西宮北口のアロマ教室!自然療法のアロマの救急箱を作るレッスン

西宮でアロマのレッスンをしています。自然療法のアロマテラピーを使って、お家の救急箱を作りませんか?


テーマ:
ご訪問、ありがとうございますウィンク

ホンモノを見てみたい!
フランス式ファミリーアロマテラピーインストラクターのasukaですバラ
こんばんは。

ホンモノ・・・
それは先日、BSのチャンネルを回していた時に、ふと目に入った番組。
世界で一番美しい瞬間(とき)
画面に映し出されたのは、一面のラベンダー畑ラベンダー
まさにリンクページのような、パープルの絨毯が延々と広がっていました♪

親子代々で100年以上も営んでいるラベンダー精油所の家族を追っていました。
広大な敷地は渋谷区の10倍以上とか!
(それがどれくらいなのか分からんけど(笑))
それを父と息子が刈り取っているシーンがあり、一気に三列刈り取っていました。

ラベンダー街道という、ラベンダー畑が右も左も広がる南仏のSault(ソー)という村。かなり良質のラベンダーが栽培される場所のようでした。

刈り取ったラベンダーを、円柱状にまとめて、精油所へ運びます。
ここもこの親子の自家精油所でした。
円柱状の大きな釜に、円柱状にかためたラベンダーを2個入れて蒸留。
階下では精油と芳香蒸留水が採取されていました♪

こうやってるんだ!初めて見た~~!!

代々ラベンダーを栽培し、精油を採取している、この家族。
ラベンダーの質には、一切の妥協を許さない、と強く断言していました。
昔、他の国から安いラベンダーが入ってきた時は自営が破たんしそうになったそうです。
でもそんな時でも上質なラベンダーを守り、栽培していくことを続けてきたからこそ、今となっては知らない人は居ないくらいの有名なラベンダー栽培業者となったようです。

こだわりは譲れない
妥協は一切許さない
上質であること・その価値を知ってくれる人には、しっかりと伝わっている

ということが、伝わってきました。

その昔、ラベンダーは高い山の一角にしか生息しない野生種のみだったそうです。
そんな厳しい場所で生息しているため、生息している数もわずか。
そのわずかなラベンダーから精油を抽出するために、大変な思いをして手摘みしにいく人々がいました。
やっとの思いで持ち帰って、精油所で抽出作業をする・・・とても大変な労力を必要としますよね。

これを少しでもラクにならないか?
ということで、標高の低いところや平地で栽培できるラベンダーが開発されたそうです。それによって栽培も摘み取りもラクになったというわけです。

なるほど、なるほど・・・と、ひとり納得したワタシラブ

あっちもこっちもラベンダーの絨毯が広がる村は素晴らしかったです!
収穫シーズンは7月で、その頃に村ではラベンダー祭りというものもあるのだそうで、あちこちのラベンダー栽培農家たちが自家製のグッズを展示、販売していました。

たまたま見つけた、とっても興味深い番組。
やっぱり上質なもの、本物を見る・知るということは大切なのだ、と改めて思ったのでした♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

西宮のアロマで自然療法レッスン:岸本あす香さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。