猫の唸り合い

テーマ:

大阪天満宮の終い天神にて。
今年一年間のご加護のお礼を伝え、
ご神事の笹を分けて頂きました。
一年間、玄関や神棚に飾ると良いのだそう。

本殿の裏で子どもが騒いでいるのかと思っていたら、猫2匹が一触即発な唸り声を上げていたところでした。
迷わず得意の鳴き真似で参戦してみたら、無言に!(笑)
その後どうなったんだろう?
AD

2017年11月、カナダから一時帰国されたささなおさん(笹川直子さん)の
来阪イベントにご参加下さった方の、

それぞれのイベントでの感想。気づきを、

素晴らしい文章力でまとめて下さっています!

 

途中で俳句が出てきますが、

この方、私の俳句の先生でもあるんです♪
(ご一緒したイベント時に俳句を作ったら
さらにカッコよくなるように添削して貰っています。

いわば、日本語の達人!)

 

 


AD

オフィスhint linkが完全コーディネートしている、
笹川直子さんの「ヒーラー道 入門編」。

1月に東京で0期(1デイ講座)、
8月に大阪で1期(初の2デイズ講座)を開催しました。
その時の感想を、講師自らが書いてくれています。
ご興味がある方はぜひ、「なにゆえ開催しているのか」の思いを
読んでみて下さい。

11月開催のものは下記となります。
【笹川直子直接指導・ヒーラー道 入門編(2日間10時間コース)】第2期 
11/20(月)11/21(火)の両日10:00~16:30(講座合計10時間)
途中90分昼休憩あり 
受講費用:15万円+税(16万2,000円) 
※ご参加は女性限定とします。 
http://kokucheese.com/event/index/487502/

 


AD

フリーランス巫女の笹川直子さん(ささなおさん)が
大阪にお越しの際に登壇してくれる、
「戦略的発声法レッスン」。

そのレッスンの最後に、hプノセラピー(催眠療法)の
10分程度の音声を録音し、お持ち帰り頂くお土産が好評です。

その「ヒプノセラピー」の特徴、凄さ、を

ささなおさんご本人がブログにて解説してくれているので

リブログします↓↓

 


現在、11月の帰国来阪イベントの
全面コーディネートを担当させて頂いている、
ささなおさんこと、笹川直子さん。
彼女の決意表明のブログが、
今の私の周辺の女性にピッタリだったので、
リブログしたいと思います。

本当にね、素敵な方なのよ、ささなおさん。
ぜひロールモデルとして見つめて頂きたいな。

たぶん、この新たなプロジェクトに対する、決意表明なんだと
私は受け取りました。
【笹川直子直接指導・ヒーラー道 入門編(2日間10時間コース)】
http://kokucheese.com/event/index/487502/

 


9/17(日)の台風の日とは思えない晴れ間に、

仏師・安本篤人さんの大好きな川に連れて行って貰いました。

気分転換の場所なんですって。


川に向かう面々。

雨傘どころか、あまりの日差しに日傘が登場(笑)。

 

 

渓流。綺麗な色ー!!

台風対策で履いていったゴム長靴が唯一、役立った瞬間でした(笑)。

 

 

ゴム長靴じゃない人たちも、手を水に浸しました。
かなりヒンヤリした水温でした。

 

 

なぜか1人岩場の上に登っていた仏師と、

水辺で遊ぶ人たち(笑)。

緑もキレイ。

ずっとここに佇んで居たい静けさ。
 

いつもはもっと水が澄んでいるとのことですが、充分綺麗!!

 


来年は夏に行って、ここに水着で飛び込む予定~♪(^_-)-☆

 

仏像を彫る、仏師(ぶっし)という仕事。 

安本篤人さんは若くしてその大役を全身全霊で受け入れ、

体現している姿が心底美しい。


東吉野に皆さんをお連れしたかった最大の目的は、

彼の選んだ地で、彼の生きざまを直に見て貰いたかったから。


「人がすっと祈れるように、人が祈る邪魔にならないように、
そのようなお姿とはどのようなものかを常に目指しています」
と言う、

彼のこだわりが随所に見られる、

今年完成したばかりの工房に招き入れて頂きました。

心より感謝致します。

 

 

台風という触れ込みがウソのような晴天で迎えられた、

本さんの工房前にて。

 

ワークショップで小さな仏様を彫る際も、
魂込めていることが感じられます。

 

安本さんの作品展を拝見しました。

 

 

沢山の仏像作品がありました。

いったいどれほどの時間をかけたのか…

初めて安本さんにお会いした時に、

写真ですら心を掴まれた、聖徳太子像。

 

仏像をつくる過程も展示されていました。

 

こんな角柱から、まさかの仏像製作!驚きました。

 

 

安本さんの気分転換の場所に連れて行っていただきました

 

 

築100年以上の古民家を

ご自身で時間を半年以上かけて改装したそう。

木の香りがあちこちから漂ってきました。

 

 

ワークショップ中、

お香を絶やさないように焚いて下さる、安本さん。

窓の外には東吉野の緑が迫ります。

 

 

 

 

 

 

3年かけて製作中の大作【持国天】と対話する仏師。

対話しつくして、出た答えを彫るだけだから、

彫り始めたら、あっという間なんだそう。そういうものなんだ?
私達がワイワイ滞在していた2日間は

思考が止まったのでは?と思ったら、

「めちゃめちゃ仕事進んだ!」とのこと

お邪魔じゃなければ良かったです…

 

 

工房の スッキリ感に感動しました。

 

 

東吉野に来てから、電動ノコギリが気持ち悪くなったんだとか。

なのでほとんど手で作業。

 

 

ささなおさんも気になると言う、仏像「ホットケ」と「ホドケ」

 

 

お散歩会レポは続きます。

全員が無事に帰れた今だからこそお話出来る、

もの凄い重装備で決行した「東吉野の欲ばりお散歩会」。


まずは水一切を司るという丹生川上神社(中社)へ行って、

宮司さんのお話とご祈祷を。

(詳しくは各写真に解説を入れますね。

 

 

丹生川上神社の社務所内に通して頂き、

素敵なお茶のおもてなしを頂きました。
筆文字は、岩崎やすこさんにお願いしました♪

 

 

今回、台風でも行く!と決断下さった、

勇気ある5名の参加者の皆さま。

万端の準備で、万が一の為の泊まり荷物持参です!!

 

 

 

宮司さんのお話に引き込まれること90分。

沢山お話頂いた中で私のツボに一番キタのは、

水が山奥でチョロチョロ流れ出し、川になって行くのですが、

最初のチョロチョロの様を水の神様のヘビとする、

そしてその水の出口を「蛇口」という、というくだり。

膝叩きまくりでした(笑)

 

本殿のかなり階段の上まで上がらせて頂いて、

ご祈祷をした頂きました。ありがとうございます。

 

水一切を司る神社ということで、井戸も。
井戸のフタを開けてすくったお水を飲みました。

 

井戸のフタを開けたところ。

 

 

井戸からこんな大きなひしゃくで水をすくいます。

 

 

境内にある樹齢1000年以上の「叶 大杉」。
たたずみ見上げるともこさん。

 

 

 

大杉の木肌がアート作品のようでした。

 

 

写真見ても分かる通り、傘さしてないんです。時折晴れ間も。


そしてこの後、

仏師とともに無心で仏様の像を彫るワークショップに

移動するのですが・・・。

 

いやぁ、なんだったんだろう、あの2日間は…。

いまだ「夢だったのではないか?」と思うほどの経験をしました。

 

続く。