ピンズ屋ジョーの軌跡

PINS FACTORY(ピンズファクトリー)広報スタッフが、ゆるく、さりげなく綴る主にピンズに関するブログ


テーマ:

♪うぇんざないっはずかむっ…


12歳の少年達が死体を見に行く
映画「STAND BY ME」を久しぶりに観ました。


自分が思春期に観た情感が再度起こることを期待したのですが、
40歳を過ぎた今の私がそんなものを感じるわけもなく
こんなもんだったっけ?と少し拍子抜け。


と思ったら。


「私はあの12歳の時のような友人は得られていない。もう二度と…」


という、
大人になった主人公がラストで締めくくった言葉に
40歳を過ぎた私は妙に考えさせられたのでした。

自分の人生を振り返ると
決して文字通りそんなことはなく、
12歳でも15歳でも20歳でも、それ以降でも、
共に過ごした友人は各々勝るとも劣らない貴重な出会いです。


大事な友人や仲間には違いないけども、
何かの拍子で関係が遠くなることがあるのも確か。
そして、ある友人とはそのまま再会する事もなく、
ある友人とはふとしたきっかけで再び友情を温めたりもする。

それが古い友人や強烈な体験を共有した仲間だったら、
なおさらまぶしく、感慨深く感じられるんですよね。


強い、太い仲間意識でたくましく感じる事もあれば、
儚げで切れそうな細いつながりにも見えたりして。


今回はそういうときの仲間内の共通の印として
こんな感じで ピンズを活用されました。
中学校同窓会のピンズです。
(このピンズは私の縁遠からぬ友人から製作相談が
あったものですのでここで紹介させていただきます。)


「STAND BY ME」の少年達のように
一瞬でも感情や体験を強く共有した友人達との再会。
ときにはレモン色の恋もしたことでしょう。


卒業以来、数十年。


その年月は、
オレとお前と大五郎ってな感じで
すぐにガッチリと旧交を温められるケースばかりでなく、
再会すれど「おや?誰かしら?」っていう場合も多いものですね。



ここでPINS FACTORYのピンズに対する考え方を紹介します。


-----------------------------------------------


私たちのミッションは、“We give small things
the power to tell yo ur best message.”です。
つまり、“小さなもの(ピンズ)”にお客様の発する
大切なメッセージを“語る力”を与えることです。


最も重要なのは、もちろん受け取った人にすぐに
メッセージを想起していただくことです。しかし、
5年、10年、20年・・・と経って、ピンズを手に
する人が、「あの日」「あの場面」を、手のひらにあ
る“小さなもの”を渡した人の笑顔と共に思い出す
時こそ、私たちの仕事のうちの“いくばくか”が完了
する時だとも思うのです。 このミッションのために、
ピンズファクトリーは存在しているのです。


------------------------------------------------


同窓生という人と人とのつながりの中で
ピンズがこのような役割を果たせれば、
これはもう、じんわりと幸せなことだと思いました。




PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

“ 物があまりにも多くありすぎるのはいけないが、
上質なウイスキーが多くありすぎるのは良いことである ”
マーク・トゥエイン




スキットルピンズを作りました。


さて、スキットルとは?


西部劇やハードボイルド映画の登場人物が
ポケットから取り出してウイスキーを煽る、
あの携帯用ボトルのことです。


調べると世の中で販売されている
スキットルというのは、
金属の質感を活かしたデザインで
まあ~、カッコイイものばかり。


武骨なフォルムもそうですが、
金属面に施されたデザインがニクイほど魅力的なのです。


このスキットルに入れるのはウイスキーが前提。
日本酒でもダメですし、そばつゆなんて論外です。
ウイスキーをこいつで含んで、
喉の奥が熱くなるのをおかまいなく胃に流し込む。


これが無頼漢。
これぞアウトサイダー。


いつかコイツが似合う男になりたいと思ってはや中年。
くすぶり続けていたその気概と憧れを
今回のモチーフにしてピンズを製作しました。






ブラック、ピンク、イエローの3種類。
試しにそれぞれ異なるメッキを施したら
どれも良かったのであえてメッキは統一しませんでした。
ニッケル、アンティークシルバー、サテンシルバー。

どのメッキの金属感も気に入っています。


ウイスキーという名称は、
ラテン語の ”aqua viate”(アクア・ヴィテ「命の水」の意)に由来し、
これをスコットランドやアイルランドで逐語翻訳した
” uisce beatha”(ウイシュケ・ベァハ)の“水”の部分の
” uisce”(ウイシュケ)が訛って「ウイスキー」となったとか。


そのウイスキーの愛飲家だったのが作家マーク・トゥエイン。


「トム・ソーヤの冒険」「ハックルベリー・フィンの冒険」で著名な作家です。

そのマーク・トゥエインが
「ウイスキー好き」という嗜好性を象徴するのが冒頭の名言です。


“ 物があまりにも多くありすぎるのはいけないが、
上質なウイスキーが多くありすぎるのは良いことである ”


