高校の授業参観

テーマ:

先程は重い記事を書いたので、

今回は真逆の内容を・・・。

 

私は精神疾患を持つ母親の娘ですが、

また、私自身は、高校2年生の男の子の母親でもあります。

息子には絶対に私のような苦労はさせたくないと

毒親だった母を反面教師にしてきました。

 

母の事が今一番の悩みですが、

そのことで、息子の事をおろそかにしてはダメだとも思っています。

でー、昨日の23日は息子が通う高校の

年に一度の「日曜参観日」でした。

 

前日に母の見舞いに行って、精神的にグッタリな私でしたが、

息子の高校生活はどうしても見てみたい!

でも、もちろん、小学校や中学校の時の様に、

何度も行く機会はないので、

なんとか、日曜参観に行って来ました。

 

高校2年からは、選択科目も増えます。

選択科目は、音楽Ⅱ、書道Ⅱ、上級英作文、

フランス語、スペイン語、中国語とあるみたいです。

 

へー、英語以外の語学なんて、

私の高校時代はなかったけどなー。

まぁ。息子の高校は語学に結構力を入れている高校なので。

 

ちなみに息子は「上級英作文」を選択し、

授業もそれを見ました。

 

先生は日本人でしたが、

授業はほぼ英語のみ。

(どうしても分からない時は日本語で説明するときもあるみたい

(;´▽`A``)

ほー、さすが、先生、英語の発音いいなぁ。

私が高校の時の英語の先生は全然発音良くなかったなぁ。

 

だけど、なんか、途中で授業内容についていけなくなった私

(;´Д`A ```

ぜーんぶ英語だからワカランっ(;´Д`A ```

 

そんな時、隣のクラスは何かゲームとかしていて楽しそう。

よく見たら、そのクラスは「スペイン語」のクラスで、

スペイン語で挨拶したり、ゲームしたりしていました。

何回も「オーラ!」って言い合っていましたね。

こんにちはみたいな挨拶なんですね。

今、調べました(;´▽`A``

 

そして、授業が終わったら、他の授業を受けていた男子達が、

大声で「ボンジュール!マドモアゼル♪」って言っていた。

あー、きっとこの子達はフランス語の授業を受けていたのね

( ´艸`)

 

息子は英語が好きで、

高校在学中には短期留学したいと言っています。

(実は去年、ハワイの2週間の短期留学に願書を出して、

1次の書類審査は通ったけど、2次の面接で落ちたという

黒歴史あり(;´Д`A ```)

 

息子の通う高校は留学の機会も多いので、

去年、クラスメートや部活の先輩も色々と

短期留学に行ったみたいです。

息子はそういう人たちのラインのタイムラインを見ては、

「いいなぁぁ!!!おれも行きたいっ!!!」

ってそれはそれは羨ましがっていました

(;´▽`A``

 

来年は受験だから、

「何とか今年中に

短期留学する!」

と燃えている息子ですが、どうなることやら(^_^;)

一応、希望はアメリカらしいけどね。

 

AD

母の入院~その後

テーマ:

前回書いた「母の入院」という記事、当初は

アメンバー限定記事にしていました。

身体的な病気とは違って、

精神的な病気であり、かなりナイーブなものなので、

私自身も極一部の人にしか言えなかったので・・・。

 

ただ、これから先、私の生活で母の事、

母の今後についての悩みがさらに大きくなると思うので、

同じような境遇の人と分かち合えたら・・・

という思いから、今後母の事も全体公開にしようと思います。

(内容によっては限定記事にすることもあるでしょうが・・・。)

 

私が物心ついた時から、精神的に不安定だった母。

母の精神不安定により、私を育てることも出来なくなり、

私は中2の時に伯母(母の姉)に預けられたものの、

母は父の記憶では1,2回精神科を受診したものの、

「薬に毒が入っている!

