イギリス留学コンサルタント・ガーディアンの イクミ でございます。

英国の街並みも、クリスマスの雰囲気を感じられる時期となりました。

{271CFEFF-AD13-4547-84BA-282357230BDB}


さて、この1カ月の間に、私がご案内をさせていただいている数校の学校から、これらの学校が名誉ある賞の受賞やノミネートなどが決まったとの素晴らしいご報告を次々といただいておりますアップ

ある学校は、ナーサリーとプレップスクールが別の学校でありながら、一貫校のようになっているわけでございますが、なんと600校以上もの私立校から8校しかノミネートされない英国全土の名誉ある賞に、2校ともノミネートされておりますアップノミネート校の8校の内の2校が、こちらの学校のナーサリーとプレップスクールということとなりますニコニコ

さらに、英国全土で名誉ある同じ賞に、私がご案内をしております他の学校もノミネートされておりますニコニコ

つまり、同賞のノミネート校8校の内の3校は、私が関わらせていただいている学校ということになりますラブラブこちらの賞の受賞校は、来年初めに発表されます。

さらに、私が関わらせていただいている他の学校では、校長先生が名誉ある賞を受賞されたり、また別の学校の校長先生は英国王室から勲章を叙勲されたりと、とにかく素晴らしいご報告が続いておりますアップ

私は、このような幾つもの素晴らしい学校と関わらせていただいていることを誇りに思いますラブラブ

そして、現在・これから、私がサポートをさせていただくことで、これらの学校に関わりを持たれるお子様達やご家族は、本当に強運・幸運でございますねラブラブ

---------

英国ボーディングスクールにご興味がございたしたら、是非、お問い合わせくださいませ。

AD

イギリス留学コンサルタント・ガーディアンの イクミ でございます。

英国の街並みも、クリスマスの雰囲気を感じられる時期となりました。

{310BD0E7-8A0F-4636-830E-DDB624E37DFE}


さて、私は、自身の実体験から「面接でのアピールの重要性」を痛感いたしておりますため、今回は、私の体験談の1つを例に取り、面接でのアピールの大切さをお話しいたします。

今回の例といたしまして、私が英国のダラム大学の講師として採用された体験談をお話しいたします。まず、ダラム大学とは、英国のトップグループの大学です。日本でいう早慶上智のような大学と言えるのではないでしょうか。私は、20代半ばで、ダラム大学の講師として採用されました。

私は、人伝に、ダラム大学の講師のあるポストが空き、大学側はこの分野での長年の経験を持つ講師を探していると聞きました。この話をしてくれた私の知人からは、「採用されることは難しいと思うよ。」と言われました。

が、しかし、20代半ばの(怖いもの知らずの…笑)私は、さすがにまだ「長年の経験」はありませんでしたが、ある程度の経験と自分の実力を信じて(笑)、自らダラム大学の担当者に連絡を取り、履歴書をお送りした後、面接をさせていただく機会を頂戴することができました!

その面接で、私自身のことや専門分野のこと、指導の方法などをアピールすることができました。

面接の最後に、面接官(2名)から、「ダラム大学では、最終結果が出るまでに、通常は約1カ月はかかりますので、少しお待ちいただくようになるかと思います。よろしくお願いいたします。」というお話を伺い、自宅に戻りました。

自宅に戻り、ダラム大学の面接から約2時後に、「今日は、まだメールを確認していなかったわ!」と思い出し、何気なくメールを開きました。

すると、ダラム大学の担当者(面接官)から新しいメールが届いておりました。あまり何も考えず(笑)メールを開きましたところ、なんと採用決定の通知(メール)が届いておりました!

通常は、採用決定までに約1カ月はかかるはずが、私の場合には、2時間以内には決定し、採用決定の通知までいただいたのでした!

この時に、「面接でアピールすること」の重要性を噛み締めたのでございました!(ちなみに、さらに時は遡りますが、上智大学の受験の際にも、面接の重要性を痛感いたしました。)

私自身は、面接では「思考力と表現力」が大事であると考えております。そして、チャーミングでいることも!(笑)

---------

英国ボーディングスクールにご興味がございたしたら、是非、お問い合わせくださいませ。

AD

イギリス留学コンサルタント・ガーディアンの イクミ でございます。

いかがお過ごしでしょうか。

今回も、イートン校やハロウ校、ウィンチェスター校などの名門パブリックスクールへの将来的なご進学を目指したいご家庭のために書かせていただきます。

伝統的には、プレップスクールは8歳から開始となります。(近年、7歳から開始するプレップスクールもございます。) プレップスクールと申しましても、イートン校等の名門パブリックスクールの進学に強い学校と、そうでない学校がございます。そのため、将来イートン校をはじめとする名門校へのご進学を目指される場合には、名門パブリックスクールへの進学に強い/慣れているプレップスクールにご入学されますことをお勧めいたします。

