ピンズ屋ジョーの軌跡

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)広報スタッフが、ゆるく、さりげなく綴る主にピンズに関するブログ


テーマ:

MARVEL好きの私はGW中に
映画「キャプテンアメリカ シビルウォー」を観ました。


ヒーロー達が二派に分かれて対立する内容ですが、
「なぜブラックウイドウはアイアンマン側についたのか?」
というweb記事に目が止まって読み込んでしまいました。


同作のプロデューサーが
彼女の性格やキャラクターとしてのポジション、
ストーリー上の展開の観点からその理由を述べているのですが、
その内容より何より
そうした観点が丁寧にかつ徹底的に話し合われて
あの映画が作られていることにちょっと感動しました。


コミック原作をただなぞって製作されたのではなく、
原作を理解した上で0から肉付けされていくような
そんな感じなのでしょうか。

想像すると気が遠くなるほど大変な作業に感じますが、
それだからこそ飽きずに惹きつけられるのかもしれませんね。
そして、良い作品というのは
得てしてそうやって作られるのかもしれません。

きっと他のモノ作りにも共通することなのでしょう。
勉強になりました。


さて、
最近私はよく公園でピクニックを楽しんでいるのですが、
いつも通り昼寝と洒落込んでいると、
ちょっとした事件が起きたのです。

しかし、ブログが長くなったので
それはまた今度書きたいと思います。


それでは。






PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

日差しは暑く風は冷たい程好い天気の下、
週末に旅に行きまして、
旅先の街をのんびりと散策してきました。


歴史のある建物や有形文化遺産を見ながら
分かったような分からないような顔して
その魅力に深く頷いてきましたが、
やはり現在でもその街で息づいている
商店街のお店を巡るのが楽しいです。


我が家の食卓で刺身を食べる時に使う醤油皿はないかと、
その土地のクラフトビールでも飲みながら
陶器を扱うお店を巡っていたのですが、
なぜか地の野菜ばかりを買ってしまっている始末。


う~ん、やっぱり東京で流通している
野菜とは違ってミネラルが濃いな~。


なんてこれもまた
分かったような分からないような顔して
味わったのでした。

しかし、気ままな旅はこれでイイのです。


そのときに本質など理解できなくても、
なんとなく分かった気になって、
なんとなく幸せな気分になれれば。

さて、その街で時間待ちの間に
ある博物館に入ったのですが、
なんとその博物館が扱う物にちなんだ
ピンズを販売しているのを見つけました。


それがとてもカッコよくって、
これを自分の普段使いの服に付けたらと考えながら
しばし眺めてしまいました。


こうした博物館などで販売するピンズには、
来館の記念としての意義の他に
ファッション性の要素も加えて、
商品として両立できるものなのだなと思いました。


とにかく、
たまにこうして真面目に仕事の事も
思い出させてくれる旅は最高なのでした。



旅



PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

首都圏は桜が咲きに咲いています。


世の中ではあちこちで
花見や新入生歓迎会が行われて
なんか明るく朗らかな気持ちになります。


「2次会に行く人~!」
なんつう声がオフィス街でもこだましていますが、
その2次会にいきなり私が参加しても
酔いでわからないんじゃないかと思うことがあります。

…そんなわけありませんよね。


さて、四月だからか、
職場では営業の電話をよく受けます。


“営業の電話”っていう言葉が
それだけであまり良いイメージを持てないのは、
対応時に私がそうした気持ちになることが多いからなのかもしれません。

当然先方にはこちらに伝えたい主旨があり、
その主旨を効果的に伝えるために
こちらの琴線に触れそうなキーワードを随所に散りばめたり
一見緻密な論理が練られているかと思います。


しかし、こちらが口を挟む余地のないほどに
それらを一方的に話すことは残念ながらよくあるケースです。


ひどいときはそこでお断りしても
後日に人を替えてまた同じ主旨の電話をされたりします。
ぐいぐいと押される感じを受けながらも
また対応するのですが…


そうなるとこっちもほんの少し態度を硬化しちゃったりして。
よくあることです。

どうでしょう?