このままじゃ私は病院に殺される!」

と訴えて、治療を中断し、それ以降現在まで、

未受診の状態が続く。

 

そんな中、先週の日曜日に急に母が激しい腰痛を訴えて、

救急車で大学病院を受診しました。

そしたら、最初に診察した医師が

「(母の)話の内容が支離滅裂だ。精神的に問題が有るのでは?」

ということになり、父と私の話から、

母は大学病院の精神科に「医療保護入院」となったのです。

 

(医療保護入院とは、精神障害の人を対象とした入院の形態の一つ。これは、入院の必要性が明白であると医師が判断したにも関わらず本人から何らかの理由で同意が得られない場合に、保護者などから入院の同意を得て行うもの 。)

 

以上までは前回ブログに書いた内容です。

 

入院した2,3日は母も腰が痛くて元気がなかったのですが

先日父と見舞いに行った時は、

腰の痛みはかなりよくなっているようでした。

 

となると、問題は今後の事。

母はまだ自分が精神科に入院している自覚はなく、

腰の痛みが治ったら退院できると思っているのです。

 

ただ、今、退院させたらまた元に戻ってしまう・・・。

 

実は母は今まで父が購入したマンションにわがままを言って、

ずーーっとひとりで住んでいました。

私や父を絶対に家の中に入れようとしないので、

(一人暮らしが心配だからマンションの部屋に入りたいと言ったら、

ヒステリーを起こして、「死んでやる」とかわめく始末・・・。)

今回の入院を機に、父が母の住む部屋に入ったら・・・

 

そこはテレビで見るような「ゴミ屋敷」だったそうです。

また父がマンションの管理人に今までの事情を話したら、

実は母の事はマンション内でも問題になっていた様子。

まず老人の一人暮らしなのに、民生委員や福祉の人の介入を拒む。

そして、父が見た様に「ゴミ屋敷」なので、

隣の部屋の住民に非常に迷惑が掛かっているとの事。

例を挙げると、夏になるとゴミの臭いがきつくて、

隣の住民は窓も開けられないとのこと・・・。

 

私も胸が痛かった。

娘なのに今まで何の手立ても出来ずに、

母の事で色んな人に迷惑を掛けていたことに。

(でも、母は私に構ってほしいくせに私が家の中に入るのは絶対に嫌がる・・・本当に厄介。。。)

 

そういうことを先日、母の主治医と話し合いました。

主治医の先生たちも母をこのままもとの一人暮らしの部屋に

戻す訳には行かない。

母が父との同居を拒む以上

(父も精神的に病んでる母とは暮らせないと思う)

母は退院後は「施設入所」が適当だと考えているとのことです。

 

施設入所・・・親が高齢になったら、誰でも

在宅で診るか、施設に入所させるかの岐路に立つでしょう。

今、私はその岐路にたっているんだ。

 

私も結婚して子供もいて家庭があり、
精神を病んでいる母の面倒は見られない。
そもそも母と私は長年にわたる確執もアリ、
母はいわゆる『毒親』で、私のトラウマの原点でもある。


夫である父も娘である私も面倒を診られないなら、
施設入所が一番妥当だと私も思う。


このまま、また前のマンションで一人暮らしさせたら、
また「ゴミ屋敷」に戻って、マンションの隣人に迷惑をかけるし、
行きつく果ては「孤独死」しかない。


それで、今週末に今の母の生活状況を見る為に、
病院の主治医と看護師とケースワーカーが私と父の立会いのもとで母の部屋をみることになっています。

ただ、他人からの介入を嫌がる母は
(母は非常に見栄っ張りなので、誰にも弱みをみせたくないのです。)
施設への入所をきっと拒絶すると思います。

母はきっと言うでしょう。
「私は腰が治ったらもう大丈夫だ。
何も出来ない年寄扱いするな!」
って。
母は自分の精神の病を自覚できないのが一番厄介なんですよね・・・。

母の施設入所に向けて、ひと悶着もふた悶着もあると思います。

私もすごく不安だけど、これ以上母の一人暮らしは無理で、
父も私も一緒に生活するのが無理な状況ならば、
施設入所以外に道はない・・・。


今やっと医療に繋げられたのだから、
このチャンスをいい方向にむけられますように。

AD

母の入院

テーマ:

私の悩みの根源である、

精神的に不安定な母親。

 

いつも尋常ではない言動を取っては、

私と父を苦しめて来ました。

 

明らかに精神的におかしいのに、

本人には全く病識がないので、

ずっと精神医療に繋げることが出来ませんでした。

 

そんな母が昨日突然、

精神科病棟に入院することになったのです。

 