将来的に名門パブリックスクールを目指されたい場合には、出来るだけ早くから準備を始められますことをお勧めいたします。

まずは、私の方にご連絡いただけたらと思いますブーケ2


{53AC103D-8101-4922-848E-51C998FD222E}



---------

英国ボーディングスクールにご興味がございたしたら、是非、お問い合わせくださいませ。

AD

イギリス留学コンサルタント・ガーディアンの イクミ でございます。

いかがお過ごしでしょうか。

今回は、イートン校やハロウ校、ウィンチェスター校などの名門パブリックスクールへの将来的なご進学を目指したいご家庭のために書かせていただきます。

イートン校をはじめとする名門パブリックスクール(13歳-) へのご入学を目指される場合には、8歳時には英国のプレップスクール(8-13歳)にご入学されて、名門パブリックスクールのご受験のための準備を始められることが大切となってまいります。

多くのパブリックスクール(13歳-)の場合、ご入学される年の1月頃にご受験をされて、9月に正式にご入学をされる形となります。

しかし、イートン校やハロウ校をはじめとする伝統的な名門校の(寮生の)場合には、入学する年の約2年前(11歳時)から入学試験が開始されます。そのため、10代からプレップスクールにご留学されましても、イートン校等の名門パブリックスクールへのご受験には間に合わないこととなってしまいますので、お気をつけください。

将来的に英国の名門パブリックスクールを目指されたい場合には、出来るだけ早くから準備を始められますことをお勧めいたします。

まずは、私の方にご連絡いただけたらと思いますニコニコ


{51B1778C-6F78-4D42-905A-0C225E57F647}
お写真は、先日イングランド北部で降った雪の様子です。イングランド北部は、通常は、1月-2月頃に雪が降りますが、今年は何故か11月末に降りました!


---------

英国ボーディングスクールにご興味がございたしたら、是非、お問い合わせくださいませ。
HP:  


イギリス留学コンサルタント・ガーディアンの イクミ でございます。

いかがお過ごしでしょうか。

私は、長い間、お子様達のご成長を間近で見てまいりました。その中で強く思うことといたしまして、

「子ども達は、その子にとって良い刺激のあるベストな環境が整うと、大人の想像と期待以上に大きく成長をする」

ということでございます。

たとえば、現在私がサポートをさせていただいているお子様のお一人(男子)は、今年の9月から現在の英国ボーディングスクールにご在学されておりますが、この2-3ヶ月で一気に大きくご成長され、ご自分から「この冬休みには、◉◉に挑戦したいと思っています!」など、積極的に様々なことに挑戦したいという高いモチベーションを持たれるようになりました。

このお子様のご家族によりますと、もともとは受け身で物事をあまり気にしないマイペースなご性格のお子様なのですが、短期間でこんなにも成長をされていることに、勿論良い意味で驚かれていらっしゃるとのことです(笑)!

このお子様は、私からのサポートやアドバイスとともに、学校の先生方や寮の同級生・上級生達からも良い刺激を受けていらっしゃると思います!

私がサポートをさせていただいている他のお子様達の成長スピードも速い速い!モチベーションも高い高い!(笑)

「学校や周りの環境が整うと、お子様達は眼を見張るスピードでご成長される」ということを実感しながら、大きな喜びを噛み締めております!


---------

英国ボーディングスクールにご興味がございたしたら、是非、お問い合わせくださいませ。


イギリス留学コンサルタント・ガーディアンの イクミ でございます。

素敵な週末をお過ごしでしょうか?

今回は、日本ではあまり知られておりませんが、欧米では結構よく知られていることをお話ししたいと思いますニコニコ

英国の教育は、学年が上がっていきますと(特にGCSEやAレベルの学年になりますと)、各教科の内容が専門的なものとなってまいります。そのため、その分、その教科において、質の高い教育を受けられるということになります。(英国の大学の教育内容も、専門性がとても高いです。)

欧米では知られていることといたしまして、「英国のAレベル(ボーディングスクールの最終学年)で学ぶ内容は、米国(アメリカ)の大学1年生レベルの内容である」ということでございます。そのため、英国で教育を受けた生徒が米国の大学に進学する場合、米国の大学の1年目の内容は、すでに英国の高校で学び終わっているため、米国の大学1年目で再び英国の高校レベルの内容を復習をしているようで、簡単に感じるということでございます。

逆に、米国の高校卒の生徒が英国の大学に進学される場合には、英国の大学の1年目の授業についていくのは大変です(笑)。英国の教育を受けてきた生徒の2-3倍以上の量を勉強して(自習/独学して)いかないと、英国の大学の授業にはついていけないこととなります…

こう考えますと、(将来、どこの国の大学に行きたいかにもよりますが) 小さい頃や10代からのご留学をお考えになる場合には、先に英国の教育(例:英国のボーディングスクールの教育)をお受けになっておかれるのは、良い案の1つかと思いますニコニコ

---------

ホームページを新しくいたしました。


イギリス留学コンサルタント・ガーディアンの イクミ でございます。

先日、ご留学開始当初からずっとサポートをさせていただいているお子様から

「私は、イクミさんがガーディアンで、本当に幸せ者です!私のルームメイトから、『こんなにサポートしてくれるガーディアンは、他にはいないよ!』と言われました。いつも本当にありがとうございます!私は幸せ者です!」

との大変嬉しいメッセージを頂戴いたしました!実は、本日も、このお子様がとても嬉しいメッセージをくださいました!

