・・・   旅と映画とB級グルメ と ちょっと本 のブログ

 ...........   旅と映画とB級グルメ とちょっと本 を紹介しています
 ...........    旅の 思い出と 東欧 トルコの映画 の紹介と本の紹介

旅と映画とB級グルメ と ちょっと本



$・・・   旅と映画とB級グルメ と ちょっと本 のブログ


テーマ:

カマラ・デ・ロボスの小さな港
ウインストン・チャーチルは1950年代にマデイラ島に2度来ている。フンシャルのホテル・リッツに泊まっていたが、カマラ・デ・ロボスまで来て絵を描いていた。チャーチルが座っていたベンチが今でも残っていて、近くの家の壁にはチャーチルの姿が描かれている

580メートル、高いガラスで、その中断プラットフォームで有名で、それは、ヨーロッパで最も高い岬です。
崖のふもとに耕作地の小さな領域 - - との壮大なパノラマビュー580メートル、海抜ヨーロッパで最も高い岬に位置するカボGiraoの観点は、、牧場とケープGiraoの目まいがするようなビューを提供しています海とカマラ・デ・ロボス自治体や.展望台は、リハビリ工事が施されたスカイウォークと呼ばれる、ガラスに懸濁プラットフォームを構築されました。
それはパラグライダーとベースジャンプのための絶好のロケーションです。 最近、ポルトガル語パラシュートマリオ・パルドは、ここで壮大なオートバイのジャンプを行いました。ポルトモニスの自然のプールがあり、天然のプールの塩水の村に位置している海は自然に来る火山岩で構成されるIg São Vicente (Madeira) reja matriz 聖母教会

AD
いいね!(5)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

「トボガン」とは山の多い地形のマデイラ島で生まれた交通手段で、人が2人から3人入れる木製の籠に、また木製のそりをつけたような面白い乗り物です。
当時は家の主人が、奥さんまたは娘さんなどを、丘の下の町まで送る手段として使われていたもので、主人はそのトボガンを引っ張って坂を滑らせると、自らもそのそりに乗り、数あるカーブを自分の足だけでブレーキをかけつつ、巧みに切り抜けて町まで送ります。
そんな当時の交通手段の一つだったトボガンが、今は観光用の乗り物となっています.トボガンは現在2人の男性によって引かれ、マデイラ島モンテの丘をすべり降ります。
大航海時代の船が港にありました

フィシュスープは魚の身が多く入っています。
bacalhau バカラオ(塩タラ)大航海時代の食糧だからポルトガルの伝統食です。

デザートは甘いプリン ナッツが入っていて美味しい

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イベリア半島リスボンから大西洋へ

マデイラ島 サトウキビとワイン歴史

『闇の河 THE SECRET RIVER』を読んでオーストラリアの開拓者がマデイラワインを飲む話が出てきました。 マデイラワインて何?

そこで、今回の旅の目的地の一つとして行ってみることにしました。 

 

マデイラ島は1419年にポルトガルの船員トリスタン・ヴァス・テイシェイラ、Perestreloとジョアン・ゴンサルヴェス・ザルコによって発見されました。

島のポテンシャル、ならびにこれらの戦略的重要性を指摘したが、1425年の周りに、島の植民地化を開始しました。

その決済の開始時に迅速な大都市にフンシャル率直な経済的繁栄を与えたようなサトウキビなどの一部の農作物を、導入されました。

マデイラ島の「マデイラ」という名称は「木」を意味し、その名の通りびっしりと樹木の覆われた島であった。開拓者はこの木々に火を放って焼き払ったため、火山岩の上に焼けた木が重なりマデイラ島独特の土壌が形成された。そして、15世紀以降マデイラ島はヨーロッパとアメリカ大陸や喜望峰周り航路の中継基地として栄えた。この頃からマデイラ島ではワインが主要な輸出品であった。

イギリスは、自国の植民地にロンドン発のイギリス船以外の入港を認めない方針を打ち出したが、1661年にポルトガル王女のキャサリンと結婚したチャールズ2世は、マデイラ島から直接イギリスの植民地にワインを提供することを認めたため、アメリカ大陸を始めとしたイギリスの植民地では、マデイラ島産のワインが飲まれるようになった。

マデイラ・ワイン独特の加熱処理は17世紀に始まったと言われている。イギリスとインドを往復した船に積まれていたマデイラ島産のワインが、赤道付近を航海する時の暑さのために独特の風味が出て美味しくなったことにヒントを得て、加熱処理が行われるようになったとされる。なお、人工的に加熱することによって熱帯の気象に曝されたのと同じ効果を得ようと、様々なアイディアが試されたという。

 

 

ローカルバスでフンシャル町に向かっています。急な坂とカーブが多い道を進みます。果物も種類が多い。ロープウェイでモンテへ マデイラ島は、ヨーロッパ最西端の国ポルトガルの首都リスボンから約1000キロメートルの北大西洋上に浮かぶ。冬でもハイビスカスの花が咲き、バナナの木が険しい斜面に茂り、北ヨーロッパの人々が、‘太陽’ と‘夏’ を求めてやってくるヨーロッパ有数のリゾート観光地である。港には豪華客船が入港しています。

甘口の赤ワインを飲む

食事は黒太刀魚のフライと島バナナ

黒太刀魚は身が柔らくい美味しい。

島で取れた果物の盛り合わせのデザート

AD
いいね!(8)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。