるように来ました。



ちょっと横道に逸れますが、最近たくさんの有り得ないようなご縁がたくさん広がりすぎて、とても恵まれています。


これも、お釈迦様のお導きなのでしょうか・・・。


話を戻しますが、お店の紹介です。


まずは、お店の入り口の写真


今は昔、ある所にこんな人がいました-御燗入口

秋田犬が出迎えてくれます(笑)
今は昔、ある所にこんな人がいました-玄関の犬


おいしいきりたんぽ鍋もあります。
今は昔、ある所にこんな人がいました-きりたんぽ鍋

内装は、こんな感じ。まさに秋田料理屋さん!!


なまはげ
今は昔、ある所にこんな人がいました-店内

これは、おかみさんのご出身の羽後町という町の名物の踊りをプリントした暖簾だそうです。


『西馬音内盆踊り』といいます。


今は昔、ある所にこんな人がいました-のれん


おなじみのなまはげ


今は昔、ある所にこんな人がいました


それほど大きな店内ではないのですが(最大でも20人から25人くらいでしょうか)所狭しと秋田の名物があります。


そして、料理がまた美味しい!!


私は今まで秋田に縁はなかったのですが、秋田料理屋や秋田の郷土の話を聞くうちに、すっかりファンになってしまいました。


では、料理の写真をどうぞ


あ、ちなみに、かなりたくさん料理の写真を載せますが、一回の食事でこんなに食べたわけではないです。


何回も通って撮りためたものですので、勘違いなさらないように(笑)


しかも、食べるのに集中しすぎて、取り忘れたものも多い・・・


ということで、まずはお店の名物のおでん


今は昔、ある所にこんな人がいました-おでん


そして、生姜焼き


今は昔、ある所にこんな人がいました-生姜焼き


そして、この〆鯖定食!!


〆鯖は好きでよく注文するんですが、今まで食べた中で一番おいしかったかもしれません。



オーナーの十八番料理だそうです。


そして、ここからは秋田料理の登場です。


まずは、いぶりがっこ(たくあんのスモークのようなものですかね)


今は昔、ある所にこんな人がいました-いぶりがっこ

この写真には載ってませんが、マヨネーズを付けて食べたらとても美味しかったです。まろやかでした。


そして、はたはたの煮つけ


今は昔、ある所にこんな人がいました-はたはたの煮つけ

さっぱりとしていて、ちょうど良い塩味が最高です。


そして、やっぱりこれがないとという事で、きりたんぽ鍋です。


ます、鍋にいれる前のきりたんぽ


今は昔、ある所にこんな人がいました-きりたんぽ取り分け前

こんな感じでした。


そして、きりたんぽを入れる前の鍋の写真


今は昔、ある所にこんな人がいました-鍋の中身

ちょっと見えづらいかもしれませんが、きりたんぽ鍋には”せり”が入ってます。(もちろんこの鍋にも)


この”せり”なんですが、根っこが入ってるんですが、根っこまで食べられるってご存知でしたか?


しかし、せりは湿地や水耕田の中に生えるため、根っこに絡みついた泥を落とすのは至難のワザだそうです。


なので、同席した秋田出身の上司の奥様が、仕入れや仕込が大変だろうなぁとおっしゃっていました。


そして、きりたんぽを入れて煮込んで取り分けると・・・


今は昔、ある所にこんな人がいました-きりたんぽ取り分け後

このようになります。きりたんぽ鍋は初めて食べたのですが、びっくりするくらいおいしかったです。


そして、最後に秋田名物の日本酒です。


まずは天寿


今は昔、ある所にこんな人がいました-天寿

そして、まんさくの花です。


今は昔、ある所にこんな人がいました-まんさくの花


実は、私はこの年になるまで、日本酒は好んで飲まなかったんですが、


このお店で日本酒を飲ませて頂いてから、飲めるようになりました。


他にもたくさんご紹介したかったのですが、冒頭にも書いた通り、何しろ夢中になってしまい写真を撮り忘れてしまったので、非常に後悔しています。



このブログの読者の方々や、私の友人などは、このお店がある神保町付近によく出没する(笑)と思いますので、


是非、足をお運びください。


平日の17:00~22:00にお店は開いているそうです。


以上、ご紹介でした。





今は昔、ある所にこんな人がいました-〆鯖定食



AD