このマーク・トゥエインの名言を英字表記した台紙に
男の(いや、私の)憧れを詰めたスキットルピンズをセットして、
9月7日からのギフトショーでプレゼントいたします。






スキットルピンズ自体が展示会だけでプレゼントするものですが、
この台紙も初回だけのセッティングになります。

無くなり次第終了ですので、
ぜひ東京ギフトショーに遊びに来てください。
お待ちしております。



■第82回東京インターナショナルギフトショー2016秋
期間:2016年9月7日(水) 〜 9日(金)
開催場所:東京ビッグサイト
ピンズファクトリーのブース:東2ホール T11-13



PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、お知らせいたせしました
葛飾北斎の冨嶽三十六景シリーズ「神奈川沖浪裏」のピンズを
100名様にプレゼントいたします。


来週のメルマガでお知らせいたしますので、
普段はメルマガをスルーしがちな方は
見逃さないようお気をつけください。


そしてどしどしご応募ください。


今日は朝から人間ドックでしたが、
体重が昨年比8キロ減でした。
体重が減ると
あらゆる数値が改善されており
これはこのままの調子で生きていれば良いんだと、
つまり「これでいいのだ」
とごまかしのきかない数値に肯定されているようで
とても心強く感じたのでした。


PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。


少女の輪郭より外郭は黒く塗りつぶされて異次元を思わせるこの絵は、
それだけに少女自体と少女が身に着けるものはとても綺麗に見えます。


この絵に代表されるようにフェルメールは
顔料の藍色を巧みに使用して数々の名作を創出したようです。
そのウルトラマリンブルーの藍色を“フェルメールブルー”というらしいです。


日本では葛飾北斎がやはり藍色を使って多くの浮世絵を創作したのだとか。
中でも「冨嶽三十六景」では富士山や空、海の色などに
その藍色が施されているように見る事が出来ます。
現代ではその藍色を“北斎ブルー”というようです。

確か、北野武監督の映画の独特なブルーの映像を
“北野ブルー”と呼んでいた気がします。
しかし、“ブルー”というのはそうした芸術家に
好んで使われることが多いのでしょうかね。


さて、その“北斎ブルー”を施された「冨嶽三十六景」の中で
“赤富士”で親しまれている「凱風快晴」を以前ピンズにしましたが、
今回は「神奈川沖浪裏」をピンズとして製作しています。
もちろん、みなさんに無料でお配りする用途です。


この絵の構図には、
自然界にある美しさの法則の一つである
黄金比のらせんが見られるとか、見られないとか。


このピンズがようやく試作品が出来ました。
あとは量産製作を進めるだけ。
7月上旬には出来上がると思いますので、
そうなりましたら皆さんにプレゼント告知をしたいと思います。





そういえば「冨嶽三十六景」は、
次期パスポートの見開きページのデザインに
採用されるとニュースで報道されていました。

以前浮世絵展を観に行ったときに驚いたのですが、
「冨嶽三十六景」を所蔵しているのがほとんど外国なのですよね。
それだけ外国の人々には親しみも人気もあるのでしょう。


このシリーズを全てピンズにして並べたら壮観だろうな。


PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

MARVEL好きの私はGW中に
映画「キャプテンアメリカ シビルウォー」を観ました。


ヒーロー達が二派に分かれて対立する内容ですが、
「なぜブラックウイドウはアイアンマン側についたのか?」
というweb記事に目が止まって読み込んでしまいました。


同作のプロデューサーが
彼女の性格やキャラクターとしてのポジション、
ストーリー上の展開の観点からその理由を述べているのですが、
その内容より何より
そうした観点が丁寧にかつ徹底的に話し合われて
あの映画が作られていることにちょっと感動しました。


コミック原作をただなぞって製作されたのではなく、
原作を理解した上で0から肉付けされていくような
そんな感じなのでしょうか。

想像すると気が遠くなるほど大変な作業に感じますが、
それだからこそ飽きずに惹きつけられるのかもしれませんね。
そして、良い作品というのは
得てしてそうやって作られるのかもしれません。

きっと他のモノ作りにも共通することなのでしょう。
勉強になりました。


さて、
最近私はよく公園でピクニックを楽しんでいるのですが、
いつも通り昼寝と洒落込んでいると、
ちょっとした事件が起きたのです。

しかし、ブログが長くなったので
それはまた今度書きたいと思います。


それでは。






PINS FACTORY(ピンズファクトリー)は
オリジナル・デザインのPINS(ピンズ・ピンバッジ・ピンバッチ)を
受注製作する専門メーカーです。
http://www.pins.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。