・・・   旅と映画とB級グルメ と ちょっと本 のブログ

 ...........   旅と映画とB級グルメ とちょっと本 を紹介しています
 ...........    旅の 思い出と 東欧 トルコの映画 の紹介と本の紹介

旅と映画とB級グルメ と ちょっと本



$・・・   旅と映画とB級グルメ と ちょっと本 のブログ

NEW !
テーマ:

                                                                  

世界のじゃがいも料理

著者名: 誠文堂新光社 編

世界でもっとも愛され、食べられている野菜といえば「じゃがいも」。南米・アンデスで生まれたこの野菜は、新大陸発見とともにヨーロッパに渡り、アジアへと広まりました。荒れた土地でも育ち、収穫が早く、しかも栄養が豊富。決して派手な存在ではないけれど、ある国では主食として、そしてそれぞれの国で食卓になくてはならない食材として確固たる地位を築いています。そんなじゃがいものルーツをたどりながら、各国の郷土色あふれるじゃがいも料理を紹介します。
 日本で評判の高い各国の専門料理店のシェフや料理研究家による多彩なじゃがいもレシピを美しい写真とともに収録。現地で欠かせない食材や調味料、またその料理のルーツや名前の由来など、背景にあるストーリーも紹介します。
 現地取材も豊富。じゃがいもの種類が300種とも4000種ともいわれる原産国ペルーでは、年に一度のじゃがいも祭りを取材。ペルーからヨーロッパに最初にじゃがいもが渡ったとされるスペイン、ポルトガル。じゃがいもを主食といってよいほどよく食べるポルトガルでは、市場や家庭のじゃがいも料理を取材。また、じゃがいもで食糧難を乗り切ったアイルランドでは、じゃがいも農家取材と、パブやレストランのじゃがいもの付け合わせのスタイルなどを紹介。すべてのじゃがいもラバーに捧ぐ、じゃがいも料理本の決定版。(出版社の紹介記事より)

 

旅で食べたじゃがいも料理 食べたいの料理を選んでコメントしてね。
ポルトガル  

①カルネ・デ・ポルコ・アレンンテジャーナ

豚とあさりのアンテージョ風炒め 日本にはない組み合わせ アサリの出しでジャガイモを食べる。

②干しタラとフライトポテトの卵炒め バカリャウにジャガイモと卵がよく合います。ジャガイモの味付けに干しタラ
③「タンザニアのオムレツ フレンチフライポテト入り タンザニア鉄道を横断中に駅の停車時間に昼食に食べた。 


④キルギス 肉じゃが 羊か馬の肉 これが美味しくジャガイモにあう


⑤インド カレーコロッケ 特急列車の車内販売で食べた。


 

⑥スペインの 蛸とじゃがいも ガルシア風 お祭りの場所で出店が出ていた。

⑦ドイツ ブラットカルトッフェェルト ジャーマンポテト ホテルの朝食あるとうれしい。


⑧アイルランド 男爵いも
チップス フィシュ&チップスの店でお酒の締めにアイルランド人はチップスを大量にテイクアウトして持ち帰ります。「アンジェラの灰」では酔っぱらいの叔父さんの持ち帰ったチップスの新聞紙についた油と塩を舐めるマッコートの話が出てきます。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