きっかけは母の腰痛が悪化したことでした。

いきなり昨日の朝、

「お母さん、腰が痛くて動けないから、

救急車を呼んで病院に行くわ。

お母さんが入院になったらお前が保証人になって。」

と電話があったのです。

 

え?え?突然の事でビックリして、

父にもすぐに連絡を取りました。

 

母は本当に救急車を呼んでいました。

昨日は日曜日なので、受け入れが出来る病院が

大学病院の救急しかなかったのですが、

今思えば、そこに搬送されて良かったのかも知れません。

 

大学病院の救急で対応した医師と看護師長が

母の訴えからすぐに父に対して、

「奥さん、精神疾患がありますか?」

と聞いてきたのです。

医療関係者から見ても、

母は明らかに言動がおかしかったみたいです。

 

父と私で母の状況を話して、

明らかに精神的な問題が有るのに、

本人が拒否して医療に繋げられない事を切実に話したら、

「医療保護入院」という入院形態で、

母は大学病院の精神科病棟に入院することになったのです。

 

医療保護入院とは・・・

精神保健福祉法に基づき、精神保健指定医の診察の結果、医療あるいは保護の観点から必要性があると判断された場合、本人の同意がなくとも、保護者の同意で入院させること 

です。( 大辞林 第三版 より)

 

ただ母はあまりの腰の痛みに、

「自分は腰の痛みで入院する。」

と今現在も思っているのですが。。。

 

腰の痛みについては、検査中でまだ原因は分かりません。

精神的な病気については、

今のところ、精神科医の父と私からの聞き取りで、

「強迫性障害」は確実にありそう。

 

強迫性障害とは・・・

自分の意に反して、不安あるいは不快な考えが浮かんできて、抑えようとしても抑えられない(強迫観念

 

 

 

 

)、

あるいはそのような考えを打ち消そうとして、無意味な行為を繰り返す(強迫行為

 

 

 

 

)。

このような症状を強迫症状といいますが、強迫神経症は、強迫症状を主症状とする神経症の一型。

 

それから、ベースとして<発達障害>があり、

プラスアルファで重いパーソナリティ障害を

複数抱えているかも知れないとのことです。

 

これから約1ヶ月半の入院で母への診察を慎重に行い、

病棟内のドクター同士のカンファレンスを経て、

正式な診断を下すとの事です。

 

ようやく、母を精神医療に繋げることが出来た!

 

ようやく第一歩を踏み出すことが出来て、

父も私もとりあえずホッとしています。

 

まぁ、今回がスタートであり、

母が本気で治療を受けるか?とか、

腰の痛みを訴えて病院に行ったのに、

なんで精神科病棟に入院させるんだ!

っていきなりヒステリーを起こすかもしれないし、

退院後はどうするか?とか、

問題は山積していますが・・・。

 

それでも、今まで私も父もずっと母を医療に繋げられなかったので、

一筋の光が見えた気持ちです。

 

AD

モアナと伝説の海

テーマ:
ディズニーの新作映画を観て来ました。

モアナと伝説の海


日本語吹替え版の声優さんは、
沖縄出身の当時現役大学生の屋比久知奈さんが
モアナの声を射止めた事でも話題になりましたよね。
新人さんがディズニー映画の主演の声優を演じるのは
極めて異例の様です。

<あらすじ>
誰よりも海を愛する少女モアナは島の外へ行くことを禁止されていたが、
幼少時に海とある出会いを果たしたことで運命が決定する。
モアナは愛する者たちの救済のため、
命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心を見つけ出して
再び平和な世界を取り戻そうとする。
未知の大海原へと向かったモアナは伝説の英雄マウイと出会い、冒険を共にする。

(シネマトゥデイ)


以下、映画の感想です。


想像以上に面白かったし、感動しました!!!

まず、映像がとってもキレイ!!!

