・・・   旅と映画とB級グルメ と ちょっと本 のブログ

 ...........   旅と映画とB級グルメ とちょっと本 を紹介しています
 ...........    旅の 思い出と 東欧 トルコの映画 の紹介と本の紹介

旅と映画とB級グルメ と ちょっと本



$・・・   旅と映画とB級グルメ と ちょっと本 のブログ

NEW !
テーマ:

壇ふみ のお父さん 壇一雄がポルトガルに滞在していた時代に覚えた料理
鱈料理で有名なレストラン「laurentina o rei bacakahu」 千切りタラ、玉ねぎ、卵、ポテトスティックで作られているブラジャーのタラ

世界的な理解、タラの物語は​​千年です。 九世紀からのヴァイキングは、タラマダラ属のmorhuaの発見の先駆者と考えられています。 彼らはほとんどその重量の五分の一を失い、海だった長い旅行に粉々に消費される、木の板のように硬化するまで、唯一の屋外の魚を乾燥させ、全く塩を有していませんでした。

バスクはすでに塩を知っていたし、1000年には、硬化させ、塩味、乾燥タラの商取引を開催したレコードがあります。

しかし、ポルトガルは素晴らしいナビゲーション時には、15世紀に発見した後、彼らの食事では、この貴重な魚の大衆化を最初に導入しました。 彼らは、大西洋を横断する三ヶ月以上、時にはリードし、長い旅行をサポート腐りやすいなかった製品を、必要としていました。

また、ポルトガルは、私たちは1508年にタラがポルトガルで販売された魚の10%に既に相当する記録がある1497に発見のためだったニューファンドランド(カナダ)、釣りのタラを行くことが最初でした。  1596年には、国王マヌエルの治世中に、エントレ・ドウロ・電子ミーニョのポートでニューファンドランドの漁業の十分の一を充電。

タラはすぐに食事に組み込まれ、ポルトガルの主要な美食の伝統の一つ今日ました。 だから、ポルトガルは世俗と「忠実な友人"の愛情を呼び出す最大の世界コッド消費者となりました。

 表の栄養素
タラは、魚、乾燥塩漬けと自然に新鮮な魚のすべてのプロパティを保存、調製されます。
それは、栄養価の高いおいしい、消化しやすい、ミネラルやビタミンが豊富で、コレステロールはほぼゼロです。 タラは、魚、肉、鶏肉よりも栄養です。 それは、健康的で、完全に自然です。 世界的な理解、タラの物語は​​千年です。 九世紀からのヴァイキングは、タラマダラ属のmorhuaの発見の先駆者と考えられています。 彼らはほとんどその重量の五分の一を失い、海だった長い旅行に粉々に消費される、木の板のように硬化するまで、唯一の屋外の魚を乾燥させ、全く塩を有していませんでした。

バスクはすでに塩を知っていたし、1000年には、硬化させ、塩味、乾燥タラの商取引を開催したレコードがあります。

しかし、ポルトガルは素晴らしいナビゲーション時には、15世紀に発見した後、彼らの食事では、この貴重な魚の大衆化を最初に導入しました。 彼らは、大西洋を横断する三ヶ月以上、時にはリードし、長い旅行をサポート腐りやすいなかった製品を、必要としていました。

また、ポルトガルは、私たちは1508年にタラがポルトガルで販売された魚の10%に既に相当する記録がある1497に発見のためだったニューファンドランド(カナダ)、釣りのタラを行くことが最初でした。  1596年には、国王マヌエルの治世中に、エントレ・ドウロ・電子ミーニョのポートでニューファンドランドの漁業の十分の一を充電。

タラはすぐに食事に組み込まれ、ポルトガルの主要な美食の伝統の一つ今日ました。 だから、ポルトガルは世俗と「忠実な友人"の愛情を呼び出す最大の世界コッド消費者となりました。

 表の栄養素
タラは、魚、乾燥塩漬けと自然に新鮮な魚のすべてのプロパティを保存、調製されます。
それは、栄養価の高いおいしい、消化しやすい、ミネラルやビタミンが豊富で、コレステロールはほぼゼロです。 タラは、魚、肉、鶏肉よりも栄養です。 それは、健康的で、完全に自然です。(お店のブログより)
 

アルファマ(Alfama)は、ポルトガル・リスボンの旧市街。行政区の一つ。サン・ジョルジェ城とテージョ川の間の丘陵に広がる。名前の由来はアラビア語のAl-hamma、「泉」もしくは「風呂」を意味する。多くのファド酒場やレストラン、重要な歴史的建造物がたつ。ファドは22:30以降は食事なしでもいいので。
時間までアイスクリームを食べる。
ファドは、ポルトガルに生まれた民族歌謡。ファドとは運命、または宿命を意味し、このような意味の言葉で自分たちの民族歌謡を表すのは珍しい。1820年代に生まれ、19世紀中ごろにリスボンのマリア・セヴェーラの歌によって現在の地位を得た。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