『ストリート・オーケストラ』映画と本『世界でいちばん貧しくて美しいオーケストラ: エル・システマの奇跡』

『ストリート・オーケストラ』  監督セルジオ・マチャド

スラムに生まれ明日の見えない日々を生きる子供たち。一人のヴァイオリニストが彼らに教えたのは音楽で未来を切り拓くこと!
かつては“神童”と呼ばれたヴァイオリニストのラエルチ(ラザロ・ハーモス)だが、プレッシャーに負ける大人になってしまった。サンパウロ交響楽団の演奏者の最終審査でも、手が震えて演奏すらできなかった。このままでは両親に仕送りも出来ないし、たまった家賃さえ払えない。やむなくラエルチは、NGOが支援するスラム街の子供たちのヴァイオリン教師に応募する。殺伐とした街並みを抜けて学校に着くと、教室は空きスペースを金網で囲っただけで屋根もない。校長(サンドラ・コルベローニ)に促された生徒たちは楽器をギシギシとひっかき始めるが、演奏以前に座り方から教えなければならないレベルだった。
帰り道、ラエルチは二人組のギャングに止められ、菓子屋の店主に「警察を呼ぶ」と怒鳴ったことを責められる。「仕切ってるのは俺らのボス、クレイトンだ」とすごまれ、ヴァイオリンを弾いてみせろと銃を突き付けられたラエルチは見事な演奏を披露し、二人を黙らせる。
そんな矢先、校長から次の演奏会で最高の演奏ができなければ、学校の存続は難しいと宣告される。彼らが音楽に集中できるよう奔走するが、思わぬ事件が待ち受けていた──。
ブラジルのスラム街の子どもたちによって結成されたクラシック楽団「エリオポリス交響楽団」誕生の実話を映画化。バイオリニストのラエルチは、憧れのサンパウロ交響楽団のオーディションに落ち、生活のためにスラム街の学校で音楽教師の仕事に就く。ある日、ギャングに襲われたラエルチは、ギャングを前にバイオリン演奏を披露し、その演奏に感動をしたギャングはラエルチへの銃口をおろす。そのエピソードを聞き、暴力以外にも人を変える力があることを知った子どもたちは音楽が与える喜びを実感し、失意にあったラエルチも情熱を取り戻す。そんな矢先、校長から次の演奏会で最高の演奏ができなければ、学校の存続が難しいという現実を告げられてしまう。監督は「セントラル・ステーション」で助監督を務めたセルジオ・マチャド。
本編を彩るクラシック名曲の数々!
♪モーツァルト
「ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K.216」 「きらきら星 フランスの歌「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲」
♪ブラームス
「弦楽四重奏曲第3番 変ロ長調 Op.67」
♪バッハ「ブーレ」 「無伴奏ヴァイオリンソナタ2番・アンダンテ」 「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番 ロ短調」 「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 プレリュード」 「G線上のアリア」 「マタイの受難曲 BMV.244」
♪ヨハン・シュトラウスⅡ世
「美しき青きドナウ」
♪シューマン
「チェロとオーケストラのための協奏曲Op.129」♪ニコラ・パガニーニ「カプリース20番」♪パッヘルベル「カノン」
♪リスト
「慰め 第3番 変二長調」
♪ヴィヴァルディ
「弦楽のための協奏曲ト長調 「アラ・ルスティカ」」
♪チャイコフスキー
「交響曲第4番」など
ブラジルのスラムで生きるでは希望を持つことが難しい。そこで、導入だれたのがエル・システマ。1975年に始まった教育プログラムで、子供たちに無料で楽器を貸し、本格的なオーケストラでの演奏活動を通じて他人との協調性や社会の規律を学ばせる手法だ。対象となる子供たちの70〜90%は貧困層の出身であり、エル・システマを取り入れた地域では、麻薬や犯罪に手を染める子供が激減。その効果は大きな話題を呼んだ。

 

 

『世界でいちばん貧しくて美しいオーケストラ: エル・システマの奇跡』
トリシア タンストール 著 原賀 真紀子 訳
ウィーン・フィル~ニューイヤー・コンサート2017年はベネズエラ出身で今、最も勢いに乗る指揮者グスターボ・ドゥダメルが初登場
ベネズエラでは、ここ数年『エル・システマ』という音楽育成プログラム発祥地として世界中の注目を浴びている。注目を浴びるきっかけとなったのは、「100年に1人の天才」「クラシック界のスーパースター」などと形容されるベネズエラ出身の指揮者、グスターボ・ドゥダメルの活躍である。20代前半にして、世界屈指のオーケストラから客演指揮者として招待され、26歳からスウェーデン国立管弦楽団エーテボリ響の主席指揮者、28歳からはロサンゼルス・フィルの音楽監督に就任し、現在まだたったの32歳である。エル・システマが生んだ天才として知られている人物だ。
エル・システマは、1975年に始まった教育プログラムで、子供たちに無料で楽器を貸し、本格的なオーケストラでの演奏活動を通じて他人との協調性や社会の規律を学ばせる手法だ。対象となる子供たちの70〜90%は貧困層の出身であり、エル・システマを取り入れた地域では、麻薬や犯罪に手を染める子供が激減。その効果は大きな話題を呼び、現在では日本を含め30以上の国と地域で導入されている。本書は、このベネズエラの奇跡と言われるエル・システマを紹介している。
1976年、アブレウは、この新しく創設されたユース・オーケストラを結成から1年も経たない中で国際音楽祭へと参加させ、誰も想像しなかった快挙を成し遂げた。欧米・日本などの実力が確立されているオーケストラをさしおき、コンサートマスター含めほとんどのポジションでベネズエラ人が最優秀奏者として選出されたのだ。この快挙は世界中の注目と尊敬を集め、当時ベネズエラ大統領はアブレウの活動に予算を分配することを決定する。アブレフはその国家予算を使い、1980年代前半までに50を超える音楽教室を全国各地に誕生させ、音楽家への道が閉ざされていたベネズエラの若者に無料でオーケストラを体験させる活動をしていくのである。まさしくその恩恵を受けたのが、前述の1981年生まれの天才指揮者グスターボ・ドゥダメルである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

『謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉―』を読んで。納豆を食べる。
高野秀行/著
日本は「納豆後進国」だった!?
誰もが「日本独自の伝統食品」と信じて疑わない納豆。だが、アジア大陸には日本人以上に納豆を食べている民族がいくつも存在した。
 日本の納豆とアジアの納豆は同じなのか、違うのか?起源はどこなのか?そもそも納豆とは一体何なのか?納豆の謎にとりつかれたノンフィクション作家は、ミャンマーやネパールの山中をさまよい、研究所で菌の勉強にはげみ、中国に納豆の源流を求め、日本では東北から九州を駆けめぐる。 縦横無尽な取材と試食の先に見えてきた、納豆の驚くべき<素顔>とは?日本人の常識を打ち砕く、壮大すぎる「納豆をめぐる冒険」!