このお子様は、今年度でボーディングスクールをご卒業し、来年度からは大学生になられます。私も、最後まで全力でサポートをしていきます!

---------

ホームページを新しくいたしました。



イギリス留学コンサルタント・ガーディアンのイクミです。

今回は、私が講師として約10年勤めてまいりました ダラム大学 についてお伝えいたします。

日本ではあまり知られておりませんが(笑)、ダラム大学は、オックスフォード大学とケンブリッジ大学に続いて、英国で3番目に古い伝統のある大学となります。英国の大学ランキングでは、毎年 トップ5 以内にランクインするトップグループの大学と言えましょう。

ダラムの街には、世界遺産のダラム大聖堂とともに、古城がございます。この古城は、ダラム大学のカレッジ(寮)になっておりますので、このカレッジに属するダラム大学の学生達は、文字通り「お城での生活」を楽しむこととなります✨ 

この University College (Castle) では、様々なパーティーも催され、特に June Ball はドレスコードがブラックタイの素敵なパーティー(舞踏会)となります✨ 

Castle 内には、その歴史を物語る家具などが飾られておりますので、その深い歴史の意味も感じられることでしょう。

大学生活を古城で過ごすことが、日常。素敵ですよね✨

お写真は、ダラム大学の古城(寮)となります。

{9AD35172-CAEB-43F1-AF22-B56CC2CB1908}

{5750585C-A406-4D53-AD0E-C77ECCE86927}


-----------------

ホームページを新しくいたしました。



皆様、いかがお過ごしでしょうか。

イギリス  ボーディングスクール留学コンサルタント・ガーディアンのイクミです。

お久しぶりのブログとなってしまい、すみません汗

私がサポートをさせていただいているお子様のお一人が、今年度、大学受験の時期を迎えました。今まで、私から大学受験のための様々なアドバイスやサポートをさせていただき、見事に実行に移してくださってきたお子様でございまして、その素晴らしい努力と頑張りに、私も感動いたしてまいりましたドキドキ

このお子様は、通常よりも早く大学のご受験をする形となり、既に今年10月の時点でラッセルグループの数校からオファーをいただくという快挙を成し遂げられましたドキドキ

ラッセルグループ(Russell Group)とは、英国の優秀な大学24校から成るグループ名です。以下、ラッセルグループの大学リストとなります。


勿論、英国には、ラッセルグループ以外にも良い大学がございますので、しっかりとお調べになってくださいませ。

また、英国の大学受験やご留学の際には、ラッセルグループの大学に合格することを目標に掲げることも大変良いことであると思います

それでは、素敵な週末をお迎えくださいませ。




こんにちは。イギリスのボーディングスクール留学コンサルタント・ガーディアンのイクミです。

久しぶりのブログとなってしまいました。皆様は、いかがお過ごしでしょうか。


{FD1678A5-1F3F-480F-9D17-0EA9B49982A4}

(お写真、オックスフォード大学のカレッジの1つです。)

8月に、GCSE試験とAレベル試験の結果が発表されました。私がサポートをさせていただいているお子様達2名も、GCSE試験(16歳時)とASレベル試験(17歳時)をご受験されました。

GCSE試験をご受験されたお子様は、あるボーディングスクールのGCSE1年コース(通常、GCSE試験対策は2年間で行いますが、学校によっては1年コースも設けてございます)にご在学され、8教科で A* (最高点) を取られるという実に素晴らしいご結果を出されましたキラキラ  (ちなみに、ASレベルをご受験されたお子様のご結果も、見事に最高点が並びましたキラキラ

さて、この GCSE試験とは何かと申しますと、

・6フォーム(Aレベル/大学受験のための2年間コース)に進学できるかどうかの判断基準となります。たとえば、あるボーディングスクールでは、6フォームコースへの進学条件として、GCSE試験で最低でも7教科で C以上を取っていることが挙げられております。

・大学によっては、Aレベルの試験結果とともに、GCSE試験の結果も、大学入試の必要条件に入れております。

・大学ではなく、職業コースに進む場合にも、GCSE試験の結果が判断基準の1つとなります。

そのため、GCSE試験で良い結果を出すことは、とても大切になってまいります。

そう考えますと、もしご家庭のご事情が許すならば、イギリスのボーディングスクールへのご留学開始時期は、出来るだけ早い方が望ましいでしょう。そうすることで、16歳から始まるGCSE試験とAレベル試験のために英語力や各教科の基礎知識を習得でき、試験対策もよりスムーズに始められることでしょう。

イギリスのボーディングスクールの場合、一般的には、7歳又は8歳から寮生を受け入れておりますので、日本人のお子様がご留学を始められる時期も、このご年齢からとなります。

また、日本の小学校をご卒業されてから中学1年生(13-14歳)でご留学を始められるお子様達も多くいらっしゃいます。

ご留学をお考えの際には、どうぞ近い未来までも見据えて、ご留学時期等をお決めになってくださいませ。

-----------------

ホームページを新しくいたしました。