今回は南国の島と海が舞台なんですが、
海の描写が本当に美しかったです。
本当の南の海を見ている様でした。


また、私は日本語吹き替え版を見ましたが、
モアナの声が新人の方が演じているとは思えない位
感情移入出来ましたよ。

映画の予告を見ても分かるように、
モアナは今までのディズニー映画のヒロインのような
お姫様ではありません。
(立場的には村長の娘)
だから、フリフリのうっとりするドレスも来ていなければ、
キラキラしたアクセサリーも身に着けていません。

そして、時には悩みながらも自分の信じた様に行動する
「強いヒロイン」
「闘うヒロイン」

なのです。

自分が海に選ばれた存在だとお祖母ちゃんから聞かされて、
愛する人たちが住む島を守る為、
平和な世界を取り戻す為に、
荒れた広大な海の中を船とも呼べないような
いかだみたいな船でたったひとりで行動していくのです。

私みたいなビビりは絶対にできないなぁ。
すごく前向きで行動的!

あと、のちに相棒的存在になって一緒に海の冒険をする
半神半人のマウイ。

(元々はこいつが女神の心を奪ったから世界が乱れたんだ!)

メッチャ、キャラがたっていた!
ムッチムチのタトゥ―だらけだけど
(そのタトゥ―が意思をもって動くのが面白い!)
無駄に美声!
え?これって声優誰だった?
と思ったら、あの尾上松也だった!
伊達に歌舞伎役者じゃないねー。
歌、上手かったぁ―♪

これって、今までのディズニー映画だったら、
二人は最初は反目しあいながらも、
最後はくっつくというパターンですよね?

でも、この映画はその期待をいい意味で裏切ってくれるんですよ!

そして、クライマックスは想像を超えたカタルシスあり!
神々しかったなぁ。


そういえば、敵キャラで金ピカが大好きなカニが出てくるのですが、
声がなつかしのROLLYだった!
(若い人は分からないか(;´▽`A``)


映像もストーリーも爽快さと痛快さがあって
本当によかったけど、
音楽もよかったなぁ。


主題歌の「“どこまでも ~How Far I’ll Go~”」
劇中では屋比久知奈さんが歌って、
エンディングでは加藤ミリヤさんが歌っていますが、
過去に大ヒットした「アナ雪のレりゴー」に負けない名曲だと思いますよ♪

そういえば、アナ雪は雪国が舞台で、
この映画は南国と海が舞台。
どっちも素敵だけど対照的ですね。


My birthday@2017

テーマ:

4月12日は私の誕生日でした。

 

まー。ぶっちゃけもう、あらふぃふなんで、

自分の年も忘れそうになりますが

(゚_゚i)

 

でも、今年の誕生日はいつもとはちょっと違いました。

 

本当に久しぶりに父親と過ごす事が出来たのです。

 

昨年の夏に父は色んな事情で、

私が住む県に引っ越して来ました。

それまではずっと遠方に住んでいたので、

私の誕生日を一緒に過ごす事もなかったんです。

 

父もひとり娘である私の誕生日を

もう何十年も一緒に過ごしていない事について、

思う事があったみたいです。

 

「プレゼント、好きな物ねだっていいぞ。」

だって。

え?え?

普段から人に甘える事が苦手な私は、

迷いましたが、

ボソッと

「あー、今かけているメガネの度が合わなくなってきた。」

と言ったら、

「じゃあ、新しいメガネを買おう」

という事にΣ(゚д゚;)

 

えー、でも、メガネって高いよ?

とこれまた、ボソッと言ったら、

「お父さんはお前に何十年も誕生日プレゼントをあげていなかったからこれくらいどうってことないよ。」

と言われました

(ノω・、)

なんかとても嬉しかったです(*´ェ`*)

 

メガネの仕上がりは一週間程度かかる模様。

 

精神的にも人格的にもおかしくて手におえない母の事は

私と父の共通の悩みですが、

母の事はお互いに一人で抱え込まずに

お互いに共有して楽になろうと、

父と娘に不思議な連帯感も生まれて来ています。

 

夜は旦那がケーキを買ってきてくれました。

 

旦那からのプレゼントはお財布。

机の色と同化しているw

一瞬、「え?ワニ柄?!」

と思ったのはここだけの話( ´艸`)

 

息子はなぜかyoutubeで

ラルクの過去のライブ映像をずっと流してくれて

「お小遣いのない息子の精一杯のプレゼントかぁ。」

としみじみしちゃいました≧(´▽`)≦

(先日のラルクの東京ドームライブ行きたかったなぁ。)

 

自分に自信が持てなかったり、

現状に満足できなかったりな私だけど、

すごく幸せ者ですね(o^-^o)