そこでまた電話でプッシュするのではなく、
そっとメッセージと一緒にピンズでも送ってみては。
あくまでもさりげなく、そっと。


ピンズはまだまだ認知が足りませんけど、
その分、送られたらインパクトはありますからね。


そうしてそっとピンズとメッセージを送ることで
距離感の最適化を図っても良いのかもしれません。







PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は4月1日。
こころなしか通勤電車は
昨日までより混雑していたように思えます。


今日から新しい環境で仕事をされる方も
多いのではないでしょうか。


私が師とも兄貴とも仰いでいた方が
仕事の関係で遠方に赴くことになりまして
なかなか寂しいものがあります。


仕事でたまに味わう恐怖にも似たその緊張感も
酒席でたまに味わうそのだらしなさも
今となってはしんみりと良い感傷でしかありません。


4月というのはこうしたものなのでしょう。


これまで一緒に戦ってきた仲間、
おつき合いのあったお客様、
お世話になりっ放しだった業者様。


いずれも環境が変わることで
今までと同じおつき合いは出来なくなるのは、
“わかっちゃいるけど”寂しいものです。


そして、気付くのです。


自分にとって
この方々とのつながりは大きな財産だったと。


また以前のように一緒に真剣に仕事をしたり、
酒でも飲んでくだらないことで笑いたいものです。


そうした方々に大人な流儀として
ピンズを添えたメッセージをしたためたいものです。




PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私より年代の下の人と話している時、
特に酒を飲みながら話している時に聞くのが
「ぶっちゃけ」という言葉です。


この「ぶっちゃけ」は前後の話の流れから推測すると、
「思い切って腹を割って話すと」
といった意味で使われているいようです。


私はこの言葉が好きじゃないですし、
その勢いある音とは裏腹に、
たいていの場合は大したぶっちゃけ内容ではないので、
実際はただの枕詞になっているような気がしますが。


そんなぶっちゃけ話も
周りに共感する者がいれば、
急に仲間意識が芽生えたりして
その場がとても盛り上がることは間違いありません。

「言いづらいけど実は…」


そんな内容が「ぶっちゃけ」の後に語られて
共感が得られれば仲間が増える。
この「言いづらいけど」というのがミソで
それは他の人も同様に
表立って言えなかった前提から同じ思い
だからこそ仲間意識が芽生える気がします。

なんとなく言いづらい事ってありますよね。
風潮に逆らって口にするのはどうもなあ、っていうこと。


そういったメッセージに遊び心を足して
ピンズにするのはもしかしたら面白いんじゃないかと思いました。
そうしたメッセージはTシャツや缶バッジのデザインには
すでにあるのですが、
元々カジュアルなグッズなために
そのマッチングにはなんの違和感もありません。

しかし、ピンズは利用方法、材質、製作方法から少し硬質です。
国際的な会議や競技を始め企業の社章としても使われているため
それだけでフォーマル感がありますし、
手軽なプリントで製作できるものではないために
手間もコストもかかっている感もあります。
(1個のピンズを作るためにも金型から作らなければならないし、
何人も関わっているために実際に手間はかかります)


そのピンズで軟質な、抒情的な、最小公倍数的なメッセージを
発せられれば必然的にギャップが遊びを生むような気がするのです。


実用的ではないかもしれませんけど

これも立派にメッセージの共有です。


しかし、そのピンズをスーツかジャケットに着けた人が
ずらっと並んでいるところを想像するとちょっと笑えます。


さて、東京は花見の時期ですが、
まだ1分咲きってところでしょうか。
先週末の公園などでは
ほとんど咲いていない桜の木の下で
お酒を楽しんでいる方々を見かけて少し滑稽でしたが。

それも仕方ありません。
以前からみんなで予定していたけど
当日は咲いていなかったということなのでしょう。


それよりも日本人はどの国の人以上に
桜の開花を楽しみにする性質が
DNAに書き込まれている気がしますしね。








PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。