いらっCHINA!~ 結局北京で起業した日本の流浪人の話

色々あって2016年夏に北京で起業することになった、とある日本人の日々。起業ネタ、異文化コミュニケーション、中国語、コーチングなどなど

NEW !
テーマ:

こんにちは!

 

会社の登記が先月ようやく終了して約一ヶ月が経過しました。

 

実は今月は2回ほど北京にいる新任の駐在員さんや語学研修のために留学に来ている中国語初級者の方々のために、中国語学習法のセミナーを行いました。

 

創業後の初のセミナーだったのでご受講生さんが来てくださるか少しドキドキしていましたが、2回ともいらしてくださり、また、内容もとても好評で、参加者のみなさまから

 

10段階評価の10点!

 

という好評価を頂いたので、10月も再び実施することにしました。

 

内容は以下です!

 ↓ ↓ ↓

 <<中国語学習法&学習マネジメント>>

 

 

僕は大学が英語学科卒だったにもかかわらず、ロクに英語も話せるようになれなかったというとても強いコンプレックスをもっていたので

 

北京に来てからも果たして中国語を話せるようになるのだろうか???

 

という強い疑問と不安をもっていたので、かなり色んなことを試したり、学習法を調べあさったりして、何とか確実に身につく方法を知ることが出来ました。

 

また、僕は働きながら学んでいたので非常に学習時間が短かったのですが、それでも何とかするにはどうしなければならないか、というお話をします。

 

語学学習って実は、学習法以外のことが学習法以上に大切でもあるので、そうした内容にかなりの比重を置いてお話します。


更に、公私共に周囲が中国人だらけという中で生活してきた経験を元に感じた多くの中国人に共通する特徴などについてのお話も致し ま す。

<セミナー内容>

・学習への動機付け
・語学学習における多くの日本人の勘違い
・具体的学習方法
・目標設定方法
・学習時間の捻出方法
・学習マネジメント
・中国人の主だった特徴
・駐在生活で特に心掛けて頂きたいこと

などなど、内容は多岐に渡っています。

 

参加費はお一人あたり300元です。

 

 

日時ですが、以下の通りで実施します。

 

1回目 2016年10月15日(土) 14時~

2回目 2016年10月29日(土) 14時~

 

1回あたり4時間ほどで完結します。

シリーズではありません。

 

ご参加をご希望の方は

info☆lifeartcoms.net 宛てにお名前、携帯電話番号をお送りください。

(※☆を@にしてください)

 

よろしくお願いいたします!

 


↓↓↓へぇーっ!と思ったらこちらをクリック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、だいぶご無沙汰しています。

この3ヶ月、色々と動きが激しく
このブログの更新をだいぶ忘れていました・・・
 
 
以前、ここで「会社を作るかもしれない」
とお話しましたが・・・
 
 
 
 
その通り、中国で創業してしまいました!


実は10年前から創業するときのコンセプトを考えていて、そのコンセプト名が

"Life-Art Communications"
(ライフアート・コミュニケーションズ)

だったため、その日本名を元に
中国現地法人の名前もつけました。


現地法人名は

「北京来福阿特教育諮詢有限公司」

といいます。

無事に営業許可証も取得しました。
いずれ、日本にも会社登記をしたいと考えています。

NLPコーチングをベースとした内容の企業研修やエグゼクティブコーチングなどの個人セッションを提供いたします!

私の他にも提携している中国人パートナーコーチも複数いるため、日本人・中国人に対し同時に研修プログラムをご提供することも可能です。


<企業理念>

『コミュニケーションを通して、人と人の相違をそのままに、共に成長できる社会の実現に貢献する。』

人生を豊かにするコミュニケーションを総合して「Life-Art」と呼んでいます。“ライフアート”を通して、より良い社会の実現に貢献できる人材を育成することを目的とし、また、人材の育成をよりスムーズなものとするためのツール提供も同時に行い、華北地区の日系企業様、現地企業様の発展に貢献します。


というわけで、今後ともよろしくお願いいたします!


↓↓↓へぇーっ!と思ったらこちらをクリック。












AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

北斗の拳、南斗聖拳のトップ、サウザーの名言。




退かぬ

媚びぬ

省みぬ



中国で強く生きていくには

これに限るよな~・・・

と改めて感じる。。。



日本人の多くは


退くし

媚びるし

省みるから



逆にうまくいかないのだろうか。



中国人とのつきあい方

とかいった類の本を読むより

北斗の拳を読んだ方が

タメになるのではないか?

とさえ思えてしまう。



↓↓↓へぇーっ!と思ったらこちらをクリック。












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

北京生活もついに7年目に突入しました。
僕が北京にやってきたのは
2010年4月25日

このブログは2010年4月28日からはじまり、丸6年で明日から7年目に入ります。

継続するのが苦手な人間が、よくぞこんなことをダラダラ続けているものだ・・・と思ってもいますが。こうやってダラダラと気合いもいれずに更新している故に続いているのでしょうが。

記念の初エントリー>>>>>
「新空港ターミナル」


周りには10年以上、20年以上の方が結構いらっしゃるので、そうした方々と比べてしまうと、やっと幼稚園を卒業したくらいの程度かもしれません。

そういえば4月25日って僕が大好きだった尾崎豊の命日だったんですよね。全然記憶していませんでした(本当にファンか貴様は?)

