カラダこんさるたんと小松裕幸

加圧トレーニング&スタイルワーク オリジナルメソッドStudio pino


テーマ:

こんにちは。

 

昨日の脳力アップイベントに合わせて、伝えたいことをしばらく書いておきます。

 

まあ自分のメモ用でもあります(笑)

 

 

鏡よ鏡、鏡さん。

 

1番美しいのは誰?と聞いた魔女はびっくり。

 

「白雪姫」が1番なんですって。

 

これって本当に現実世界でもそのままで

 

鏡よ鏡、鏡さん。

 

1番輝いて見えるのは誰?と聞いたら、間違いなく

 

「何でも全力で頑張る人」と答えることは間違いないでしょうね。

 

大人によくあることなんだけど

 

子どもと一緒に何かをすると、大抵の大人は

 

「これは子どもがやるから大人は手を抜こう」と考えます。

 

実際には「手を抜こう」とは思っていないんだけど

 

結果的に、手を抜いた状態で行動していることに気づかないんですよね。

 

 

 

「親の背中を見て育つ」とはよく言ったもので

 

これ本当のこと。

 

例えば、親子競技なんかで親が全力でやらないと子どももやらない。

 

だって、「いやいや、お母さんだって本気でやらないじゃん」という痛い言葉が飛んできます。

 

この言葉が全てで、子どもには大人の全力が見て取れないということ。

 

つまり、本気で取り組んでいる姿が見えないということなんです。

 

それなのに、大人は子どもに

 

「ちゃんと真剣にやりなさい」と言う。

 

いやいやいやいや!

 

行動で見せないのにやるわけないでしょ。

 

 

 

僕は小学生の時にサッカーをやっていたんだけど

 

父親はバレーボールをやっていて、実業団とかでもやってたらしく

 

子どもながらに「バレーボールは絶対やらない!」とかたくなに拒んでました。

 

そしてサッカーをやったんだけど

 

試合とかを見に来た父親に、帰宅後によく言われた。

 

「あそこはこうで、ああで」

 

ちょっと待ってよ!サッカーしたことある?

 

やったことない人に言われたくないんですけど!

 

と伝えたら、ゲンコツされました。

 

 

 

でも、これが子どもが思うこと。

 

というか、大人だってそう思うでしょ?

 

「やったことないくせに、文句ばっか言うな!」って。

 

大人が子どもに全力の姿勢を見せるかどうかは

 

これと同じなんです。

 

大人が全力で集中して本気で取り組まないと

 

それを見た子どもが本気でやるはずない。

 

特に昔と違って、「今の時代の子ども」はね。

 

だって育ってきた環境(時代)が違うんだから

 

考え方も違っているわけだし。

 

イベントで使っているドラウタビリティだって

 

僕が子どものころにはなかったです。

 

でも、今の子どもにはそれがあって

 

じゃあ、大人は未経験なんだから子どもと対等じゃんって。

 

大人は今までの経験から判断しすぎて

 

結局行動で示すことができない。

 

それじゃあ子どもはついてきませんよ、と。

 

育児でもなんでもそうだけど

 

「子どもは大人の鏡」です。

 

まずは大人が行動で示しを付ける。

 

 

 

鏡よ鏡、鏡さん。

 

1番カッコイイのは誰?

 

「全力で頑張っている姿を見せることができる大人です!」と言われたいですね。

 

 

 

 

カラダこんさるたんと

小松裕幸

 

 

 

脳力アップクラブ【BaseCamp】

映像・音楽・声・光など様々なものを使って、脳を鍛えるイベントです。

ドイツのプロサッカーチームや日本の介護現場でも使われているドラウタビリティ。

園児や小学生をはじめ、中学生高校生まで幅広く遊びながら鍛えることができます。

楽しをを求めること、スポーツ競技に活かすこと、など合わせることができます。

興味のある方はご連絡ください。

pino1213.kaatsu@gmail.com

「BaseCampやりたい!」とメッセージもらえたらすぐに伝わります!

 

 

AD
いいね!した人

カラダこんさるたんと小松裕幸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。