ピンズ屋ジョーの軌跡

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)広報スタッフが、ゆるく、さりげなく綴る主にピンズに関するブログ


テーマ:

ピンズファクトリーのある東京は8月に入ってから
連日ずっっっっっと雨です。

 

仕事中に聴いているJ-WAVEでは
雨の日に秦基博さんの「Rain」がよくかかっていましたが、
こう毎日が雨だとそうもいかなくなります。

 

さて、そんな雨の日々でも、
そしてお盆の最中でも、
PINS FACTORYは営業をしており、
私は9/6(水)から開催される
第84回東京インターナショナルギフトショーの準備をしておりました。

 

春と秋の年に2回開催されるその展示会に
PINS FACTORYは毎回出展しているのですが、
その都度PINS FACTORYのブースに立ち寄っていただいた方に
ピンズをプレゼントしています。

 

20種類ほどの中から
お一つ好きなピンズを選んでいただく形式なのですが
そのために3~4種類のピンズを新しく製作いたします。

 

今回はその新作ピンズの中の2つをご紹介します。

 

1つ目は「ガス燈」ピンズです。

 

 

 

渋い…。

 

全体が暗めの配色だと
金メッキがとてもよく映えます。

 

この「ガス燈」ピンズのちょうどガス燈部分に
畜光塗料を使用しているので
暗い環境ではぼんやりと光る仕様になっています。

 

暗くなるとこうして光ったり、
そのかたちが浮かびあがったりする効果がありますので
暗い環境でピンズを使ったり、
ギミックの面白さを売りにする場合は
差別化として畜光塗料を使用してみるのも良いかもしれません。

 

そうしたサンプルとしてもぜひどうぞ。

 

残念ながらこの動画では
暗い環境で光っている状態をご披露できていません。

 

人手が足りないので
動画の企画から撮影から編集まで私一人で行っているのですが
きちんと、きれいに暗い環境で光った小さいものを
撮影するのがとても難しかったのです!

 

編集は比較的楽だったのですが、
撮影はとても苦労した挙句に挫折した動画でした。

 

そんなことも含めて展示会の準備に勤しみ、
以前から健康診断で警告されていた痛風も発症して
生意気にもちょっと疲れた2017年の8月上旬なのでした。

 

そんなこんなの日々を過ごした先日、
家で映画「サウスポー」を家で観たのです。

 

ジェイク・ギレンホールが主演をつとめるボクサーの映画ですが、
このジェイク・ギレンホールの筋肉と演技にぐいぐい引き込まれて
気づいたら涙を流してギュッと拳を握っておりました。

 

久しぶりに泣きましたが、泣くって良いです。
心につかえた小骨のようなストレスが溶けて流れ、
自分が再生したように感じましたもの。

 

これは良い。
これからも忙しくなったら泣こうと決めた夜でした。

 

みなさんも忙殺されているときこそ積極的に感動で泣きましょう!
ぜひ、おすすめします。
そして、男性にはぜひこの「サウスポー」をおすすめします。
とにかくジェイク・ギレンホールがカッコイイです!

 

 


PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ピンズファクトリーのwebでは“ピンズ製作実例”として
お客様に許可をいただいて、製作のお手伝いをさせていただいた
ピンズの画像と説明を掲載しています。

 

2006年から始めたこの“ピンズ製作実例”が
過日の5/19(金)で1,000実例という節目を迎えました。

 

これもみなさまのおかげです。
本当にありがとうございました。

 

一口に“1,000実例”と書きましたが
「この実例数は相当すごいことなんじゃ?」
「ギネスに申請しようかしら?」
などと思って調べてみると
世の中にはもっともっと多く実例を
web掲載している企業様がいらっしゃいました。

 

しかし、これだけは言えます。

 

ピンズファクトリーの製作実例はお客様に取材させていただいて
ピンズの画像とともに約800字のテキストも挙げているので
読み応えのある製作実例になっています。

 

例えば
「なんでピンズをつくることになったのか?」
「なぜピンズファクトリーを選んだのか?」
「デザインで苦労したことは?」
「どんな使い方をしているのか?」
「どういう反響あったのか?」
といった、
とても多くの企業・団体様の製作に至った経緯や
プロセスや結果に関するエピソードが掲載されているのです。

