ヒヤシンス観察日記0228

テーマ:

お久しぶりです。


色々書きたい事があるんですが、何しろここ最近時間がなくて、、、


ブログの記事の大半は、現実逃避というか、休憩を取りがてら頭を切り替えるために書く事が多いんですが、


ここ1週間は、その時間すら取れないくらい忙しくしておりました。


今夜、やっとゆっくり寝れそうなので、早速楽しみにしています。


さて、ヒヤシンスですが、今回は絶対にびっくりします。


だって、こんなになってるんですから。


ほら


今は昔、ある所にこんな人がいました

もう、満開です!!


この前の写真はこちら


今は昔、ある所にこんな人がいました-ヒヤシンス0223-3

なんですが、ものの一週間で、急に咲きました!!


もうびっくりです。


恥ずかしながら、花を育てた経験がないもので、この蕾の開くペースに、毎朝ビックリしてしまいました。


アップの写真です。


今は昔、ある所にこんな人がいました

これは、真正面から撮ってるので、まっすぐに見えますが、横からだと・・・


今は昔、ある所にこんな人がいました


こんなに重そうで、傾いてます。


冒頭にも書きましたが、最近忙しくて本当は毎日の開く様子を記事にしたかったのですが、ちょっと残念です。


でも、ちゃんと花が開いてよかったです。


感動を与えてくれて感謝ですね。

AD

南京大虐殺について、簡単に。

テーマ:
本日の定時連絡より。中々面白いことを書いたので、久々に定時連絡から記事にしてみました。

これを、週に二回読めるのは、私の身内だけ!!

ーーーーーーーーーー
名古屋市長が、南京大虐殺はなかったと発言して話題を呼んで います。

そもそも南京大虐殺は事実無根、つまりウソなので、『南京大虐 殺はなかった』と事実正論を言って話題になるほうがおかしいのですが、まあ仕方ないですね。

意外と知らないかもしれませんが、この河村名古屋市長さんは、市長になる前は国会議員でした。

そして、平成18年(2006年)6月13日に当時の日本政府 (小泉内閣)に対して、『いわゆる南京大虐殺の再検証に関する 質問主意書』を提出しています。

なぜかというと、当時の外務省では、「歴史問題Q&A」という コーナーを設けており、【問6.「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。】の問いに対して、【日本政 府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、多くの非戦闘員 の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えていま す。】などと回答していたからです。

つまり、当時の外務省は、南京大虐殺を公式否定していなかったのに対して、河村当時国会議員は、南京大虐殺はなかったのではないかと意見を申し出ていたという事です。

という事で、河村名古屋市長がこの見解を示すのは初めての事で はありません。
---------
平成十八年六月十三日提出 質問第三三五号 いわゆる南京大虐殺の再検証に関する質問主意書 提出者 河村たかし http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/ html/shitsumon/a164335.htm 政府の答弁 http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/ html/shitsumon/b164335.htm
--------

河村市長には頑張ってほしいですね。

これに対し、中国側は騒いでいます。

例えば中国側代表団は「中国を侵略した日本軍が南京で大虐殺例えば中国側代表団は「中国を侵略した日本軍が南京で大虐殺を 行った歴史事実は抹殺できない。鉄壁の証拠は山のようにある。 国際社会でも早くから定説になった」などと言っているようです。

いかにも、中国がやりそうな手口ですね。

というのも、『証拠はある!!』とさえ言えば、素直な日本人は そう思ってしまうだろうという心理をついた手口だからです。

そろそろ日本側も、そのくらいの相手の出方を予測して『だった らその鉄壁の証拠を山のように見せてみろ』とくらい言えばいい わけです。

簡単な事ですが・・・

そして、ついにその”鉄壁の証拠”が出てきましたww

なんと、南京防衛戦に参加した経験を持つ兵士で今も存命してい る3人のうち、1人である李高山氏(88)が出てきて、『名古屋 市長は事実を歪曲している。私は死体の山の中から這って出てきたんだ。これこそが証拠であり、私達は証人だ』と言っているそ うです。

さて、問題です。突っ込み所はどこでしょう。

答えは、南京大虐殺は1937年にあった(と中国側が主張している)出来事、そして、李高山氏は88歳。計算すると、南京防衛線に参加した年齢は13歳か14歳になります。