司馬遼太郎がポルトガルの南部はコルクの木しかない。と南蛮紀行で言ったように貧しい大地が続いている。
ラゴース→トゥネス→高速列車AP→エヴェラエヴォラ大聖堂 - 1280年から1340年の間に主に建設されたエヴォラの誇る大聖堂。1335年頃に作られた使徒の像を伴った入り口と美しい教会堂の身廊と回廊を持つ。(十字形教会堂の左右の)翼廊のチャペルの1つは、マヌエル様式であり、メイン・チャペルは、バロック様式である。また、パイプオルガンと聖歌隊用の部屋はルネサンス様式である。エヴォラ大聖堂 - 1280年から1340年の間に主に建設されたエヴォラの誇る大聖堂。1335年頃に作られた使徒の像を伴った入り口と美しい教会堂の身廊と回廊を持つ。(十字形教会堂の左右の)翼廊のチャペルの1つは、マヌエル様式であり、メイン・チャペルは、バロック様式である。また、パイプオルガンと聖歌隊用の部屋はルネサンス様式である。アレンテージョ地方を旅してよく見かけるのがコルク樫の林です。ポルトガルでコルク製品の生産が盛んなのは良く知られていますが(全世界のコルクの生産量の約55%、コルク製品の約75%がポルトガル製!)、ポルトガルの中でもアレンテージョ地方から南部のアルガルヴェ地方で栽培が盛んです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

サン・ヴィセンテ岬
 現在の灯台は、1846年に16世紀のフランシスコ会修道院の残骸の上に建設されたものである。聖ヴィセンテと聖フランシスコ・ザビエルの像は、サグレス岬にある最寄のノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ教会に移された。この灯台は、世界で最も忙しい大洋航路のひとつを守る、ヨーロッパで2番目に強力なものである。その2つの1000ワットの灯りは、60km離れたところでも見ることができる。

灯台の光はなぜ遠くまで届くのか 時代を変えたフレネルレンズの軌跡 (ブルーバックス)
作者:テレサ・レヴィット 翻訳:岡田 好惠
 

『メデューズ号の筏』(メデューズごうのいかだ、フランス語: Le Radeau de la Méduse)は1818年〜1819年、フランスロマン主義派の画家・版画家テオドール・ジェリコーによる油彩画で、フランスパリのルーブル美術館に所蔵されている。(大きさにびっくりして記憶に残る作品ですね。随分昔に見ました。)
この海難事故を無くすために必要なのが遠くまで光を届ける 灯台が必要だった。
その灯台のレンズと制作するまでのフランネルの物語。

海難事故の原因の多くは、嵐や荒波にやられて行方不明になるというものではなく、座礁による沈没だった。もちろん19世紀初頭にも灯台はあったのだが、その数は少なく、なにより1つ1つの灯台が発する光が弱すぎた。LEDはもちろん、白熱電球すら発明される前の時代なのだから無理もない。その時代に使われていた炎と鏡の組み合わせという様式の灯台は、2000年前にギリシャ人によって建設されたアクレサンドリアの灯台と、科学的にはほぼ同じ進歩のないものだった。

本書は、そんな暗く危険だった海に、希望の光を灯した画期的なレンズの発明を巡る物語である。この物語には、光とはなんであるかという自然科学的探求、科学者たちの縄張り争い、最新の科学的知見の実用製品への落とし込み、量産段階へ移行することの困難さ、革新的なテクノロジーが社会へ与える大きな影響、という科学読み物に必要な要素が余すことなく詰め込まれている。ミシシッピ大学のマクドネル・バークスデールカレッジ歴史学科長である著者は、このレンズ発明の科学的背景を説明するにとどまらず、そこにまつわる人々の姿をじつに生き生きと描き出すことに成功しているのだ。

科学の時代が幕を開け、産業革命で進歩のスピードが加速的に増していった時代をダイナミックに生き抜いた科学者、技術者、政治家たちの生き様にはワクワクせずにいられない。例えば、後に政治家としても活躍するフランス人物理学者フランソワ・アラゴの人生はその前半部分だけでお腹いっぱいになるほどにドラマチック。若かりしアラゴは研究のために訪れたスペインでスパイに間違えられ収監されてしまう。その後脱獄に成功し、フランス船に乗り込み無事祖国に帰れると思ったのもつかの間、今度はその船がスペインの海賊に襲われ、カタルーニャで再び捕らわれの身となる。そして、3ヶ月後フランス軍に助けられたと思ったら、なんやかんやでアルジェリアの太守の奴隷となってしまったが、あの手この手で無事フランスに帰り着いたという。

アラゴの経験は何とも興味深いものではあるが、彼は本書の主人公ではない。ラプラスやポワソンなど科学界の巨人たちも登場するが、彼らも主人公ではない。本書の主人公は、子どもの頃には「頭の回転がにぶく」、「8歳になるまで、ほとんど字が読めなかったと言われている」オーギュスタン・ジャン・フレネルである。オタク的とも思われるフレネルの執着心と確かな理論が、人類に光をもたらすフレネルレンズを生み出したのだ。

この時代のヨーロッパ科学界は光の本質をめぐって、光を粒子であると信じる“粒子信奉派”と、光は波であると信じる“光波信奉派”の戦いが繰り広げられていた。「光はごく小さな重さのない粒子」であるとするニュートン学説は強力で、フランスでは粒子信奉派が優勢であり、エコール・ポリテクニークでのフレネルの教官もニュートン説支持者だった。しかし、ニュートン説には「光の回折」という厄介な現象がつきまとっていた。光の回折とは、小さな穴を通り抜けた光が通過した穴よりも大きな光と影の模様を作るような現象のことで、光が粒子であれば起こりえないはずだった。そのため、光の回折は科学者たちに謎であり続け、その発見から100年以上が経過しても明確な説明を提示した者はいなかったのである。(村上 浩書評より)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。