 

これだけでも1つの物語として楽しめますが、
デザインや使い方に関する参考になるのではないかと思います。

 

追伸
1000実例に達成したことを記念してPR動画を作りました。
地味な内容ですが、
1000件もの実例画像を素材として使った
この動画は制作にちょっと骨が折れましたので
今夜はビールでも飲みに行こうかと思います。

 

 

 

 

 

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

将棋の藤井聡太四段がデビュー戦以来、
最年少で18連勝を達成したとか。

 

その偉業にご本人は
「18連勝はできすぎ」と仰ったそうな。

 

14歳でその謙遜っぷり、落ち着きっぷり。

 

ファミコンで兄弟喧嘩をしていた自分の14歳と比べると
その態度がすでに「できすぎ」です。

 

ここまできたからには
これからも1勝ずつ積み重ねていただきたいです。
応援してます!

 

さて話はかわって。

 

私たちピンズファクトリーは
ホームページ上でお客様の製作実例を
掲載させていただいております。

 

もちろん、
掲載許可をいただいたお客様の製作実例のみですので
ここに掲載されている例がすべてではありませんが
それでも今まで多くのお客様の製作実例を掲載してまいりました。

 

本日の更新を持ちまして
1000実例を達成いたしました。

 

ホームページの管理業務も行っている私としては
多くの方にピンズを知っていただきたい、
様々なピンズを知っていただきたい、
かっこいい、かわいいピンズの魅力に触れていただきたい
という一心で製作実例の掲載に携わってきました。

 

それが結果として1000実例にまで積み重ねられたのは
もう、本当にピンズファクトリーに関わっていただいた
みなさまのおかげでございます。

 

不遜な物言いになるかもしれませんが
この実例1ページ、1ページは
私たちの誇りと言っても良いほど特別な思いがあります。

 

折しもそうした感慨深いページを1000実例達成した今日、
4月に当社に入社した新入社員歓迎会をこれから迎えます。

 

大きな節目と新しい力。

 

今日は新しい歴史づくりを目指して、
美味いビールを飲んできたいと思います。

 

それでは。

 

 


PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、那須高原に行ってまいりました。

 

4月の那須高原は良いですね~。
何がって観光客がまだ多くないため、
どこへ寄ってもスイスイで
快適なドライブやショッピングを楽しめます。

 

那須高原を車で走らせていると、
「そば」、「パスタ」、「パン」を謳ったお店の看板があちこちで見られるじゃありませんか。

 

これは仕方ないな、とパン屋さんをハシゴすると
まあ、お洒落な店構えだけでなく
おいしいんですよ、これが。

 

納豆でごはんが日常食の私にとっては
パンなんて滅多に食べるもんじゃないので
その良し悪しを判断する味覚に自信がいのですが。

 

そして、パン屋さんって女性客が多いため
なんか私のような中年男性は所在ないのですが、
まあ、おいしい!

 

あまりにもおいしいパンだったので
お店に戻って同じパンを再び買ってしまったほど。
パン工房クーロンヌさんのパンは最高でした。
なんでもこのクーロンヌさんはペンション事業もしていて
敷地内のコテージに宿泊もできるとか。

 

そこでの食事もパン三昧だったりすると
パン好きには夢のような食事でしょうね。

 

あ、HP内に食事のことがあったのでご紹介します。

 

<朝食セット>
パン屋が営むコテージでしか味わえない、焼きたてのパンと料理を小鳥のさえずる気持ち良い緑の中でお召し上がりいただく最幸の朝食をご案内しております。

 

想像するだけで、
パンの香ばしい香りが鼻腔に広がり、
私の心にさわやかな風が吹きました。

こだわりとはこういうことを言うのかもしれませんね。

 

さて話は変わって。
今週の月曜日に雑誌の取材を受けました。

 

年に3回発行するそうで
デザイナーさんが読者に多い、
モノづくりに関する内容の雑誌でした。

 

中身を拝見すると、
まさにデザイナーや販促担当が唸って、
参考書として手元に置いておきたい内容。

 

過去発行のその雑誌の付録が印刷紙のサンプル集なのですが
本体の雑誌と同じくらい豪華で本格的な付録だったり。

 