尾崎豊の命日と、僕の北京移住の日が同じというのは単なる偶然か?4月25日というのは、僕にとっての純日本人としての命日で、新生の日のようにも感じます。


振り返ってみると、北京に来てからの自分の日々は、確かに"新生"という文字がピッタリかもしれない。

日本にいたときの僕は、基本的に内気でやさぐれた引きこもり(今でもあんまり変わっていませんが)。ただ、日本にいたときと違って、今では周囲に多くの人がいてくれている。

日本にいたときは、現在進行形で付き合いのある友だちって片手で足りるくらいしかいなくて、無理してひねり出してようやく両手が塞がるくらい。

多くの人にとっての自分は過去形の存在で、記憶の中に「そういえばそんなヤツいたなぁ」くらいのものだったと思います。

それが、最初の3年間は中国人の人懐っこさというか、好奇心に助けられ、人にはだいぶ慣れることが出来ました。(あんまりグイグイ来るので「ウザい!」という人もたくさんいましたが)

ただ、勤務先でも言葉を超えたところでのコミュニケーションを取るのがなかなか大変でチームの運営状況が厳しく、また、自分とのコミュニケーションもあまりうまく取れていないことに気付いたので、各種心理学・コーチング・NLPといったコミュニケーションスキル・セラピースキルを学び始めたのもこの頃。このおかげで人と接することが苦にならなくなり、楽しみも見出だせるようになりました。

現地採用の貧乏サラリーマンとしてはありえないくらいのお金も投入しました。そのくらい状況が逼迫していたということなのですが。


当時は日本人との接点がほとんどなく、数ヶ月に一度県人会に参加する程度。勤務先では社内唯一の日本人だったので、県人会以外で日本人に会うことはなく、正直な話、自分自身が日本人でありながら、日本人とはどうやってお付き合いすればいいのかも不明で、県人会にもあまり足を運びませんでした。



それが2013年秋に、何故か転職する羽目になり、その仕事は日系企業向けの営業だったので、生活が極端に一変。

ひたすら日本人に会い続けることが任務となり、前職を先日退職するまでの2年半の間に交換した名刺の枚数はなんと1400枚近く。北京や天津の商工会や日本人会、各日本人コミュニティなどに足を運びまくっていました。

僕は名刺を手裏剣のように配るのが好きではないので、名刺交換した方々とはそれなりに時間かけてコミュニケーションを取ってきましたが、それでも多くの人と接点を持ったものだと、振り返り驚いたものです。

その過程で、北京日本人会の都道府県別対抗歌合戦に3年連続出場し、3年連続で入賞し、多くの人にも知って頂いたらしく、自分は知らないけど、相手が自分のことを知っている、という僕の中では前代未聞の状況も発生。

木寺大使をはじめ、日本の超大手企業の現地法人トップの方々とも、仕事を超えたところでの交流にも恵まれました。

そして、日本にいた頃から実はやってみたかったバンドもこの年になってようやく結成。

知らない間に、周囲にはたくさんの人がいて、もはやとても片手や両手じゃ足りません。

日本にいた頃には想像もつかなかったワンダフルな日々。


その他の変化としては

こちらに来てしばらくは、どちらかというと「こうあるべき」という自分の価値観を割りと外にも出していたし、中国人に対する不満も結構強かったはずですが

この国があまりにもわけわからないので、もうそうした暖簾に腕押しみたいなことはやめて、自分の価値観は所詮自分だけの価値観。相手に求めるのはやめよう、という心境にもなって

人間関係における、人と自分の間の境界線を上手に引けるようになったと感じています。

境界線を引けるようになってからは、それまで

「何でそうなるんだ?!」
と不満に思っていたことも

「今度はそう来たか?」
と楽しめるようにもなりました。


日本にいた頃は何事も
"うまく行かなきゃ困る"と
心が窮屈でしたが

今では
"うまく行かなくて普通"
"順調じゃなくて普通"

とようにも変わり、トラブルもそこそこ楽しめています。


日本人がこの国で学ぶことは本当に多いです。

あまりにもわけわからないので。

「こんなんでも社会って十分成り立つんだよね~」

と、このカオスにいながら勉強しています。。。


もう日本でサラリーマンやっても務まらないだろうなぁ・・・
カオスがこれだけ日常化してしまうと逆に現代日本にはフィットしない。


前職を離職してから再び転機を迎えているので、少し長めに書いてしまいました。

前職の末期辺りでは、僕はこの北京が大嫌いになっていて、もう独り日本へ本帰国しようかとも考えていましたが、最近はまた好きになり、もう少し頑張ってみようかと思っています。見えていなかったモノがいっぱいあったことに気付いたので。

これから北京生活第3章が始まるのか
それとも先立つものに恵まれず朽ち果てるのか

神のみぞ知るところですが
改めて頑張ります。


↓↓↓へぇーっ!と思ったらこちらをクリック。












いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。