山奥のジャングルで出会った衝撃的納豆ご飯。ぱりぱりと割れるせんべい納豆。元・首狩り族の優雅な納豆会席。中国湖南省の納豆入り回鍋肉。そして日本で見つけてしまった「究極の納豆」。本気度1000パーセントのノンフィクション大作。壮大すぎる“納豆をめぐる冒険” 本の帯と紹介記事より
納豆は煮るか蒸した大豆に納豆菌が繁殖して出来る発酵食品で、特有の粘質物質(糸引き)と濃厚なうま味、迸るほどの栄養価、独特の匂いなど、どれをとっても不思議で神秘的な食べものである。日本人は昔から、これを味噌汁の中に入れたり、ご飯にかけたり、さまざまなものと和えたりして、大いに食べてきた。肉をほとんど食べなかった日本人にとって、味噌と共に貴重な蛋白質の供給源となって、大いに日本人を助けてきた有難い歴史を持っている。
  この納豆は、日本だけにあるものではなく、我が輩が調査してきただけでもミャンマーやタイ、中国南部(雲南省西双版納)、インドのシッキム(ナガランド)、ネパール、ブータンなどにもあった。ただし、その造り方や形状、食べ方などはとてもまちまちで、従って出来上った納豆が、今日私たちが食べているものと同じような風味のものであると考えるのは無理であった。
  さて、高野秀行さんの『謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉―』を読ませていただいた。多くの日本人は、温かいご飯にかけて食べる美味しい糸引き納豆が日本だけのものと思っているので、いきなりこの本の切り出しが、ミャンマーのカチン州の山奥で白いご飯と納豆と生卵と出合って、著者の高野氏が、完璧なまでの日本の納豆と同じ味だった、なんでこんな異国の山の中で、日本と全く同じ納豆があるのだろうか、夢を見ているようだった、と驚いたところから始まるのは、読者にとって先ず衝撃的であろう。
  この不思議な偶然を心の隅に宿して十四年後の二〇一三年、家族とタイ旅行に行った機会に北部山岳地帯に暮らすシャン族の友人に会って納豆と再会。十四年前の不思議が再び鎌首を擡げ、「アジア納豆」という未知なる食の大陸へと入って行った。さて、ここからが本当に面白い。タイ、ミャンマー、ネパール、インド、中国、ブータンをのべつ幕なしに調査して、多くの少数民族の納豆を食べ歩くが、謎は増すばかり。ついには振り出しに戻ってきて、日本の納豆とアジアの納豆との関係はいかに、とばかりに秋田県、岩手県、長野県その他日本国内を食べまくり、調べまくり、気づいてみれば一体何種類の納豆を食べたのか、自分でいくつの納豆を試作してみたのかも数えきれなくなっていた。その間「疑問。発見。驚き。笑い。煩悶。絶句……この連続である」とある。本当に精力的、実に挑戦的、誠に実践的、類稀なる冒険心と好奇心で、納豆を追うわ、追うわ、追い続けるわ。そして最終的には、アジアの納豆と日本の納豆という「二つの未知なる大陸は、『納豆』という超巨大なブラックホールに吸い込まれていった」というスケールで納豆を捉え、展開しているのである。また、日本の納豆を調べているうちに、「千利休や源義家、蝦夷にたどりついてしまうとは夢にも思わなかった」と述べるあたりは、納豆の原点を追い求める著者の姿から、納豆への愛着や憧れを通して叙情詩的香りも漂ってくるように思えてならない。書評小泉武夫より

 


納豆の煎餅はぜひたべてみたい。納豆作りをする。アジアのおばさんたちと納豆を糸のように仲良くなっていく著者の旅はこれからも続いてほしい。次はアフリカの納豆?

 

 

おじさんの好きな納豆
料理 「ふーみんの納豆チャーハン」

パラリと炒められた米に、納豆の風味がふんわり漂うチャーハン。焼き豚と、隠し味というザーサイの塩気でまとめられた、シンプルながらバランスのとれた味。30年以上前会社の近くの原宿ロイヤルマンション1Fの時代によく通いました。現在は骨董通り沿いの地下にある中華店「ふーみん」


最近読んだ「納豆のはなし」あった 北大路魯山人 納豆の茶漬け やってみると美味しい。


納豆の茶漬けは意想外に美味いものである。しかも、ほとんど人の知らないところである。食通間といえども、これを知る人は意外に少ない。と言って、私の発明したものではないが、世上これを知らないのはふしぎである。(北大路魯山人)
舟形納豆

茨城の友人が進めてくれた。美味しい納豆。舟形の容器に包まれた舟納豆(ふななっとう)は、茨城県産大豆を100%使用し、しっかり濃い味の極小粒納豆です。先祖より受け継いだ伝統の味。これは、銀座の茨木マルシェで購入可能らしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。