そんな年齢で兵士だった可能性は限りなくゼロに近いですね。

まあ、中国側のでっち上げなんて、この程度の簡単なウソなんです。

ちなみに、従軍慰安婦問題で、自分は強制連行された慰安婦だったと主張する人の中にも、1947年に連行されたと主張する人 がいましたね(笑)

東洋史家の宮脇淳子さんの名言に『日本の歴史はヒストリー、中国の歴史はプロパガンダ、韓国の歴史はファンタジー』という面白い皮肉がありますが、

そまそも、中国や韓国には、政府が正しい歴史を伝達しようとする文化がないのかましれませんね。
AD

ヒヤシンス観察日記0223

テーマ:

こんにちは。


本日は、2月23日で、富士山の日です。


かく言う私は、富士山の職場と住まいを離れて、今は池袋ですが(笑)


日本を象徴する富士山の麓で、毎日パワーをもらいながら働けるのは、とても気持ちが良いし誇らしいと思っております。


やはり、地元山梨を大切にしていかねばと思う今日この頃です。


さて、本日のヒヤシンス日記ですが、今日はスゴイです!!


前回と比べて、かなり成長していますよ。


まあ、いつも通り、一番びっくりしてテンションが挙がっているのは私なのでしょうが、


でも、今日の成長ぶりには、皆さんもビックリするのではないでしょうか。


とりあえず、前回の写真を見てみてください。



今は昔、ある所にこんな人がいました-ヒヤシンス0213-1


はい、このちょっと斜めになってしまった、この写真ですね。


ちなみに、前回のデータによると、球根の上部から、葉の先端までは6.4cmでした。


では、今回の写真をどうぞ!!


今は昔、ある所にこんな人がいました-ヒヤシンス0223-1


どうでしょうか。かなり、先端が伸びたように見えるのではないでしょうか。


本当に、手間も世話もかけてないのに、しっかりと成長するなんて偉いです。


何しろ、私は週の半分は山梨にいるわけですし。


というよりも、はっきり言って、育て始めて一度たりとも水を変えたりした事はありません。


良くも悪くも。


では、次は上部の写真をどうぞ。ハイこちら


今は昔、ある所にこんな人がいました-ヒヤシンス0223-2

かなり、青々と立派でしょう。


実は、今回はフラッシュを使って写真を撮ってみたので、いつもより写りが良いですね。


そして、これからがスゴイです。


これを、裏側から撮ってみるとこちら!!


今は昔、ある所にこんな人がいました-ヒヤシンス0223-3

実は、こんな赤くて大きい芽が中に隠れているんですね。


前回の記事の時では、どんな角度で撮ろうとしても、ここまではっきりと写すことは出来なかったのですが、


今回では、逆に隠すのに苦労しました(笑)


そして、今回は、もう一枚!!


上から撮った写真です。


こちら


今は昔、ある所にこんな人がいました-ヒヤシンス0223-4

にょきっとそびえる感じが良いですね。


もう、春の満開に向けてしっかりと準備を始めている感じです。


よくぞここまで育ってくれました。


しかし、まだまだ成長を感じさせます。こうご期待!!

AD
先日、あるご縁がありまして、この歌手の方の歌声を生で(しかも、数m先に本人が歌っている!!)聴く機会がありまして、すっかりファンになってしまいました。

まだまだ、それほど有名ではなく、路上ライブでCDを手売りしながら過ごしているそうなのですが、本当に素晴らしい方ですし、歌も上手いです。

そして、何よりスゴイのが、まだ路上ライブをしながら生活をしているにも関わらず、今年の11月には日本武道館でのライブを開催する事が決定している事です。


僕は、音楽業界には詳しくはないですが、例えば

路上⇒レコード会社と契約⇒インディーズデビュー⇒何曲かヒットチャートに乗る⇒ライブやコンサートを満員にする⇒全国ツアーなど⇒武道館でライブを行う

のような感じで、いくつものステップを踏んでからの武道館は歌手にとって夢の舞台であるし一つのゴールでしょう。

それを、いきなりすべての過程をすっ飛ばしていきなり路上から武道館なのですから、これはスゴイとなるわけです。


そして、御年まだ25歳(私より年下です!!)ちなみに、4月10日生まれのA型

以下に簡単なプロフィールを(公式HPを一部改編)

通算70,000枚以上のCDを手売りで販売。

2010年3月9日には、自ら株主となり株式会社Birthday Eveを設立。

2010年7月11日より1年間(365日)で15,000人の武道館サポーターズを集め、集まったら武道館を予約するというプロジェクトに挑戦。
沢山のご支援を頂き、2011年7月1日に見事15,000人達成!