こういう雑誌から取材のお話をいただくのは
モノづくりのメーカーとしてとても嬉しいですね。
お役に立てたかどうかわかりませんが、
精一杯お話をさせていただきました。

 

ありがとうございました。

 

そういえば、その雑誌のご担当者様が仰っていたのが、
「HPにいっぱい説明を掲載している企業様は、
取材を申し込んでも優しく対応していただけることが多い」とか。

 

その要因もあって今回の取材に当社も選ばれたそうで
これもまた嬉しいお話でした。

 

これからもますますマニアックなピンズの話を
HPに載せていきたいと思いますので
今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が子どもの頃に読んで夢中になった漫画に「コブラ」がありました。
わからない方は原作者の寺沢武一先生のサイトをどうぞ。
http://www.buichi.com/

 

左腕にサイコガンを装備した宇宙海賊で、
甘いマスク、強靭な体、タフな精神力と
男子が憧れる要素3拍子に加えて、
女性への優しさとスケベ心に粋なジョークも満載して
それはもうしびれるほどイイ男っぷりなのです。

 

子どもながらに学ぶことがいっぱいで
男子として血を熱くさせながら
何度も読み返した覚えがあります。

 

さて、自分の情操の基礎を築いたこの「コブラ」ですが、
実はピンズファクトリーの製作実例として掲載されているのです。

 

こちらです↓
http://www.pins.co.jp/products/detail.php?product_id=322

これは株式会社エイガアルライツ様の
プレミアムの一品として製作されたピンズです。

 

はて?
一体、これは何?

そう思った方もいるのではないでしょうか。

 

いやいや。
よく見て思い出してください。

 

そうです。
コブラの宇宙船“タートル号”じゃありませんか!

 

主人公のコブラでもサイコガンでもない。
相棒のレディでもない。

 

コブラを観たことがある人でも、
もしかしたらわからないかもしれないほどの
このタートル号のモチーフ。
 

コブラ好きを自称する私の判断ですが…
これは、実にマニアックで渋いチョイスと
言っても良いのではないでしょうか。

 

そこで疑問が浮かびます。

 

コブラでもサイコガンでレディでもなく、
なぜこのタートル号がモチーフに選ばれたのか?

 

数年前のこのピンズのことですので
今となっては推測にすぎませんが…。

 

その答えはこのピンズを装着していることを
頭に浮かべるとおぼろげながら解かってくるのです。

 

 

 

当時、コブラ30周年のパーティーで
関係者の皆さまが一堂に。
会場には様々なコブラグッズが陳列されており
それらのメインモチーフはやはりコブラやサイコガン。

 

関係者の方々が
お酒などを片手に歓談していると
コブラにはあまり詳しくないゲストの女性がポツリと尋ねる。

 

「あら?その襟元にキラリと光るピンズは一体何なの?」

 

そこで“待ってました”とばかりに私は得意気に答える。
(いつのまにか想像の中に私が紛れ込んだようです)

 

「これかい?
これはコブラの乗っている宇宙船をモチーフにしたのさ。
まあ、わかる人にしかわからないかもね」

 

なんて言いながら
優越感に浸って“コブラ通”ぶるのはまだまだ3流でしょうが。
 

しかし、
このいかにもコブラグッズ然としていないモチーフのピンズは、
さりげなくコブラ好きを表現してとてもお洒落です。


しかも、デフォルメさせて、さりげなさに磨きをかけていますし。

 

このピンズの18mmというサイズは、
一般的な社章のサイズと同じ。

 

社章のようにモチーフをロゴマークっぽくデザインし
オフィシャルな場にも相応しい仕様だけど
ちょいと遊び心も加えた、
洒落た大人のアイテムと言っても良いでしょう。

 

そしてそれはコブラに関係して、
なお且つ限定された人の証でもあるのです。

 

そうしたニクイ意図を感じるために
コブラやサイコガンではないモチーフでも決して地味ではなく、
眩しく見えるほどにとても魅力的なのです。

 

羨ましいです。

 

サブカルチャーの世界に限らず
こうしたモチーフ選びとデザインというのは
ピンズに付加価値を与えるにはとても重要だと思います。

 

コブラをご存じない方。
これを機会に是非読んでみてください。

 

 

 

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。