という事で、当初目標にしていた人数を集めたので、武道館ライブをするために、箱を予約してしまったとのこと。

今年の11月2日に、その武道館ライブがありますので、もしご興味ある方は是非行ってみてください。

2012年11月2日
念願の【日本武道館 単独公演】を開催予定
開場18:00 開演19:00


私の方は、仕事の都合があえばと考えています。

毎日、山の手線、もしくはその界隈で路上ライブをやっているみたいなので是非足を運んでみてください。

-----------------------------
追記!!

そして、なんとそんな彼女、現在新曲の先行予約実施中だそうです。

本人のブログでの広報記事はこちら
『サヨナラパスポート』先行予約受付中★

ちょっとした情報も書き込んでおきましょう。

今回は先着100名限定だそうですが、予約開始からスゴイ勢いで予約が殺到しているとのこと。
期限は2/24(金)まで!!
特典は、生写真セットとのこと・・・

↓ご予約はこちらから
http://sc1.be-inc.jp/next/release/release_detail.html?pan=%8B{%8D%E8%93%DE%95%E4%8Eq&id=60
------------------------------

以下、リンクを張ってみます。

アメブロのブログ:毎日の路上ライブなどの情報が頻繁に更新されているようです。

ツイッター:ブログの更新情報などを呟いています。

まぐまぐメルマガ:まだ僕は一度も受け取ったことがないので不明。無料です。

所属会社公式サイトのプロフィール:CDのweb注文も出来ます。楽曲の視聴も出来ますね。

ファン主導で作成している、宮崎奈穂子関連のリンク集

wikipediaのページ:あなたの知らない情報が手に入るかも


さらに、調子に乗ってPVもは貼っ付けちゃいましょう



ぴっかぴか

おじいちゃんと小さい男の子の心温まるお話



ひげおじさんのパスタに会いに行こう

ローソンの「パスタ屋」さんのブランドソング


ねぇ・・・

50日5000枚チャレンジに挑戦中の最新シングルです。以前からの持ち歌を冬verで歌いあげています


恋のCHAPTER AtoZ

「ねぇ・・・」との両A面シングルです。アップテンポなのに可愛い素敵な曲です。



未来人

同じ事務所の先輩「水谷学司」とのコラボ曲


カンバン娘とあなたが私を呼んでくれるなら

「カンバン娘」プロジェクトのテーマソング

これからも応援しています!!頑張って下さい!!

『第四回国護り演説大会』後記

テーマ:

おまたせしましたが、演説大会の後記です。


今回の第四回国護り演説大会でも、546名の中から9人の決勝進出者に選んで頂きまして私のお話を披露する事が出来ました。


昨年にひき続き、2回連続での出場となりまして、非常に多くの経験値を積み、非常に多くのご縁ときっかけを頂きました。


この場を借りて(と言いつつも、いろんな所で申し上げているのですが)、主催の(株)キャリアコンサルティング、並びに運営スタッフの方々、そして聴衆として話を聞きに来てくださった皆様へ深く感謝申し上げます。



さて、昨年も(そしてきっと今年も)私にとっての演説大会は、まさに人生の転換期のような位置づけです。


簡単に昨年の話をすると、演説大会を皮切りに私の以後の人生設計の一部を披露した形になります。


それまでやっていた学習塾の仕事を辞めて、無職になって、自分の人生を切り開けるような力を付けて、世間との信頼を積み重ねるような修行の時間を取ってみよう。


お金と仕事を代償に、自由と時間を得ました


ここまで具体的には言っていませんが、一部を発表したのが昨年の演説大会です。


そして、実際に私の人生は激動でした。


2月末で実質の退社


3月~4月は友人の選挙応援と大学入学


7月までかけて、組織作りとプロ講師の資格取得


5月には、皇居勤労奉仕に参加して、天皇陛下、美智子皇后、皇太子殿下のご会釈を賜りました。


そういえば、今週の月曜日に九段下から皇居の桔梗門の辺りまで散歩をしていたら、美智子皇后がお車でお出かけになるところにたまたま立ち合う事が出来まして、私を含めた数人国民に対して、お寒いのにわざわざお車の窓を開けて手を振って下さいました。


感動で周りの皆も言葉を失っていましたね。


話を戻して、6月には沖縄の問題を勉強する旅行に参加


7月には、被災地ボランティアに参加、そして出身高校の勉強合宿のスタッフ参加


8月は京都へ2週間住み込みで大学の授業を受け


9月は教育実習へ3週間


10月には演説大会のエントリーをして


11月にはTPP反対のデモに初参加


12月には大学受験アドバイザーと、富士学苑での仕事を開始


1月には今年の演説大会への決勝進出を決めましたね。


本当に、毎月必ず人生で初めての経験をたくさんしていますし、充実した日々になりました。


昨年の演説大会へ出場すると決めて、仕事を辞めて人生の岐路に立つと決めて、皆さんの前で自分の考えを発表すると決めた瞬間から、必然かのようにたくさんの事が起こり続けています。


もちろん、ここに書ききれないことや、書きたくても書けなけどものすごく自分の中では大きい事もまだまだあります。


そんな充実した毎日を送らせてくれたのが、昨年の演説大会だったと言えます。



さて、ではここまでが昨年の演説大会の事だとして、ここからは今年の話。


そうそう、すっかり書き忘れていましたが、今年の演説大会は昨年と同じで入賞ならずでした。


ほら、この軽く結果を発表出来るテンションというかノリが、もう既に昨年と違いますね。


後述しますが、今年はあまり結果を気にしてませんから。


比較として、昨年の結果ご報告をした記事を抜粋してみましょう。



『昨日建国記念の日、私がここ半年以上の間、心血を注いできた、第三回国護り演説大会の本戦がありました。


以前からお知らせしているように、始めのエントリー594名の中、本戦出場8名。


この私を含めた8名が、昨日は東京都千代田区九段下の九段会館で演説を繰り広げたのです。


前回大会をはるかに上回るレベルと感動がの嵐が渦巻く中、現在の日本が置かれた危機的状況について再考する一日となったのではないかと思います。


本ブログの読者様の中には、行きたい気持ちを持つ反面、残念ながら会場にお越しになれなかった方も、多くいらっしゃるでしょうから、遅ればせながらこの場を借りて結果の発表をさせて頂こうと思います。


結果は、惜しくも入賞ならず。


残念な気持ちはもちろんありますが、何より清々しい気分です。』



ほら、重たいでしょ(笑)今年はそんな感じでは全然ありません。


なぜなら、今年に関しては初めから優勝なんて狙ってなかったからです。


というと、言い訳かと突っ込まれそうですが、本心で優勝を狙ってなかったのだから仕方ありません。


では、何のためにエントリーしたのか、そして頑張って決勝に出るまで文章を作りこんだのか


それは、一つは恩返しです。


上記の通り、私の人生は昨年の大会で大きく舵を取り、充実感に満ちて満足のいく毎日が送れるようになりました。


たくさんの物を貰って、貰いすぎました。


だからこそ、私は今年の演説大会にも出場して、大会のレベルを上げようと思ったのです。


ご興味があれば検索して動画をご覧になってほしいのですが、私の演説内容は他の人とはちょっと雰囲気が違います(笑)


つまり、私のような演者がいた方が、演説大会自体も引き締まるし、内容としても面白いかと。


実際に、私のテーマについて少し詳しいような方々から話を聞いたところによると、中々に面白く気味が良い内容だったと、(私にとっては)最高の褒め言葉を頂きましたし、ニヤニヤしながら聞けたと。


逆に、優勝した阿部さんのような、若くて可愛くて、多数の方から共感を得られるような方こそ、やはり優勝した方が良いでしょう。


私みたいなアウトローなヤカラが優勝するよりも演説大会の未来が明るいと思うんですね。


だったら、昨年の経験もありますし、多少は演説の仕方も心得ている私が全力で取り組むことにより、大会のレベルが上がって


そして、大会主旨である『若者が国護りの意識を持つこと』に少しでも大きく貢献できれば、私としては大満足です。


実際、私としてはその役割はまあまあ果たせたかなと思いますので、本当に大満足、一篇の悔いなしですから(笑)。



そして、それよりも私はこれからの人生の展開にワクワクしています。


昨年でも、これだけの影響力を持った演説大会ですから、きっと今年の演説大会を機にしても、色々と変化があるでしょう。


実際ありそうな予感がプンプンしています。


大会後の疲れと仕事がたまっていて、やっとこうして後記が書けるようになったような状態ですが、今も私はずっと動き続けています。


是非、今後の私の動きを楽しみにして、このブログもご愛顧いただけると幸いです。